Jog-note

  • Jog-note
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2005/08/31

道マラその後

撮ってあったビデオの残りを昨夜見る事が出来た。
そこに映っていたのは、酷暑の中を走り抜けてきたトップランナー達の
惨状だった。
終始安定していたのは千葉ちゃんを始めとする女子選手達で、
終盤で見る男子選手はすごい事になっていた。

40キロ過ぎの給水所で千葉ちゃんが抜いていくのを呆然と眺める
小島宗幸選手。
それは憔悴しきった姿でうつろな目をしていた。
仮にもシドニー五輪の代表を目指した選手である(補欠だったが)

極めつけは、ゴールへの花道である中島公園を今にも倒れそうになりながら
フラフラと夢遊病者、いやむしろ泥酔い状態の様に進むナンバーカード1の
カンディエ選手。
完全な脱水症状で、フラフラになりながらゴールしたロス五輪の時の
アンデルセン選手そのものだった。
あの後TVに映ってなかったが、幸いゴールできたようでホッとした。

一般市民ランナーにとっては、3時間を過ぎた辺りから少し涼しくなり
雨も降ってきて救われたランナーも多かったと思うが、2時間台でゴールする
トップ選手達にとっては、ずっと酷暑の中での闘いだったろう。
単なる完走ではなく、勝つ事を目標にして全力で42.195キロを走り続ける
トップ選手達にとって、やはり真夏のフルマラソンは非日常体験と言えるのかも
知れない。

自分にとって、ダイエット目的でジョギングを始め、少し走れる様になった時からの
夢と憧れだった北海道マラソン。
もちろん、練習の時期的にも、そして当日の気候的にも記録を出すのが難しい事は
充分分かっている。
しかし何と言われようと最大の目標にしている大会である。
来年は単なる完走ではなく、ゴール後満足出来る大会にしたい。
そう、去年の様に。
そうすれば、レース後のオフ会も今年の様なサブスリー級の楽しみ方が出来る筈(^◇^;)

2005/08/29

まさかのリタイア

何とかスタートする事は出来たが、タイトルの結果に終わってしまった。
北海道マラソン3回目にしてまさかこんな事になるとは。
リタイア自体も初めての経験で、初めて乗った収容バスから見る
最後尾ランナー達が如何に羨ましかった事か。

正午の気温は28度(ビデオを見たら30度だった^^;)で、太陽が照ると
暑いがそれほど不快ではない。
今年の新コースはスタート直後に非常に狭くなっている部分があり
そのコース幅が約5.0メートルだとか。
そこへ一気に大勢のランナーが押し寄せるので、当然の様に渋滞し
結果的に歩く事になって、大幅なタイムロス。
その後も比較的狭いコースが続き、密集状態で走るため風も感じられず
登りが続く最初の3キロでかなりひどい汗をかいてしまった。
下りに入って少し人がばらけ、ここからスピードを上げるが、5.0キロの
通過タイムは予定より2分以上遅くなっている。
4キロ位でM氏を抜く時声を掛けると「AKAさん、ひどい汗だよ」と言われたが
この時にすでに兆候が有ったのか?
確かに周囲のランナー達はまだそれほどひどい汗をかいていない。

ともあれ10キロ過ぎの地点でやっと予定のタイムに追いつき、
そこからは定時巡航。
15キロも快調でこのまま行けそうな予感。
ところがK氏を抜いた18キロ位から変になってきた。
身体がやたら暑くなり、急にだるくなってきて気持ちも悪くなって来る。
給水は充分取っており、頭に水を掛け、足にもちゃんと水を掛けているし
まだそんな疲労が出るとは言えない距離だ。

20キロ過ぎの給水でたまらず歩道に上がり休憩する。
水を飲んで1分程休んでいたら少し楽になり、ここで道路へ復帰。
しかし2キロ程走るとまた同じような状態になる。
とにかく暑くてだるく、もう少し先の給水地点まで頑張ろうと思ったが
我慢出来ずに、23キロ地点で再度歩道へ。
しゃがみ込んで休憩するが2~3分経っても楽にならない。
結局5分近くしゃがんで居ただろうか?
立ち上がった時、時間的にはまだまだ余裕があったが、もはや道路に
戻る気力が無かった。
この時点で今年の夏は終わった。

朝起きてから今日一日、あんな所でリタイアしてしまった悔しさと情けなさで
一杯である。
体調不良とは言え、せめて収容バスに追いつかれるまでゆっくりでも良いから
走るべきではなかったのか。

歩道から見ていると大勢の後続ランナー達がやって来る。
まだ先は長いのに足を引きずる様にして走っている人も、そして次の関門で
掛かる事が確実で有ろうと思われるスピードの人も一生懸命走っていた。
そんな光景を思い出しながら、あの時歩いても良いから前に進んでいれば
体調も戻ったかも知れない。
そして完走も出来たかも知れない。
あの時の苦しさも後2時間足らずの我慢だったのに、それをしなかったために
数十時間いやもっと長く情けない思いをする事だろう。
そして折に触れ思い出す事だろう。

ゴール地点近くにバスで運ばれ、そこで完走メダルを首に掛け
ゴールしてきたランナー達に出会うのは羨ましく、そしてナンバーカードを
外している自分が恥ずかしかった。
もう絶対に自らのリタイアはしない。
どんなに辛くてもどんなに苦しくてもどんなに恥ずかしくても
関門に掛かるまでは走る様にしよう。

そうする事が結果的に走る事の楽しさだった筈・・・・・・・ってちょっと強引?(^^;

2005/08/26

北海道へ

いよいよ明日出発となったが、本当に行けるのか?(^^;
お盆に3日間休む事になったため、19日、22日、26日締め切りと言う
3件の仕事で忙殺され、まさに業爆2乗、3乗状態だった(--;)
色々有りながらも何とか納めたが、おかげで今週は走るどころか、
寝るのもままならない状態続き。
新規の仕事は全部断っているのに、どうしてこんな事に・・・・・。

さて、残すは月末締め切りの仕事1本だが、北海道マラソンで3日間
休むため、さすがにこれは間に合いそうもない(^^;
かと言って、今頃DNSもしたくない・・・。
うみゅ~、、、
結局、札幌に仕事を持っていく事にした(/_;)
土曜日早朝から頑張れば、何とかなるのか?
え~い、後は野となれ山となれだ(^◇^;)
さて、そう決めたら今夜はもう帰るぞ!

ま、前夜は仕事している方が禁酒出来るし、結果的に良いかも。
でも、徹夜明けでスタートなんて事になったらどうしょう?(爆)

そんな訳で、今年の北海道マラソンは完走目標に切り替えましたとさ(^^;

2005/08/21

朝ラン(8/21)

北海道まであと1週間。
今日からカーボに入るので、グリコーゲン放出ランである。
以前、長野マラソンだったかの1週間前に山道を30キロ走り、
結局疲れが残ったせいか、途中何度も歩く羽目になって
這々の体でゴールした事があった。
まぁ、この時は前夜にワイン1本飲んだのがもっと悪かったとも
言えるんだが(^^;
それはともかく、走りすぎの失敗だけはしない様にと、ジョグより
少し早めの速度で走り出す。
ついでにシューズも北海道の為に、、と昨夜買いに行き
新品での足馴らしである(笑)

結構暑いが、7月に比べればずいぶんマシだ。
それほど心配も無しに淀川河川敷を走れる。
多分28度位か?
湿度があるので汗を大量にかくが、乾燥していればそれほど
苦しい事もないだろう。
そのまま10キロ走り、Uターン。
風も向かい風になり、往路よりずっと走り易い。
最後の2キロからビルドアップして今日は終わり。
今週走るのは後1日位で終わる予定。

今日の距離 20キロ

朝ラン(8/20)

今日はランニング教室。
仕事を午後に回し、大阪城公園へ急ぐ。
北海道まで後8日だし、距離も減らして体力温存の時期(^^;
講習では「ひざかんたん」と「あしくびかんたん」の試用も。
テーピングなる物を初めて装着したが、実に簡単に付ける事が
出来た。
今回はこれを付けて走る。

ジョグで2キロ程を走り次はペースアップ。
出来るだけ心拍数を上げ、刺激を入れるつもりで走ったが、
初っ端に長い階段があり、そこを上るだけでゼェゼェ(^^;
少し走るとまた短い上り坂で次が急な下り。
2キロのコースを1周するだけで堪らずストップ(^^;
心拍は180近く迄上がったモノの、身体に悪いかも(笑)
結局2周するだけで終わり、後はジョグで時間待ち。

テーピングの感想で「ひざかんたん」はやはり柔らかい部分を
締める様な感じになるので、走っていても少しだけ違和感がある。
まぁ、これはすぐに慣れるだろうし、短い距離なので何とも
言えない。
一方「あしくびかんたん」は、効果がすぐに実感出来た。
アーチがしっかりするせいか、足の振り出しがスムーズに
行く感じ。
スピードを出して走っていても、着地が何となく楽に出来る。
フルなどの距離になれば結構効果があるかも。
ただ、これを装着してベストが出た時、実力ではなくこれに
助けられた共言える訳で、素直に喜べなかったらどうしよう(^^;
それに、付けた状態に慣れてしまい、もし付けずに走った時に
えらく悪い記録だったらもっとショックだったりして??(^◇^;)

今日の距離 7キロ

2005/08/18

朝ラン(8/18)

さて、今日からまた仕事。
翌週早々に締め切りの物件が一つ有り、出社早々からの業爆である。
なんて言いながらBlogを書いているんだけど(^^;

あちこちのブログでも見るが、とにかく北海道まで後10日少々。
今更じたばたしても仕方が無いけど、せめて完走くらいはしたいし
走れる時に走っておこう・・・・
と言う訳で、早めに起床。
もちろん昨夜は早めに寝る事が出来たせいも有るが・・・。

外へ出ると月曜日より一段と涼しく感じる。
雲は少なそうだが、迷わず淀川河川敷へ。
出来ればペース走をしたいが、そこまでは持たないかも。
2キロ位まで軽いランで行き、そこからピッチを上げての
スピードアップ。
帰省中は毎日結構な量を飲んでいたため、ストライドを広げる
体力はない(^^;

鳥飼大橋の先まで一気に行き、そこで折り返す。
さすがに汗も大量で、喉が渇いてくる。
途中の給水で1分程休憩し、再度スタート。
ピッチを保ちながらのランで、準ペース走?位の
スピードで帰ってきた。

今日の距離 15キロ

今夜の安ワイン(8/17)

帰省から帰ってきて、ほっと一息。
向こうでは魚ばかり食べていたせいか、何だか身体が野菜を
欲している様な気がして、急遽サラダを大量に食べる事にした(^^;
ついでにパンも買ってきて、サラダとパンの夕食。
とくれば、当然ワインになり、チーズも並ぶ事になる。
開けたワインは[2001]シャトー・ド・キュガ ルージュ 
(ボルド-・シューペリュ-ル) \1,280-
050817

この別クラスを以前飲んでいる。
色は以前飲んだものより結構濃いめで、
香りも強め。
でも、タンニンは少しおとなしく、全体に
きめ細かな感じ。
味としてはこちらの方が美味しいと思われる。
柔らかくてバランスも良いし、果実味も
結構あり、1,000円少々にしては上出来では
ないか?
楽しく飲めて、日常ワインなら充分。
旅行疲れもあったせいか、ちびちび飲んでいたら
眠くなり、早々に布団へ潜り込む事になった。

77点。

2005/08/17

今夜の安ワイン(8/16)

帰省中に飲んだワイン。
もちろん田舎の事なので、酒屋に置いてるワインと言えば、
ポートワイン?程度のやたら甘いワインと、地元特産と言う名目の
観光ワイン程度のため、自宅から持っていったのだが(^^;
ワインは [2001]シャトー・ピュイ・アルノー・モレーズ
(コート・ド・カスティヨン) \1,680-
050816
但し、これは以前も飲んでいて、
見たら丁度このブログを始めた時だった(^^;
非常に美味しかったので、次に入荷した時2本購入したワインである。
味は前回と殆ど変わらず、ただ運搬のため数時間揺らしたせいか
ほんの少し舌に刺した感じが有ったのはやはり残念。
数人で飲んだため、あっと言う間にボトルが空いたのは当然(^^;
後はビールや焼酎でガヤガヤと・・・・。
ちなみに中で割と美味しかった焼酎がこれ。

050816B
もちろん、酔いも回ってきているので、
舌の方は殆ど麻痺していたのかもしれないが・・・・(^^;
これは二日酔い確実か??と言う意識は有ったが
ピッチは変わらずどんどん進んでいくのであった(--;)

2005/08/15

朝ラン(8/15)

昨日は結局走る時間も取れず、朝から夜遅くまで仕事だった(--;)
それでも今日締め切りの分は何とか終わり、帰省の為出発。
しかし帰省するとやはり色々あって走るどころではないので
出発前の朝ランとなった。
時間も余り無いので、短い距離だが・・。

短い距離なら出来るだけ心拍数を上げておこう、、とペース走より
もう少し早いスピード。
ジョグで1キロ程走りそこから上げていく。
1週間前に比べ少しは涼しいが、やはり湿度は高くすぐに汗が出て来る。
維持したまま5キロでUターン。
今度は向かい風で気持ちがよい。
その分身体はきついが(^^;

最後の方は少し遅れだしたが、身体が目を覚ます前の時間としては
まぁまぁ走れたほうか?

今日の距離 10キロ

2005/08/13

朝ラン(8/13)

世間はお盆休みに突入しているんだが、こっちは仕事である(/_;)
とは言っても、今年は新盆の為、週明けから帰省で休むんだが
それ迄に仕事を片づける必要があって、今週はまさに死ぬ様な
忙しさである(--;)
走るどころではない・・と言うか(^^;
それはともかく、土日はゆっくり出勤が出来るので、3日ぶりに走る事が出来た。

ペース走の予定で、最初5キロをジョグで行き、そこからペースアップ。
しかし昨夜忙しくて何も食べなかった為か、フラフラする(^^;
走る前にゼリーを一つ口に入れたんだがなぁ・・・。
ともあれなんとが我慢をしながら足を前に出し、ペースを維持するが
持ったのは10キロ過ぎまで・・・・(^^;
これはいかん、とそうそうにUターン。
復路も何度かペースを上げてみるが、1キロも続かない。
最後の方は歩く様なスピードになってしまい、這々の体で帰ってきた。
いやはや、さすがに空腹ではどうしようもない。
明日再挑戦と言う事で、しっかり食べ物を準備しておこう。

だが、北海道まで後2週間。
今年は業爆がずっと続き、まとまった練習が全然出来なかった。
40キロ走さえもこなしていない(^^;
こりゃもうダメだなぁ・・・・・
と、早くも諦めモードになってしまうので有った(^◇^;)

今日の距離  21キロ

2005/08/09

朝ラン(8/9)

日曜日も朝から仕事と言う相変わらず業爆続きで、なかなか走る時間が
取れないが、もうすぐ北海道だし、それほど走り込む必要がないと
言うのも、サボる口実になっているのも確か。
これではダメだ(^^; と、昨日も深夜帰りだったが、今朝は何とか早く起きて
走る事が出来た。

早朝に家を出ると少し涼しい様な気がする。
そろそろ残暑と言われる頃だし、早朝位は涼しくなるのか。
気をよくして(笑)、今朝は淀川河川敷へ。
広いせいか、気持ちよく走れる。
さすがに走り出すとすぐに汗も出るが、向かい風と共にそれほど暑い感じはしない。
4キロ程行った所で薄雲が切れ、陽が射してくるがまだ大丈夫。
そのままペース走を続ける。

汗もかなりひどくなるが、鳥飼大橋まで一気に走り、少し先でUターン。
この辺りから結構日射しも強くなり、おまけに追い風なので、一気に暑さを
感じる様になるが、スピードを変えず走る事が出来ている。
心拍数もまだ130台後半で身体も楽。
しかし10キロ過ぎで空腹がひどくなり給水。
暑さと空腹でこれ位走れているのだから、まぁ良い方か?

残りの距離もスピードを落とさない様にして走るが、さすがに心拍数が
140を越える様になってきた。
我慢を重ねながら、少し遅くなった位で何とか帰ってきた。
忙しさで何となく走る日が続いていたが、そろそろペース走を主体に
走る頃かな?

今日の距離 15キロ

2005/08/08

今夜の安ワイン(8/7)

仕事で帰りが遅くなり、結局夕食ではなく単なる寝酒になってしまったが
今夜は [2002]シャトー・ラ ピエリエール(コート・ド・カスティヨン)を
飲む事にした。
このワイン、貰い物でデパート価格で2本5,000円になっている為、
少し調べてみると市場価格\1,280円前後。
050807A
まさに安ワインピッタリと言う訳か(^^;
色はさほど濃くないが、鮮やかと言える
ガーネット色で、見た感じも若々しい。
どうもミディアムっぽいね。
甘みの香りもしている。

一口飲んでみるとやはり意外にいけそう。
少し甘めで、タンニンも素直。
飲み応えが有るという程でもないが、それなりに厚みもあり
ブルジョワクラスと言っても大丈夫かな。
如何にもボルドーらしい作りだが、洗練されていると言うより
素直さが勝っているため、美味しいんだろう。
コート・ド・カスティヨンって地域は値段の割にお得なワインが
多い様な気がする。

それと、今夜はもう一つ特筆物があった。
単にワインを飲むだけだったので、つまみに阪急で
今日買ったというチーズを出して貰った。
050807B
[ピエダングロワ] と言うチーズだが、
これがまた美味しい。
チーズの事は余りよく知らないが、これは
今まで食べた中で3本の指に入ると思う(^^)

美味しいチーズに美味しいワイン。
遅くまでの休日出勤でグッタリしていたが、これで生き返った(^^;

ワイン 83点
チーズ 95点(^^)v

2005/08/07

幸福祈念ラン(8/6)

今日はラン仲間S氏とK嬢の結婚披露パーティという事で、その前に
幸福祈念ランを行い、神社を三社走って回る事になった・・・・・・・が、
何せ真夏の昼間である(^^;
炎天下一体どうなる事やら??と心配したが、朝、残った仕事をした後、
集合場所の公衆浴場「薬師の湯」へ。
到着すると、すぐに雷と共に結構な夕立になった。
これなら涼しくて少しは気持ちが良さそう。
雨で幸先が良いと言うと怒られる?
ま、「雨降って地固まる」と言う事にしておこう(^^;

計7人で走るが、今日は伴走である。
最初はH氏のロープを持って大川沿いを走り、そこから大阪天満宮へ。
菅原道道真公を祀る学問の神様だが、幸福祈念と関係有るのか?(笑)
ま、それはともかく、普段は結構人出賑わう天満宮だが、さすがに
雨と有ってか参拝客は誰もいなかった。
そして神社で祈願した後、境内を通り抜けて亀池へ。

実は、ここから歩いて2~3分の場所に事務所が有り、そこで
仕事をしていたので、この付近は毎日歩いていたが、3年前に
今の梅田に引っ越して以来で、結構久しぶりである。

ここから天神橋筋商店街を抜けて、再び大川沿いへ行き、そこから
大阪城の外周道路を通って、今度は城内にある豊国神社へ。
大阪城内に有るという事で、豊臣秀吉が作ったのかと思われがちだが
実は違ったりして(^^;
と言っても、今は豊臣秀吉、秀頼、秀長を奉祀しているとの事。
ちなみにここは出世開運の神様で、多少は幸福祈念に関係有る筈(^^;
ま、ここでは結婚式も多くやっている事だし(^^;

すでに雨はやんでいて、かなり暑い。
もちろん大阪城内という事も有り、その上大阪キングという催し物も有るせいか
やたら人出も多い。
参拝後、露天を少しうろついて、最後の桜宮神社へ向かう。
ここからはM嬢の伴走ををして、大川へ。

そして最後の桜宮神社に到着。
ラブホテル街に(^^;ひっそりとたたずむ小さな神社で、神様の最高峰?である
天照大神を祀って有るのだが、さて天照大神ってなんの神様だっけ?
おまけに参道のある正門から入らず横から入ってしまった(^^;
ま、天照大神を祀ってある神社はあちこちにあるが、本家(と言うのか?)は伊勢神宮。
考えてみれば、ここが一番祈念ランにふさわしかったかも知れない(^^)

そして参拝の後、すぐ近くのスタート地点「薬師の湯」へ戻り、汗を流す。
風呂の後は、宴会まで待てないので取りあえずビールで喉を潤した(笑)
幹事のMさん、どうもお疲れ様でした(^_^)

今日の距離 12キロ

2005/08/05

朝ラン(8/5)

相変わらず寝るのが遅く、昨夜も就寝が午前1時半頃(--;)
昨日走れなかったので、今日は何としても(^^;
何とか目が覚め、大川へ。
そう言えば今日は東京から出張で来ているT氏が大阪城で
早朝ランをすると言っていた事を思い出し、向かう事にした。
川崎橋を渡らず、京阪電車を越え、歩道橋を走って大阪城公園に入る。

丁度、「大阪キング」とか言って毎日放送が盛大な催し物をしている。
いつも走る所にも屋台より少しマシな商店の様な店が両側に
ずらりと並んでいる。
こりゃ明日は凄い人出だろうなぁ。
こんな所きっと走れないぞぉ~(^^;;;

チラチラと赤のランシャツ姿を探しながら走るが、全然見あたらない。
そりゃそうだろう、、こんな広い所で遭遇する方が珍しい筈(^^;
森ノ宮の噴水まで来て、ここを数周する。
少し時間が遅かったかも知れない。

そろそろ時間もなくなり、引き返す事に。
大川へ出て空きっ腹を抱えながらスピードアップ。
少し遅れ気味に帰着。

今日の距離 10キロ

2005/08/02

朝ラン(8/2)

昨日ぐっすり8時間の睡眠を取れたせいか、今朝は普段の朝ランより
早く目が覚めてしまった。。
それにしても、2日続けて睡眠を取れない身体というのもちょっと
悲しいモンではあるが(^^;

目が覚めた時間は夏なのにまだ暗い、、と言う早さなので
ごそごそ起き出し、少し明るくなるのを待つ。
新聞も来てないし、ぼぉ~っとしていたらうつうつとまた
居眠りしてしまった(^^;
気が付くともう外は明るい。
昨夜の空は快晴の翌朝を思わせる程だったが、幸い曇り空。
この時間なら淀川の方はまだ涼しいだろう・・・・。
と、迷うことなく淀川河川敷へ。

走り出すと何故か今朝は調子がよい。
足も軽く、最初からスイスイと前に出る。
本番でもこんなだったらいいのに、、、と思いながら、上流へ向かう。
城北大橋・豊里大橋を過ぎ、一気に鳥飼大橋まで到着。
少し先を堤防まで上り、そこで折り返す。
相変わらず足取りは軽い。
一体どうしたのか?(笑)
さすがスタート迄戻ってくると疲れてきたが、まだ出勤時間に余裕が有る。
そこで、1キロ先へ行ってまた戻り、計2キロ追加。
朝ランにしては結構な距離を走る事が出来た。

今日の距離 17キロ

2005/08/01

今夜の安ワイン(7/31)

業爆と睡眠不足のダブルパンチで夏バテ気味の毎日。
そこで、ワイン飲んで体力回復を・・・・なんて出来る訳ではないが
酔ってぐっすり眠れば多少なりとも元気に??
って、それなら飲まずに早く寝た方が良いのかも知れない(^^;
今夜は [2002]シャトー・ラルティーグ・ア・ヴァレイヤック
(AOCメドック) \1,480-
050801
ブルジョワクラスでこの値段とは、ピンキリでもキリの方?(^^;
カベルネ60%メルロー35%らしい。

毎日の暑さで、今日はもう少し冷たくして飲もう・・と、
抜栓してからも冷蔵庫で30分程置き、12度位まで冷やした。
これは少々冷やし過ぎか?

香りは余り無いが上品な甘さがする果実臭。
色は薄くもなく濃くもなくあくまでも中庸。
舌に転がすと、これまた軽くタンニンが効いて、かつ嫌みのない
優しい味。
ほんの少し樽臭が感じられ、軽い訳ではないが、飲みやすい。
深みはごく普通で柔らかさも有る。
少し物足りないが、1,000円クラスでちょっと良いモンめっけた時に
感じるお得気分。
でも、元々クリュ・ブルジョワなんだし、1,000円以上するんだから
それって当たり前だよなぁ(^^;

結局、これと言う特徴のないまま、何となく美味しい気分で
飲み終えてしまった。
あくまでも普通・・・・・・・・・・・普通ってのは大事な事だけど
感じる美味しさとは全然別物だなぁ。
まぁ、誰にお勧めしても間違いのない味だとは思うけど。

78点

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »