Jog-note

  • Jog-note
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006/03/31

「誘拐の果実」

Book060331真保裕一のこの作品は某新聞に連載されていたらしく、全然気が付かなかった。大体、年1作がペースだが、その分中身は作り込んであり、驚く程の綿密な取材等も有って、色々な分野にテーマを求めているが、この数年はいわゆる社会派に傾いてきて、ミステリーな部分が少なくなり、初期からのハード的な楽しみが欠けて来たように思っていたが、久しぶりに面白く読めた内容だった。
とは言っても、視点はあくまでも社会で有り、そして家族も重要なテーマになっている
誘拐と言うテーマは良くあるが、この作品で驚いたのはその身代金として要求するその内容。
丁度、テレビドラマの「アンフェア」でも誘拐のテーマだったが、あれはどうみてもこの作品のパクリだろう。
もちろん、美味しい所だけパクっているから、ドラマの出来映えは本と比べて見れば天地の程の差が有ったが、この作品ではその本当の目的が最後まで分からず、数年経って当時の刑事が思い出す所でやっと出てくる。

今まで読んだ中で、一番面白かったのは「黄金の島」と「奪取」の二つ。これが双璧かな。
Book060331b「奪取」はすっかり有名になったが、偽札作りがテーマ。「黄金の島」はベトナムを舞台に日本から逃げ延びたチンピラを生き生きと描き、自分が行った事のないベトナムも、読んでいるとまるで目の前に浮かぶ様な綿密さ。
ホワイトアウトも面白かったけど、途中から如何にも映画向きの様な感じがして、イマジネーションが働きすぎたが(笑)、予想通り映画化されたし(^^;
「ダイスをころがせ!」は、政治と言うか選挙をテーマにした作品だが、これもまた驚く程緻密な取材がされており、この1冊読んだだけでいっぱしの選挙通になれるほど(笑)。
もちろんストーリーの面白さも充分で、最後はほのぼのとした雰囲気になれる。
日本の作家で、区別を付けるならいわゆる純文学以外では一番好きな作家だなぁ。

2006/03/29

「神の手」

と言っても、ワインの作り手の話ではなく、P.コーンウェルの「検死官スカーペッタシリーズ」最新作。
Book060329_1デビュー作の「検死官」からずっと読んでいるけど、これで15~6作目になるのかな?もう随分長いので、そろそろネタも尽き掛けてきて居た感じはした。
作者も新境地をと思っていたんだろう、3~4作前だったかで長い間追っていた犯人を捕まえ、恋人のFBI心理分析官ベントンも死んだ事に。
そして「スズメバチの巣」や「サザンクロス」等、別の作品をを出したけど、個人的には正直余り面白くなかった(^^;
その新境地がパッとしなかったかどうかはともかく、またまたシリーズ再開で「黒縄」「痕跡」と続き、今回の「神の手」。
再開した「黒縄」で死んだと思わせたベントンが何故か生きていたのは、やはり彼が居ないと話しも上手く繋がらないだろうし(^^; この辺は良くある証人プログラムだったか。
それにしても姪のルーシーは凄い立場になっていて、元刑事マリーノもDr.スカーペッタも彼女からの給料で生活して居るみたい(笑)・・・でも、その分現実離れが強すぎて、現職のヴァージニア州検屍局長だった頃に比べ内容は余り面白くないのが事実。
しかしコーンウェル女史はその辺りにも気が付いているのか?本作ではフロリダの検屍局長が辞めたがっているので、ひょっとしたら次作ではその後にスカーペッタが要請されて局長になるのかも?(^^;

2006/03/27

今夜の安ワイン(3/26)

夕食はワインの食事らしく希望して、ヒラメのムニエル。
週末の連休も今月一杯は休養予定で走る事もなく、ワインを2時間以上前に抜栓して久々の放置プレイ(^^;
開けたのは[2001]ローズマウント エステート シラーズ・マッジー・ヒル・オブ・ゴールド \2,580
060326ボトルがとても背高く、置いてあってもずっと目立っていたけど、やっと年貢の納め時で、ついに飲まれる事になってしまった。
コルクの頭部には赤い樹脂がはめ込んであり、最初見た時は赤の樹脂製コルク?と思った。
一瞬、スクリューをどこへ差すのか?と考えたけど、樹脂に差して引き上げると、樹脂は外れコルクもすんなり上がってきた。そしてすぐに強い香りが。
如何にも濃くて美味しそうな気分。早く飲みたいのを我慢して夕食まで置いておく。

さて、グラスに注ぐとシラーお約束の濃いガーネット色。エッジもしっかりで如何にも美味しそう。
でもって、軽く一口。
意外に中重口と言った所か・・・・・・クセが無く甘みと軽いスパイスが効き、タンニンも良くこなれてとてもグッド。思わず二人で「これは美味しい」と唱和してしまう(^^;
果実感が濃く、舌触りも滑らかで、渋みは奇麗に丸くなっているのにパワーは有る。逆のは良くあるけど、このパターンにはなかなかお会いする機会が無い。
仕事が一段落した事もあって、思わず幸せな気分になれるほど(笑)いやいや、忙しい時でもこれは幸せになるかな?
だが、問題はその後だった。
食事を進めていく内に、ワインのパワーが段々弱くなってくる。
甘みも少しずつ消え、パワーも最初ほどではなくなる。時間的には抜栓してから3時間強ってところなんだけど。
結局、食事の終わりの方では、酸味だけが強くなってきて、なんか軽い伊ワインみたいな風合いになった。
え~と、これは放置プレイの失敗なの?(^^;

 85点

2006/03/26

今夜の安ワイン(3/25)

今夜の食事がお好み焼き。
久しぶりの土曜日休みだし、丁度頂き物の白ワインも残っているので、これを飲もう・・と開けたのが、[2001]トルチャーノ ヴェルナッチャ・ディ・サンジミニャーノ(トスカーナ)
060325こんな長い名前の葡萄品種も有ったのね、って感じで、もちろん飲むのも初めてだけど、Webで調べたら、トスカーナ地方の中でも一部でしか使われてない様な記述。何度か書いているが、白は殆ど飲まないのでよく分からないけど、抜栓すると例によって何となく苦みを感じるような香りがする。
色は黄色と微かに青色が混じった、飴色と言った感じの黄金色。
赤に比べると、どうも楽しみが少ない様に思えるけど、見慣れるとこれはこれで色んな感覚があるんだろう。
グラスに注ぐと色はややハッキリしてきて、過去の記憶を手繰ってみても少しは濃いかなってところ。
舌に転がすとふっくらした味わいだけど、飲んだ後は例によって少し苦みが出るんだけど、これって白の辛口には共通なのかなぁ?
もう少し冷やした方が良かったのか?
ともあれ、いつもならお好み焼きにはビールと決まって居るんだけど、案外白でもそれほどの違和感は感じなかった。まぁソースもたっぷりだし、ひょっとしたら赤でも合ったりして(^^;

2006/03/24

今夜の安ワイン(3/23)

陽が明るい内に帰途に付いたのって、前はいつだっけ?
なんて、歳のせいかすっかりボケた記憶をまさぐりながら家に到着。
今夜はワインだ!、、、と言って有ったので、部屋にはいると
すでにグラスが2脚鎮座している(笑)
それなら事前に抜栓して貰えば良かったなぁ・・・・等と考えながら
ワインをチョイス。
選んだのは、以前買っていた4本セットで6,780円の1本。
[1995]シャトー・レノー (フロンサック) 単品価格 2,080円
060322さすがに10年選手。
抜栓したコルクの裏は割れつつあり、中程まで
ワインが染みている・・・って、これもコルクの
質なんだろうが。
香りも丁度盛りなのか、樽香と果実臭の濃縮
された中に甘さを感じ、とても良い具合。

但し、グラスに注いだ色は薄目で茶色っぽく、少し枯れた具合で、
かなり熟成が進んだ気配を思わせる。
口に含むと、やはり完熟以降なのか、さすがにまろやかさは少し
失われているものの、渋みはすっかり姿を消した滑らかな
タンニンの具合。
そして、抱きしめたらポキリと折れそうな程の繊細さ。
そんな具合だから、ゆっくりゆっくり味わいながら飲む・・・。
が、久々のワインで身体がすぐ次を欲してしまうのは何故?(笑)

微かな土の香りと、完熟以後の複雑な甘さを持ったこのワイン。
グラスを回して開く毎に味が変わり、ふくらみが出て来たが
残念ながら、久しぶりに飲む為か、ピッチが速すぎた(^^;
充分な美味しさを感じさせる前に、空いてしまった。
ピッチを速めるのは、やはり走る時だけにしておかなくては(^◇^;)

 88点

さて、この後はずっと見られなかったので録画してあった番組を(^^;
まずは「アンフェア」最終回とその前の2本まとめて見る。
んで、次が「女王の教室」だったが、すでにその頃は殆ど眠りに・・・。
結局、見ずに布団へ倒れ込み、気が付いたら朝だった(笑)

2006/03/23

業務完了(^^)v

先ほどDATAをMaiで送ってやっと終わり。
完全終了じゃないけど、後はちょこちょことした修正程度で、
どうって事はない。

それにしても今回は参った(/_;)
猛烈に忙しくなった短期業爆の約10日間強で、完徹2回。
残りは全て日が変わってからの帰宅。
しかも、今月初旬からすでに業爆が始まっていたので、
残りの10日間を老体に鞭打った(^^;今回はさすがに疲れてしまった。
例年、京都シティが終わったら3月一杯は走らずにゆっくりするので、
早朝ランの問題はなかったけど。

でもって、京都シティの結果を書いてなかったんですが、
今までに無い超短時間で大会を終わっています。
----------------------------
それほど寒くもないが小雨になった3/12日の平安神宮前。
連日の忙しさで、PC画面の前に長時間座り続けたせいか、
少々腰に重いものを感じるが、それほど走ら(れ)なかったお陰で、
足の疲れもすっかり抜け、身体は好調。
今年は何だか行けそうな予感。v(^^)v
そしてアップの為、外へ出て軽く走り出す。
すでにスタート15分前で、アップするランナーも少ない。
招待選手らしいR大の女子選手が目の前を最後のアップ中。
その後ろについて身体が暖まりだしたこちらもスピードアップ。
短い距離とは言えさすがに相手は速い速い(笑)
こちらも調子に乗って負けじと追い付け追い越せ!

その瞬間だった・・・・・・・腰がグビっと嫌な感じに・・・・・・(^^;;;;;

すぐ止まって腰のストレッチやマッサージをしてみたモノの
、どうも調子が戻らない。
う~~ん、シーズン最後の大会だし、ハーフ位なら何とか走れない
事も無さそう・・・。
だがここで無理して故障するのも考えモノ。
結局、DNSを決断した時はスタート1分前のコール(^^;
そして、そのまま50m先のコースを大集団がスタートして行くのを
見送った(/_;)
かくて、今年の京都シティは、会場を出てから僅か15分程で
更衣室に戻ってきたぞ(笑)

しかしまぁ、悲惨だったのはその後で、京都シティを走った事のある
人なら良く分かると思うけど、会場の中の男子更衣室。
入口も中もガードマンがしっかり固めていてナンバーカードが
無ければどうしても入れてくれない。
つい先ほどまでは数千人と言うランナーでごった返していたが、
皆スタートした現在、当然だがも居ない。
ガランとしたそのだだっ広い更衣室だが、ランパン・ランシャツに
ナンバーカード付けて居るからもちろん堂々と入れる。
だが、廻りにいるのは沢山のガードマンだけ。
そして彼らの職務上、
「こいつ、ランナーの格好しているけど本当は万引きじゃないのか?」
と、思っているにで有ろう彼らの注視を浴びながら、動揺しない様に
一人で着替える悲しさ(^^;
とても堂々としては居られないし、それが余計に怪しさを感じさせる
のかも知れない(^^;
とにかく一切、他の所へ目を向けない様にして、ひたすら下を
向いたまま速攻で着替え完了(笑)
早々に外へ出る事にした。

しかしスタート後、時間が経ってしまったし今更応援に行っても
コースには間に合わない。
と言うか、元々応援で走り回る事なんて頭になかったし、どう行けば
良いかも良く分からない(^^;
結局、選手達のゴールまでは小雨煙る岡崎公園周辺を、一人で
ウロウロと歩き回る結果になってしまった。
それにしても今シーズン最後の大会がこんな形で終わるとは(爆)
---------------------------

これが京都シティハーフの結果報告で有ります(^^;
さて、今日はもう帰って、ゆっくりワインでも飲もうっと(^^)

2006/03/08

朝ラン(3/8)

さすがに起きるのが辛くなって来た。
果たして、京都シティの日は休めるのだろうか??(/_;)
今日もまた新しい仕事が来たが、さすがにそれは断った(^^;
もう出来ないってば(--;)

それはともかく、取りあえず体を起こし、無理やり目を覚ます。
もう寒くもないし、外もけっこう明るい時期になってきた。
急いで準備し、先日急に痛んだ足を入念にストレッチと軽くマッサージ。
さてこれならどうか?
淀川を上流へそろそろと走り出す。
2キロ過ぎて取りあえず大丈夫な様子なので、もう少しペースを上げる。
ほんの少し違和感はあるが、これは湿布薬の為か?一応大丈夫。
そのまま軽くいつもの折返し地点まで行き、Uターンしてからはもう一段の
スピードアップ・・・と言っても知れてるけど。
何となく大丈夫な気がして、最後の2キロだけはペース走。
良かった、、無事走れたぞ(^^;

今日の距離 10.0キロ

2006/03/06

今夜の安ワイン(3/5)

仕事から帰ってほっと一息。
飲んでる暇があったら早く寝て睡眠取った方が良さそうな物だが、
なかなかそう行かないのが、飲んべえの常(^^;
ワインはこの1週間飲んでないし、絶対今夜は飲むぞ!、と言う事で
開けたのが[1996]シャトー・ラネッサン(オー・メドック) \2,680
060305もちろん96年はボルドーにとって非常に良かった
年なので期待をを込めて抜栓すると、
甘さと樽香が混じった様な香り。
もう少し置きたい所だが、そんな時間もない。
グラスに注ぐと色は意外に薄目だが、中心は濃く
紫が勝ったワイン色で、グラスの中では香りが弱く感じたのは少々不安。
一口飲むと、悪い予感が当たったか(--;)
何だかあっさり系と言うか、タンニンも余り感じられず、弱々しい程。
よく言えば枯れた味だが、96年にしてすでにこんな物か?
やはり飲むのを急いだかなぁ、、、、と少し反省して精一杯飲む
スピードを弱めて見る(^^;
しかし、我慢を重ねながら半分程減って来た時点で味がかなり
変わってきた。
明らかに力強くなり、先ほどの枯れた印象は全くなくなっている。
甘みと弱い渋みの入り交じった如何にもスケールの大きなボルドーと
言った味わいで、最初と同じワインとは考えられない程。
グラスを飲み干し、新たに注いでますますその変化を実感。
舌には滑らかに広がり、果実感も充分で力強さと繊細さを合わせた
このワイン、最初に飲み過ぎたのが本当に残念。
結局、1時間程掛けて飲み干したが、最後の20分間程は至福の
味わいだった。

 89点

2006/03/05

朝ラン(3/5)

さて、今日も早いとこ走るのを終わらせて仕事に行かなくては、、
と、言う日に限って寝坊してしまう>σ(^^;って
まさに昨日と同じ状態で外へ出る事になった。
昨夜の天気予報によれば、今日は春日和で暖かいはず。
でも、天気予報は外れるのが当たり前だからなぁ・・・と疑惑の目(^^;で見て
やはりウィンドブレーカーを羽織って出たが、これが大正解!(笑)
風が少しあって、その上結構冷たい。
まぁ、暖かくなると言っても最高気温の話だから、これは当然かも。

さて、今日も昨日と同じく時間がないのでペース走で(^^;
向かい風を受けながら、調子よく上流へ向け走る。
あっと言う間に・・・(ってあくまでも気持ち(^^;)鳥飼大橋まで到着。
そのまま折り返すが、少し行った所でなにやら右足の脹ら脛に違和感が・・・。
あらら?と思いながら走っていると、10キロ付近で痙攣しそうになった。
おまけに腸脛靱帯まで痛む。
どうも最近、右足腸脛靱帯の調子が悪く、長い距離を走ると翌日は
必ず痛くなる。と言っても2~3日で治るんだけど。
しかしこの程度の距離で痙攣や痛むのは全く初めての経験。
止まってマッサージやストレッチをしてみるが、それほど変わらない。
仕方なく、スロージョグに切替え、そろそろと前に進んでいると
他のランナーがどんどん追い越して行く(/_;)
それでも1キロ程進むと少し楽になり、またスピードを軽く上げてみる。
がぁ、また痛くなる(--;)
結局、スロージョグのまま引きずる様にして帰ってきた。

う~ん、今は医者に行く時間もないし、困ったモンだ。
ったく、来週の京都シティハーフは黄信号である(--;)

今日の距離 15.0キロ

2006/03/04

朝ラン(3/4)

連日の睡眠不足からか、土曜日こそ走ろうと思っていたのに
目が覚めたらすでに・・・・・・(--;)
今からゆっくり走っていたら仕事に間に合わない・・・・。
慌てて飛び起き、準備もそこそこに表へ出る。
出てから初めて晴天に気が付いた程(^^;
軽くストレッチを済ませ、すぐに走り出す。
股上げもスキップもさようならで有る(笑)
すぐペースを上げてそのまま一気に5キロ走るとさすがに苦しく、
あっと言う間にヘロヘロ状態。
水飲み場ではつい大量摂取でしばし休憩(^^;

ここで折り返して再度ペース走。
やはり一気に帰ってきたが、これは結構練習になった感じで
災い転じて、、、ではないが、寝過ごしたのがかえって良かったか?(^^;
明日も仕事なので、この調子でペース走をすれば沢山眠れるかも(笑)

今日の距離 10.0キロ

2006/03/01

朝ラン(3/1)

いつもの事だが、業爆が続くとどうしても寝る時間が遅くなり、 当然睡眠時間も短くなって、その結果は早朝起きられず 朝ランが出来ない・・と言う悪循環になってしまう。 今朝も目が覚めたらすでに予定時間を過ぎていた。 慌てて起き出し、外を見ると雨が降っていて思わず腰が引けたが そんな事ばかり言ってられない。 着替えて表へ出ると幸い小雨だったので、淀川へ出る。 時間がないので身体慣らしのジョグもそこそこに上流へ。 スピードを上げていつもの所まで行こうと思うが、それではやはり 遅刻しそうなので、結局途中でUターン。 小雨のせいか、行き交うランナーも結構多いが、やはり速い人が 殆どで遅いのは多分自分だけかも(^^; 復路もスピードを上げたまま、、、、でもこれはこれで結構良い 練習になりそうだ(^^; 時間があるとどうしても距離を稼ぐだけで、内容はのんびりランに なってしまうし。 雨の止む様子はないが、それほど全身ずぶ濡れになる事もなく 身体も暖まって帰ってきた。 シーズンも後僅かだし、その間だけでも少し速めの朝ランを心がけよう。 今日の距離 9.0キロ

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »