Jog-note

  • Jog-note
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 朝ラン(9/6) | トップページ | 白クマアイス売り切れ(/_;) »

2005/09/09

R・ゴダード

ここの所出張続きで、長い車中の間、色々と読む事が出来た。

ロバード・ゴダードは最初の読み出しがなかなか話が進まないパターンが多いので
結構面倒な感じもするが、或る程度話が始まると、ぐいぐい引き込まれて行く。
彼の作品はいわゆるゴシックと言う言葉に例えられ、ゴシックミステリーとか
ネオゴシックとか言われているが、決して若い人の間で流行っている?
コスプレのゴスロリでは無い(^^;
大英帝国時代の階級社会を舞台に、沢山の登場人物・重厚緻密な構成・
どんでん返し・そしてお約束となっている主人公の頼りなさ(^^; 
等々、読んでいる者をイライラさせ、そして飽きさせずに、
大長編のミステリーロマンを一気に読ませてくれる。
BOOK050909

初めて読んだのは友人から貰った「リオノーラの肖像」だった。
恥ずかしながら、それまで名前も知らなかったが、
余りの面白さにすっかりはまり、それから新しく出る度に
読む様になった。

問題と言えば、登場人物が全くお金に困らない優雅な人々ばかりと言う
事だろうか(笑)
まぁ男爵とか中央官庁のお偉いサンだとか、そんな人がやたら出てくる
パターンが多いし、お金に困っている設定でも、全然悲壮感がなかったり
するのだが、まぁこれは誰の本でも有る事だし、原則的にはフィクションだから
仕方ないか(^^;

いちいち作品を紹介する気はないが、どっぷりと英国の古き良き時代に
はまりたくなったら、是非お勧めします。
いやいや、英国や古き良き時代を知らなくてもどうぞ(^^;

« 朝ラン(9/6) | トップページ | 白クマアイス売り切れ(/_;) »

」カテゴリの記事

コメント

男のゴスロリは貴重です。

英国モノ好きなので次のシリーズ候補に入れておこう。

最近読んだ英国モノはハリポタ(^^ゞ

まほろんさん(^^)
そう言えば、先週の探偵ナイトスクープで、
男のゴスロリが出ていました。
と言っても、女の子の格好にしか見えなかったけどね。
あれじゃ単にオカマじゃないのか?とおぢさんは
思ってしまうのです(--;)
ハリポタは4巻まで有るけど、僕は読んでません(^^;
通勤時間長いから、きっとゴダードは向いてるよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81783/5861311

この記事へのトラックバック一覧です: R・ゴダード:

« 朝ラン(9/6) | トップページ | 白クマアイス売り切れ(/_;) »