Jog-note

  • Jog-note
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

2005/07/31

朝ラン(7/31)

いよいよ7月も最終日。
今朝も少し寝過ぎてしまった。
最近はどうも週末になると朝起きるのが遅くなる傾向にある。
その分、走り出す時間も遅れるので、結果的に暑い時間に走る事になり
距離も伸びない・・と言う悪循環に陥っている。

そして暑い中迷わず大川へ向かったが、今朝は昨日より確実に暑い。
なんかモワッとする様な感じで、これは風が無い為だろう。
一回目のUターンですでにゲンナリしてきた。
これは淀川へ行った方が風もあるしマシかも?と毛馬へ向かう。
そして淀川近くまで戻ってくると、M氏に出会う。
聞くと、豊里大橋まで行ったが、暑さで大川へ逃げてきたとの事。

う~ん、なんか淀川の方が涼しい様な気がするんだが。
別れて取りあえず淀川に出る・・・・が、やはり暑かった(^^;
上流へ向かうのが丁度追い風になっている様子。
取りあえず水を補給。
Tシャツも脱ぎ、水道で冷やして着直す。
もちろん帽子も・・・・・・・
あぁぁ~、、もう全裸になって頭から水をぶっかけたい程だ(^^;
しかし今朝は沢山の女子高生がすぐ近くでトレーニングしているので
そうも行かない(笑)

諦めて、上流へ向かう。
曇り空なのでもう少しマシだと思ったが、大川と殆ど変わらない。
もはや体力の限界か?(笑)、、いや精神力が無いだけだな、これは。
豊里大橋どころか、その前の城北大橋でグロッキー。
あっさりUターンして帰路に向かうと、今度は向かい風で気持ちが良い。
これならもっと走れる・・と一瞬思うが、すでに心は帰るだけ(^^;
もう一度上流に向かう気力すら湧かない。
ひたすら我慢して、何とか家に辿り着いた。
しかしこんな情けない状態で、北海道を走れるのか?(--;)

今日の距離 13キロ

2005/07/30

朝ラン(7/30)

暑い暑いと言ってる内に、7月ももう1日で終わり。
歳のせいか、やたら日が経つのが早いぞ(^^;
まぁ8月になっても暑いのは変わらないけど、今から暑くなるぞ!
と言うのと、もう少しの我慢だ、、と言うのは気持ち的に楽かな。

今日も仕事だが、やる分は家に持ち帰ってきたので、少し寝坊してしまい
走るのが8時過ぎからのスタートとなった。
当然、すでにセミがわんさか鳴いていて、暑さもひとしお。
まだ木陰の大川遊歩道に行くが、救いの風が殆ど無い(/_;)
結構人が多くなっている時間だし、自転車に注意しながら走る。
北海道も近づいているので、最近は殆どペース走に近いせいか
暑くて往路だけですでに疲労が強くなってくる。(^^;
かと言って、のんびり走るとそれだけ暑い場所にいる時間が長いし
どっちが良いのか??(笑)

一往復ですでにグッタリ。
でも今朝はもっと走らねば、、と二往復めに向かう。
走っていても風を殆ど感じないせいか、先日と同じように、
身体全体が熱くなって来る。
やばいので、Tシャツを脱いで水道の水に浸し、冷たくしてからまた着る。
帽子も水を含ませ、頭から流れてくるのは、水か汗か分からない(^^;

何とか天神橋迄辿り着き、帰路に向かう。
空腹も限界に来て、思わず自販機でジュース。
一息ついて何とか無事家に辿り着いた。

今日の距離 18キロ

2005/07/29

朝ラン(7/29)

業爆が続き、4日間も走れなかった・・・・。
いや、実は昨日朝走ろうとしていて目は覚めたが、睡眠不足が
続いていたせいか、早朝目が覚めた筈なのに何故か、時計を見たら
朝7時半で驚いてしまったので有る(^^;
一度起きたモノの気が付かない内にまた眠りに落ちたんだろう(^^;

今日はちゃんと反省して(^^;起きたが、それでもいつもより遅かった。
慌てて準備して外に出るが、雲が切れてしまい、かなり暑い。
迷わず大川沿いへ行く。
5日ぶりに走るせいか、身体軽いのに呼吸が慣れるまで時間が掛かる。
2キロ位から何とかいつもの調子になり、少しスピードアップ。
今朝は余り時間がないので、早めに走らねば。

それにしても、往路だけですでにかなり汗がひどい。
復路は軽い向かい風になり、ほんの少しマシだが、暑さが楽に感じる
程にはならない。
淀川に出るとまさに直射日光で、暑さもピーク?(^^;
慌てて最後の1キロをスピードアップ。
それほど長い時間走ってないのに、シューズまでびしょ濡れ状態で
帰路についた。
取りあえず今日で、月間200キロ確保。

今日の距離  10キロ。

2005/07/26

宮部みゆき

明日は静岡の方へ出張。
早朝出発なので、行きは恐らくぐっすりと眠って居るだろうが
帰りは・・・・・・・・ビールで居眠りか?(^^; 或いは元気なら何かを読んでいる筈。
以前にも書いたが、移動中には本を読む事が多いが、何故か同じ作家の
物ばかりを買ってしまう。
で、今回も本棚をからちょっと出してみると、宮部みゆきがこれだけ。
う~ん、それにしてももっと有った様な記憶があるんだけど、文庫本だから
あちこち散らばってしまったのか?
BOOK050726
左側に乃南アサの凍える牙が有るのは、
前回写し忘れたから・・と(^^;
ちなみに直木賞受賞作品だった為か、
これはハードカバーを買っていた(^^;
そう言えば、宮部みゆきももう一冊ハードカバーが有ったと
思ったけど見つからなかった・・・。
誰かに貸したんだっけか?

宮部みゆきって、いわゆる現代ミステリーも良いんだけど、
意外に時代物が面白い。
他の作家の時代物なんかは余り読んだ事はないが、
この人だけは別である。
お初シリーズなんかは結構好きな方だし、人物描写が生き生きしているし
読んでいるとその情景が目の前に浮かんでくる。
やはり表現力なのか?
今一番旬と言われて居るけど、これからもどんどん書いて欲しい。
但し、売れ行きがよいからか、なかなか文庫化されないのが
非常に残念である(笑)

2005/07/25

今夜の安ワイン(7/24)

日曜日・・・結局仕事が終わったのは夜も10時過ぎ(--;)
食事も済ませたし、、、と家に帰って後は寝るだけだが、折角の週末・・
と言っても後1時間だが(^^; まぁ、寝酒代わりにワインでも・・・・。
と、開けたのは
[2003]シャトー・ロック・ド・ジャンリス(AOCボルドー)\1,680
050725
去年のリアルワインガイド誌で「2,000円以下の本当に
美味しいワイン」に選ばれてから、あちこちの店で見られる様に
なった。
実は以前に2001年を飲んでいるが、その時はタンニンが
充分効いて、こんな値段にしては随分深みのある味だ・・と
感じたが、こんなにあちこちの店で出る様になるとは
思わなかったものだ。
この2003年はもっと良いらしいが、果たして。

香りは結構強く、少し甘めの果実臭。
グラスに注ぐ時は薄目の色に感じるが、持ち上げて見るとかなり濃い。
そして、口に含むと以前と同じように、充分タンニンの効いて居るがしかし
嫌みのない渋みがしっとりと舌にまとわりつく。
メルロー100%だが、チリワインによく見られる比較的単純な美味しさでは無く
甘さと渋みが同居して、かつ濃厚。
この値段で出るワインの味とは思えないほど厚みがある。
ただ、さすがに2003年は少し早い様に思う。
飲み慣れてない人にとっては、タンニンが強すぎると感じる筈。
後2年程経てばもっとまろやかで、飲みやすくなり美味しいだろう。
ともあれ、久々にボルドーを満喫した。
83点

2005/07/24

朝ラン(7/24)

今朝も全面曇り空で、晴れ間は当分覗きそうもないだろう・・と見込み、
天神祭準備の大川遊歩道を避けて、淀川河川敷へ。
昨日と同じく上流から風が来て心地よい。
しかし、今日は30キロを走るつもりで、パンとカステラを食べて来たが
どうも調子が出ない。
全体に身体が重いが、2~3キロも走れば慣れてくるだろう、、と
上流へ向かうが、4キロを過ぎても同じ状態だ。
やはり暑い時に空腹状態で食べ、すぐに走り出すのは無理が有るのか?

そんな事を考えながら、鳥飼大橋まで来ると突然晴れ間が出てきた(^^;
これはいかん、、予想が外れたぞ!
まるで気象庁みたいじゃないか(^^;;;
とにかく、太陽が出ると一気に暑くなる。
こりゃ、日陰の大川を目指して帰ろう・・と8キロ行った所でUターン。

しかしまだ朝早いというのに、追い風のせいも有ってとにかく暑い。
体調がもう一つと言う事もあり、余計に辛く感じる。
何とか足を進めるが、大阪工大の辺りで苦しさも限界になってきた。
なんか身体全体が熱くなってきて、まるで熱中症の一歩手前みたいだ。;
(ってなった事無いけど(^^;)
這々の体で城北大橋の下まで辿り着き、日陰で一休み。
さすがに日陰は風が冷たく、気持ちがよい。
5分位休憩していたら、身体も冷えてきて、ホッとした。

再度走り出すが、条件が悪い時にこんな風に気持ちが切れてしまうと、
走る気力が失せてくる。
とは言っても、気持ちの持ち方次第なんだが・・・・・。
今日も仕事だし、無理はしないで置こう・・・ともう一人の声が聞こえてきて
毛馬閘門まで来るとあっさりリタイア(--;)
スポドリを求めて自販機に直行するのであった(^^;

今日の距離 16キロ

2005/07/23

朝ラン(7/23)

先週、舞洲24Hリレーで土日休んだ為か、仕事が追いつかず、
今週は土日とも出勤である(/_;)
しかも月曜日締め切りなので、何が何でもこの二日間で終わらせる
必要がある(--;)
なんて言いながらこれを書いているという事は、少し先が見えて
来たのだが・・・(^^)

さて、今朝の空は曇り空。
当分太陽は出ない様な雰囲気だったので、天神祭の準備で
テントが多いかも知れない大川をやめて、淀川河川敷に出る。
早朝なのに蒸し暑いが、往路は向かい風なので、気持ちがよい。
身体の方も5キロ位から調子が出てきて、給水も無しに淡々と
ピッチを刻む事が出来る。
仁和寺大橋を越えて堤防の上に上がり、ここまでが10.5キロ。

折り返すと、当然の事ながら風は全く感じなくなった。
追い風と言う程もなく、丁度走るペースと同じ位の風速なのか
完全な無風状態になり、走っているとものすごく暑い(^^;
もう一気に汗が噴き出てきて、水道のある場所へ来ると直行である。
陽が射さない分だけまだ助かるが、これで快晴だったらどうなるのか(^^;

それでもペース走に近いスピードを維持しながら、何とか我慢。
そして、赤川鉄橋を通る頃にはついに太陽が出てきた。
まぁ、ここまで来れば後6~7分。
一気に首の後ろが熱くなってきたが、近くの水道で頭から水をかぶり
最後のスピードアップ。
何とか無事辿り着いたが、スタートが後30分遅れていたら、後半は
暑さで行き倒れになっていたかも(^◇^;)

今日の距離 21キロ

2005/07/22

朝ラン(7/22)

19日に走ってから、2日間空いてしまった。
忙しかったり、寝過ごしたり(^^;、、とまぁ理由は色々あるが、今日は走らないと
月間距離の目標維持が難しくなる。
眠い目をこすって起き出し、いつもの大川沿いに出た。

天満橋に近づくと、テントが張ってある。
そう言えば、明日から天神祭だったなぁ。
普段の忙しさですっかり忘れていたぞ。
今朝はまだ少ないが、昼頃からは露天のテント設営が真っ盛りになる
事だろう。
と言う事は明日の朝はとても走りにくい状況になる。
何せ、ロープや仮設電線などがあちこちに張り巡らされるので
ぼぉ~っとして走っていると、足に掛けて転んだり、首に引っかかったりする。
3年程前だったか、ぼやっとして走りながら、首に掛けて目が覚めた事がある(^^;
明日はもっと早起きして、淀川へ行くか、或いは大阪城だな。

今日の距離 10キロ

2005/07/21

今夜の安ワイン(7/20)

今日は結婚記念日なので、外で食事。
と言うか、仕事の終わるのが夜遅いので、平日は殆ど家で食事を
する事が無い・・・と言う事は毎夜外食になるのか(^^;
まぁ、毎夜外食と言っても、近くの店で丼物を食べたり、或いは
コンビニ弁当だったりするんだが、今日はほんの少しマシな所へ。

と言っても、仕事していたらすでに8時半。
まだまだやる事は有ったが、店が終わってしまうので、途中で置いて
店へ急ぐ。
以前何度か行った天六のイタリア料理「トラットリアINOUE」。
ここは割と安くて美味しい。

前菜など適当に頼み、ワインを決める。
選んだのは [2003] ボッラ・ヴァルポリチェッラ・クラシコ
050720A
セパージュはコルヴィーナ、ロンディネッラ、モリナーラの3種と言う事らしい。
と言っても、殆ど馴染みのない品種だが(^^;
ボッラ社と言うのはたまに聞く名前なので、割と大きいのかも?

グラスに注がれた色は何とも薄目の赤紫で、如何にも軽そう。
香りの弱いのが少し残念だが、一口飲むと、予想は少し外れた物の、
スッキリしている割に、意外と味わいは深い。
食事前のサラダや前菜にはこう言う方が合うのは確かだと思う。
それでも、飲んでいると少しずつ果実臭の香りも出てくる。
味は殆ど変わらず、舌に感じるタンニンもあっさり目。
飲みやすいので、パスタを食べる頃には無くなってしまった(^^;
70点。

しかし、空腹を抱えて店に入った為、結構酔いの回りも早い。
だからと言って、まだ食事が残っている。
そこで貰ったのが[2003] ルフィーノ キャンティ フロレンタイン
キャンティだから当然サンジョヴェーゼ種。
050720B
グラスの色は先ほどのより少し濃い目だし、香りもずっと強い。
でも、味わいの方は全くのキャンティ・・・・って当たり前か(^^;
フルーツ味が少し強めで、口当たりは軽く柔らかい。
特にこれと言う特筆はないが、この時ペンネのゴルゴンゾーラを
食べていたのが正解か。
舌に軽く絡まるチーズのアクが少し有って、ペンネも美味しい。
こんな時にキャンティは合う様に思う。
これがシラー等だと、少ししつこくなるのではと思うが、キャンティは
飲みやすいので食べ物の味を全く損なわない。
肉などにはもう少し深い味が欲しくなるだろうが、偶々とは言え
これで正解。
73点。

腹も一杯になり、満足して家路に着いたが、今夜は普段より結構早めの帰宅。
他のアルコールもつい飲んでしまい、結構良い気分になってしまった(^^)
そのせいか、今朝は早朝ランの予定で、5時半頃目が覚めたが
まだ天井が少し回っていた(^^;
でもって、ランはサボり(--;)

2005/07/19

朝ラン(7/19)

舞洲24Hリレーから明けて、最初の朝ラン。
昨夜二日分寝たせいか、寝覚めが非常に良かった(^^;
暑さのせいか身体は少し重いが、走り出せば消えるはず。
それにしても梅雨明けの為か、暑い。
部屋の中で軽くストレッチをするだけで、汗がしたたり落ちる。
これはまずいと、今日から外でストレッチをする事にした。

早朝の為か、曇り空だがもうすぐ太陽も出るだろうし、今朝も大川沿いにする。
風が余り無いせいか、ムッとする様な暑さ。
木陰になっても暑い。
大川でこんなだったら淀川河川敷はもっと暑いはず。
とにかく、走り出すと同時に汗が出てくるぞ(爆)

いつもの様に天神橋で折返し、淀川まで戻って、そこの芝生コースを2周。
今朝は久しぶりにMさんに出会った。

今日の距離 13キロ

2005/07/18

舞洲24Hリレー(7/16~17)

梅雨明け宣言は18日だが、実質梅雨は明けていた筈と言う様な
真夏の太陽の中、舞洲24時間リレーに参加した。
参加数は約255チームほど。
24時間リレーと言っても、しゃかりきになって走る訳でもないが、それでも
自分の順になるとそれなりに必死に走る事になる(^^;
1周1.7キロの短いコースだが、序盤に300メートル程のダラダラした登りがあり、
たすきを受けてから目一杯飛ばしてくると、結構きつい。
思わず止まって深呼吸したくなるほど(^^;

後半は上った分だけ下りだが、今年はここにテントを張る事が出来たので、
コース沿いではチーム仲間が応援してくれる。
その分、ここは思い切り走らないと格好悪い事になるのだが(笑)
この下りを通過した後はコース沿いに芝生があり、そこでは他のチームの
人達の声援が飛んで来るので、なかなか気を抜けない(^^;

そしてリレーゾーンに戻り、ここでたすきを次走者に渡す。
これを24時間繰り返す訳だが、上位を狙うチームは1周を全力疾走で走り
次走者にたすきを渡し、これを繰り返すところが多い。
一方、参加する事自体が楽しみで、半ば遊びで、、と言うチームも多く・・
と言うかこんなチームが半分以上を占める様に思うのだが、まともに走る事が
出来る人はチームに2~3人で、後は何となくジョギング・・・と言うメンバーで
楽しんでいる。
こう言うチームは普段走っている人が出来るだけ周回を増やし、後のメンバーは
のんびりジョギング。
中には走るのは年にこの時だけ・・と言うチームも有る様で、夜間は
誰も走らずビールを飲んでぐっすりお休み・・・なんて所もある。
そして仮装に命をかけているチームも(^^;
ちなみに今年の仮装チームは去年からの2連勝だった。

ちなみに我々も後者の方で、非常に速い人も居るが、全体としては
のんびりムードで、昼間から泡の出る麦茶を飲んで走るメンバーも
居た程(^^;
中には夜中自分の走る時間になってもぐっすりお休みになられている
某A氏も・・・(^◇^;)
そうは言ってもメンバーは普段からのランナーばかりなので、スタートから
ゴールまで、そしてそれぞれ最後になる周回はみんな自分の力を目一杯出して走る。

ともあれ、年に1回のお祭りムードで、あっと言う間に24時間が過ぎて
しまった。

午後片づけも終わり、事務所に帰って一仕事・・・・と思い、PCの電源を
入れたモノの、睡眠不足と疲れでとてもやる気になれず、翌日に持ち越し
そのまま帰宅。
夕食を食べた後、7時前にはすでに居眠り状態。
そのまま布団に入り、目がさめた時は翌朝の9時半だった(^^;

走った距離 28キロ

2005/07/15

朝ラン(7/15)

今朝も何とか起きる事が出来た。
ま、暑さで寝苦しく目が覚めた・・・と言う面の方が大きいんだけど(^^;

さすがに睡眠不足が続くとベッドを離れるのも大変だが、そこは気合一発?
空は晴れているし如何にも暑そう。
迷わず大川遊歩道へ。
心なしか、昨日よりずっと蝉の鳴き声も大きい、、いや数も多い。
「ワシワシワシ・・・」って鳴くのはクマゼミだったっけ?
そう言えば最近「ジィー、ジィー」って鳴くアブラゼミは余り聞いた記憶が無い。
郊外にいた頃は、しょっちゅう聞いた様な気がするけど、大阪市内は生息する
種類が違うんだろうか?

ともあれ、うるさい程のその鳴き声を聞きながら軽くジョグで走る。
大川沿いを往復して淀川に出ると、太陽が射し、一気に汗も出てくる。
明日は舞洲24時間リレーだし、後は芝生の上を選び、軽く走って今日は終了。

そう言えば体重もなかなか60キロを切る事が出来なかったが、この2週間程は
走った後の体重がコンスタントに切る様になり、体脂肪も15%を確実に切る事が
多くなった。
走っている距離は去年と変わらないんだがなぁ・・。
ひょっとしたら、、いやしなくても単なる老化現象だろうか??(^^;

今日の距離 11キロ

2005/07/14

朝ラン(7/14)

今週は目も回る様な・・と言うより、目が回った忙しさで有った。
当然のように走る時間も取れず、,,
いやいや、作ろうと思えば作れるんだろうが、とてもそんな気になれなかった、、
と言うのが実際の所で有る。
今日も東京へ出張で早朝出発の予定だったが急に会議予定が午後に変わった為、
久しぶりに朝走る事が出来た。
梅雨の合間なのか、天気予報も例の如く?外れ、晴れ間も覗く程で、当然のように大川沿いへ。
毛馬から天神橋で折り返して淀川へ戻り、城北大橋まで行ってそこから又毛馬まで
戻るコースのペース走だった。

今日の距離13km

2005/07/11

今夜のワイン(7/10)

今夜は食事をビールで済ませたので、食後のワインとなった(^^;
ワインは[2003]パ・ド・ラ・ボーム ルージュ(カーヴ・ド・ケランヌ) 898円
やはりローヌでグルナッシュ90%とシラー。
実は同じ作り手のワインを4/23日に飲んでいる。
これはもう一つ下のランク。
0500711

香りはここの所お馴染みの、少し酸味と甘みの混じった果実臭。
色もエッジが少し明るく、グラスの中心部は濃い目の赤紫。
飲むと、タンニンが軽く効き、渋みもきれいに押さえられて、味わいもスッキリしている。
このランクにしては上出来どころか、思わず疑う位の美味しさである。
チーズをつまみにして飲むせいか、舌に残る様な味わいは殆ど無い。
それにしてもローヌってこんなに美味しいのばかりだったの?
少なくとも、若いボルドーに良くある、渋みばかりが勝って飲み難い・・と言う感じは
当たった事がない。
カベルネソービニョンやメルローに比べると、少しだけ深みに欠ける様な気もするけど
値段を考えたらそんな事は畏れ多くて言えません(^^;
80点

2005/07/10

朝ラン(7/10)

本日は仕事も休み。
でも平日に何も出来ないので、色々やる事が溜まっており、それほどのんびり出来ない。
曇り空で、いつもより少し涼しいかな?
昨日の様に空腹状態にならない様、バナナを3本食べて淀川に出る。
北海道マラソンも近づいたし、いつまでものんびり走ってばかりでは居られない。
昨日と同じく、ペース走の気持ちで走り出す。
少しからだが重いかも。
でも、涼しいのでスピードを上げてもそれほど苦しい感じはしない。
バナナの効果絶大か?(笑)
淡々と鳥飼大橋を越し、仁和寺大橋まで到着。
もう少し行こうと思ったが、古傷の踵が少々痛むので、ここで折返すか?
折角の休みだが、ペース走なので短くても良いだろう。
と、勝手に決めて毛馬方面に向かう。
スピードは維持出来ていたが、やはりバナナだけでは持たないか。
赤川鉄橋を通る頃は結構スピードが落ちていた様な(^^;

今日の距離20キロ

2005/07/09

朝ラン(7/9)

今週はいよいよ本格的な業爆になってしまい、平日は殆ど走れなかった。
今日も仕事だが、休日出勤位は少し遅めに行っても構わない。
天気予報は午後から雨で、朝の空も曇天でいつもの様に晴れる
様子はない。
そこで、久しぶりに淀川に出て走り出す。
遊歩道の木陰道も良いが、やはり広々とした河川敷を走るのも
気持ちがよいものだ。
それほど時間が有る訳でもないので、慣れてきてからペース走に近い
スピードに上げる。
だが、何も食べず出てきて空腹のせいか結構苦しい。
雨を警戒してなのか、心なしランナーの姿も少ない。
鳥飼大橋を過ぎて結構しんどくなったので食事代わりに給水(^^;
やはり空腹状態でのペース走はつらい。

何とか仁和寺大橋まで辿り着くが、これ以上は無理。
折り返してからは向かい風の中を、水だけで腹をごまかしながら
毛馬閘門まで帰ってきたが、最後の1キロはヘロヘロになってしまった(^^;

今日の距離 20キロ

今夜のワイン(7/8)

和歌山迄仕事。
もちろん、事務所でも溜まってるので、やはり帰りは夜中。
但し、週末だし・・と言う事なのか?家人がワインを開けて飲んでいたのを
寝酒代わりに少しだけおすそ分けを(^^;
ワインは[2000]トルチャーノ キァンティ・クラシコ(レ・グレ-テ?)と読むのか?
実は頂き物だったりします。

イタリアワインを飲むのは久しぶりだ。
0500708
グラスの中の色はキァンティらしく淡い赤紫。

一口飲むとやはり軽いが、少し渋めで舌に残る味わいはさほど深くはない。
ここの所、ローヌなどの辛口を飲んでいるから余計にそう感じるのかも。
ただ、味の薄いのはサンジョベーゼと言う品種からやむを得ず、これくらいの
渋さが良いという人も多いだろうが、それならクラシコでないキァンティの方が、
スッキリとした味わいで、ぐいぐいと飲めるんじゃないか?なんて思ったり。
要は渋めが残るだけで、余り心地よいとは言えないなぁ。
とは言っても、貰った物だから文句は言えません。
68点

2005/07/06

朝ラン(7/6)

先日までの空梅雨が、今度はまさに梅雨真っ只中と言う毎日。
今朝もやはり僅かな小雨で、しかも涼しい。
お陰で、気持ちよく寝過ごしてしまった(^^;
慌てて起き出し、準備を整える。
この時間で20分程度掛かるのだが、もっと早く出来ないのかと、
我ながら情けない。
まぁ寝るのが深夜1時頃だから、眠いし身体も起き出さない
と言うせいもあるが、やはり貴重な朝の時間だけに、勿体ないと
思う。

そんなこんなで余り時間が取れなかった為、大川沿いをペース走の
様に走り、淀川へ出てからダウンも含めゆっくり走った。
早めに雨も上がったし、汗もいつもの様にかかず、久々に気持ちよい
早朝ランだった。

今日の距離 11キロ

2005/07/04

今夜の安ワイン(7/3)

今夜の料理は再度スタミナを付ける為?のステーキ。
そして、昨日飲んだワインが少々単純だったので、今夜のワインは
ずっしり重めがある筈のローヌ。
選んだのは[2001]シャトー・ヌフ・デュ・パプ レ・ゾリヴェ 
(ロジェ・サボン) \2,280-
050703
6/19日に飲んだローヌが美味しかった事もある。
グルナッシュが85%で残りはシラー等だとか。
色は少し濃いめ。
香りは酸味と樽臭を感じるが、嫌みはない。
一口飲むと、思わず「ヒェーーーー」
もちろん、良い方の誉め言葉です(笑)
かなりの濃い辛で、香りで感じた酸味は殆ど無く、タンニンが
非常に効くが嫌な渋みはそれほど無い。
スパイスも効き、思わず「これ美味いねぇ~」
少し時間が経つと、果実の味がもっと広がり香りも甘さが出てくる。
複雑さも増すが、もう少し寝かせた方が良かったかも、、と
言うのは感じる。
もう1本有るので、これは2年後位に取っておこう(^^)
いやはや、この値段で素晴らしいのを飲ませて頂きました。
88点。
これでローヌは3.5連勝です(^^)

2005/07/03

大阪城グルグル(7/3)

昨日からやっと梅雨らしい天気で、今朝もどんよりした曇り空だ。
予報では一日中、小雨になっているが、雨は降ってない。
この時期、雨の中を走る方が涼しくて気持ちよいのだが。
今朝も大阪城公園を走る事にして、大川を走り公園に入る。
ここの所、40キロを走れてないので、今日は涼しいし
出来ればちゃんと走りきりたい所である。

少ないとは言え、公園の中では一番アップダウンのある
5キロコースに向かう。
1周を終わる頃に少し雨が落ちてきた。
2周目になるともう本降りになって来る。
靴下がずぶ濡れになったせいか、足が少し痛い。
摩擦がないせいか、どうもマメが出来た感じである。
3周目になるともう土砂降りだ(^^;;
涼しいのは良いが、これはちょっと降りすぎじゃないかぁ?(笑)
足はますます痛くなって来て、マメが潰れたのは確実(-_-;
4周目で痛みは限界に近くなってくる。
これが大会の時ならどうって事無いんだがなぁ・・・。

結局、痛みに耐えられず4周を終わった所で諦めて
帰る事にした。
結局、40キロ走は出来なかった(`=´)/~~~~~~~~~~ペシィッ!!!(-_-;
来週こそはちゃんと走らねば・・。
そしてずぶ濡れで家に帰り、靴を脱ぐと大きなマメが・・・(^^;
今日の距離 30キロ。

今夜の安ワイン(7/2)

また業爆が始まり、早速今日の土曜日は仕事になってしまった。
今日中に発送する仕事だったので、朝も走らずに行き、無事
送る事が出来た。
そこで、、と言う事はないが、今夜のワインは
[1999]カオール ドメーヌ・ド・バルモン (クロ・トリグディナ)\1,280-
050703
実はカオールは初めて飲むワインで、マルベック種と言う
位しか知らない。
抜栓して1時間程おき、軽く冷やしてグラスに注いだが、
予想通りメチャメチャ濃い色で、もう黒と言って良い程である(^^;
香りは酸味が少しで薬草の苦みが有る様な感じ。
しかし、一口飲むと意外に味は濃くなく、渋みが少し残るが
ざらつく事もなく、、スッキリとしている。

但し、深みは無く、どちらかと言えば単純な方。
美味しそうに思わせながら、実は力強さに欠けているし、
もう少しスパイシーな部分が欲しいが、この作り手の中では
かなり下のクラスなので仕方が無いのかも。
決してまずいという訳じゃ無いので、次は一段上のランクを
飲んでみたい所だ。
75点。

2005/07/01

朝ラン(6/30)

今月最後の朝ラン。
取りあえず最低の走行距離目標は達しているが、少しでも沢山
走っておきたい。
この数日間とは暑くて寝苦しく、早朝から目が覚めてしまうのも
プラス効果か?(笑)
ともあれ、今朝は蒸し暑い気候だった。

例によって走り出す頃は曇天だが、終わる頃は晴れているだろう
と予測し、この日も日陰の多い大川へ。
但しその分、風は弱いので、汗の量は多い。
最近、踵の調子も余り良くないのでゆっくり気味に走る。

明日からはまた業爆状態になるので、のんびり走れるのも
今日までかも。

今日の距離 10キロ
今月の距離 230キロ

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »