Jog-note

  • Jog-note
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005/12/28

今夜の安ワイン(12/28)

今年は11月位から忙しさも一段落し、落ち着いた年末を過ごす事が出来た。
そんな中、仕事も早めに正月休み!と言う事にして、掃除も済ませ早めに終わる。
ついでに夕食を近くのレストランでする事に。
行ったのは、よく行くトラットリアInoueの近くにある、もう一軒のイタリア料理店
「PRIMI PASSI」。
この店は開店して間もない頃に一度行き、料理の丁寧さと味付けに
感動したが、普段使いと言うには少し高め(^^;な事もあり、その後は
余り行く事もなかった。
数年ぶりに訪れたが、店内はさすが年月の経過を感じさせる。

サラダ、パスタ、肉など適当に注文し、選んだワインは
[2002]モンテプルチャーノ・ダブルッツォ(マシャレーリ)  \3,150
051228但し、店内単価なので多分1,200~1,800円位だろう。
店内は少し暗めだが、グラスのワインの色は割合明るめ。
いかにも安いイタリアワインらしい色というか(^^;
少し樽香が有り、果実感もそれなり。
舌に含むと軽い酸味が有り、いわゆるあっさり系のワイン。
それでも、4年経ったビンテージのお陰か、
青っぽさも無く、値段の割にはマシだろう。

僅かだがタンニンとは違う苦みを感じ、これはマイナス。
また、軽くざらつき感もあり、タンニンが充分こなれていないのか。
それでも嫌みはなく、この値段で置く店のワインとしては
まぁ合格ラインだろう。
さほど特徴もないし、飲みやすいね、、って所。
可もなく不可もなく、特に問題なし。

 70点

2005/12/27

朝ラン(12/27)

相変わらず冬型の気圧配置で、今朝の気温は・・・・と言っても
あちこち凍っていた訳じゃないし、2℃くらいは有ったのかも。
最近の淀川は、何故か西風が多く、冬は北風と言うイメージからすると
全然反対。
だから往路は追い風、復路が向かい風のパターンが続いている。

走り出す時は相変わらず夜の状態だが、それでも明るくなるのが
少し早くなった様な気がするこの頃。
今朝も、3キロ程でうっすらと空が光り出し、Uターンする頃は完全に青空。
気持ちも良いし、淡々と走り戻ってきた。
ストレッチを・・・と思った所でアッ!!!
またまた走る前に股上げとスキップをしなかった事を思い出し
慌てて、始めるσ(^^;
それにしてもこれは相変わらずきつい。
股上げは5分間がやっとで、後は周囲の目を気にしながらスキップ(^^;
ほんとにこれで腰高イメージが掴めるんだろうか??

今日の距離 10.0キロ

2005/12/25

朝ラン(12/25)

加古川フルを走り、少し残る筋肉痛をいたわりながら、軽く朝ラン。
少しは気温が上がった様だが、それでもまだまだ冬の天気。
快晴なのに、空気はキーンと張っている様な感じがする。
淀川を上流へゆっくりと。

途中えらくハァハァ言いながらドタドタと靴音を響かせ、後ろにランナーが付いてくる(^^;
ほんの少しずつ近づいてくるが、なかなか追い越さない。
もう、、早く行ってくれよぉ~(^0^;
その内、うっとうしくなって立ち止まり、先へ行って貰う(^^;

筋肉痛も感じなくなってきたが、油断は禁物。
ここで無理に走るとまた故障に繋がるので、適当な距離でUターン。
復路は強めの向かい風だったが、一昨日よりもずっと楽(笑)
のんびりジョグで帰る。
着いてから思いだし、慌てて股上げとステップの練習(^^;

今日の距離 15.0キロ

2005/12/24

今夜の安ワイン(12/24)

今夜は言わずと知れた?クリスマスイブ。
一応ケーキも買いに行き、ついでにそれらしくワインも購入。
と言っても、クリスチャンでもないし、他の宗教を信じている訳でもない。
ま、世間が騒ぐので我が家でも波風立てない様に・・・(笑)
で、それらしく買ったのが、ピノ・シャルドネ・スプマンテ(サンテロ)\780
051224aこの時期だから高いんだろう。
安く探せば500円位から有るのかも知れないが、
シャンパンみたいなのは年1回位しか飲まないので
偶には良いだろう。
殆ど忘れてしまったシャンパンの開け方を何とか
思い出す様、頭を回転させ、無事開栓。
シャルドネなので、まぁ辛口の方。
冷えているので味もそれほど分からないが
まずいモノでもない。
細かい泡が舌を刺激して、何となくイブだと言う
事を感じさせる程度(^^;

さて料理を・・・。
一般的には鳥なんだろうが、これは非常に苦手(^^;
でもって、ステーキに変更。
おめでたいワインが終わって、2本目に開けたのが
[2000]ベアフット・リザーヴ・カベルネソービニヨン \2,280
051224b抜栓すると濃く甘い香りが広がる。
非常に綺麗なワインレッドで、淡いエッジと合わせ
如何にも雰囲気がよい。
一口飲むと、強めのしかし嫌みでない樽香。
熟成感も充分。
少し滑らかさに欠けるが、熟した果実の強さを感じさせる。
タンニンは充分で、どっしりした感覚。
特筆すべくは、口当たりが非常によい。
熟成感充分ながら軽めの雰囲気を感じる不思議さで
カリフォルニアの特性なのか、結構なお味でした。

80点

2005/12/23

加古川マラソン2005

無事走ってきたが、とにかく寒かった。
更衣室でA氏と出会い少し話をしたが、風は殆ど無い様子。
但し、気温は低いので上はロングスリーブにランシャツの重ね着。
下はランパンにした。

この大会、フルが出来た2年前にも参加したが、それほど参加者も多くなく
1キロ表示もあってとても走りやすかったが、それで人気が出たんだろう。
今回は結構な人数で、後ろの方からスタートしたものだから、えらく時間が
掛かってしまい、コースの両側に積もった雪が溶けてきて、泥だらけの部分も
有り、大変だった。
当然、最初は人混みの中でゆっくり走る事しか出来なかったが、それでも
少しずつスピードを上げていくと、前を行くSさんの伴走チームに追いついたが
この時は5分20秒ペース。
聞くと、5分30秒で行くとの事だったので、一緒について行く事にし、丁度
サブサブ伴走と言う所か?(笑)

そして折り返してから下流に向かうと、結構な向かい風になる。
タイムが落ちてきそうなので、風よけ代わりに前を走る(^^;
しかし15キロ当たりから徐々にペースが落ちだし、20キロ付近では
キロ6分ペース。
そして23キロからはそれもオーバーしだして、6分半近くまで落ち
2度目の折返しを終わって25キロ付近でついにストップ。
どうも足の調子が悪い様子。
このままだと寒いのでここでお別れし、一人で走り出す。
冷えない様にペースを上げるが、一度落として25キロまで走った身体には
結構厳しい。
おまけにこのままだとゴールは4時間15分位になる。
これはいかん(^^;、、、せめて4時間は切って置かなくてはだ(笑)
とにかく後15キロだからそれさえ持てば・・・と言う感じでペースアップ。
当然、周囲のランナー達は遅いので、面白い様に追い抜ける(^^;
再度橋を渡り、下流に向かうともの凄い向かい風。
う~ん、このままだと4時間もやばいか??(--;)
それでもとにかく走り続けねば・・・・(笑)

37キロ?付近でN氏の応援。
えらく後ろを走っていたのでちょい恥ずかしく、また少しスピードアップ(笑)
それでもこのペースで行けば4時間は切れる事が分かり少しホッとする。
がぁ、スピードを緩めると寒いので、無理矢理ペースを維持(笑)
結構きつかったが、何とかグロス55分台でゴール出来た。

今回の収穫は、やはり25キロからのロングスパート(笑)
スパートと言うかどうかは別にして、結構疲労した状態から残りの
15キロ以上を2~30%上げた状態で走る事が出来たので、2月の
泉州までちゃんと練習すればそれなりに走る事が出来そうだ。

終わった後は、K氏の厚意で千代の湯まで送って貰いスッキリ。
そして尼崎へ移動して、駅近くの中華料理店で20数人で忘年会。
結構な量を飲んだ。
幹事のMさん、お疲れ様でした。
例によって足元がかなりフラフラしていたが、無事家に辿り着いた
んだろうか?


2005/12/22

明日は加古川

今日は思いっきり寒く、雪であちこち停電騒ぎ。
朝から出掛けたが、地下鉄は止まっているし、何とか辿り着いた現場でも
震えていたが、明日の加古川マラソンはどうなるんだろう?
寒かったらTシャツにしようと思っていたが、とてもそれでは持ちそうにない。
慌ててさっきSTEPへ行き、アームウォーマーを買ってきた(^^;
ロングスリーブでも良いんだけど、風の抵抗が大きいので、河川敷を走るには
少々心配だからなぁ・・・。
で、上は良いとして下はどうする。
ランパンで大丈夫か?
やはり篠山・木津川仕様(笑)で、ロングタイツの方が確実だろうか?

と、まぁ色々悩んでいたが、考えてみると明日は練習代わりに走る予定だった(^^;
なぁ~んだ、それなら暖かい格好で走ろう。

当初、寒ければ準急くらいの定速走行。暖かければ30キロまで急行で行き、
残りは各停で走ろう・・と思っていたが、暖かくしていればどっちでも良いわけで、
その時の気分で走れそうである。
ま、準急だの急行だのと言ってみても、サブスリーランナーが新幹線くらいの
速さとしての比較だから、端から見たら腹の出たオヤジがジョギングしてる
程度しか見えないんだけど(^^;

加古川の明日の天気予報は午前中晴れ。
但し気温は9時が3℃、12時が6℃、15時が9℃で、走っている時間は
思いっきり寒そうである・・・・・・・・(/_;)

2005/12/20

朝ラン(12/20)

今日は少し気温が緩む・・と言う予報だったのに、昨日と変わらない寒さ。
窓を見ると木の葉が揺れていず、風の無いのが救いである。
外へ出ると、キーンと言う感じで耳が冷たい。
3℃という事だったが、体感は0℃。
河川敷の水溜まりはやはり凍っているし、芝生部分も暗闇の中で白く
光って見える。

いつもの様に上流へ。
途中、城北公園を越えた辺りのワンドは半分近く氷が張っており、
これじゃ、冷たいはずだ。
それでも風がないので寒さを感じる訳じゃなく、耳が痛かったり指先が
冷たかったりと言った程度なので、まだマシ。
走りながら、今週走る加古川マラソンが、日曜日じゃなく金曜日だった
事を思い出した。
どうも大会は週末の日曜日・・と言う感覚が有って勘違いしてしまう。
と言う事は、明々後日だ。
これは余り沢山走れないなぁ・・・・・・
あ、カーボなんて全然やってないぞぉ~(^^;
等々、なんか色々と思い出してしまった(^^;

結局5キロ行った所を折返して帰ってきたが、時間が余ってしようがない。
そこで、先日教わった股上げとスキップを早速やってみる事にした。
でも、これって走る前にやるんじゃなかったっけ?(^^;
ま、やらないよりやる方が良いだろう・・・。
しかしきつい、、スキップはともかく、股上げ5分間なんて絶対続けられないし、走っているよりずっと暑くなってくる。
結局、合計10分程で限界(笑)
まだ時間はあったが早々に引き上げてしまった。

今日の距離 10.0キロ

2005/12/19

陸連ランニングクリニック(12/18)

今日は日本陸連主催のランニングクリニックに参加してきた。
普段何かと陸連を批判している癖に、こう言う時には進んで参加すると言う、
全く日和見な奴で有る>σ(^^;
会場は長居陸上競技場。
講師は国際武道大学の前河助教授始め、@Runner主宰の鈴木コーチや
元資生堂の寺内選手等々、総勢9人?程の豪華メンバー。
色々テーマがあり、好きなテーマを選ぶと言う内容で、2部構成。

最初はフラット走法のテーマを選んだ。
鈴木コーチが担当で、分かった事は、踵からの着地が5つの要素から
成り立っているが、フラット走法の場合は着地がフラット気味と言う事の他、
膝から下の振り出しをしないのと、股の上げ方、そして要素は2つと言う事が
分かった。
なるほど、本だけ見ているとよく分からないが、こうして実際の足で分解して
貰うとよく分かる。
後、股上げ等の基本的な強化練習。
聞くと、これは基本中の基本だとか(^^;
陸上部未経験の自分としては、こんな練習やった事がなかったけど、
長距離短距離問わず、これは毎日やる事だとか。

次にスキップ。
腰高フォームのイメージ練習には必須らしい。
そう言えば、ワコールの福士選手なんかも、駅伝の待ち時間によく
やってるけど、あれはちゃんとしたトレーニングや身体をほぐしているん
だったのね(^^;
単なる気分転換だと思っていたよぉ(^^;
少々恥ずかしいけど、早朝なら人も少ないし大丈夫だろうし、これからは
必ず続ける様にしよう。

2つ目に選んだのは、ペース走・変化走。
ペース走と言えば取りあえず、レースペースで走る・・位しか考えてなかったが
最初の1キロを自分の決めたレースペースより20秒遅れ。
次の1キロをレースペース、そしてまた20秒遅れで最後に10秒アップで
5キロを終える。
これが結構難しい。
どうしても5~10秒速めになり、ほぼピタリと決まったのは最後の10秒アップだけ。
それでも途中で2度ほど上げ下げをした結果なので、実際には×。
長居競技場のトラックを使っているので、距離は正確なだけに悲しい。

実業団選手達は、トラック25周の1万メートル練習で、1周当たり1秒も
違わないんだとか。
しかも0.5秒単位で上げ下げするらしい(@_@)
大会の時、最初の1キロで20~30秒速すぎたなんて事はしょっちゅうやっている
だけに、もっとペース感覚を磨かないと話にならないなぁ(^^;

ともあれ、漫然と距離をこなしているだけでは速くならないし、また強くもならない。
同じ練習するなら、例え市民ランナーでもちゃんと組み立てを考えてやる・・
と言う当たり前の事を再認識する事になった。

2005/12/18

今夜の安ワイン(12/17)

今日はダイビングの友人達が集まって忘年会。
場所は以前何度か行き、美味しくて安くて・・と揃っている
イタリア料理の店、トラットリア・INOUE。
店に行くと、忘年会シーズの為か、他にも予約席が作ってある。
元々それほど大きな店ではなく、せいぜい20人程度で満席。
作る方はオーナーシェフが一人の為、注文が重なったら大丈夫なのか?
と心配になってくる。

取りあえず前菜を幾つか注文し、ビールや焼酎まで注文する輩も居るが、
こっちは早速安いワインを注文。
しかし、下町のイタ飯屋さんになると、焼酎お湯割り迄あるのね(^^;
1本目はデッレ・フォルティ・サンジョヴェーゼ・ディ・ロマーニャ(カヴィロ)
ビンテージは不明。
051217A香りは弱めで、少し酸味が感じられる。
色も薄目で、いわゆる軽口タイプ。
とは言っても、ボトルにはミディアムのラベルが。
ま、個人的な好みよりもこう言う飲み会にはピッタリだろう。
果実味が少し感じられ、香り以上に強い酸味。
微かに甘みも感じられるが、その分タンニンは殆ど
分からない。
その為か、グラスはどんどん空いていく(^^;
すぐに追加で同じ物をもう1本。

それが空いて3本目に頼んだのが
[2003]ノストラーダ・テンプラニーリョ(カンポ・デ・ボルハ)
051217Bこのワインは、以前もこの店で飲んでいる。
テンプラニーリョと言う品種ははまればかなり
美味しいのだが、下手すると結構飲みにくい時も・・と
言う経験が何度か有り、自分はともかく、
果たしてみんなは大丈夫?と多少不安になったが、
すでに酔いが回っているせいか、グラスは
それなりのペースで空いて行く。

このワイン、酸味が結構強く、少し舌に刺す感もある。
前回はそんな事無かったが、食べ物のせいだろうか?
或いは、先にミディアムワインを飲んでしまった為か。
但し、果実の凝縮感はこちらの方があり、じっくり飲めば美味しそう。
しかし、全体的な好みはやはり前者の様で、これが空いてから
またまた最初のワインを注文する事になった(^^;
それにしても、コースではなくアラカルトであれこれ好きな料理を注文し、
腹一杯食べて飲んで一人5,000円ちょいと言うのは何という安さか。
この冬一番という寒さと懐もかなり寒いのに、その両方を暖かく
満たしてくれる店である(^^;

2005/12/17

朝ラン(12/17)

相変わらず寒いが、特に今週末は今年一番の寒さに
なるんだとか。
暑い夏も走るのが大変だけど、寒い時も厳しいなぁ。
なんて思いながら、外へ出て行く。
平日より時間が遅いので、きれいな青空。
淀川へ出ると、昨夜雨が降ったのか、或いは雪??
河川敷がべったり濡れている。
おまけに風がいつもにもまして強い。

上流へ向かうが、強い追い風で気持ちよくスピードが出る。
これならついでにペース走にしてしまおう・・・と、淡々と
スピードアップ。
なんのストレスも無く、結構なタイムで10キロ地点まで来た。
しかし、この強風の中、復路を考えると少々不安。

少し行ってUターンした途端、不安的中(^^;
帽子が飛んでしまい、前に進まない程の向かい風(/_;)
身体を前に倒しながら進むが、それでも全然スピードは
上がらない。
腕振りさえも抵抗になる位の向かい風で、思わず
手を前に持っていき、Qちゃんスタイルで走ると、
あら不思議、抵抗がかなり減りスピードもまるで
Qちゃん並みに上がった・・・・様な気がしただけだが
それでも随分楽。
なるほど、、これがQちゃんの秘密??

しかし、それに慣れるとやっぱし風の抵抗は凄い(^^;
もう足は前に出ないし、息は上がってハァハァ言いながら、
ひたすら我慢。
往路より5割増のスピードで何とか到着。

今日の距離 21.0キロ

2005/12/16

朝ラン(12/16)

仕事関係の忘年会→二日酔いの繰り返しと言う、肝臓負担週間が終わり、
今朝は3日ぶりに早朝ラン。
冬型配置は一向に変わらない様子で、今朝も河川敷に行くと昨夜の雨で出来た
水溜まりに、氷が張っている。
風も思いっきり冷たいが、北海道メンバーに比べれば天国の筈。
何せ、向こうは零下17度だもんなぁ(^^;

まだ胃の調子は悪いが、アルコールのせいで睡眠だけはぐっすり取れるらしく
頭はスッキリ。
まだ夜状態の淀川を上流へ向かう。
今朝は下流からの追い風で、走り出すとすぐ暖かくなってくる。
とは言っても、帰りの向かい風を考えると気が重いが(^^;
それでも、久しぶりのせいか、身体はいたって軽く、ゆっくりジョグを心がけるが、
1キロ行って時計を見ると結構速いペース。
押さえながら前に進み、それでも2キロ位進むと周囲は結構明るくなってきた。
わんどでは冷たい水にカルガモが浮いており、中には水の中に首を突っ込んで
餌を獲っている輩もいる。
彼らは寒くないのか?・・・って(^^;

早めに出たせいか、すれ違うランナーはいつもより少ない。
折り返して今度は向かい風。
一気に鼻が冷たくなり、まるでもげそう(^^;
手袋をしていても手が冷えて来るが、もう少し良いのを買わないとダメかなぁ。
なんて毎年思いながら、もう何年も使ってるんだけど。

冷たさで鼻水も出てくる中、無事帰ってきた。
北の国なら、きっと鼻水も凍るんだろうなぁ。

今日の距離 13.0キロ

2005/12/12

朝ラン(12/12)

今月に入ってからそれなりにマジメに朝ランが続いている。
風邪もいつの間にか治り、痰も出ないし咳き込む事もない。
昨日は結構長時間小さな車内に居たので、またぶり返さないかと少し
心配をしていたんだけど。
でもそんな事もなく、ぐっすり眠れて、その為かえらく早めに目が覚めてしまった(--;)
如何に何でも朝3時は早すぎる。
もう少し寝ようと思うが、今度は寝過ごさないか?と不安になってきて(笑)
なかなか眠りにつけない。
そんな事をずっと続けていたと思ったが、実際には眠ってしまった様子で
気が付いたらすでに朝6時(^^;
慌てて起き出し、家族が目を覚まさない様こそっと準備。

外は結構風が強く、未だに冬型気圧配置が解けない様子。
そこで、今朝は大川沿いを走る事に。
のんびり走っていたら、後ろからヒタヒタと足音。
サッと抜いてくれればよいのに、何だかずっと付いて来る(^^;
面倒なのでスピードを落としたら、何事もなかった様に外人さんが
走り抜けて行った。

天神橋まで行き、Uターン。
そして、そのまま淀川へ出て、後1周を追加。
今朝は風が強く、気温も結構低そうなので、ストレッチもせずに家に向かう。
暖かい所でのんびりストレッチをしよう。

今日の距離 11.0キロ

2005/12/11

今夜の安ワイン(12/11)

法事で早朝から帰省し、帰ってきてから一杯。
滅多に車の運転をしなくなってから長いので、やはり長時間の運転は
疲れてしまう。
その疲れを取る意味でもワインを(笑)
開けたのは[2002]ホーク・クレスト・カベルネソーヴィニヨン \1,890
051211珍しくカリフォルニアワイン。
カリフォルニアワインは高級品でも長期間寝かす必要が無く
飲める、と言う事だが、これも2002年。
とは言っても、元々が安ワインなので、寝かす必要など
最初から無いんだけど。
ラベルもあっさりとしたデザインで、ボルドーに比べたら全く違う。
でも、裏のラベルを見ると、びっしり小さな字で印刷してあったり。

グラスから昇る香りは、プラムの様な甘酸っぱさが感じられる。
色は濃く、名前やデザインから来る軽快さとは逆に意外と重厚なのか?
と思ってしまう程。
それでも一口飲むと、軽いとはとても言えないが、落ち着いたタンニンの渋みと
少しの甘み、そしてそれなりの果実味。
それなりなんて結構いい加減だけど、熟成感が余り感じられないので
こんな表現に。
まぁ、2002年産にそんな事期待するなと言われそうだけど。

普通に飲むならまずくはなく、でも2,000円近ければもっと美味しいのも
沢山あるよねぇ・・・と言う所。

73点。

2005/12/10

大阪城グルグル(12/10)

最近長い距離を走ってないので、今日は40キロ走を予定していた。
朝起きてパンを4個腹に詰め込みスタート。
風が強いので大川から大阪城の5キロコースを周回する事に。
ここはそれなりにアップダウンを繰り返すので、良い練習になる。
天気はよいが、朝は寒いし観光客も少なく走りやすい。
公園の銀杏もすっかり葉が落ちて、地道は絨毯になり、まさに初冬と言った雰囲気。

気持ちよく走っていたが、20キロ位から身体がだるくなってきた。
食べたパンがまだエネルギーになってないし、昨夜はバタバタして、うどん一杯しか
食べる事が出来なかったためなのか?
25キロ位からは完全にエネルギー切れを感じる様になり、森ノ宮のコンビニに行き
ウィダーゼリーを一個補給。

身体は少し楽になったが、足の筋肉はだんだん痛みがひどくなる。
これでは40キロはとても持ちそうにない。
もう完全にグリコーゲン枯渇状態。
5周した所で諦め、帰途に着く事にした。

それにしても、帰りの5キロの辛かった事。
足も前に出ないし、ジョグ以下のスピードで、まるで歩いている様な感じ。
アップダウンを繰り返したせいで、余計にきつく感じるんだろう。
それでも何とか家に無事到着。
あまりの空腹に、シャワーを浴びる前にお握りを一つ頬ばったが
浴室の中では頭がフラッとする程だった。

今日の距離 35.0キロ
 

2005/12/09

朝ラン(12/9)

朝起きたら、一昨日より少しだけ気温が高い様子。
外へ出るとやはり霜も降りてないし、暗闇の大川沿いでいきなり出会ったランナーは、元気に半パンだった(@_@)
ちょっとこれは寒いんじゃないかと思うが、まぁそれだけガッツがあると言う事か、それとも単に冬用を持ってないだけなのか(^^;
こちらは相変わらずの完全装備で走り出すが、一昨日の様な冷たさは余り感じない。
少し走るだけで暖かくなってくる程で、これ位なら大して辛くもない。
上流へ走る内に明るくなってきて、折り返す頃は空の色も青みが出てくる。
5キロで折返し、元へ戻ったが少し時間があったので、もう一度上流へ向かうが、この頃には河川の堤防工事をしているダンプが通り出す。
それを避けて堤防の上に上がりそこを帰途へ向かった。

今日の距離 12.0キロ

2005/12/07

朝ラン(12/7)

昨日走る所を、時計を見間違え寝過ごし(^^;
珍しく水曜日に走る事になったが、表へ出るとかなり冷える。
淀川へ出ると、芝生一面が霜で真っ白になっていた。
月曜日からかなり寒くなっていたが、早朝ランをしなかったので
気が付かなかっただけだろう。
いよいよ本格的な冬になって来たなぁ。

今日から冬用?のロングタイツに、ウィンドブレーカー、そして厚めの
手袋と完全冬装備。
吸い込む空気も冷たく、出来るだけ鼻呼吸で喉への負担を減らす。
まだ痰が出たりして喉の調子が悪い・・・。
でも寒くて速く走ろうとするので、スピード練習になるか?(笑)

上流へ淡々と向かう。
少し時間があるので、いつもの5キロ地点を通り越して行くと、
堤防上にはU嬢らしき人が伴走で走っている。
軽く手を挙げたが、遠いし分からないだろう。
そのまま次のテニスコート付近まで行き、ここで折返し。
時計を見ると結構速いペース。
時間もますます余裕が出来たので、復路はのんびりとジョグ状態。
最後の1キロを少しスピードアップして終わり。

走り終わってストレッチをしていると、すぐ近くに繋がれていた犬が
震えながらこちらを見ている。
えぇ??寒いのかぁ~?
ネコはともかく、犬は寒さに強いんじゃなかったっけ?
それとも毛の長さにもよるのかなぁ。
ちなみにこの犬は柴犬らしき格好の混血、つまり雑種だが(^^;
短毛だったので寒かったのかも・・・・・。
まさか中風と言う訳じゃないだろう(爆)

今日の距離 13キロ

2005/12/05

今夜の安ワイン(12/4)

朝走った後、昼からは福岡国際マラソンが有り、これをTVで観戦。
今日の天候は福岡でも寒く、雨も降ってきて、おまけに風も強そう。
こちらはコタツに潜り込んで見ているが、走っている方は大変だろうなぁ。
注目は富士通の藤田選手。
完全復活とはならなかったが、久々ののサブテンでゴール。
故障も完治し、これで自信を取り戻してくれれば、北京五輪も
面白くなってくるのだが。

そして、中継が終わり、出掛けようとしたらまた雨が降り出し、
おまけに雷雨の様子。
結局、出るのは諦め、色々溜まった用事を済ませながら
部屋の中で過ごした
そして夕食。
今夜選んだのは、久しぶりのイタリアワイン。
[2002]サイア・セッテ・ポンティ \2,450
051204珍しくシチリアのワインらしい。
シチリア島と言えば、映画ゴッドファーザーで見たのと、
R・ラドラムの小説で暗殺者である主人公が過ごす時の
描写程度しか知識は無いが、この時も自家製ワインをゆっくりと
味わう場面が有ったっけ。
思い出すと、なんかこちらもマフィアになった様な気分・・・・・・・
なんて事はないけど(^^;

抜栓した香りは強めの酸味と、幾重にも重なった重厚そうな果実臭。
グラスに注ぐ色もほんの濃いガーネットと言った趣で、なかなか綺麗な
ワインだ。
ボルドーでは余り見られない色。
口に含むと、これまた綺麗に溶けたタンニンと僅かな酸味。
何と言っても深みのある渋さが良い。
重量感もたっぷりだし、いわゆるコク辛と言うところで、まさに好みの味。

ほんの少し青っぽい感も有るが、殆ど気にならない。
時間が経つに連れて、味わいも広がり甘みが出てきて
柔らかくなって来る。
決して洗練された感じではないが、それもまたシチリアと
言う島を感じさせて、なかなか良い感じ。

産地のせいで安いのかどうかは分からないが、安ワイン価格で
これだけの物を飲めればなんの文句もありません(^^)

89点。

2005/12/04

朝ラン(12/4)

昨日の感動(^^;から一夜明けた、今朝。
目が覚めると雨の音。
あららら、、、せっかく風邪も治ってきて、それなりに走ろうと
思ったのに・・・・。
でも、雨の方が湿度も高くて気管支にはよいかも?
等と、布団の中でつらつら考え、起き出す。
準備をして外へ出ると、結構な雨。
秋雨と言うより、冷たくてまさに冬の雨。
そりゃもう12月だもんなぁ~。

でもこれだけ降っていれば、所構わずずキャッチボールをする
邪魔な野球チームも居ないだろう。
と、淀川へ出て走り出すと・・・・・・・居たぁぁぁ(^^;
ったく、こんな雨の中で野球するなよ・・と心の中で思いながら
(向こうもそう思ってるだろうが(笑))走っていく。
さすがにテニスコートには人影が見あたらない。
そして次のグラウンドが近づくと・・・・・また居たぁぁぁぁ(^◇^;)
ったくぅ~。(^^;

ま、それでも雨の日は通路でキャッチボールはしにくいのか
グラウンドの中にしかいない。
邪魔なのは傘を差してこちらが走っている場所を占領している
ちびっ子野球の母親達の集団である。
それを避けながら上流へ進み淀川新橋に近づくと、ジョギングの
人達が急に増え、やたら幟が見える。
なんだろう??と近づいたら、淀川リレーマラソン42.195kmと
書いてあった。
そう言えばそんな大会の案内を見た事があるなぁ。
ここでやっていたのか・・・。

通り過ぎて少し行った所で折り返す。
丁度12.5キロ地点。
そのまま今度は冷たい雨と向かい風を受けながら、
ひたすら帰途へ。
そう言えば15キロ以上の距離を走るのは久しぶりだ。
長い間走ってなかったが、意外に大丈夫なモンだ・・・
なんて気楽に思っていたら、20キロ過ぎた辺りから
身体のあちこちがきしみだした(^^;

これはいかん・・と、ピッチを速め、早いとこ帰ろう。
それでもさほどスピードも落ちる事無く、無事家に辿り着いた。
この調子で今月から復帰しなくては・・・。

今日の距離 25.0キロ

2005/12/03

朝ラン(12/3)&NHKフィギュア

風邪と言うか、殆ど気管支炎状態だった喉もかなり良くなり
様子見で朝ラン。
喉に負担を掛けない様、出来るだけ鼻呼吸をする様にしてジョグ。
久しぶりに走った。

さて、本日のメインはGPシリーズのNHK杯国際フィギュアの観戦。
現在絶大な人気を誇るミキティこと安藤美姫と村主章枝が出場と言うので、
前売り開始と同時に並び購入してあった。
但し、見に行くのは初めてで、決してフィギュアに凄く興味が有った
訳ではなく、一応知っていた・・と言う程度(^^;
CIMG1760
前売り時は速攻で買いに行ったにも
係わらず、あっと言う間に売り切れ、
凄い人気に驚いたが、会場に行くと
意外と空席があり、あれ??と言う感じ。
但しそれは最初だけで、女子のフリーが
始まる頃にはほぼ満席になったが・・・。

さて、最初は男子のショートプログラム。
男子のフィギュアなんて全然興味はなかったが(^^;
実を言うと驚いた。
中でも1位になった高橋大輔のダイナミックで情感のこもった
演技には感動し、思わず途中で目が潤んだ程(^^;
演技が終わった瞬間はかなりのスタンディングオペレーションで
場内は割れんばかりだった。

次のアイスダンスはさっぱり分かりません(^^;
選手の名前も知らないしまぁ、かなり難しい事やってるなぁ
ってのは分かったが・・・・・・・。m(__)m
そしていよいよ女子のフリー。
故障上がりの村主は前日のSPで6位。
本命安藤美姫はロシアから連戦の疲れか、4位と出遅れ。
そして中野友加里が2位からのスタート。

最初は村主章枝の演技。
故障で殆ど練習出来てないのが分かっているだけに、
痛々しい程の雰囲気を漂わせながら滑り出す。
ところが、最初飛んだ気力の連続ジャンプが決まると、
これで波に乗ったのか、その後のトリプルアクセルや
コンビネーションジャンプも面白い様に決まり、溢れんばかりの
リリシズムと、気迫のこもった渾身の演技に、見ているこちらも
感動して本当に涙溢れ状態(^◇^;)
そして、最後は歯を食いしばっての高速スピンに場内は
もの凄い拍手。
演技の終わった村主も思わず両手を顔に当てて涙ぐむ程で、
観客席はほぼ総立ちで拍手を送る。
いやぁ、大感激の素晴らしい演技を見せて貰いました。
一人9,000円。占めて18,000円の出費はこの演技だけでも
全然惜しくない程。
これで109点というフリー1位のポイントを上げ、それまでの
演技をした数人の外国人選手をごぼう抜きで、トータルでも
6位からダントツの1位。

次がいよいよ本命安藤美姫。
だが、やはり疲れているのか、最初のジャンプで転び、
次は手をつき、その次も転倒。
結局、成功したジャンプは2回だけだったか、、、、。
とにかくジャンプは精彩を欠いた演技で、ポイントも余り上がらず
順位も村主に続く2位。

今度は昨日2位の中野友加里。
最初のジャンプで転んだが、それ以降は堅実にまとめ、
非常に綺麗なスケーティング。
ポイントは村主よりかなり少ないが、SPと合計して初の1位。
最後の外人選手が滑り終わったが、安藤が4位に後退しただけで
1,2位は変わらずだった。
1204aそれにしても、優勝した中野選手には
申し訳ないが、ここまで来たら村主に
勝たせてあげたかった気もする。
とにかく0.2ポイント差だったから。
村主はGP最終戦に出られず、月末の全日本選手権で
トリノへの切符を争う事になる。
村主にとっては五輪への挑戦はこれが最後になるだろう。

CIMG1758いやいや、初めてフィギュアを実際に観戦したが、
なかなか良かった。
確かにTVではアップで細かく見られるし、
解説も付く(笑)
しかし場内のこの雰囲気だけは、やはり身体で
味合わないと分からないのは確か。
マラソンも、沿道で応援するとあっと言う間に通り過ぎて
しまうが、やはり同じ空気を体感出来るというのは
大きな違いがある。
今日つらかったのは、午後1時から夜7時まで、観客席の
固い椅子に座っていた事(^^;
とにかく尻が痛かった(笑)
今度見に行く時は、座布団が必需品と言う事が分かった(^^;

今日の距離 13.0キロ

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »