Jog-note

  • Jog-note
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006/04/30

朝ラン(4/30)

昨日より少し早めに起床。
空は少し雲が多いが、予報は快晴マーク。それに何と言っても昨日より暖かい。やっと春らしくなってきたのか?今朝は少し長めを走ろうと、ストレッチをしながらパンを食べて表へ出た。
その頃にはすっかり青空が広がり、ロングスリーブにロングタイツでは少し暑いかも、、と思う程。
大阪城公園で花採祭が始まってからは、やたら人も多くて走りにくいので、今朝も淀川へ行き上流へ向かう。走り出してから少しの間はパンが食道に詰まって居るみたいな感じで、どうも走りにくい。
3キロ程走ってやっと調子が出てきた。
風も殆ど無く、すでに汗が出てきている。
さすがGWの為だろうか、まだ朝早いというのに、やたら人が多く、すでにBBQの準備を始めているグループも居るほどで、今日は午後になったら凄いだろうなぁ。
そのまま淡々と走り、淀川新橋まで到着。しかしこの時点で空腹が始まってきた。やはりパン一切れでは少なかったかも。
今朝はここでUターン。
往路は淡々と走れたのに、急に強い向かい風。そっかぁ、楽に走れたのは追い風のお陰だったのね(^^;
結局復路は顎が上がらないように、ひたすら下を向き、身体を風に預けるようにして帰ってきた(^^;

今日の距離 25.0キロ

今夜の安ワイン(4/29)

誕生日に飲んだワインがも一つだったので、今夜は再挑戦?
開けたのは[2003]コルナス キュヴェ・デ・コトー(ロベール・ミシェル)\3,780
060429香りは強い果実感と樽香が混じり、グラスに注いだ色も濃く黒っぽい紫というか、シラー100%と言う事で、ボルドーとはひと味もふた味も違う赤紫色。最近ローヌを飲む機会も多いが、それでもかなり濃い方だと思う。
一口飲むと、それほどこなれたとは言えないタンニンの渋みが舌に広がり、思わず??となる。でも、激安ボルドーなんかに有りがちな、単に渋みだけと言う事ではない。良く味わうと甘みや果実味もあり、無濾過らしくパワーも充分。
これは時間を掛けないとダメかも・・・・と、構え直しゆっくり飲む事にした。
その為、1/3程減った所で夕食は終わり、テーブルにはワインの友のチーズだけ(^^; ひたすら我慢でじっくり飲む。3時間弱経過した頃から目立って変わってきた。まず単なる渋みは消え滑らかに舌に転がる。そして甘みが増え、最初から有る力強さがもっと前面に出ると共に、洗練されたのとは逆に上品な手造りの味わいが広がる。
とても手触りの良い綿と言った趣。
価格以上の味わいが有り、良い思いをさせて貰った(^^)

  90点

2006/04/29

朝ラン(4/29)

GW初日・・・と言っても仕事を持ち帰ったので、ロクに休めない(--;) 何とか早く終わらせて後に続く5連休?を休みたいんだけど、今のところは全然無理(^^;
でも折角の土曜日だし、睡眠はしっかり取って朝遅めの時間に淀川へ。
結構暖かくなったし、今が一番走りやすい時期。
しっかり足作りをしなくては・・・と今日もジョグ。
少し空腹が気になるが、まぁいいや、、とスタートすると、後ろから女子高生軍団が走ってくる。
狭い堤防を10人程が喋りながら来たので先へ行って貰い、背中を見ると大阪城そばのO高校と書いてある。
なるほど、今日はLSDの練習なのかな?
こちらは少し走って調子が出てきたので、また追い越し、そのまま河川敷へ降りてどんどん進んでいく。
曇り空だが風もそれほど強くないし、空腹もそれほど気にならず、結構快調(^^)v
あっと言う間に鳥飼大橋を越え、気持ちよく進む。
それでも仕事を残しているのが気になり、適当にUターン。
復路は追い風でもっと好調(笑)
大会当日もこれくらい身体が軽かったら、凄い記録が出るだろうに・・ってほんまか?(^^;;;
そのまま疲れも無しに帰ってきた。
う~ん、明日が楽しみ(笑)

今日の距離 18.0キロ

2006/04/28

朝ラン(4/28)

誕生日に甘えて飲み過ぎ、昨日は寝坊してしまったので今日走る事に。
さすがに前日睡眠をたっぷり取ると目覚めはバッチリで、余裕のよっちゃん(死語か^^;)の為、部屋で嫌になる程のんびりとストレッチ。
それがダメだったのか、また眠くなってしまい、なかなか外へ出られない。結局、起きてから30分以上も部屋にいる事に(--;)
あぁ、少し長目を走ろうと思っていたのに、これじゃ早起きの意味がないぞ。
淀川へ出て風を受けるが、少し冷たく感じる程度で、走り出すと気持ちがよい。やっと春らしくなって来たなぁ。

この数年、淀川ではスーパー堤防への改修と言う名目の無駄遣い公共工事が続いていて、雨が降るとあちこちやってる工事の泥が流れ込み、河川敷もやたら砂埃が増えている。何十年に一度起きるか起きないか?と言う決壊の為に、ん百億円の工事が続く淀川の既設堤防。少なくともこの前決壊した豊岡の円山川や由良川に比べ、ずっと立派な堤防なんだけど、果たして効果有るのかしらん?、そう言えば工事業者も見事な程、違う所が順番にやっているけど、これも機会均等と言う名目の話合い=談合の結果なの?・・

と、しょっちゅう疑問を持ちながら走っているマイコースを上流へジョグで頑張って?行く。
でも、結局時間が足りなくなり、途中でUターン。
起床直後の予定よりずっと少ない距離で帰ってきた。

今日の距離 12.0キロ

2006/04/27

今夜の安ワイン(4/26)

もうこの歳になったら来なくてもいいのに、毎年必ず誕生日とか言うのがやってくる(^^;
とは言っても、忙しさに紛れて忘れていたのも事実。
特にこの数年は当日か前日位にならないと思い出さない・・・と言うのも忙しくて、と言うのは口実で、実は単なる老化現象??(^^;;
ま、それはともかく、帰ったらケーキや頂き物が有ったので、平日でも当然ワインが飲みたくなるし、本来なら泡でも、と思うが、そんなワインは買い置きがないので、やはり赤になってしまう。
そんな訳で、開けたのは[2001]フォジェール/マ・デュ・コロンベル(ラングドック・ルーション) \1,700。
060426_1いつだったか?エノテカで買った内の1本。
濃い赤色で、如何にも南仏を思わせ、エッジは綺麗に透る。そして甘いなめし革の様な、かなり強めの複雑な香り。電灯に透かしてみると、まだ若いのにかなり澱が溜まっている様子。タンニンはこなれだした頃だが、意外にしっとりして甘め。但し、その後は舌に苦みが残る。嫌な感じではないけど、やはり折角の甘さをスポイルするのは事実。それがなければどっしりした美味しいワインなのに。
コルクも脆くなっており、少し雑さを感じるのが残念。
後で食べたケーキの美味しかった事と言ったら・・・・・
って比較しても仕方がないけど。

 75点

2006/04/25

朝ラン(4/25)

一度午前4時頃に目が覚め、まだ少し早いか・・・と目をつむったのが失敗の元。次に目が覚めた時はすっかり明るく、鳥の声も・・・(^^;
慌てて起きてストレッチも早々に表へ。
う~ん、今日は余り走れないなぁ・・と取りあえず大川へ。
いつもなら、ジョグでゆっくりと行くが、気は焦りどんどんピッチが上がる。う~んこれはいかん、また故障の元になると、やはり短い距離にしておこうと考える。
すると何だか気分も落ち着き、スピードもそれなりになった。
毛馬から天神橋までの往復9キロを終えたら、意外にまだ時間がある。起きるのが遅くとも、準備が早かったったので、結果的に走る時間は確保出来たのかも知れない。或いはQちゃんネックのお陰か??(^^;
それでは、、と、淀川へそのまま走り込み、グランドを突っ切って後1キロを稼ぐ(^^;

  今日の距離 10.0キロ

2006/04/23

朝ラン(4/23)

今朝もスタートは少しだけ遅め。
雨という予報だったけど、外を見ると少しだけ降ったみたいで、ほぼ道路は乾いている。
今日も出勤なので、余りゆっくり走っては居られない。
準備もさっさと済ませ、今朝は淀川へ向かう。今日も結構風が強く、上流から吹いている。カステラを一口頬ばってすぐ走り出したので、どうも食道辺りがもぞもぞして、呼吸がなかなか整わないぞ。
それでも3キロ程走るとどうにか治まってきて、ペースもほんの少しだが上がってきた。
八雲地区辺りに来るとなんだかテントが立っていたり、人の数も多く、どうも何か催しがあるらしい。
旗を見るが催し物名は特に何も書いてない。どうも子供会とか何かの大会かな?それにしては規模が大きいけど。そのまま通り過ぎ、取りあえず仁和寺大橋を越して堤防に上がる。
ここが丁度10.5キロ地点。
Uターンして戻るとハーフの距離になる。
今度は追い風で、いつの間にか小雨も止み、走っていると急に暑くなってきた。これだけ汗をかいて走るのは久しぶりかなぁ。
そして先ほどのテント付近に戻ってくると、すでに多くの人が集まり、屋台まで出ている(^^;
えらく大規模な催しだけど、そう言えば去年もこんなの有ったかなぁ・・・?
マラソン大会じゃないから知り合いも居ないし、そのまま知らぬ顔で通り過ぎる。
青空も出そうな雰囲気になってきて、来週からはそろそろTシャツ1枚で走れるかも、、と言った感じ。
そして無事到着。
約2時間10分で、ジョグの気持ちで走っていた割には速すぎたかも。
次はもう少しゆっくり走ろう。

今日の距離 21キロ

今夜の安ワイン(4/22)

仕事を早めに終えて、、、と言っても結構遅くなったが、それでも頑張ってしつこくワインを。開けたのは、旨安ワインですっかり有名になっているけど
[2003]シャトーペスキエ キュベ テラッセ(コートドヴァントー)\1,250
060422以前から数えれば、ビンテージ違いで4回は飲んだ筈。
少し柔らかめのコルクも上質でしっかりしているし、安ワインでもこう言うのは嬉しい限り。
香りも果実を柔らかくかつしっかり感じさせ、下手なボルドーよりずっと上質な香り。ボトルにはノンフィルターと書いてあり、自然農法栽培の無濾過らしい。
グルナッシュ70%にシラー30%と言われた通り、色は濃いめで、グラスの中を滑らかに伝う。
飲めば甘みがあり、そしてローヌらしくコクもあって、相変わらずの結構な美味しさ。偶には不味いワインに当たる事を思えば、ずっとこれを飲み続けたって構わないなぁ・・と思わせる程。
とは言ってもやはり2003年。少し硬めで、殆ど渋みは感じないが、僅かに苦みも感じられる。
もう少しこなれて欲しいかな、、と言う所。
でもこれを数年寝かすと言うのは少々難しそう・・・ってすぐ飲んでしまうもんなぁ(^^;

 82点

2006/04/22

久々に大阪城ラン(4/22)

大阪城公園を走るのは3ヶ月ぶり位になるんだろうか?
フルのシーズンが終わり、短い距離しか走らなかったので、近場の淀川や大川でお茶を濁していたが、そろそろ長い距離を走る練習もしなくては、、と、今朝は大阪城を走る事にした。そう言えば、何とか花祭りとか言うのもやっていた筈。それに造幣局の桜通り抜けも終わり、混雑もないだろう。
大川へ出て下流に下ると久しぶりにK氏と遭遇。次の大会は2週間後のGW萩往還250キロだとか。
しかしまぁ、フルの42キロでさえボロボロになるのに、250キロもよく走るなぁ・・・。もうここまで来たら人間じゃないよね・・・(^^;;でもK氏曰く「ゆっくり走ってもいいんだから、誰でも完走出来るよ」って、、そんな筈無かろうってば!!(^◇^;)
別れてからそのまま大阪城公園に走り込む。そう言えば今日は満員締め切りで申し込めなかったけど、去年参加していたR先生のランニング教室が有ったなぁ・・等とつらつら考えながら走っていると、森ノ宮の噴水出口でR先生と偶然遭遇(^^;。今月はダメだったけど来月のマラニックには行きまっせ~と、伝えてそのまま外周通りを登っていく。それにしても、このランニング教室、今日はえらく参加者が多かったなぁ。。去年より遥かに多い様な気がしたけど。
馬場町の交差点から再度大阪城公園に入るが、この辺りは花彩祭の工事も終わり、えらく綺麗になっていた。
そして、城内を行き来するトロッコ列車?みたいなのも走っていて、なんか今までの大阪城公園と雰囲気が違うぞ。
天守閣広場では、沢山のミニ花壇が置かれて賑わうが、宝くじ売り場迄新設されている(^^;
しかし花と宝くじの関係は良く分からない(--;)
梅林前を下って京橋口へ出ようとしたら、途中で行き止まりになり、美人ガードマン、、あ、ウーマンか?が柵の向こうで睨みを効かしている(/_;)Uターンして青屋門を出てもう一度同じコース。再度ガードウーマンの顔を拝ませて頂き、今度は逆コース噴水から大川へ出て帰ってきた。
でもって、これだけ走れば後は気持ちよくシャワーを浴びてビール・・・・と行きたくなるが、残念ながら今日は仕事なんだよねぇ(/_;)

今日の距離 20.0キロ

2006/04/20

朝ラン(4/20)

予報では雨だったけど、金曜日がまた早出になり、仕方なく?走る予定にしていたが、目を覚ますと外は静か。
やはり雨だからか?とそっと起きて外を見ると、殆ど降ってない。がぁ、樹木はかなりの揺れ方で強風模様。
ま、これも向かい風の練習に・・なんて無理にでも前向きに考える事にして、表へ。
淀川へ出ると、広いせいか思っていた程強い風でもなく、折り返してからが少し強く感じる程度で淡々と走る事が出来た。雨も少し小雨になった程度で殆ど影響なしでMやはり普段の行いだろう(^^)v
さて、実は昨日、近所のファイテンショップへ行き、新しく出たQちゃん仕様のRAKUWAネックを買ってきた(^^)
060420例のチタン入りのネックレスと言うのか?箱根駅伝なんかでは殆どの選手が付けているやつ。
果たして効果の程は分からないけど、これを付けたからと言って突然Qちゃんみたいに速くなる訳無いのはハッキリしている(^^;
それでもQちゃんと同じ物を身につけていると言う、まぁ「気は心」で、そうなれば「心は精神」→「精神は根性」→「根性は好記録に」なんて無理やり結びつけたりして(^^;
ま、せいぜい肩こりにでも効けば有り難いんだが、明日からはこれを付けてぶっ飛ばすぞぉ~(^◇^;)

2006/04/19

朝ラン(4/19)

昨日は、仕事が早出で走れなかった為、今日にずらし4月初旬以来の早朝ラン。
もう暖かいだろうと思って外へ出たモノの、淀川河川敷は意外に冷え込み、走り出したら手が冷たい。その内、身体が温まると今度は血行が良くなり、痒くなってくる(^^; まぁ手袋をする程の寒さでは無いけど、まだこんな気温だったとは少し意外。
それでも風は殆どないし、週末と同じ様なスロージョグは気持ちが良い。のんびりだからとウィンドブレーカーを着てきて正解だった。適当に汗もかくけど、早朝はそれなりに涼しいんだろう。
鳥飼大橋まで行く予定だったが、余りにゆっくり走ったせいか、時間が無くなり少し手前でUターン。
折り返しても風は余り感じない。
いつもこんなだったらいいんだけどねぇ(^^;
腰もかなり良くなったし、来週からはもう少しスピードを上げても良い鴨。

今日の距離 13.0キロ

2006/04/17

今夜の安ワイン(4/16)

今夜は久しぶりにブルゴーニュだが、内容は過日「カーヴ・ド・リラックス」で購入した12本の内の1本。
[2001]ブルゴーニュ・ピノノワール(シャトー ド ムルソー)\2,000
060416
確か注文した時は2000年のビンテージだったが、開ける時に気が付いたら2001年だった(--;) まぁ、ブルゴーニュだから別に01年でもいいんだけど、ボルドーだったら即交換してもらう所だよね。どうせなら02年と間違えてくれたら良かったのに(笑)
さて、ボトルの方は写真の通り、普通のブルゴーニュに比べて二回り程径が大きい。
色は当然だが、ピノそのもので最近お目に掛からなかった薄い赤紫で、1/3程注いだグラスでも、液体の向こうが
見えるんじゃないか?と思わせる程。
とても奇麗で、こう言う所は南仏には無いエレガントさを持っている。
香りもゆったりした果実臭と、軽い薬草臭。
舌に乗せると、しっかりした甘めの酸味と嫌みが無く、滑らかに喉へ入っていく。
個人的にはどっしりしたのが好みなので、頼りなく感じるが、やはりこれはブルゴーニュでしか味わえない柔らかさの様に思える。
とは言え01年という事もあり、やはり軽めと言うのか、中渋口と言った感じで、飲む方のピッチもいつもより速く進み気味。
それでも1時間近く掛けて飲み終えたが、最後まで味も香りも変わらず、2000円ならまぁOKかな?

 77点

2006/04/16

朝ラン(4/16)

昨日Mスロージョグの後少し腰が痛んだが、一晩寝たら治ったので、今朝もゆっくり起きて走ってみた。
天気も良く、大川沿いは昨日どころではない人手だろう・・と今日は淀川へ向かう。
風は強いが晴れているので気持ちがよい。
今日も同じくゆっくりと走り出す。
久しぶりの晴れた休日のお陰か、やたら人も多く、あちこちでBBQの準備をしている。
これからの2ヶ月程の週末を走る時は、BBQの匂いを嗅ぎながら走る事になるんだよねぇ(^^;
少し行くと、なにやらマラソン大会らしきモノが見えて、そのまま進んでいくと某M社ジョギング大会と書いてある。そう言えば1~2年前にもこんな大会を見た事が有ったっけ。
スタート前らしく、マイクを通して説明が聞こえてくるが、1等の賞品は電動自転車と言う声が聞こえたw(OoO)w
凄い、、、、その辺の市民大会よりずっといいぞ(^^; 人数もせいぜい150人位だったし、率がいいよなぁ(^^;
そのスタート前の集団を追い越してゆっくり進む。そろそろ追いつかれるのかと思ったが、なかなかやって来ない。どうもあれからまだ説明が有ったのかも?
鳥飼大橋を越えて堤防へ上り、少し行ってUターン。
すると前方からナンバーカードを付けたトップ選手が走ってきた。速い速い、、2位を100ートル程離している。
すれ違った瞬間、どっかで見たような顔だったけど、一瞬だったので思い出せない。
まもなく2位選手が・・・・と思ったら。高速ランナーの某F師匠だった。声を掛けてそのまま戻る。
少し行くと今度はなんと、Fやんが・・・突然で驚き、慌てて声を掛けただけで行き過ぎたが、考えたら彼女確かお目出ただった筈・・まだ数ヶ月なのに走っても大丈夫なのか?

そんな事をつらつら考えながらこちらは相変わらずのスロージョグ。すると今度は前方からT氏ともう一人が走ってきた。フォームを見ると相手はMちゃんの様で、伴走だな・・・と近づくとやはりそうだった。
取りあえず僕も上流へUターンして話ながら走るが、向こうのスピードが速いので、少し行った所で別れる。
何だか今日は色んな人に遭遇するなぁ・・・・・と、そんな事を考えながら家に到着。
腰の方も、曲げると少し痛むが取りあえず大丈夫みたい。
やっと本格的に復活出来そうだ。

今日の距離 16.0キロ

2006/04/15

朝ラン復活・・ですかぁ~?

って、吉本の安尾信之助風だが、やっと痰も咳出なくなり、後は腰が若干重いだけだが、そろそろ走っても大丈夫だろう。
と今日は休みの土曜になったので、朝、、と言ってものんびり起きて外を見る。
こう言う時に限って当たる天気予報通り、小雨。
これで今シーズンの花見は出来ないと言うのが決定(--;)
それでは・・と準備をして大川へ。
腰をかばいながら、そろそろと歩く様なジョグで前に進む。
桜も葉が見えだし、葉桜とまでは行かないが、種類によってはすっかり散ってしまった木も有る中を走っていく。
さすがにこの雨の中、花見をする物好きも居ない様で、大川は静かなモノだ・・・と思っていたが、銀橋手前の公園ではなにやら浴衣姿のおばさん達がぞろぞろと。
何事だろう??とそのまま行くと、沢山に人達が踊っている(^^;
前方に看板があり、それを見ると「全国民踊大会??」と書いてある。「民踊??」「盆踊り」とは違うよなぁ(^^;
何だか良く分からないが、民族舞踊の略?(^^; うみゅ~、、良く分からないが、取りあえず雨の中ご苦労様です。
そのまま1号線を抜けると、急に人が増えだした。
みんな傘を差してぞろぞろと横になって歩くので、狭いし傘も危ない。
ったく、人間は集団になると、途端に無神経になるんだよねぇ。
邪魔で仕方がないし、右岸の南天満公園を見ると、造幣局の桜通り抜けの為、もの凄い人出になっている。
こりゃ、あっちへは行けないなぁ、、と大阪城へ抜けようとしたら、今度は京阪電鉄高架の階段が、人で溢れ、降りるのに順番待ちしている(^^;
こりゃいかん、、、、と諦め、そこでUターン。
仕方なく、淀川まで戻って上流を目指し、適当な所で帰ってきた。
まぁ、まだ腰が不安だし、取りあえずこんなモンだろう・・。

今日の距離 12.0キロ

2006/04/11

今夜の安ワイン(4/10)

風邪で走れないし、喉も痛くて飲めないし、寝る時間が長くて腰も痛くなってくるし・・と言う三重苦状態から少しだけ良くなった月曜日に飲む事に・・・。
開けたのは[2003]ル・ブスケ・ルージュ(ヴァン・ド・ペイ) \950
0604101,000以下のリーズナブルさで、これなら毎晩飲んでも懐は大丈夫・・・な訳無いけど、それでも随分お気楽に飲める。
この値段でもちゃんとしたコルクの栓で、ここら辺は新世界と違う所。と言っても味が悪ければ全然意味無いけど。
注いだ色はごくごく普通の赤紫だけど、香りは薬草っぽい中に甘みも感じさせる本格派。ヴァンドペイだけどこの辺はなかなか侮れない?
飲むとすんなり舌にのり、柔らかいけど少し苦みが残る。
タンニンは余り感じず、だからと言って軽いという訳じゃないし、青っぽくもなくなんか不思議な味。
正直、南仏と言うより、ボルドーのリーズナブルAOCと言った感じ。
それでも、時間が経過すると開いてくるのか、しっかりして来るが、広がりのある味と迄は行かない。
最後の方は何故か舌に残る苦みが強くなり、早めに・・・とぐいぐい?飲む事に。
それでも950円で1本飲めるんだから、いいでしょう。

 72点

2006/04/08

風邪を引いた(--;)

せっかくリベンジ再スタートしたのに、最初の週末から風邪を引いてしまい、走るどころではない。
木曜日に出張で日本海沿いに町に行き、外をウロウロしていたせいだろう。
大阪は暖かかったのに、向こうはやはり結構冷えて、おまけに二日酔い気味(^^;だったのが
一番の原因か?。
リベンジを目標とするランナーたるモノ、これではいけません・・・・・ってそんな大げさな話じゃないけど(笑)
幸い?今日は仕事になった為、何となく走れない言い訳は出来るが、明日には治るだろうか?
昨日は長時間、床に伏せっていたので(^^;、腰も痛いし。
4月後半からは山へ走りに行きたかったけど、その足が出来ないかも。
それに、何と言っても一番悲しいのは、週末なのに喉が痛くて、とてもワインを飲める状態じゃない事である。
よく、風邪には卵酒、、なんて言うけど、卵ワインなんて飲めそうにないしなぁ(^◇^;)

2006/04/04

朝ラン(4/4)

久しぶりの平日早朝ラン。早く起きてもすでに外は明るいと言う季節になっていた。
表へ出ると少しだけ肌寒さを感じるが走るのにはちょうど良い。
先週末はまだ2~3分咲きだった桜も少しは多くなっているかも知れない、、と大川を走ることに。
やはり明るい朝に走るのは気持ちがいい・・・なんて、まだ「走る」とは言えないスピードだが。
JR桜ノ宮駅から南はほぼ6~7分咲きと言った所で、やはり今週末が満開の花見日和だろう。
途中から中州に渡ったが、ここも同じ位の咲き具合で、今週末は凄い人出となるに違いない。

それにしても、スロージョグだといつもの距離に比べて随分短くしか走れない。
これだと、もう少し早く起きるか、走る日数を増やすかしないと、全然距離が伸びないなぁ。

今日の距離6.0キロ

2006/04/03

今夜の安ワイン(4/2)

どしゃ降りの中を走った後、シャワーを浴びてスッキリしたので今日もワインを・・・って、夕食が鉄板焼きと言うのも理由だけど、実は単に飲みたかっただけだったりして。
でもって今夜開けたのは[2004]ドメーヌ ドラ セッサンルージュ \1,000
060402ラベルにも有るけど、VDP。
購入したカーヴ ド リラックスではべた褒めだったけど、ほんまかいな?
でも、昨夜と同じく財布に優しいのが嬉しい。キャップを切ると今やリーズナブルワインには普通になった樹脂の人造コルク。
これって中にはとても開けにくいのが有るんだよねぇ。案の定、引き上げるのにたいへんだった。これならいっそスクリューキャップの方が良いかも。
さて、グラスに注ぐと、色もこれまた非常に濃く、まさに赤黒と言う表現がピッタリ。まぁビンテージは2004年だし南仏らしいと言えばその通りなんだが、それでも少々どきっとしてしまう。
でも香りは、深い酸味と複雑な果実臭を撒き散らし、どれほど強い味なのかと不安になるほどだが、舌に含ませると、意外や意外、しっとりしたタンニンの渋みの中に甘みを漂わせ、とても2004年のヴァンドペイとは思えない。史上最高は少々大げさでも、まさに完熟と言った濃厚さで、シラーやグルナッシュとはまた違った官能的な濃密さを感じる。
それでも嫌みはなく、正直これが1,000円では申し訳ない(^^;
5,000円とは言わないけど、3,000円クラスの南仏でもこんなのが結構ある程。
あえて欠点をあげるならば、余り洗練されてない味だとは言える。
しかしそれは新しいビンテージのせいかも知れないし、税込み1,000円のワインに言う事でも無いだろう。
はい、今夜はじっくり味わって飲ませて頂きました。

 83点

2006/04/02

午後ラン(4/2)

予報通り、朝から雨。
雨は上がりそうだが、時折降り出すので、午前中に買い物など家の事を済ませ、昼から走る事にした。
予定通り?午後になったら雨はちゃんとやんだので、準備をして外へ出る。
昨日痛かった部位が気になるが、当分はスロージョグの予定、また痛んでもすぐ治るだろう。
軽くストレッチをして今日は淀川へ出る。
昨夜からの雨で、河川敷の半分は水溜まりになっているが、それを避けながらゆっくりと進む。
だが問題はすぐにやって来た。(-_-;
3キロ程進んだその時、ポツポツと雨が。
まぁ、雨の中を走るのはそれほど気にならないので、そのまま上流へ・・・・・・・と思ったすぐに突然空が暗くなり
雷が・・・・・・・・あらら???と思うまもなく大粒の雨が降ってきてそれはアッと言う間に土砂降りへ(^^;
夏の夕立にも負けじと思いっきり降ってくれる。
な・な・な・なんでやねん(/_;)
もうずぶ濡れになってしまい取りあえずプレハブの仮設トイレに避難(^^;
しかしすぐに寒くなってきて、この土砂降りの中を走るか、このまま寒さに震えるかの決断を迫られる(笑)
当然、ここで風邪をひく訳には行かないので、土砂降りを選ぶのがランナーである・・・ってほんとか??
まるで川の様に水が流れている河川敷に飛び出して走り出すが、足を進めるシューズは殆どが水の中を踏む感じで、着地のショックは全然無い(笑)
身体はずぶ濡れと言うより、滝での修行みたい(^^;
それでもそんな酷い雨は数分で終わってくれた・・・・がぁ、ウェアは全部が身体に貼り付き、走りにくい事この上なし。
おまけにどんどん寒くなってきて、こりゃいかんスピードアップ。
スロージョグの予定がまるでペース走になってしまい、これで故障でもしたらどうしよう(-_-;
家に着く頃は殆ど雨もやんだが、今頃やんでくれてもなぁ・・・・・。
教訓「春の雨に走る前は充分なストレッチを(^^;」

今日の距離 10.0キロ

今夜の安ワイン(4/1)

仕事でバタバタしていた為、新しくワインを注文出来なかったお陰で、買ってあった安いのを飲み尽くし、残してあった少しだけ良いのを消費するようになったので、これはやばい(^^; と、安ワインを大量注文したのが届いた。
そこで原点にもどって、今夜は本当の安ワインを。
飲んだのは[2003]シロッコ カベルネシラーズ \1,000
060401チュニジアのワインと言う事で、もちろん飲むのは初めて。
購入したのは、旨安大魔王こと内藤氏のカーヴ ド リラックス。
抜栓すると、結構長めのコルクで、まるでボルドーのグランヴァンを思い起こさせる意外さだ。香りも土や木の根が混じった様な複雑さは有るけど、全体に弱々しい。
色は如何にもシラーと言う感じで、若い為か余計に濃く見えて、本当に赤黒い感じでこんなの飲めるのか??(^^;
でも、一口飲むとこれが全然違うんですな。
若いくせに嫌な渋みは意外に取れて、それほど舌にも残らない。
味自体は弱めの酸味で野性味が強く、どちらかと言えばもう少し開かせた方がまろやかに飲めそう。
さすが大魔王氏&スタッフのお奨めだけ有って、この値段ならなんの文句もありません、ハイ。
飲み進めていくと若干苦みが出てきたが、それほど気にならないし、何と言っても消費税込みで1,000円。
シロッコって名前、確かワーゲンの車にも有ったけど、砂漠の砂嵐って意味だっけ?
如何にもチュニジアらしいい名前で、ワインの名前としては意外性もあり、気に入りました。

 75点

2006/04/01

道マラリベンジ計画スタート

なんて、大げさなモノじゃないけど、今日からランを再開。
この数年は、京都シティハーフが終わったら、3月一杯走らずに過ごしている。たまたま今年は業爆も有って、精神的にはのんびり出来なかったけど、足の方は充分休養完了。
とは言っても、普段からそんなに休養が必要な程走っている、、と言う訳では無いんだが、そこは気持ちだけでもって事で(^^;
去年の北海道マラソンは23km地点で自らのリタイアとなった為、今年はなんとしても完走しなくては・・と言う事で、取りあえず今日から8月まではその為の練習。

さて、桜並木もチラホラと咲き出した大川を3週間ぶりにそろりそろりと走り出す。
ウォーキングの人達と余り変わらないスピードで下流へ向かっていくと、丁度今日開催されている、大阪城桜マラソンに参加している沢山のランナー達とすれ違っていく。
淀川に近い桜並木はまだ1分咲きと言った所だが、JRを越えて下流へ進むと3~5分咲きだろうか。
明日からまた暖かくなりそうだし、この分なら来週の週末は最高の見頃になるだろう。
西天満公園に行くと、どこかのホテルが桜クルーズと称して数隻の遊覧船を出していた。パンフを見ると乗船料が1,500円で、ドリンクや食べ物などそれほど高い値段ではなかった。と言っても時間にすればあっと言う間だろうが。

天神橋まで行き、折り返して帰路へ向かう。
スロージョグなのでえらく時間が掛かって居るぞ(^^;
端から見てると大して変わってないだろうけど、余り時間が掛かってはと気持ちだけ少しスピードアップ。
それでもそろそろ脹ら脛が痛んできた(^^;
こんなにゆっくり走っているのに(--;)
こんな事では今後が思いやられるなぁ~。
これ以上痛みが出てきませんように・・・・・・と呪文を唱えながら何とか帰ってきたが、距離はほんの少し(^^;

 今日の距離 9.0キロ

PS
 しかし、Niftyのココログメンテはどうなっとるんや!!
 昨夜なかなかアップ出来なかったので、
 数回保存を繰り返したが、 先ほどアクセスしたら
 凄い数のアップになっている(^^;
 ったくもう・・・(--;)
 他のBlogも同じ様な所があったので、どう見ても
 メンテのせいだとしか思えないぞ。

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »