Jog-note

  • Jog-note
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005/09/29

朝ラン(9/29)

短期業爆だったのが何故か中・長期になりつつある今日この頃(--;)
特に今週は酷く、通常の仕事の他に、一旦終わった仕事の変更・修正などに
追われる毎日。
ったく、走る時間どころか寝る時間の確保で精一杯だった。

遅めではあるが、何とか起きる事が出来、早速淀川へ。
1週間足らずだが、一気に涼しくなっているのを実感する。
踵の調子は今ひとつだが、ジョグで走りだすが、やはり身体は重い。

どうも忙しいせいか、今日はあれとこれをやって・・・等と仕事の事ばかり
頭に浮かんでくる(^^;
こうならない様に、音楽でも聴きながら走ろうか?なんて思ったり。
結局ジョグのままでそれほど時間も取れず、今日は短い距離で終わった。
久しぶりだというのに、これではなぁ・・・・。
それに明日も東京出張なので、走れないし。

今日の距離 8キロ

2005/09/25

日曜日だと言うのに

しかも世間は3連休なのに何故か出張である(`ヘ´)
まぁ、静岡への出張はこれが最後だと思うが、単なる日曜出勤より疲れが増しそう(;_;)
野口選手のベルリンマラソンも見られないので、家からメールの半実況中継中(^^;)050925_1948001.jpg

2005/09/24

今夜の安ワイン(9/24)

少し残った仕事を昼間終わらせたので、明日の出張まで仕事は無し・・・。
でもってのんびりとしたので今夜もワインを。
一昨日はブルゴーニュだったので、、と言う訳ではないが、少し涼しくなった
今夜は濃いめのローヌを。
開けたのは [2003]サン・ジョセフ ルージュ(ピエール・ゴノン)\2,980
050924
世間では2003年或いは2004年ボルドー・プリムールの
予約が始まっているが、何でも2003年は
もの凄いビンテージで、P氏ポイント100点が
連発されてるんだとか。
もちろんお値段の方も凄くて、5大シャトーともなると
1本3万とか4万等と言う値段が付いてるし、
一桁違う安ワインしか飲めない当方としては、
全く別世界の事としか思えないんだが・・・。

それはともかく、安いワインならその中でも美味しいワインを、、
と言う楽しみが有る訳で、3万も出せば美味しいのは当たり前。
もし不味ければその分ショックも大きい訳で、当分ワイン飲むのも
嫌になったりするかも・・・。
でも、そんな高いのを飲む人は3万位どうって事無いのかな。
ま、どちらにしても当方には縁のない話(^^;

さてこのワイン、色はかなり濃いめだが、エッジは少しオレンジと
ピンクを混ぜたような感じ。
香りはかなり濃厚と言え、如何にもと言う感じでローヌの雰囲気が
プンプン匂ってくる。
そして、抜栓直後にもかかわらずしっとりと舌に絡みながら、
ボリュームも充分。
少し荒っぽさもあるけど、上等です。
でもこの値段ならそれ位でないとねぇ・・・共言えるかな?
でも、全く裏切りなしで、充分合格。

83点

2005/09/23

今夜の安ワイン(9/22)

今日は仕事が早めに追われる予定だったので、先日飲んだ同じワイン
飲む事にしていた。
今度はもっと長時間空気に触れさせる予定で、火曜日に抜栓したので
ほぼ2日間の放置だが、これなら充分開くだろう。
開けたワインは[2002]ブルゴーニュ・パストゥグラン(ミシェル ノエラ)\1,480
で、以前2本買ってあった残りの1本。
050922
さて、グラスに注ぎまず一杯。
香りは先日と同じく僅かに甘酸っぱく強い香り
だが、中身は驚いた事に全然違った。
一番違うのは滑らかさと柔らかさ。
この前も柔らかさは感じたが、今夜のは
口の中での広がりが全く違う。
舌触りも良く、タンニンも柔らかく飲みやすい。
ザラザラ感は全く無し。
いいですなぁ、、この値段でこのお味。
いやいや1,480円で飲めるブルゴーニュとは信じられない。
飲むのに少々コツが居る様だが、それだけの手間を掛けても
充分値打ちがあります。
今時のブルゴーニュは随分と高くなってしまったけど、まだまだ
こんな楽しみも有るもんですなぁ。

85点。

2005/09/22

朝ラン(9/22)

週明けから出張や短期業爆が重なり、やっと今朝は走る事が出来た。
と言っても、まだ日曜日にトレイルを走った時の筋肉痛が少々(^^;
外へ出ると涼しいが、走り出すとまだまだ暑く感じる。
それでも9月はもうすぐ終わりだし、暑く感じるのは今週までだろう。
練習で走るなら、今頃からが一番いい季節である。
気持ちよい汗と爽やかな風、そしてぐっすり眠れる季節に、早朝起きる時の闘い(^^;

今朝も犬の散歩やウォーキングの人達に混じり、淀川を軽くジョグ。
最近どうも踵の調子が悪い。
色々走り方を変えて居るんだが、なかなか痛みが取れない。
何年か前にも痛めた所で、この時は半年以上掛かったし、仕事が落ち着いたら
病院に行かなくてはならないなぁ。

今日の距離 10キロ

2005/09/20

今日も出張(9/20)

全く東京日帰りと言うのは疲れる。
何よりも早朝の新幹線と言うのが辛い。もっとも、早朝ランで起きるのは別にどうって事はないんだが(^^;)
今朝も大川を早朝ランしている人たちを横目に急いだが、そう言えば今週は金曜日も静岡に出張だった。
ったく、今週は走っている暇もないぞ(-.-;)。
たまにはシューズ持って一泊出張をしたいものだ。

2005/09/19

箕面マラニック(9/18)

箕面と言えば、関西のサブスリー養成コース(と、我々が勝手に読んでるだけ?)で有る
箕面ー妙見コースが有り、今までにも何度か通っているが、色んなWebを見ていて、実は東海道自然歩道等を利用したトレイル
コースも数多く有る事も知っていた。
実際、妙見山へ行く途中も、山の中から出てくるランナーに出会った事も有るが
なにぶん地図を読むのが苦手な事もあり、一人で山道を走る勇気もなく
サルにでも襲われたらどうしょう・・とか考えてしまってなかなか走る機会が
出来なかったが、今回はR先生の所でその機会があり、これはチャンスと
参加させて貰った。

距離にして20キロ少々。それを途中休憩も入れて約4時間で走ると書いてあり
なんだそれじゃ楽勝じゃん・・、とたかをくくって朝食も適当に済ませ箕面に集合。
トレイルコースと言う事で最初にグループ分けがあり、Aグループが平地で
キロ6分と聞いて、迷わずAグループに入る。
 (これが後でえらい事になるのだが(^^; )

さて出発だが、時はすでに12時半。
あらら、4時頃に帰ってくる予定だから残りは3時間半だ。
でもまぁ僅か20キロだし・・・・・。
最初は何度も走った箕面から滝までのコース。
連休のど真ん中でやたら人が多い。

滝から車道に上がり、ビジターセンターへの道も、妙見山へ行く時に
走るコースなので、普通のペースでいける。
しかし、先頭は何故かやたら早い(^^;
平地でキロ6分じゃないのかぁ~?(^^;
と、まあいっか、後ろにも沢山居るし・・・・。
その内にビジターセンターに到着で、ここが早くも休憩ポイントになっている。
一人で妙見山へ行く時は、マリアの泉迄休まず行ってしまうので楽なモノだ。
おまけに主催会のスタッフが車で先回りしてくれて、スポドリ・水も補給出来る。

さて、ここからは未知の東海道自然歩道・トレイルコース。
と言ってもいわゆるハイキングの道なので、狭い地道だし木の根もあちこちに
出ているので、結構注意しながら走る事になる。
そして、ほんの少し走っただけで、いきなりすげぇ階段(^^;
それも丸太を置いてあるだけの、ガタガタ階段。
なんとそこをガイドランナー始め、みんな走って行く・・・ヒェーーー(^^;
小さな階段ならともかく、結構長い階段を走って登るなんて初めての経験である。
それでも必死で付いていくが、足はともかく息が持たない。
心拍数はあっと言う間に180オーバーの連続(^^;
またまた、平地でキロ6分じゃ無いのかぁ~、、と思う余裕もなく、
ひたすら付いて行く。
這々の体で階段が終わっても、走る所は狭くて滑りそうな細いガタガタ道。
ここをどんどん飛ばして行く(^^;
平地部分はキロ6分より早いぞ(笑)

ダムの反対側へ出て、そこから北摂霊園までは車道。
ここはよく知っているが、トップ組はどんどん進んでいく。
(後の宴会で分かったが、殆どサブスリーなんて人までいた(爆))
前から4~5番目位でとにかく付いて行くが、みんな押し黙ったままひたすら走り
まるで学生合宿の様子(笑)

何とか北摂霊園に到着し、ここで何人かの後続組を待つが、早くも一人脱落。
ねぇ、キロ6分じゃなかったよねぇ・・と心の中で声を掛ける(^^;
ここから登りの車道で、勾配は約10%の標識。
結構きついが、法輪寺辺りの方がもっときついので、ここは何とか踏ん張るが
階段を走って上ったせいか、早くも足に来ている(^^;

でも、この霊園さえ終われば後は、下りコース・・・・・・・・・・の筈だった。
がぁ、初っぱなから期待を裏切られ、その下りコースへ行く為に登らなければ
ならなかった(笑)
狭い地道を何度も上り下り、そして丸太の階段を走って降りたり登ったりで、
やっと勝尾寺に到着。
朝、余り食べなかったせいで、この辺で完全なガス欠状態。
うむ~、、マラニックを完全に舐めてました(強く反省)

休憩後、如何に何でももう後は下りばかりだろう・・・と思ったのもつかの間。
車道を横断したと思った途端、またまた凄い階段登り(^^;
幸いに石の階段で少しは救われたが、それにしても急な階段。
走って登れたのは最初だけで、半分も行かない内から歩きが入る(^^;

もう何も考える事は出来ず、ただただ足元を見ながら注意して走るのみ。
もしサルやクマが居てもきっと気が付かないだろう(笑)
マラニックって周囲の景色を楽しみながら走るなんて、絶対出来ないぞ(爆)
・・・・って、ゆっくりのんびり走ればもちろん楽しめるのだが(^^)/

ともあれ、やっとビジターセンターまで戻ってきた。
後は車道と滝道を下るだけ。
さすがに下りは楽なモンである。
妙見山へ行った時は、車道から滝道に入る急坂で大腿部がフラフラして
スピードを緩めるが、今回は大丈夫だった。
やはり距離が短いせいだろう。

箕面スパーガーデンへの到着が15時44分。
走り出したのが12時40分位だったか?
約3時間の行程だが、途中何度かの休憩で計4~50分は有った筈。
正味走った時間は2時間20分位だろうか?
結構きつかったです、ハイ。

後の宴会でも、マラニックの「ニック」という言葉からピクニックと同じような感覚で
捉えて居た人も多いようで、大変だったと言う感想も多かった(^^;
こちらはマラニックの内容は知っていたが、階段を走って登った事が無く
良い経験だった。
坂道を走るよりずっときついぞ。
今後、マラニックの時は思いっきり食べておかなくては(^^;

夜の宴会が終わった後、梅田では別グループとカラオケへ。
家に着いたら午前1時前。
いやいや、長い一日だった・・・・・(爆)

2005/09/18

今夜の安ワイン(9/17)

休日出勤の日位は早く帰りたいモノだが、なかなかそうは行かない
場合が殆どだ。
考えてみれば、忙しいから出勤しているのであり、早く帰れる程度の
仕事量なら、平日に頑張り、週末休み・・ってのが出来るモンね(笑)

だが、今日は何としてでも早く帰る必要が有った。
何故かと言えば「女王の教室」が最終回だったから(爆)

色々話題になっている事は知っていたが、我が家には子供も居ないし
余り関係ないか、、と思って見なかったんだが、先週途中からだが
何となく見てしまい、う~ん、もっと前から見てれば良かったぁぁぁ~と
大後悔したのであった(笑)
そんな訳で、仕事は途中でほっぽり出して帰途に付く事にした(^^;

ドラマの結果はあちこちのBlogにも出ているが、最近にない上出来の内容で、
非常に良かったんじゃ無かろうか?
なんだ、やれば出来るじゃん。
くだらないバラエティや、スタッフ達のバカ笑いばかり聞こえてくる
お笑いタレントのトーク番組ばっか作ってないで、こう言うのを
ちゃんと作んなさいね<業界の人達

まぁ、2回しか見てないのでえらそうな事は言えないし、実際に
こんな事は無理だろう・・って事も有ったけど、ドラマだし
色んなWebで一応あらすじは分かっているので、許してね(^^;

って事で、TVを見ながら飲む事にした今夜の安ワイン(笑)
最近、有名シャトーが別蔵で作っているってのが多くなったけど
これもその一つ。
[2000]ル・オーメドック・ド・ジスクール(オー・メドック) \2,080
050916
当然、親元はマルゴー3級のCh.ジスクール。
まぁ、マルゴーと言ってもCh.マルゴーなら1本
3~4万円するが、
ここはずっとお安く、本家でも5,000円程度(^^;
まして別蔵だから、この値段なんだろう。

「女王の教師」、家に着いた時は少し始まっていたが、
横目で見ながらワインの準備(^^;
抜栓して香りを嗅ぐのももどかしいが、ほんの少し薬草っぽい香り。
ほんの少し青みが掛かった濃いめのワイン色で。
開けるにはまだ少し早かったのか?
しかし、口に含むとざらつき感は殆ど無く、ただ少し固い様子。
やはりまだまだ開いてない。
まぁ、ドラマはじっくり見られるし、のんびり飲もう・・と腰を落ち着ける。
20分ほど経った頃からか、明らかに変わってきた。
きめ細やかに舌へ広がり、豊かな香り、タンニンも甘めに感じる程。
久しぶりにボルドーらしい強くそして甘く柔らかいワインを
飲ませて貰えた。

2000年というビッグビンテージだから良いのか、或いはやはり
ブランド力なのか。
もちろん、グランクリュには劣るけど、2,000円でこのボルドーを
飲ませて貰えれば上出来です(^^)

さて、上に書いたとおり、ドラマは多くの人もそうだったと思われる、
感動の結末で終わりました(^^)
ワインも感動とまでは行かなかったけど、結構毛だらけネコ灰だらけ?

83点

2005/09/17

朝ラン(9/17)

ついに走る時に着ているTシャツを捨てる決心をした(笑)
真夏以外は殆どこのTシャツで、もう5年程着ている。

もちろんポリ100%で、大量の汗をかいても身体に貼り付かず
結構良かったが、当初の白色が何となくグレーっぽくなりつつあり
さすがにみすぼらしい(^^;
別に破れている訳でもないんだが、大会の参加賞や完走賞で貰った
Tシャツも大量にあり、その殆どはまだ袋に入ったまま。
最近の大会でくれるTシャツは、綿よりも高機能シャツの事も多くなり
それを着ればいいや、、と思ったのも捨てる決心になった・・ってちょっと大げさ(^^;

んで、タンスから出して色々見てみたが、よく見ると高機能と思っていた
シャツは殆どがポリと綿の混紡だった。
そうか!これが高機能と言うのかも?
あたしゃ、ずっと100%ポリの事だと思いこんでいたぞ(^^;

これでは多量の汗をかいた時は、ちょっとどうかなぁ?・・と探しまくり
やっと見つけたポリ100%の一枚が、なんと先日の舞洲24Hリレーの
真っ赤など派手Tシャツ(^^;
きっとご存じの方も多いでしょう(笑)
単に赤だけなら全然OKなんだが、いかんせん真ん中のでかすぎる
デザインが少々・・・・・。

アメ村で着ても注目を浴びそうなこの派手な赤いTシャツ。
沢山の人が貰っているはずなのに、ランナーのメッカ?で有る淀川や
大阪城で走っていても、未だお目に掛かった事は無いぞ。
さすがにみんな恥ずかしいんだろうか?
ったく、なんという感覚をしているんでしょう<R社(^^;

これを着て走っていたら目立つ事間違いなしで熟年オヤジには恥ずかしすぎる。
でも、これしか無いしなぁ・・・と諦め、袋から出してこれで走る事に
して外へ出る。
今朝は折角涼しくなったと思ったら、また逆戻り。
さすがに真夏の様な事はないが、風が無ければかなり暑いだろう。

とにかくTシャツが気になるが、まぁいいや、、と淀川へ向かう。
それにしてもすれ違うランナー全員から見られてる様な気がする(^^;
ちょっとこれはやばいかなぁ・・・・。
それでも走っている内にその事を忘れてきて、と言うより同じ事を
長時間考える事が出来なくなって来たのか(単なる老化現象?)

ま、取りあえず鳥飼大橋の先を堤防に登り、そこでUターン。
今度は追い風で結構暑く感じる中、帰ってきた。
う~ん、やっぱ捨てずに前のTシャツを着ようかなぁ~(^^;

今日の距離 15キロ

2005/09/15

朝ラン(9/15)

今週は日帰り出張が有ったりで、前半はさっぱり走れなかった。
その上、仕事も一段落して時間に余裕が出来た筈なのに、何故か短期業爆に
なっていると言う不思議さ(^^;
しかし今日の天気予報が涼しい、と言う事だったので、これは何としても
走らねば・・・・・(^^; と言う事で早朝起きて走った。

外へ出ると確かに涼しい。
これなら木陰の大川を走る必要もない、と淀川へ。
ただ、踵が少し痛むので、あまり距離は伸ばせない・・・・・。
スピードも軽くジョグという程度で、たっぷり時間を掛けて、でも距離は少なく
3日ぶりの朝ランは終わってしまった(^^;
その上、週末は3連休の筈だったのに、一日しか休めそうにないぞ(/_;)

今日の距離 11キロ

2005/09/12

今夜の安ワイン(9/11)

土日休めると、二日連続でワインが飲める・・と言う事が分かった。
って、別に、飲もうと思えばいつでも飲めるんだけど(^^;
今夜はスペインワイン。
さて、自分で買って飲んだスペイン産なんて最後はいつ頃だったか?
全く記憶にない。
レストランで飲んだのは、確か今年の5月連休だった筈。
何故買ったのか?と言えば、単に安かっただけなんだけど。
でもって、スペインワインの常で、安い値段でも結構凄い名前が
付いているんだよね。
飲んだのは、 [1996] グラン・レセルバ(ビーニャ・アルバリ)
\1,280
050911
グランレセルバで1996年という飲み頃ワインでも
この値段は立派(^^)
まさに安ワインしか買えない自分の為に
有る様なモノか?(^^;
抜栓すると、薬草がかって少し酸味のある香り。
色は少し濃いめでも綺麗な赤紫。
さて、一口・・・・・う~ん、ちとこれは香りでも
感じた薬草味が少し強めかな。
考えようによってはシナモンの様な感じもするが。
酸味はそれほど強くない。
でも、熟成というのはまだ早いかなぁ。
少し期待はずれな感で、食事にかかる。
そう言えば少し冷やしすぎたのかも知れない、、、と、
飲むのを待つ事にしてビールを開け、のんびり食事を進める。

さて、もう一杯グラスへ。
温度も少し上がり、香りは少し甘さも感じてきた。
但し、タンニンは少し強くなり、酸味がもっと効いてきた。
確かに開いてきた様子だが、
50分程経った頃か、この辺が限界かも。
値段から見ると少しお得感はあるが、名前からする程
美味しいって事ではない。
と言うか、期待しすぎたのかも(^^;
どっかのコンクールで優勝したらしいけど、どうかなぁ?

70点。


2005/09/11

白クマアイス、ゲット!

昨日走れなかった分、今日は長い距離を、、との気持ちとは裏腹に(^^;

朝は比較的早かった。
問題は家を出るまでの準備時間。
時間が有るからと選挙記事満載の新聞をのんびりと読んでいたら、
アッと言う間に1時間が(^^;
結局、今朝も慌てて出る事になった。

空は曇天で、いかにも雨が降りそうな気配。
その代わり涼しいはず・・と走り出したらやはり蒸し暑い。
今日も大川へと向かい、走り出すもすぐに汗も出てくる。
今日は久々に大阪城周回コースにした。
噴水広場まで来て、ここから外周→大手門→天守閣周回→梅林→京橋口
→噴水広場の5キロコース。
だが、満足に走れたのは最初の1周だけ。
2周目にはいるととにかく蒸し暑くて、呼吸困難状態(^^;
何とか終えたモノの3周目はひたすら気力のみ(笑)
京橋口まで来たが、ここから噴水まで気が遠くなる程の距離に感じる。

途中で昨日の売店に寄り、白クマアイスを探す。
あれ?また無いぞ・・・と目を皿の様にしていたら、有った!!
奥の下の方になっていた(--;)
無事ゲットして、木陰の昨日と同じ石に座り込む。
いやぁ、まさに至福の時である(笑)

そして食べ終わったら、もう噴水へ戻る気力はゼロ(^◇^;)
そのまま京橋口から大川へ向かい、帰途に着く。
途中、M氏に出会い少し立ち話。
但し、話の内容と言えば「暑い暑い」ばっかり(笑)
この蒸し暑い中無事帰着出来た。

今日の距離 25キロ

今夜の安ワイン(9/10)

久々の休日で、のんびりと過ごした今夜のワインは
[2002]ブルゴーニュ・パストゥグラン
 (ミシェル ノエラ)\1,480-
050910
休日と同じく、まさに久々のブルゴーニュだ。
このワイン、色々読むと48時間前に抜栓する様に・・とか
いや36時間前に・・等々
凄い事が書いてあるが、ほんまかいな?
さすがにそんな長時間前に抜栓する事も出来ず、
取りあえずラン前の朝に抜栓しておいた。
従って、飲む時には約10時間経っている事になった。
ちなみに朝抜栓した時の香りは果実臭が非常にきつく、
いかにも力強さを感じた。

夕食になってグラスに注ぐと、色は非常に濃い。
エッジまで濃く、同じブルゴーニュでもピノとは全く違う赤紫をしている。
香りの強さは相変わらず。
一口飲むと、確かにまだ固くて余り開いてない。
結構美味しいんだけど、残念ながらタンニンが殆ど感じられない。
この分では飲み終わるまでの時間ではとても開かないだろう。
さて、どうしたものか・・・。
これはそのままにしておいて、別のワインを開けるか・・・?
と思ったが、もう1本買ってあるので、取りあえずこのまま飲む事にした。
その代わり、、と言うか1秒浸せば1年熟成が進む・・と言う魔法の金属(^^;
クレ・デユ・ヴァンを試す事にした。
まず3秒浸けて3年分の熟成(^^;
う~ん、結構タンニンが効く様になったが、少々滑らかさに欠ける。
次の1杯は2秒で2年分(笑)
おっと、この方が美味しいぞ。
開いて来たと言うより、熟成が進んだと言う感じで、本来の味ではないんだろうか
これはこれで良いかも知れない。

ほんの少し甘みがあり、柔らかでなんと言っても香りが良い。
果実の香りと、かすかな酸味はオレンジか。
この味だと、完全に開いた時は随分美味しいんだろう。
しまったなぁ、、、、やはり36時間前に抜栓して置くんだった(--;)

78点

2005/09/10

白クマアイス売り切れ(/_;)

今週は土日休める事になった\(^O^)/
今年に入って週末二日間休めたのって、いつだったろうか、
全く記憶にないぞ(^^;
そんな具合で、昨夜から今日は早起きして妙見山へ行こう・・と
思っていたのに,
なんか安心してしまったせいか、早朝起きる事が出来なかった(--;)

あれこれとやる事も溜まっていたので、長距離は明日にしようと
走り出す。
すでに日が出ており、やはりこの時間になると結構暑い。
今日は日陰のある大川沿いへ走った。
いつもは天神橋でUターンだが、ちょっと気分を変えてそのまま
中之島公園へ足を延ばす。
バラ園を通り越し、長い間工事をしている川沿いは入れないので、
上の道路を走り、市役所前でUターン。
再び南天満公園へ戻り、今度は大阪城へ回る。

城内はまだ木陰が有るモノの、さすがに時間が経過して
かなり暑くなってきた。
1周すると丁度売店が開店した。
っと、ここで白クマアイスだ!!
と、ケースの中をのぞき込むが何故か見つからない・・・。
あれ??と何度も探すが無い!!
仕方なく、練乳入り梅アイスにした。
バニラだけよりちょっとだけ美味しいんだけど、シロクマが90点としたら
これは75点と言う所(^^;

木陰に座り込み、10分程休憩をかねて頬ばってから再スタート。
今度はそのまま大川を毛馬の方へ戻り、今日はこれで終わり。
やはり早朝走らないとまだまだ暑いなぁ・・・・。

今日の距離 18キロ

2005/09/09

R・ゴダード

ここの所出張続きで、長い車中の間、色々と読む事が出来た。

ロバード・ゴダードは最初の読み出しがなかなか話が進まないパターンが多いので
結構面倒な感じもするが、或る程度話が始まると、ぐいぐい引き込まれて行く。
彼の作品はいわゆるゴシックと言う言葉に例えられ、ゴシックミステリーとか
ネオゴシックとか言われているが、決して若い人の間で流行っている?
コスプレのゴスロリでは無い(^^;
大英帝国時代の階級社会を舞台に、沢山の登場人物・重厚緻密な構成・
どんでん返し・そしてお約束となっている主人公の頼りなさ(^^; 
等々、読んでいる者をイライラさせ、そして飽きさせずに、
大長編のミステリーロマンを一気に読ませてくれる。
BOOK050909

初めて読んだのは友人から貰った「リオノーラの肖像」だった。
恥ずかしながら、それまで名前も知らなかったが、
余りの面白さにすっかりはまり、それから新しく出る度に
読む様になった。

問題と言えば、登場人物が全くお金に困らない優雅な人々ばかりと言う
事だろうか(笑)
まぁ男爵とか中央官庁のお偉いサンだとか、そんな人がやたら出てくる
パターンが多いし、お金に困っている設定でも、全然悲壮感がなかったり
するのだが、まぁこれは誰の本でも有る事だし、原則的にはフィクションだから
仕方ないか(^^;

いちいち作品を紹介する気はないが、どっぷりと英国の古き良き時代に
はまりたくなったら、是非お勧めします。
いやいや、英国や古き良き時代を知らなくてもどうぞ(^^;

2005/09/06

朝ラン(9/6)

日曜日は走れず、月曜日もサボり・・・・(--;)
今週後半は日帰り出張続きなので、何とか今日は走らなくては・・・
と思っていたモノの、寝過ぎてしまい予定より遅い時間に目が覚めた。
慌てて準備をし、外へ出る。
そこですぐ気が付いた。
そうだ、今日は台風が近づいているんだっけ?
どうりで風が強いはず。

淀川へ出ると、上流から風が吹き付け、帽子が飛びそうな程。
仕方なく、大川へ予定を変更。
ろくにストレッチもしなかった為、今日もスロースピードのジョグ。
それにしても、風は強いのにすぐ汗が出てくる。
湿度が高く、ムッとする気温だ。
心なしかウォーキングの人もいつもより少ない様な。
やはり近づく台風を避けているんだろう。

往復して戻ってきたが、まだ少し時間があるので淀川へ出る。
1キロ行って戻る頃に近くの高校の陸上部がアップを始めた。
当然軽く追い抜かれる(^^;
彼らのてアップ並でよいから、自分もあの早さで走れればなぁ・・・(笑)

2005/09/05

今夜の安ワイン(9/4)

業爆も一段落した筈なのに、何故か今日の日曜日は
朝から仕事になってしまった。
でも、3~4時間で終わるはずだから、さっとやって午後から走りに行こう・・
との思惑も何処へやら、結局夜まで掛かってしまい、ランの元気は
残ってなかった(^^;

さて、今夜は家で飲む久しぶりのワインである。
先週末も札幌の宴会で結構な量のワインを飲んだが、洋風居酒屋の
ハウスワインだし、軽くて飲みやすかったけど、それより宴会の方が
ずっと勝っており、今やどんな味だったかもハッキリしない(^^;

で、ここの所ボルドーが続いていたので、今夜はローヌにした。
開けたのは、[2001]サン・ジョセフ ピエール セシェ
(イヴ・キュイロン) \2,380-
050904
抜栓すると果実臭がふわっと登ってくる程で、
結構濃厚そう。
いいねぇ、こう言うのって。
飲みたいのをじっと我慢して、そのまま2時間程
放置プレイ(^^;
で、その後30分程冷蔵庫に入れている内に、
夕食の準備も出来上がり。

グラスの色は少し青みがかった濃い赤紫と言う所。
口に入れると、ほんの少し酸味が有り、タンニンが滑らかで
舌いっぱいに広がる。
そのままじっと味わっていると、まさに幸せな気分。
このローヌは今までで一番美味しい部類。
殆ど苦みが無く、かつ濃厚で飲みやすいと言う一見相反する事を
そのまま受け入れられる美味しさ。
少し足らないのは果実の複雑さや、パワーかな。
これは熟成がもう少し進めば、もっと強くなるかも知れない。
でも、洗練させてこう言うのを狙っているのか?

ホワイトソースたっぷりのグラタンとも相性ピッタリ。
サラダ、そして札幌で買ってきたチーズも合い、幸せな
夕食だった(^^)

85点

2005/09/03

朝ラン(9/3)

残念ながら今日も仕事になったが、大会も終わったし、特に焦って
走らなければ・・と言う事もない。
こう言う時は多少、休日出勤があってものんびりした気持ちになれる(^^)

朝少しだけのんびりして起き出し、空を見ると殆ど曇り空。
おかしいなぁ?昨夜の天気予報によると、今日は一日快晴の筈。
相変わらず当たらない・・と思いながら外へ出ると結構暑い。
今から晴れてきますよぉ~、、と言う事かな?

昨夜家に帰ったのが遅かったので、食べるものが何もなく
水を飲んだだけで走り出す事になったが、空腹でちょっとふらつく(^^;
それでもゆるゆるとジョグで進んでいる内に、身体が慣れて来たのか
少し楽になってきた。
途中で結構な量の水を飲むと、多量の汗が出てきた。
おかげで空腹も気にならなくなり、少しスピードアップ、とは言っても
かなり遅いけど。

後ろから来るランナーにどんどんパスされる。
鳥飼大橋を過ぎて堤防に上がり、少し先まで行ってUターン。
今度はそのまま堤防上を走って帰る。
こうすると少し気分も変わり、同じコースでも気が紛れるんだよね(^^;

帰り道、リヤカー?のアイスクリーム屋が店開きを始めたので
立ち寄ると、今日はかき氷しか無いとの事。
残念!
少し足が重くなったが、悲しみをこらえて走り続け(^^;、給水地点で
これがアイスクリームだと思いながら水を飲む、
後、数百メートルをペースアップして今日は終わり。

今日の距離 16.0キロ

2005/09/01

朝ラン(9/1)

今日から再スタート。
朝ラン再開である。
大会1週間前から全然走れなかったし、当日も23キロしか走ってないから、
ダメージは無い筈。
それでも、走り出すと少し足が重かった。
まぁシューズを久しぶりに底厚のトレーニング用にしたせいも有るだろうが。

ゆっくりとフォームを確かめる様に淀川河川敷を走り出す。
9月に入ったというのに、意外と蒸し暑い。
当分はジョグで身体をほぐすつもりなので、のんびりペースのまま
走るが、だんだん汗が出てきて、心地よくなって来る。
いつもはこのまま河川敷を進むが今朝は気分を変え、途中から
土手に上がって走ってみた。
川と堤防を見ながら走る河川敷と違い、街並みが遠くまで見える。
早朝とは言え、都会はすでに動き出している。

鳥飼大橋の手前まで走り、Uターン。
そのままゆっくりと帰ってきた。
久しぶりののんびりジョグで気持ちが良かった。

今日の距離 14.0キロ

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »