Jog-note

  • Jog-note
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006/05/30

朝ラン(5/30)

昨夜も帰りが遅かったのに、ビデオに撮っていたERを見た為、余計寝るのが遅くなったが、何とか起床。
天気も良さそうだが、花粉で鼻の調子が悪い為、今朝は大川を走る事にした。と言っても、川沿いに出てから右に淀川、左が大川って事なんだけど。
土曜日に買ったすでに賞味期限切れの草餅を一つ口に入れ、それを水で食道に流し込んで走り出す。
例によって1~2キロは身体が重く、息も上がる。
ラジオ体操の為に集まっている人達の横を通り抜け、桜宮から天神橋へと走るが、やはりカモガヤらしき草は余り見当たらないし、鼻炎も少し楽な感じがする。(あくまでも気分だけど)
橋のたもとでUターン。大川は建物に遮られるお陰で風もなく走りやすい。毛馬閘門まで来てまだ時間があり、そのまま淀川の堤防沿いに進み、この辺りをグルグルと距離稼ぎ&時間調整。
インターハイ予選が終わった直後の為か、今朝も陸上部部活は無しの様子。
いつも見ているので、偶に数日間出会わないと何となく寂しいぞ・・・・って向こうは何とも思ってないだろうけど(^^;

 今日の距離 12.0キロ


2006/05/29

今夜の安ワイン(5/28)

遅く帰ったが、夜食べてなかったし、月曜日は朝ランしないので、軽くつまみながらゆっくり飲む事に。
グラタンやチーズ果ては漬け物まで(^^; 適当にテーブルに並べ、全然休めなかった1週間を振り返る・・って(笑)
で、そんな事しながら開けたのは[1996]CHオー・ラムール(ACコート・ド・ブール)¥2,000(5本で\10,000セット)
06052896年と言えばボルドーの当たり年。と言っても右岸だし、この程度の値段だからそれほど期待する訳じゃないけど、いつもの安ワインより少し位驚かせてくれて欲しいなぁ・・・てな感じで抜栓。香りは弱いけど、昨日のよりは強めの、僅かに甘酸っぱい感じ。結構いいかも知れない・・とグラスへ注ぐとおとなしめで少し明るい赤紫。エッジもサラッとして重めのボルドーらしさは無いけど、10年経ったらこんなモノか。グラスに鼻突っ込んで息を吸い込むけど、香りの強さは変わらない。
澱の溜まっている様子もないし、キレイに濾過する製法だとこうなるんでしょうか?
でも、舌には残らず、スルスルと入って行きと、中重口程度のワインを或る程度寝かせば、こんな味になると言う見本みたいな。かくして、果実感薄目、酸味は少し、香り弱め、そこから感じた甘さは無し。う~ん、セット物はこう言うのを1~2本入れないと元は取れないんでしょう。

 65点

2006/05/28

朝ラン(5/28)

昨日はすっかり寝過ごしたが、今日は平日早朝ラン並みの時間に起きて、30キロを走ろう・・と思っていたが、歳のせいか身体が言う事を効かない(^^;
目が覚めたら予定を遥かにオーバー(/_;)
それでも昨日より1時間早かったので、少しは長く走れるはず・・・と、淀川へ向かう。先週辺りから花粉のためかなり鼻がおかしくなっている。この時期はカモガヤの花粉が飛び、それにやられるんだよねぇ。
期間は約1ヶ月と短いので、薬で対応して居るんだけど、河川敷はやはりカモガヤが多いみたいで、結構辛い。余りひどいようなら、大川から大阪城へ抜けるコースに変更しなければ・・なんて考えながら昨日とは逆の風向きなので、風に押されて上流へ。出勤時間の都合を考えながら時計とにらめっこ。昨日の仁和寺大橋地点でまだ少し余裕有りと判断して、その先の淀川新橋を過ぎてから堤防へ上がり、ここでUターン。
一転、向かい風でここから往路のタイムを落とさないよう、ペースを守りながら走る。丁度50m程先に同じ様なペースで走るランナーがおり、それを目標に進む。
数キロ走るとごく少しずつだが間隔が縮まり始める。こちらはペースを変えてないので、相手が遅くなったんだろう。
豊里大橋辺りでかなり近づいて来たので、ここぞとばかり一気に追い抜く・・・って相手は何も感じてないんだけど(笑)
そのままペースを保ちながら毛馬まで到着。ストレッチをしていたら、さっき追い越したランナーが大川へ消えていった。なんだそんなに離してなかったのね(^^;

  今日の距離 25.0キロ

今夜の安ワイン(5/27)

先週は全然ワインを飲む暇がなく、そろそろ禁断症状(^^;
仕事はまだ終わらないが、どうせ明日も出勤だし、今夜は早めに帰って・・・と飲んだワインは[1998]シャトー・ヴァリ・ルージュ(ベルジュラックAC) \1,279
060521w8年選手だが、この値段で果たして熟成度はどんなものなのか?
抜栓してグラスに注ぐと、樽香のある少し茶色かかった薄目のワイン色で、熟成しきっているのかと思わせる色合い。味は少し軽めでふくよかさは殆ど無いんだけど、元々こう言うタイプなのかもしれない。個人的にはもう少し厚めなのが好きなので、余計にそう感じるんだろう。
香りも少なく、果実感も薄れており、2~3年前に飲めばもっと美味しかったのかもと思わせる。
まぁ、1,000円少々で98年が飲める・・と言う事に感謝しておこう。

 72点

2006/05/27

朝ラン(5/27)

昨夜は久しぶりにまともな睡眠時間をとれた・・・・と言っても寝たのが1:30頃なので、実質6時間程だけど。
それでもぐっすり寝た気分になり、いつもよりかなりのんびりした朝ラン。
そろそろ30~40キロ走をしたい時期だが、今日も仕事なので、そうそう時間を使う訳にいかない。
カステラとバナナ2本を口に押し込み外へ出るが、いつもに増して風が強く、淀川へ出ると帽子が飛ぶほど。
帽子を後ろ向きに被って走り出すが、食べてすぐのジョグはいつも苦しく、なんか食道に異物が詰まっている様な感覚を受ける。それでもゆっくり走っていると少しずつ落ち着いて来る。
赤川鉄橋を越えて城北大橋の手前で、なんか見覚えのある人が・・・・ん?と振り返って声を掛けるとやはりt嬢だった。
ここで少し立ち話。今年の北海道マラソンに申し込んだとの事。現在の持ちタイムならギリギリ完走できそうだが、まだ3ヶ月有るし、夏の間練習を積めばきっと大丈夫。バスストップを唄う事も無いだろう(爆)
立ち止まったのが良かったのか、食道の調子も楽になり、ほんの少しペースアップ。
強い風の中、身体を預ける様にして進む。
途中、部活か授業か?の中学生達をごぼう抜き・・(って相手は殆ど歩いていたんだけど(^^;)しながら、仁和寺大橋を越え、堤防に上がりここでUターン。
当然、強い追い風で一気に楽に。ここからはもう少しペースアップ。久しぶりにランと言えるスピードか。
調子よく走ってきたが城北大橋を越えた辺りで、後ろから来た女子中学生に抜かれる(--;)
こりゃいかん、こんな小娘に負ける訳には・・・と必死で追うが敵は現役陸上部ランナー??速い速い(^^;
大きめのストライドでどんどん離れていく。
よし、最後のラストスパート!!と、大会のイメージで必死で食らいつくと、なんとその差が縮まってきた。
そして後10メートルほどか?と言った所で、彼女は突然マッチレースを放棄。さては追い付かれそうになって止めたのか?・・と思ったが、その廻りには他の中学生も沢山居て、単にゴール地点だっただけ(^^;
こちらは思わぬ所で力を使ってしまい、もうボロボロ(^^;
こんなので今日、仕事になるのか??(/_;)
ストレッチもそこそこに、帰ってシャワーを浴び、さて出勤。

 今日の距離 21.0キロ

2006/05/26

朝ラン(5/26)

布団に貼り付いている身体を何とか引き剥がし、まず水を飲むが目は半分つむった状態で頭は殆ど寝ている。立ったままフラフラしていると本格的に寝そうになるので、何も考えずとにかく着替えて外に出る。
風が強く少し冷えるが、眠った脳を起こすには丁度良い位。
それでも淀川へ出る頃には何とか目が覚めて、軽くストレッチ。
さすが走り出すと頭は冴えてくる・・・・って寝たまま走れないし(^^; 最初はノロノロとしていたが、1キロ程走るとようやくリズムがとれてくる。
大会では少々の寝不足でも平気なのに、練習だと何故かシャキッとしないのはやはり緊張感の違いなのか。
もっと緊張感を持って練習すれば、寝不足でもOK??なんて考えながら走る。
3キロ程走るとすっかり身体も慣れ、さっきまでボーっとしていたのはなんだったの?(^^;
鳥飼大橋の手前でUターンすると、復路は結構な追い風になり、少しペースアップ。
そのまま一気に毛馬閘門まで到着。後少し時間が有ったので、ペースを守ったままもう一度上流へ。
やはりS高校の部活朝練は始まらない。中間テストはまだやってるのかも。

  今日の距離 15.0キロ

2006/05/23

朝ラン(5/23)

天気予報の雨は降らず、曇り空で風もなく珍しく走りやすい天候。土日休んだ為?、これから6月末までは土日とも仕事になるし、せめて平日に走れる距離を増やしたい所。
軽くストレッチをして淀川河川敷を行く。昨夜は何も食べなかったので空腹が辛いけど、これで少しは体重が落ちるだろう(笑)
何故か今朝はランナーもウォーカーも少なめ。雨予報だったからみんな控えたのかな?
鳥飼大橋の手前で折返し、毛馬閘門へ戻ってもまだ少し時間があったので、S高校までをもう1周。いつもはそろそろ部活の生徒達が出てくる時間なのに、それも見当たらない。今日は何かの日だったかなぁ?(^^;
それでも丁度良い時間。
これ位走れると週末の時間も楽になるんだが。

今日の距離 15.0キロ

2006/05/22

山辺の道マラニック(5/21)

朝起きたら予報通り久しぶりの快晴。今日はS先生のランニング教室でまさに最高のマラニック日和である。さて普段の行いが良かったのは誰なんだろう?
昨日は余り走らなかったので、少し早めに現地へおもむく事にした。1時間ほど前に近鉄桜井駅に着き、駅前のミスドで軽く朝食兼昼食。その後集合場所へ行くと、すでに車が来ていたので、荷物を預け少し走る事にした。案内板を見て地図をざっと頭に入れ、隣の駅への往復で約5キロ程か?行きは一発で着いたのに、帰りは少し違う道を・・・と思ったのが失敗。全然違う所へ出てしまい、集合時間に間に合わせるべく、早々にペース走(^^;
無事到着して今度は約40名と言う大集団で、天理駅を目指し約16kmのスタート。
060521aこの道は随分昔に歩いた筈だが、もう何も覚えていない(^^;
少しずつマラニックらしくなって来る道を進み、先行するガイド氏も時には間違えながら(笑)、これはオプションという事にして走っていく。天気がよいのでウォークの人達も随分多い。適当にアップダウンもあり、まだそれほど走り込んでいないシーズンのマラニックとしては丁度良い位。
まず大神神社に着き、ここで取りあえずグループ分け。
060521bしばし休憩の後、JR天理へ向かって再スタート。途中景行天皇陵や二上山を眺めながら走って行く。狭い道や途中あぜ道のような所も有るので、ウォークの人達に声を掛けながら走る。0605221

ほぼ中間点の天理トレイルセンターでは給水を兼ねての長時間休憩。この辺はかなりのんびりムードでハイキング気分になれる。
まだ新しそうな建物で、中には出土した土器などが展示してあり、この辺りに古墳が多い事を偲ばせる。
休憩後も途中2回ほどの小休憩を入れながら無事JR天理駅に到着。ここから送迎バスで奈良健康ランドに行くのだが、僅か4キロの距離なので、もう少し走って行くと言う人が大半(^^;しかしまぁみんな好きだねぇ(笑)
と言いながらしっかり自分も走って行くのだが(爆)。
マラニックののんびり走で来た為、最後位はペースアップを・・となるんだろう、、何故かみんな飛ばしていく(^^;
こちらもペースを上げて付いて行き、あっと言う間に健康ランド到着。
ここまでがオプションで、温泉の後が本日のメインで有る宴会(^^;
帰りの事もあり、時間が短いのが残念だが、それでも結構飲み、また送迎バスで天理駅着。
電車の中では、同じグループの女性が背負っているザックにどうも見覚えが有る・・・。でも初対面の人だし。
うみゅ~、、どこで見たんだろう??と思っていたが会話の中の一言「甲子園に年20回行く」。これでハッとしてまさかと思いながら聞いていた。「あのぉ~・・ひょっとしたらtacocoさん??」「はっ、そうですけど?」「えっと、AKAです」「えぇぇぇぇぇーーーーーー」(^◇^;)
いやはやまさにもの凄い偶然。コメントくれている人が、隣に座っている人だったとは(^^;
ほんと久々の驚愕というか(笑)、こんな驚きはジャンボくじ3億円当たった時以来で有る(想像)
それにしても、こんな事も有るんですねぇ。
と言う事で、記念にリンク張らせて頂きました(^^)

 今日の距離25.0キロ

2006/05/20

安威川ふれあい駅伝(5/20)

毎日の雨続きでどうなるかと思ったが、普段の行いが良かったらしく、当日は好天に・・ってみんな自分のお陰だと思ってるんだろう(笑)
何故か今日は第一走者(^^; おまけにスタート整列時、隣が旭化成を引退直後のT選手(@@; なんでこんな所に・・ だって元世界陸上代表だぞぉ~(^^;もう思わぬ幸運につい笑ってしまった。
号砲と共に一斉スタート。向かい風の中みんなどんどん飛ばしていく。一生懸命付いて行くが、よく見るとサブスリー選手達と余り離れていない。げっ、これはマズイ・・と少しペースダウン。そして早くも折り返して来たT選手とすれ違うが、足音は全くせずにあっと言う間に飛んでいく。まさに異次元の世界。
しかし、ふれあい駅伝と言う名前の通り、楽しく走る筈なのに何で皆こんなに真剣に飛ばすの(^^; ついこちらも一生懸命走ったけど、結局後ろから3~4番目でタスキ渡し。しかも最後尾の選手は段違いに遅かったから、殆どブービーである(^^; 時計を見たらそれでも4分半ペースだったと言うのに、、、恐るべし第一走者(笑)
060520a
060520b
はっきり写ってない写真を選んで載せましたが、ちゃんとしたのも有りますので(爆)

終了後は河川敷で焼きそば宴会の後、徒歩5分の大きな温泉に行き、その後は茨木の方へ出て宴会の続き。
明日の事もあるので、少し控えめに・・と思いながら結構飲んでしまったけど(^^;

 今日の距離 6.0キロ

2006/05/19

東京マラソン

前日の予想通り、今朝は目が覚めたらすでに走るどころでは無い時間。(--;) ま、この状態では仕方ないか・・と諦め、大人しく仕事へ。
そう言えば、昨日が来年始まる東京マラソンの参加申込書配布の日だったのでは?と思いWebを見ると、概要に参加資格が新たに出ており、男子選考の部は制限2時間30分以内と発表されていた。やはり従来通りの参加資格なんだなぁ。すると残りは一般の部だから、普通の公認大会にある登記登録の部は無い訳で、多分24,700人ほどの所からスタートになるぞ(^^;
う~ん、こりゃ大変だ~。タイムは諦めて楽しく走る事に徹するしか無い様だ。制限は7時間だから、結構な仮装をしても楽勝で走りきれる。考えてみたら今まで仮装をして走った事がないので、良いチャンスかも。
まぁ、これだけの人数となったら、プチ仮装程度では埋もれてしまうから、かなり目立つ格好でないとダメだろうな(^^;
ランニング教室ならぬ、仮装教室ってのは無いんだろうか?(笑)

さて、明日は安威川駅伝。
メンバー表見たら、何だか第1走になっていたぞぉ~(^^;
まぁ、2走の人はどんどん抜ける立場になるから、気楽だろうけど(^^)

(さっき、東京マラソン公式HPを再度見たら、何故か参加資格2時間半が無くなって、今までの仮発表状態に戻っていました。さては、ウィニーによる流出事故だったのかな?(笑))

2006/05/18

朝ラン(5/18)

今週はまさに怒濤の業爆状態。
いやいや、今月一杯は最悪の状態だろう(--;)
せっかく土日出勤したというのに、全然終わらず、おまけに仕事が新たに増えたりして・・・。
さすがに朝起きる事が出来ず、昼間も眠くてボーっとしている有様。こんな状態で仕事が捗るはずもなく、ちゃんと働いているにも関わらず、全然終わらない(/_;)
結局月曜日から3日間走れずのままだったが、今朝は必死で起きた(^^;
それでも普段早朝ランの時より遅めで、慌てて家を出る始末。元気もなくトコトコと大川へ行き、ずっとジョグのまま終わってしまった。今週末は土日とも仕事を休む為、平日走れるのは今日だけかも・・・。
うみゅ~、明日は目が覚めたら出勤時間だろうなぁ(^^;

今日の距離 9.0キロ

2006/05/14

今夜の安ワイン(5/13)

どうせ明日も仕事だし、、、と早めに終わらせ、久しぶりに今日はワインを。この週は毎日深夜帰宅だったので、とてもワインを飲める状態ではなかったし。
でもって、今夜開けたのは[1993]シャトー・グラベイロン(ムーリス)\2,080
060513安ワインと言うからには、13年経ったワインでも、とてもリーズナブルで、これなら文句はないでしょう(笑)
問題は、このクラスで13年経っても飲めるかどうか?って事かな(^^;
古くてコルクも心配だし、、、と抜栓は最近新しく買ったプルタップスのソムリエナイフ。鋳鉄製で3,500円程だったが、2段になっていて、今までの独製ナイフよりずっと抜きやすく、またキレも良い。グランヴァンに良くある長いコルクもこれなら楽勝・・・・ってそんなワイン飲む機会が有るのかどうかは別だが(^^;
さて、心配した程でもなくあっさりと抜栓。予想通り一面にカビが有り、保存は良好だった模様。
少し置いてからグラスに注ぐが、色は茶色がかって如何にも「やっと開けて貰って有り難う」みたいな、枯れた感じでなかなかの雰囲気。
香りも腐葉土や薬草臭・少し革っぽい感じで、これもまたいいかな。
舌に含むと、やはり弱めで、タンニンもすっかり落ち着き、渋みは全く感じられない。
複雑な酸味が強めで、甘みは余り感じられず、確かに熟成しきったワインを飲んでるな、、って感じは充分(笑)
でも、やはり5~6年前の方が美味しく飲めたんじゃ?と考えてしまうのも仕方がないか(^^;
こう言うのを美味しい・・と言えないのはまだまだ修行が足りない?(笑)

  75点

2006/05/13

朝ラン(5/13)

起きたら雨・・・しかもまだ冷え込んだまま(--;)
でも走っておかないと、、と準備をして表へ出る。風も強いしこれでは大変だと、大川から大阪城へ回る事にした。樹木の下を走れば雨も余りかからないし・・・・なんて事はないけど(^^;
さほど広くもない大川の遊歩道はあちこち水溜まりが出来て走りにくいが、後ろから来る自転車に注意しながら右へ左へとくねくねしながら走って行く。
大阪城へ入り、噴水を抜けてそのまま周回道路を上り、大手門から天守閣へ寄り道して梅園の坂を下ると、花彩祭の為その先で行き止まり。しかしその柵の前に三角コーンがあって、大会の折返し地点みたい(笑)。ガードマンも立っているので、雰囲気だけ思い描きながらUターン。「よっしゃぁ、残りは半分。後はスパートしてゴールまで」なんて気持ちだけ高ぶらせてジョグを続ける(^^;;
それを2度繰り返し、帰りは天神橋へ寄って帰途に着く。途中、狭い遊歩道一杯に学生らしきかなり大きい集団が傘を一杯に広げながらゾロゾロ歩いている。まったく、人は集団になるとどうして周囲の迷惑を考えないんだろう。この遊歩道をグループのランナー達が一杯に広がって走っているのをよく見かけるが、あれも大抵迷惑だ。自分達は喋りながら走っているので、余計に後ろからの音が聞こえにくいんだろう、自転車にベルを鳴らされているし、のんびりペースが多いから抜くのにも邪魔になる。自分もこの辺りが集団で余り走りたくない理由なんだが。
ともあれ、その無神経な学生達を何人も突き飛ばしながら進む・・・と言う空想をしながら「空けて下さい」と声を掛けて、そっと追い越す(^^;; しかも長い列になっているから何度も声を掛けないと行けない(--;)
あぁ~やっぱ広い淀川河川敷の方が走りやすいなぁ。
なんて考えながら無事帰宅。 

   今日の距離 18.0キロ

2006/05/12

朝ラン(5/12)

徐々に仕事が押し詰まってきて、まるで去年の悪夢の様な状況になってきた。
今週末も仕事になったし、果たしてこれからどうなる事やら(/_;)
ともあれ、そんな状態なので何としても時間のある内に走っておかなくては・・・?と、今日も朝ラン。
それでも少し寝坊気味になり、慌てて淀川へ。
昨夜から結構冷え込んだ事もあって、今朝もそれが続いている。とても5月中旬とは言えない気温の中、ゆっくりと走り出す。
冷えると言っても風が無ければそれほどでもないが、やはり今日も結構強い風。
2キロ走った位では全然暖まらない。結局いつもの折返しで追い風になってからやっと身体が暖まる位で、帰りは少しだけランに近いスピードで帰ってきた。

今日の距離 10.0キロ

2006/05/10

朝ラン(5/10)

一日中雨・・・と言う予報だったのに、昨夜寝る前は風が強いせいか、曇り空と言う訳でもなかった。
案の定、起きてみれば曇ってはいるモノのとても雨が降るとは思えない天気。
予定通り表へ出て淀川へ向かう。すっかり暖かくなって、冬みたいに部屋の中でストレッチをする必要もないし、さっと出られるのが良い。
準備を終えて走り出すが、今朝はそれほど時間もないので、いつもの10キロコース。
なかなか身体が目覚めず、ジョグで5キロ地点まで。少し手前でF嬢に出会い、話しながら到着。少し給水してUターン。帰路は身体も軽くなり、少し速めのジョグ(^^;で帰って来た。結構暑いし次からは半袖Tシャツかなぁ。
 今日の距離 10.0キロ


2006/05/08

朝ラン(5/8)

GW最終日の昨日は走らなかったので、今朝は少し早起きモード。
雨上がりの朝は湿度も有るし、気持ちがよい。予報の快晴が、実は曇り空ってのが気に入らないけど、その内に晴れてくるんだろう。それに今日は暑くなる筈・・・と薄着で出たのに、淀川を上流に向かうと向かい風で肌寒い位。まぁ早朝だから仕方がないか。
相も変わらずジョグで進み、鳥飼大橋を越えてグランドまで来た。
この辺で引き返さないと、出勤が間に合わない。
今度は追い風になり、時間も経ったせいですぐ暑くなる。
1キロ程戻っただけですでに汗まみれ。
そのまま毛馬まで戻ったが、少し時間があったので久々に股上げを・・・。でもこんな偶にやる程度では効果が無いのはハッキリしているなぁ。

  今日の距離 16.0キロ

2006/05/07

購入CD(5/7)

雨の日曜日で、どこへも出かける気にならず、そうかと言ってTVも大して面白いのをやっていない。
それじゃぁ、と近所のTUTAYAへ行き、ビデオを借りたついでに隣のBOOK&CDショップで購入。
買ったのはまたまたジョン・コルトレーンの傑作「ソウルトレーン」と同じくエラの名盤「オペラハウスのエラ・フィッツジェラルド」
060507JAZZを聴く人にはいちいち説明する程の無い名盤だが、古い時代の録音をメインに聴いている為か、今のスピーカーはどうもボーカルが前に出て来ない。
タンノイの安物のせいかなぁ・・・。弦楽器や管楽器はとても良く響いてくれるので、クラシックの交響曲やバイオリンなどは全然問題ないが、ピアノは元気がなくなり籠もった様な音になる。ピアノ協奏曲を聴くと悲しい程弱いんだなぁこれが(^^;
ボリュームをかなり上げるとマシになるが、安普請のアパート故にそんな大音量で聴けないし、比較的録音が新しい事も救いになっているが、JAZZを聴く時はとても辛い思いをする事になる。
アナログテープからのデジタル処理だから限界があり、音量を上げても各楽器がハッキリしないし、当然ピアノのタッチも感じられないし、ボーカルは・・・・・とまるで三重苦状態。
JAZZ用に別のスピーカーを買う必要が有るかも・・・(--;)

朝ラン(5/6)&国際GP大阪

今朝は気分を変えて、大川から大阪城へ行く事にした。
早朝とは言えないが、この時間ならまだ大阪城もそれほどの人出も無いだろう。
一度天神橋まで行き、折り返して大阪城へ。それなりに観光客もいるが、まだまだストレス無しに走れる程度。
今年のGWは毎日天気も良いし、最高の連休だろう。大阪城の中をグルグルと走り、帰路につく。帰りの大川ではノルディックポールを手にしたF嬢に遭遇。家に着き午後からは長居競技場で行われる陸上国際GP大阪大会へ向かう。去年と同じくN氏からチケットを貰い早速競技場内へ。
ざっと見たところ、今年は去年よりずっと観客数が多い様子だ。
まず棒高跳びの前に陣取るが、場内はかなり風が回っている。結局ピットを第4コーナー付近に移動となった為、こちらも席を移動。
沢野選手はA標準の5m70を飛んだが、足が攣った様子で結果は2位に終わった。
060506しかし女子1,500mでは須磨学園の小林祐梨子選手がスタートから飛ばし、外国選手にくらいつく積極的なレースで、自己ベストを大幅に上回る日本新。5,000mでは男子・女子とも日本選手は積極さが見られず、特に男子は日本人同士の駆け引きのみに終始。
逆に、少し前まで世界に届かなかった短中距離や跳躍競技などで、素晴らしい記録が続出。
特に池田久美子の走り幅跳びは8m86と言う素晴らしい日本新跳躍。男子400mでも大学生になった金丸祐三選手が自己ベストで2位。その他のもA標準突破、B標準突破選手が続出。そしてだに100mではガトリンが9秒95と
目の前で初めて10秒を切るのを見る事が出来た。
この日は競技場内を風が強く舞い、決して好条件とは言えなかった様に見えたが、来年は大阪世界陸上があるせいなのか、興奮の1日となった。
夜は梅田へ出て飲み会。その後はカラオケへ。
余り飲み過ぎると明日の朝ランが無理になるぞ・・・と言う自制心さえ忘れて飲み過ぎてしまったが(^^;;

 今日の距離 20.0キロ

2006/05/05

今夜の安ワイン(5/5)

今日はランの方も休足。
仕事も休めたので、のんびりと早めに夕食。
当然今日もワインで、開けたのは[2004]ヴァン ド ペイ ドック ルージュ(ドメーヌ ロベール)\1,000
060505_1ラングドッグの自然農法ワインと言う事で、カベルネソービニョンとメルロー、サンソーのブレンド。
香りは少し弱めで色も割と明るめのルージュ。飲むと軽い酸味に柔らかなタンニン。口の中でさわやかに果実感が広がるが、長続きしない。中重口でごく普段使いとして飲むには全然オーケーだけど、逆に個性もないと言える。
優しいワインだけに、ビールみたいに日常的に飲むならばこれでも良いんだけど、安ワインと言え、少し楽しみにして1本を開けると言う立場としては少し何か物足りないと思うのも事実。

  73点

今夜の安ワイン(5/4)

仕事もそこそこ終わり、今日も夜はワイン。いやぁ、例え休めなくても、連休ってのは何となく気分がいいですな(^^;
でもって、開けたのが[1999]カベルネソーヴィニヨン・レゼルヴァ(グリモウ)\1,600
060505スペインのグリモウ社のワイン。と言っても初めて飲む造り手。香りは樽香の中に軽くつーんと来る弱めの酸性と言った雰囲気。
色も赤みが強く感じられるが、綺麗で特に可もなく不可もなく。飲むとやはりプラムを感じさせる少し強めの酸味。なかなか良好だけど、甘さは殆ど感じられないし、タンニンもこなれているのに99年という熟成感は余り無い。980円ワインでもこう言うのは有るし、少し残念。
フルボディという割には、重量感に乏しく、ボルドー辺りのカベルネソーヴィニヨンに比べて明らかに弱めでは有ります。

 75点

2006/05/04

朝ラン(5/4)

さて、今日も仕事だが、早めに起きて少し長目を走ろう、と昨夜決心した効果があったのか、予定通り起きる事が出来た。とは言っても、出勤は遅めでも良いので、走るスピードはあくまでものんびり。
少し曇り気味だが、予報は快晴マーク。
淀川へ出て軽い向かい風の中、上流へ。
他のランナーはそろそろ半袖Tシャツや半パン姿も多くなってきたが、早朝は少し肌寒いので、相変わらずロングタイツに長袖スリーブで走る。
向かい風の中ではこれが丁度良い位かな。もっともジョグだからと言う事もあって、これがペース走なんかだったら暑いだろう。
淀川新橋まで来て、もう少し先へ行こうと思ったが、さすがに空腹が辛くなって来た。明日もあるし今朝はこの辺で・・・。
折り返したら追い風になると思ったのに、何故か今度は下流から風が来る。気温が上がるにつれ、風向きも変わるんだろうか?
結局、今日は2時間半の間ずっと向かい風で走る事になった。

今日の距離 24.0キロ

2006/05/03

今夜の安ワイン(5/3)

出勤日に家で夕食は久しぶり。
もちろん、休日出勤だから早めに帰れる事も有るんだが。
開けたワインは、[2003]パンゴリン・シラーズ(南ア) \850と、ずばり安ワインそのもの。
060504それにしても、このワイン、造り手の名がどこを見ても書いてない。ひょっとしたらパンゴリンがそのワイナリー名なのか?ラベルの裏には、何年も熟成させているとか色々書いてあるが、そんなに手間を掛けているんだろうか?
コルクはこの値段なら当然と言うか、或いは産地のお陰なのか、ゴムの様な樹脂で作った、愛想のないモノ。この種のコルクは抜栓するのに大抵固いんだが、これは簡単に抜く事が出来た。
もちろん、味には殆ど関係ないんだけど。
注いだ色はシラーらしい黒目のワイン色。
香りはかなり弱めで、少し意欲をそがれる感じ。グラスを回しても香りが余り上ってこない。こう言うのは少々寂しいかな。
気を取り直して口に含むと、あらら意外に美味しいんじゃないの?。タンニンも穏やかで、シラーらしくないスッキリした飲み口。だからと言って全然軽口じゃなく、むしろ中重口と言ったところ。
但し、ラベルの裏に書いてあった、ブラックベリーやプルーンなどの甘さは殆ど感じられないのが残念というか、単なる宣伝文句と言うか。
おまけに、飲み進めている内に少し舌に残る様になったりして。
でも850円なら、それも許せるのかな?

  72点

朝ラン(5/3)

GWの休みでも、こちらは出勤。
と言っても、まだ業爆状態になっている訳じゃないが、GW明けからそうなる事が確実なので、少しでも先にやっておこうと言う殊勝な心掛け>σ(^^;
通常の平日と同じ早朝ラン・・・の積もりだったけど、やはりGWのせいで気は抜けており、目が覚めたらすっかり日は昇っていた(^^;
おまけに完全な快晴でまさに休日日和(/_;)
そんな事恨んでも仕方がないので、さっさと表へ出て淀川へ。
まだまだ人は少ないけど、こんな天気なら午後からの河原は大騒ぎになるだろうなぁ。
そんな事考えながら軽くジョグのみで終わった。
明日はもっと早く起きて、長い距離を走らなくては。

今日の距離 10.0キロ

2006/05/01

GMO

何年前だったか「龍の契り」で鮮烈なデビューをした服部真澄の作品だが、このGMOも正直言って衝撃的な内容と言っても良いだろう。
Book060501GMOの意味は本を読み出してから知ったが(^^; 遺伝子組み換え作物の事らしい。当然、本の内容は遺伝子組み換え技術の問題をテーマにして繰り広げられる。最初はワインの話から展開されたので、興味深く読み進めていったが、途中からそんな事より、この遺伝子組み換え技術がビジネスとして悪用されだしたら・・・と背筋が凍る思いもするほどだった。
服部真澄は、デビュー作で香港の領有権と返還ビジネス。「鷲の驕り」ではアメリカに於けるサブマリン特許などの日本の会社(シャープがモデル?)の特許ビジネス。そして「ディールメーカー」では多分ディズニーとMS社を想像させる版権ビジネス、と世界を舞台にしかも単なるビジネス小説ではなく、社会に問題提起した内容を書いている。
Book060501b
スケールも大きく、完全に自分の世界を持った作家だと思うが、同時に先見の明もある。
5年程前にも、日本の外国領事館を舞台にギャンブルが行われ、そして公認賭博で日本版ラスベガスを政治家が絡んで合法化を狙うと言う内容の「バカラ」と言う作品を出したが、本当に1~2年前東京の新興国領事館で賭博が行われていた事が新聞沙汰になったし、公認カジノを作ると言う話しは最近になって都知事や、与党の一部議員からも出ているし、何度もニュースになっている。
果たして彼女が以前からそれを知った上での執筆なのかどうかは知らないが、本を読んでから驚いたモノだ。

この「GMO」はすでに一般化している遺伝子組み換え作物のビジネスをもっとニ段も三段も掘り下げた内容で、本当にこんな事が起こったら、一つの会社が世界中を支配する事さえ可能に思えるほど。
日本の食物自給率なんて30%そこそこなんだから、やられたら一溜まりもない筈。
正直、政治家、、いや目先の自分の利権しか頭にない政治屋連中に読ませてやりたいと思う。

今夜の安ワイン(4/30)

走った後はワインと言う訳ではないが、昨夜の美味しかった余韻を・・・と今夜開けたのは[2004]ボデガ リュルトン カベルネソーヴィニヨン \1,200 今までは余り飲んだ事無かったが、アルゼンチンのワイン。チリワインは昔から有るのでよく飲んだけど、余り変わらないのかな?
060430香りは薄い方で、やはり2004年では仕方がないのかも、と思うが、グラスに注いだ色は黒が強めのワイン色で、意外にどっしりした味を想像する。早速期待を込めて飲んでみると想像通り好きなフルボディ・・とはいかず、おとなしめでまだタンニンもザラっとしたよく言えば若さ溢れる・・・・・早い話、熟成にはまだ少し遠かったごく普通のワイン。ま、当然と言えば当然。それでも1,000円少々とすれば文句を言う程でもないし、晩酌で飲む分にはそれほどの不満はありませぬ。
もちろん美味しいに越した事はないけど、安ワインを飲む限り2勝3敗程度なら上出来なので、今夜は引き分けという所か。

 72点

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »