Jog-note

  • Jog-note
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 今夜の安ワイン(4/30) | トップページ | 朝ラン(5/3) »

2006/05/01

GMO

何年前だったか「龍の契り」で鮮烈なデビューをした服部真澄の作品だが、このGMOも正直言って衝撃的な内容と言っても良いだろう。
Book060501GMOの意味は本を読み出してから知ったが(^^; 遺伝子組み換え作物の事らしい。当然、本の内容は遺伝子組み換え技術の問題をテーマにして繰り広げられる。最初はワインの話から展開されたので、興味深く読み進めていったが、途中からそんな事より、この遺伝子組み換え技術がビジネスとして悪用されだしたら・・・と背筋が凍る思いもするほどだった。
服部真澄は、デビュー作で香港の領有権と返還ビジネス。「鷲の驕り」ではアメリカに於けるサブマリン特許などの日本の会社(シャープがモデル?)の特許ビジネス。そして「ディールメーカー」では多分ディズニーとMS社を想像させる版権ビジネス、と世界を舞台にしかも単なるビジネス小説ではなく、社会に問題提起した内容を書いている。
Book060501b
スケールも大きく、完全に自分の世界を持った作家だと思うが、同時に先見の明もある。
5年程前にも、日本の外国領事館を舞台にギャンブルが行われ、そして公認賭博で日本版ラスベガスを政治家が絡んで合法化を狙うと言う内容の「バカラ」と言う作品を出したが、本当に1~2年前東京の新興国領事館で賭博が行われていた事が新聞沙汰になったし、公認カジノを作ると言う話しは最近になって都知事や、与党の一部議員からも出ているし、何度もニュースになっている。
果たして彼女が以前からそれを知った上での執筆なのかどうかは知らないが、本を読んでから驚いたモノだ。

この「GMO」はすでに一般化している遺伝子組み換え作物のビジネスをもっとニ段も三段も掘り下げた内容で、本当にこんな事が起こったら、一つの会社が世界中を支配する事さえ可能に思えるほど。
日本の食物自給率なんて30%そこそこなんだから、やられたら一溜まりもない筈。
正直、政治家、、いや目先の自分の利権しか頭にない政治屋連中に読ませてやりたいと思う。

« 今夜の安ワイン(4/30) | トップページ | 朝ラン(5/3) »

」カテゴリの記事

コメント

AKAさんが読んでいらっしゃる本は、オットが読んでいる本と被ることが多いんですよ。時期的にも。GMOは先日読んでいて、AKAさんがよけい身近に感じられます(^^)。

あああああ私も本を読みたいっ(現在激務中です)。

京丸さん。
読み終わってから分かったんですが、「GMO」って新潮社だったかのケータイ文庫の書き下ろしだったんですってねぇ。
毎日なのか毎週なのか知らないけど、携帯に送って貰うんでしょうね。かなりの長編だけど、読み終わるまでにどれ位の通信料が発生するんだろう(^^;
ちなみに僕の場合は仕事の電車移動時しか読む時間が無いので、一冊読み終わるのにかなり時間が掛かります。
京丸さんみたいに出歩かない仕事だと、なかなか読む時間が無いですよねぇ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81783/9848705

この記事へのトラックバック一覧です: GMO:

» ギャンブル攻略に秀逸です! [gamble-door]
ネットカジノ攻略ならここです。 [続きを読む]

» 3倍ループ方(ブラックジャック確率論) [ネットカジノ攻略日記]
今日はブラックジャックの賭け方に挑戦します。 [続きを読む]

« 今夜の安ワイン(4/30) | トップページ | 朝ラン(5/3) »