Jog-note

  • Jog-note
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006/07/31

朝ラン(7/31)

日曜日が思う様に走れなかった分、今日は頑張らねば・・・と、夜もワインを飲んだらすぐに就寝し、今朝に備える(^^; 予定通り早く目が覚め、通勤ランではなく久々の早朝ラン。表へ出るとさすがに涼しい。通勤ランの時間とは大違いで、やはり早朝の方が走りやすいなぁ・・とは言っても、今の状況では当分無理だが。
曇がしっかり空を覆い、太陽も見えないので淀川へ向かう。
朝の空気を吸いながら気持ちよく走り出す。何だか最初から体が軽いぞ・・と思ったけど、これはリュックを担いでないのと気温のお陰だろう。実際は10日目で中1日しか休んでないので、足が重いまま。
それでも気分良く走り、時間もまだ余裕があるので鳥飼大橋まですんなりと・・・・・と思ったが、いつもと時間が違う為か、大問題発生(--;) 仕方なく近くのトイレに入る。
さて気分一新でもう一度ペースを、と走り出すがどうも先ほど出し残したのか??(^^; 再度大問題発生(/_;)
またまた少し先のトイレへ・・・。
これでようやくスッキリ(^◇^;) 後は良いペースでスイスイと鳥飼大橋往復で早朝ラン完了。
いやいや、早朝ランで大2回は初めてのような気がするぞ。(^^;

 今日の距離 15.0キロ

今夜の安ワイン(7/30)

昨夜に引き続き、今夜も安ワイン・・・ってタイトルが安ワインなんだから当然だけど。
で、開けたのは[2003]トートワーズクリーク・プレミアム ルージュ(ラングドッグ)\1,650
060730何でも、購入先のカーヴドリラックスが委託生産したワインと言う事。グルナッシュ80%、シラーが20%で、色は濃いめの赤褐色と言う感じだが、注ぐ時はしっとりして滑らかに縁を濡らしてゆく。しかし香りは、細やかさが感じられるが、おとなしめで、これはまだ若いせいなのか。そして味もその性格を踏襲したかの様に、芳醇さは有る物の、余韻も少なめで少し物足りない感じ。美味しい部類だけど、果実もそれほど感じられず、個性が弱いというか、その辺りで損をしている様に思える。

 78点

2006/07/30

朝ラン(7/30)

日曜日だが、今日も重役出勤を心掛け?早めに走ろうと思っていたが、目が覚めたらすでに日は高く・・・。
慌てて起き出し、準備をしてさぁ出発。
20kmほど走ろうと思っていたが、外へ出るとすでに強烈な熱波が・・・(^^; それでも何とか頑張るぞ!と大川へスタートを切ったモノの、とにかく暑い。やはり朝遅いのはダメだなぁ・・・(/_;)
何とか天神橋まで来たがすでに足も重く感じる。
確かにこの一週間は1日休んだだけなので、疲れも溜まっているんだろうが、これでは少し情けない。
気を取り直して復路へ向かい大阪城へ行こうと思うが、脳からの信号が帰路方向の淀川へ・・と命令する(--;)
この時点ですでに気力もなくし、フラフラと淀川へ着いたが、これで帰るには余りにも距離が少なすぎる。
せめて二桁は走らないと、、と今度は炎天下となった河川敷を走り、何とか2キロをプラス。
しかし今日はこれが限界(--;)
やはり朝遅いと暑くて走れないなぁ。

 今日の距離 11.0キロ

2006/07/29

朝ラン(7/29)

ワインで二日酔いのせいではないが、今日は遅めの出勤にして、少しでも長い距離をと、晴天を見上げ迷わず大川へ(^^;
8時を過ぎると一気に暑くなる様で、ムゥ~っとした空気の中走り出す。どう行こうかと距離を考えながら取りあえず天神橋へ向けて走り、折り返してから2週間ぶりに大阪城へ行こう、と決める。
もう暑さで嫌になるが、天神橋でUターン。ここまで4.5キロしかないのにすでに2度の給水。そして頭までボォ~っとしているのか、大阪城へ行く道をそのまま過ぎてしまい、ハッと気が付いたらすでに500m程行き過ぎている。
慌てて再度Uターンして走り出すと、前から走ってきたM氏と遭遇。M氏と大川で遭遇するのは久しぶりだが去年の夏以来か?顔を合わせるなりお互いに「暑いよぉ~」「暑いねぇ~」(^^;
走りながら少し話をして、こちらは再度大阪城へ向かう。
公園にはいると何やら揃いのジャンパーを着たスタッフらしき人達がウロウロと。太陽の広場ではテントが沢山張ってあり、「オーサカキング」と言う催し物の準備だった。
そう言えば去年も毎日放送の主催だったかでやっていたなぁ。
軽く上っていく外周道路を走り、大手門から天守閣広場へ。ここでも「オーサカキング」のテントが一杯。
中には大きな水槽を準備して、冷凍トラックも来ていたから、多分お笑い芸人達がクイズか何かやって冷たい水槽に飛び込まされるんだろう。まぁ、これだけ暑いと罰ゲームどころか嬉しいゲームかも知れないけど(^^;

5キロコースを終わって噴水まで戻って来ると、暑さと空腹で気分も悪くなってきた。どうも無事このまま帰れそうにないので、駅前のコンビニでゼリーを購入。これで少し生き返り何とか帰路に。
家に着き、玄関に入った途端へたり込んでしまった(^^; こんなので今から仕事に行けるのか??
やはり暑い中、殆ど食べずに長距離は走るモンじゃない。

 今日の距離 20キロ

今夜の安ワイン(7/28)

相も変わらず夜中に帰り、軽く一杯飲んで寝る所だが、少しは仕事の先が見えてきた事も有って夜中からワインを飲む事にした。
開けたのは[1999]シャトー・ヴァニエール・ルージュ(コートドプロヴァンス)\2,343
060723サッと飲むつもりで抜栓。香りは少し弱めで大人しい感じがする。色は少し濃いめのガーネットと言った好ましい色合い。グラスを揺らせてもう一度香りを嗅ぐと、木の根と土の混ざった複雑な雰囲気。
一口飲むと充分な熟成度で、タンニンもまろやか。少し広がりに欠けるが、急いで飲んでるせいだろう(^^;
もっとゆっくり味わうべきなんだが、今のところなかなかそうも行かない・・・ってそれなら飲むなよ>σ(^^;
1本、筋が通った様なしっかりした味わいで、サッと飲むには勿体ないほど。出来れば半分にして明日飲んだ方がきっと良いだろうなぁ・・・と思いながら、酒飲みの習性でついつい1本開けてしまうのであった(--;)

 83点

2006/07/28

朝ラン(7/28)

今朝から絶対に梅雨は明けているぞ・・・と言う感じの晴天と暑さで、蝉もすごい勢いで鳴いている。
早く宣言しないと又去年みたいになるのでは?と、気象庁を心配してみたりしながら表へ出る。
それにしても今日淀川を走るのは自殺行為か・・んな事はないけど、少し心配で木陰の多い大川遊歩道へ避難。ここなら風は遮られる物の、朝の内は殆どが木陰になるし、多少とも涼しく感じる。
一気に天神橋まで走りUターン。そのまま会社に向かうが、途中で忘れ物をした事を思い出し、再度家に寄る事になった(^^;
そして淀川へ出た途端に太陽が照りつける。向かい風になるので少しは楽だが、ここを空腹状態で1時間以上走る勇気はないぞ。
3度目の給水をして河川敷を走るが、堤防を降りるJRの鉄橋までが今朝はやたら遠く感じる。
それでも何とか走って堤防を降りたら、建物の日陰になりホッと一息。昨日より一段とびしょ濡れになった感じで走り、例の如くコンビニへ。なんかコンビニ内の床を汗で汚してしまった様な(^^;

  今日の距離 13.0キロ

2006/07/27

朝ラン(7/27)

昨日はラン休養日にしたが、日中は猛烈に暑くなり、35℃近くなったんじゃないか?と思う程の暑さ。
今朝もきっと暑いだろうなぁ・・と覚悟して淀川へ出ると、幸いに雲が多く日射しが無かったので、一安心。
とは言うモノの、気温はそれなりに高いので、いざ走り出したらやはり蒸し暑く感じ、汗もすぐに出てくる。こう言う時は早朝ランが楽だなぁ・・と思うけど、昨夜も寝たのが午前1時過ぎてたし、まだまだ当分は通勤ランで我慢するしかない。
それにしても暑い。リュックが背中にくっつくので余計に暑く感じる。空腹のせいか身体もだるく、3キロ程はペースが上がらなかったが、それでも少しずつ慣れてきて、折り返す頃にはいつものペース。
北海道までもう1ヶ月もないし、何とかして距離走をこなしたいが、休日がないのではそれもままならない。多分完走がやっとと言う感じになるんだろうなぁ。なんか仕事の状態は去年よりひどいし、完走でも万々歳と言う気持ちになってきた(--;)
そんな事を考えながら河川敷を終わり、コンビニに寄って朝食を購入。しかしそろそろサンドイッチも飽きてきたなぁ(^^; 何か別のメニューを考えなくては・・・。

 今日の距離 12.0キロ

と、これを書き込んでBlogを見ると、サイドに貼り付けてあったJog-Noteが消えている。
あれれ?と他の人のBlogを確認すると、同様に消えているので、これはきっとJog-noteの方がこけたんだろう。

2006/07/25

朝ラン(7/25)

珍しく4日間連続のラン。
いつもは3日続いたら、休養の為1日空けるが、今月は走らない日が多かったので、最低ノルマ距離を稼がなければ・・・、と通勤ラン。
幸い、雨もやんで涼しい朝。湿度もそれほど高く無さそうで、走り出すなり風が気持ちが良い程。しかしそれもあっと言う間ですぐに汗が噴き出す。
淀川河川敷を上流へ3キロ近く行った所で、堤防の上を走るランナーのフォームに見覚えが・・・。と言っても遠いので顔は全く分からないが、あれは多分U嬢では?と思ったけど自信がないので、チラチラと顔を向ける程度にしていたら向こうも怪しい男に見られているのが分かったのか(^^; 何となく目が合った(様な気がした)ので、思わず手を挙げると向こうも同じく手を・・・・(^^; 良く分からなかったけど、U嬢だった事にしておこう。(爆) でも今日は火曜日だし違うのかなぁ。(いつもは水曜日に出会う) 
豊里大橋を渡ってUターンすると、今度は向かい風で気持ちがよい。昨夜は忙しくてインスタントラーメンだけだったし、今朝も食べてないので身体に力が入らないが、何とか会社近くのコンビニに到着。例によって汗を噴き出しながら朝食を買い込んで、今朝の通勤ランは無事終了。そろそろ明日は休養日か?

 今日の距離 12.0キロ

2006/07/24

朝ラン(7/24)

この所、7月も終わりだというのに毎日が梅雨空。
今朝も地面は濡れていて、空はどんより雲がかかり、今にも降り出しそうな感じ。
但し、その分気温は低くて、夏日に比べれば多少はマシ。と言っても動けば汗が噴き出す程度だが。
今月はプチ故障などもあって長い距離をこなす事が出来ず、残りは1週間だというのに月間200kmさえ危ない状態。
これはヤバイ、、と今朝も通勤ラン。
最近はこのパターンに慣れてしまい、偶に早朝ランが出来る時間に目が覚めてもまた眠ってしまう。果たしてこんな状態でも通勤ランは良い事なのか??(^^;

そう言えば忙しくてすっかり忘れていたが、今日から天神祭だった。とても見に行ける時間に仕事は終わらないが、せめて朝の神事には出会うかも知れない・・・と、今朝は大川へ向かう。
残念ながら鉾流しには出会えなかったが、川沿いには船渡御用の船が沢山係留されている。
それを見ながら走っていると、ポツポツと雨が降ってきた。あらら、今日の予報は晴に向かうんじゃなかったのか??
取りあえずリュックの荷物をビニール袋に移し、帽子も被って走るが、少しずつ雨は強く・・・・(--;)
その後は降ったりやんだりの雨模様。走っていると余り感じないが、水溜まりを見ると結構強く降っている。
まぁ夏の雨だから殆ど気にならないが、シャツは身体に貼り付いてくるので少々走りにくい。

河川敷を終わって市街地を走ると、廻りは傘を差しているがこちらはびしょ濡れで走る姿。奇異の目で見られている様な気がするが、こちらは目が合わない様にひたすら下を向いて走って警官に職質される事もなく、無事会社に到着(笑)

 今日の距離 12.0キロ

今夜の安ワイン(7/23)

今日が土用の日だっけ?
新聞に入るチラシ広告にはやたらと鰻が目に付いたけど、以前読んだ本で、土用は立春・立夏・立秋・立冬の4回と書いてあった記憶がある。とは言っても、春や冬に鰻食べると言うのもなんかあれだし、やはり立秋が一番かな。すると8月7日になるんだけど、一体いつが正解なんだ?(^^;
しかし、昨日の昼食に鰻を食べたし、大体、仕事をしてたら夕食をまともに食べる時間に帰れる訳でも無し、、てな具合で残っていた蒸し餃子とグラタンという怪しげな組合せで遅い夕食に。
開けたワインは[2003]コート・デュ・ローヌ・ヴィラージュ(ドメーヌ・ガレヴァン)\1,680
060722前にローヌを飲んだのはいつだったか?殆ど記憶にないが仕事漬けの毎日で何だか頭がおかしくなりそう。きっとそんな以前ではない筈。2003年のローヌはお薦めと言う話を良く聞くが、このワインはさてどうだろう。
コルクを抜くと果実一杯の甘い香りがスゥ~ッと立ち上り、飲む前から嬉しくなってくる(^^;
グラスに注いで如何にもグルナッシュらしい黒みがかった赤紫を見る。軽く揺らせるとグラスにしっとり張り付き、コクの有る雰囲気。味はがっしりと力強くローヌそのもので、暑い中に飲むのは腰が引けそうだけど、こう言う時はバッチリとエアコンを掛けている(笑)。ほんとは余り好きじゃないので普段はスイッチ入れないんだけどね。
タンニンも充分に効いているが、渋みはまろやかに変化しており、ほんの少し舌に残る程度。1時間程で飲み割ってしまい、余り変化を楽しめなかったが、香り程甘みが感じられなかったのは少々残念と言った所。

 81点

2006/07/23

朝ラン(7/23)

残念ながら今日も出勤なので通勤ラン。しかし日曜日でも出勤ランというのか??(^^;
昨日のスロージョグで筋肉が刺激されたのか、又はキネシオテープが良かったのか、はたまたその後に塗ったアイスジェルの効果なのか、或いは昨夜のワインのお陰なのか??走る前にストレッチをするといつもの様な脹ら脛の奥に出るジ~ンとした痛みが無い。あれ?っと思ってもう一度思い切り伸ばすが、やはり出ない。
これはひょっとしたら完治したのか?いやいや、たった1日でこんなに良くなる筈はない。しかし痛みがないのは事実だし、取りあえず走ってみよう・・・と遅れてやってきた様などんよりした梅雨空の中、淀川を上流へ。
それでも少し怖いので、今朝もスロージョグ。
しかし、3~4キロ走っても違和感は出ない。やはり大丈夫なのかなぁ・・・。
今朝は湿度がかなり高いので汗の量が非常に多く、給水をしょっちゅうする様に心掛けながら走る。折返しの所でストップしてまたまた充分なストレッチ。
今のところ大丈夫。この調子なら後2~3日ジョグで様子を見ればOKかも。月半ばから余り走れなくなったので、月間200キロも危ないだったが、来週頑張れば大丈夫か(^^;

 今日の距離 12.0キロ

今夜の安ワイン(7/22)

深夜に仕事を終えて帰ったが、週末だし、せめてワイン位は飲みたいぞ。
ってな訳で、余り時間はないけど、一気飲みなら短時間で済ませられる・・・なんて事はしないけど、やはり飲みたいのでゴソゴソと出したワインは[2003]CH・ラローズ・トラントドン(オー・メドック)\10,000/5本=\2.000
060706何か、フィギュア金メダリスト、荒川選手の曲を思い浮かべそうな名前だ(^^;抜栓すると強い香り。まだまだ若いだけ有って、グラスに注いだ色も濃くしっかりした赤紫。こりゃ味もまだ渋みがこなれてないのかなぁ・・・と一口飲んでみると、そんな事はなく、木の根を感じさせる様などっしりとした甘さとタンニン。樹液の様な香りも有って、僅かに感じる苦みはそれほど苦にならない。
但し、もう少しこなれた方が美味しいのは確かで、まだ熟成と言う所までは行かないが。このクラスなら丁度飲み頃なのかも。
2003年のボルドーは良かったと言われているが、その片鱗は充分に有りそう。

  80点。

2006/07/22

朝ラン(7/22)

と言っても、早朝ランでも通勤ランでもなく、午前中に大阪城公園で有ったランニング教室に参加。
まだ脹ら脛の調子が思わしくないので、ラン&ウォークののんびり組を選択。
スローLSD程度の速さで周回コースを走る。キネシオテープを貼ってみたものの、着地の時に軽く違和感があり、少し怖いがこのスピードなら取りあえず大丈夫みたい。それでもだんだんと張ってくる様な感じなので、時々立ち止まってストレッチをする。
2周目にS嬢と伴走のE嬢に遭遇。大阪城で出会ったのは初めての筈。いつもは会場までの往復とも走るのだが、安全の為に今日は自転車で・・・。そして帰路には公園で大きなお腹の(^^;F嬢に出会う。いつものノルディックポールでのウォーキング。家からなら15キロ位は歩いていると思うが、もうすぐ出産の予定なのに大丈夫なのか?(^^;それにしても、これだけ体力保持をしていたら、出産後のレースはきっと自己ベストに違いないぞぉ(^O^;
別れてから家に帰るのではなく、そのまま自転車で出勤である(--;)
そして、少し落ち着いた所でこの記事を作成中(爆)

 今日の距離 7.0キロ

2006/07/18

朝ラン(7/18)

普通の業爆になった筈なのに、以前と殆ど変わらない毎日。
結局、3連休も毎日仕事だったし、違うのは帰る時間が1時間程早くなっただけだが、平日は以前と殆ど変わらない(--;)
猛暑の土曜日に痙攣気味になって痛めた脹ら脛もほぼ良くなったので、今朝は久しぶりに通勤ではない朝ラン。
小雨のせいもあり、淀川は人影も殆ど見当たらず、とても静かな早朝。
ゆっくりとジョグで行くが、全くランナーに出会わない。
雨の強い時は出会わないが、この程度の小雨でかつ夏なのにほんと不思議な感じがする。
少しずつ調子が出て来て、少しスピードを上げ、そのまま一気に鳥飼大橋を越えるが、ここまでに出会ったランナーは僅かに一人。Uターンして帰路に向かうがここで突然一昨日痛めた脹ら脛が痛み出した。
思わず立ち止まり、ストレッチをするが良くならない。仕方がないのでゆっくり歩いてみるがこれなら余り痛まない。しかし残りはまだ7キロ以上もあるので、歩いて帰ったら仕事に間に合わない。う~ん困った(--;)
仕方なくそろそろとジョグで進むが、痛みは引かない。それでも我慢しながら走っていると、良くなったのか或いは麻痺したのか(^^; 痛みに慣れてきた様な感じ。
結局、何度か歩いたり立ち止まったりしながら、やっとの思いで帰ってきた。
その後、シャワーを浴びて普通に歩くと、かなり痛い(/_;)
取りあえず湿布はしたモノの、さて明日はどうなる事やら。
あぁ~、久しぶりの早朝ランがこれだもんなぁ。

 今日の距離 16.0キロ

2006/07/15

朝ラン(7/15)

この数日、メチャメチャ暑い(--;)
何か、梅雨が来ずに一気に夏が来たと言う感じで、心構えが出来てなかっただけに少々辛いぞ(^^;
今朝も暑さで目が覚める。お陰で走る時間が沢山作れるのだが、同時に睡眠不足も溜まるという感じで、さてこれは喜んでいい事なのか?
でも、今日もリュック担いでの通勤ラン。
淀川へ出て上流を目指すが、晴天のせいで猛烈に暑い。身体も暑さで疲れが溜まっているのか、全身だるくて全然スピードが上がらない。こんな時はすっぱり諦めてぐいっとビールを・・・・ではなくてLSDにしよう。
スピードを落としゆっくり走る・・が、如何にゆっくり走っても気温が下がる訳でもなし、やはり暑い(/_;)
5キロ程行った所でもう限界(^^; さっさとUターンして大川へ逃げ込む事にした。何とか毛馬まで帰ってきてここから大川へ。毛馬橋を越すとまもなく殆どが木陰になって少しは楽に走れる。
それでも淀川の10キロですでに力を使い果たしたのか(^^; 全然元気が出ない。京阪電鉄まで来てここでダウン。折り返してすこし歩きが入る。塩分が不足してきたのか脹ら脛も少し痙攣気味。ここでスポドリを買ってジョグ再開。スピードは極端に落ち前に進むのが精一杯だし、おまけにリュックが背中に貼り付き、熱っぽく感じる程。
それでも何とか再度淀川まで出てここからいつものコースを梅田へ向かう。
それにしても、この暑さ、今日の通勤ランは身体に悪いかも(^^;

 今日の距離 20.0キロ

今夜の安ワイン(7/14)

こんな暑い夜に飲むのは、白の方が合ってるのかも知れないけど、あいにく白は在庫が無い・・と言うか殆ど買わないので元々無いんだけど。だからと言って如何に忙しくても週末位はワインを飲まないと。
と言う具合で、殆ど時間のない中、強引に一気飲み(違)したのは[2004]ボデガ リュルトン レッド800。
060705以前、カーヴ・ド・リラックスで買った内の1本で、アルゼンチンのワイン。と言ってもアルゼンチンのワインって全く知識がないけど、サンジョベーゼ種60%、ボナルダ種20%、マルベック種20%と書いてある。
それにしても、このラベルどう見てもそんな名前じゃないよなぁ。。と、安旨大魔王様の解説を読むと「ティエラ・デル・フエゴ」がボトルの名前で、地の果てと言われる南端の島なんだとか。先日知り合いが仕事でアルジェリアに行ったけど、古い歌に「♪♪ここ~は地の果てアルジェリア」なんて言う歌詞があったっけ。でもアルゼンチンはとても「地の果て」と言うイメージはないなぁ。
ってそんな事どうでもいいんだけど、今夜もかなり若いワイン。抜栓するとやはり熟成されたワインには無い強い香りで、思わずボトルの口に鼻を付けてしまう程。但し、色はそれほど濃い訳でもなく、この辺りはサンジョベーゼが多い為か?さすがにまだこなれが少ない様で、少しガシガシとした舌触りだが、不愉快さは全然無くむしろ好ましい共言える程の感覚。少し甘めの果実味が複雑にそして強くほとばしり、果たして後数年後の熟成時に飲む方がよいのか、今現在の荒々しさの時に飲むのがよいのか、結構悩んでしまう。
さすがに何杯も飲んでいると、多少あくの強さも気になるけど、最初の2~3杯程はとっても美味しいワイン。
世の中には安くて美味しい物は沢山有るけど、やはり生産原価の違いなのか、フランスとアルゼンチンではコストも比較にならないのだろう、僅か800円(税込)で、これが飲めれば文句はありません、ハイ。

 80点

2006/07/14

朝ラン(7/14)

昨日は寝過ごしたが、その分睡眠が普段より1時間多く、スッキリ目覚め・・いやいや本当は暑くて目が覚めたんだけど、その分走れる時間が増えたので結果オーライ。
表へ出ると暑い。太陽もすっかり出ているので、思いっ切り暑い。しかも晴天で余計に暑い(/_;)
淀川河川敷を走り出すと、風が下流からの追い風なので、あっと言う間に汗が噴き出す。
そのまま我慢しながら折返しの時に近くの水道でかなりの給水。
今度は向かい風で、少しは涼しく感じとても有り難い・・・・と思ったのもつかの間ですぐにさっき飲んだ水が汗となって噴き出す。
もう汗でびしょ濡れ状態(^^;
汗が足にもしたたり落ちて来て、ソックスはとっくに濡れだし、シューズも徐々に湿ってくる。
河川敷を降りて街へはいると風が無くなり、今までの倍近い感じで汗が流れる。
まぁ夏は毎年こんな感じになるんだが、最後はシューズもすっかり濡れてしまった。

今日の距離 12.0キロ

ところで、昨夜家に帰ったら、北海道マラソンの出場承認証が届いていた。
そして中に入っていたパンフの写真を見ると、しっかり新潟のT氏が真ん中でしっかり写っている。
他にも知った顔がチラホラと。
なるほど、この辺りを走ると写るのかな??(^^;

2006/07/13

朝ラン(7/13)

2日間にわたるココログメンテナンス。
直前は全く書き込みも出来ない状態の重さだったけど、この時間なら結構軽くなったみたいだし、この調子で推移して欲しいモンだけど、どうなる事やら。
んで、昨日は東京へ日帰り出張のため、当然走れず。早朝乗って帰りは殆ど最終。おまけに緊急連絡が有って家に帰らずそのまま夜中から仕事(/_;)
さすがに今朝は目が覚めたらすっかり遅くなって、短い距離しか走れなかった。
時間もないので淀川をほんの少し上流へ行き、慌ててUターン。河川敷を終わって人目も全く無視してひたすら事務所に向かうのみ。
あぁ~、北海道はすでに完走目標だけで、記録は完全に諦め状態である。

  今日の距離 6.0キロ

2006/07/09

朝ラン(7/9)

今朝も遅れ気味ながら普通の朝ラン。
昨日と同じく、非常に蒸し暑い。いよいよ本格的に夏日が続く様になったのか。
雲が多く、日射しも殆ど無いので風のある淀川へ向かうが、何だか身体がだるい様な思い様な。
少し気分的に落ち着いたので、身体も楽になったと思ったが、そう簡単には回復しないのかな?
走る前にバナナをしっかり食べたのに、走る前からエネルギーが不足している様な感覚。これではとても長距離は走れないかも。
取りあえずスタートするが2キロ程走っても疲れが抜けない感じで、どうもこれではまずい。単に暑いせいかと思ったが、どうもそれだけではない様にも思える。
鳥飼大橋を越えて先まで行くが、思う様に動いてくれない。こう言う時は無理しない方が良いだろう。走り終わったら今日も出勤だし(/_;)
それでも最後の2キロは何とかスピードを上げる様に、キロ4分台まで戻しながら今日は終わり。
あぁぁ~、こんな事では先が思いやられるなぁ。

 今日の距離 16.0キロ

今夜の安ワイン(7/8)

やっと週末にワインを飲める余裕が少しだけ出来る様になった。
土曜出勤とは言え、気持ちだけでも早く帰宅する様に努力。
今夜開けたのは[2003]シャトー・クロ・ラ・シャペル(AOCコート・ド・カスティヨン)\1,140
060703この所、古めのヴィンテージが続いていたが、これは今まさに熟成開始と言った所か・・・とは言っても、すでに3年経過してるんだけど。
グラスで見る色はさすがに濃縮された感じで、黒に近いと言っても良い程の非常に濃い赤紫。透かせてもそれは変わらず、エッジも粘つく様な感じでねっとりとしている。
一口含むと、昨夜のとは全く別物の力強さで如何にも「ワタクシ生まれも育ちもボルドーです、、」って自己紹介している。
渋みは少なめだけど、まだまだタンニンもこなれてないし、果実味も濃すぎて全体に何か良く分からない。
とは言え、固い感じは余りく、柔らかく凝縮されたワインで、これはメルロー90%と言うお陰か。
ポテンシャルは充分で、後2~3年経てばもっと美味しく頂けるんだろうなぁ。

 80点

2006/07/08

朝ラン(7/8)

今朝は久しぶりにまともな朝ラン。
と言いながら、今日も出勤なのだが、それだけ余裕を持って朝早く起きたという事。
疲れが溜まっているからと、ぐっすり寝た日が2日続いたので、少しは元気になったのか?それとも老齢化で睡眠が浅くなったのか?(^^;
しかし暑い。雨が降る様な予報だったのに晴れ間が見えて、日射しも結構強そう。
表へ出ると予想通り気温が高く、しかも蒸し暑い。うぅ~、、これは炎天下より木陰を選ぼう・・とこの2週間続いた淀川を止めて大川から大阪城へ。大川は風が遮られるので暑く感じるが、木陰が多いので、身体は楽だ。大阪城へ入って例の如く5.5キロコースへ。そう言えばまだ京橋口は閉まっているのか?花彩祭りが終わってすでに1ヶ月以上が経つんだから、もういい加減に開けて貰わねば。もし今日も閉まっている様なら市長に抗議の手紙でも出してやろうか!!なんて思いながら梅林の坂まで来ると、やはり車止めがしっかり。くそぉ~、、これは何としても投書をするぞ!!と怒りの鉄拳の振り上げながら急坂を下ると・・・・・・・・開いていた(^O^; と言うかすでに柵は跡形もない。当然京橋口へはそのまま行ける。この場合、振り上げた鉄拳をどうしたモノか??仕方なく頭をポリポリと掻く事で誤魔化し、お久しぶりの京橋口へ。
これでは5キロコースになるぞ、、とこのコースを2周。そろそろ空腹の限界だし、明日も走れるのでそろそろ帰り支度。最後の2キロはスピードを上げる積もりで走るが、ガス欠でそれどころではなかった(--;)

 今日の距離 20.0キロ

今夜の安ワイン(7/7)

相変わらず、、と言っても日が変わらない程度に帰宅後、久々にナイトスクープを見ながらワインを。
飲んだのは[1990]シャトー・ペイロー(コート・ド・カスティヨン) \2,000
060702以前、10,000円/5本セットを購入した内の1本。色は少し茶がかった赤レンガと言う風情。グラスに注ぐ時も何やらサラサラした感じで、少々風味が心配になるほど。それでも香りは少し強めの酸味でまだ大丈夫と思わせる。ボルドーにとっては90年も充分偉大なヴィンテージだしね。
そうは言っても、口に含むとやはり枯れた感じで、タンニンや濃厚さも殆ど感じられず、僅かな果実味と甘みが残る。
重量感が無いのは残念だが、16年経った今、そんな事をこのクラスに望むのは無理な話で、むしろよくここまで熟成してくれたと感謝すべきか(^^; 

  78点

2006/07/06

ウルトラ・ダラー

新潟出張の友として、駅へ行くついでに購入。
忙しくて、殆ど本も読んでなかったが、この小説はすでにベストセラーになっている。
060707著者はTVでの顔も記憶に新しい、手嶋龍一氏。そうあのNHK前ワシントン支局長で、9.11テロの時は毎晩この人を見ていた(笑)。ソフトなイメージで、少し顔を傾けそれほど流暢と言えない語り口の氏と、こんな迫力に富んだ凄い内容の本を比べてどうも似合わない感じがする。
しかし、政治部記者としてワシントン特派員時代を含めると15~6年間にわたり政治の中枢を見ただけ有って、帯に書いてあるいささか大げさな誉め言葉も不思議ではないし、正直中身はもっと凄い。
ウルトラダラーとはある種の偽札の言葉だが、それは本書を読んでのお楽しみ。
そしてウルトラダラーもそうだが、本書のテーマはもっと多岐にわたり、政治の裏側のもう一つ裏側をあぶり出し、これはきっと本当の事だとしか思えない内容に驚いてしまう。

ノンフィクションとするには余りにも影響が大きいので、小説と言う形式を借りたとしか思えない内容。
まさにこの本を読んでいる時に起こった、昨日の北朝鮮のミサイル発射事件だが、実はこれも本書の最も重要なテーマだったりする。
帰りの車中でやっと読み終わり、家で見たTVニュースに出てくるいわゆる評論家とか教授と言われる人達のミサイル問題に対してのコメントが如何に陳腐な意見に思えた事か。
結局、日本国内にいて色んな情報を仕入れるだけで生活している人達と、政治の中枢に入り込んで自分の身体で体験してきた人の違いだろう。
出てくる日本の官僚も、モデルが誰と想像が付く読者も多い筈。
登場人物が少々凄すぎるのは仕方がないけど、実際の所、こんな世界に凡人も居ないだろうし(^^;

車中、行きは夜行で8時間、帰りは上越新幹線→東海道新幹線の約4時間半を、ビールを飲んでぐっすり眠る予定が、酔った目でひたすら活字を追い掛ける時間になってしまったのは大きな誤算。
これで今朝の朝ラン予定はすっかり寝過ごしてしまう事になった(^^;

2006/07/04

朝ラン(7/4)

昨日は駅伝後の酩酊状態から目が覚めずに朝ラン脱落。
その分今朝はしっかり起きて・・・の積もりだったが、全然しっかりせずにごそごそ起床。結局通勤ランの時間になってしまい、慌ててリュックを準備してスタート。もうすっかり日も高く気温も上がっている。
余り気が付かなかったが、淀川を走る時間帯が今までより遅い為、結構通勤ランをする人達が多いのは新鮮。そして自転車、、いやバイクと言うべきか、例の結構派手目のウェアに身を包みリュックを担いで自転車通勤・・・・と言うのはちょっと可哀想か(^^; 遠くから通っているのでは?と思われるサイクリストも結構多い。
さすがにママチャリは殆ど見ないぞ。
背中に担いで走るのも少しは慣れたのか、当初よりザックが揺れなくなったような気がするし、着地も何となくスムーズになってきた様な、、って自分でそう思うだけだが。

さて明日は新潟出張。本来なら今日から行って宿泊する所だが、仕事もまだ残っている為そんな優雅な出張は出来ない。それにしても朝9時に新潟で・・なんて、夜行で行くしか方法は無いよぉ(/_;)

 今日の距離 13.0キロ

2006/07/03

大阪城七夕駅伝(7/2)

仕事も何とか片づく事になり、無事参加する事が出来た。
とてもローカルで手作りの大会だが、この数年は何故か大変な人気で、今年も200を遥かに越すチームが参戦。
距離は3.0kmコース×4区間と言う単純な内容だが、強豪チームも多いし、中には千葉県からのチームも(^^;
そして我がチームは、A・Bの2組で計8人の出走。
Aチームは第1走が最近まで強豪実業団W社で走っていたF嬢。2走は長い故障から復活して5,000mを16分半で走れる様になったN氏。
当然、先行逃げ切りで上位進出を狙うも、アンカーのσ(^^;でボコボコに抜かれまくる展開を予定(^^;
Bチームもサブスリーランナーを3人揃え、これまた上位を狙う・・・かも?
狭いコースで混乱を避ける為、今年から第1走は女性限定となったが、前列に並ぶランナーはそうそうたるメンバーが揃っている。
一斉スタート後、あっと言う間に先頭集団が折り返してくる。もちろんF嬢もその中に。
060702a
そして2度目の折返しから帰ってきて、第二走のN氏に襷渡し。
N氏も最後は前を行くR大の選手を捉えんばかりの激走。
第3走はR氏。
自分のペースで走って行き、いよいよアンカーのσ(^^;。
060702bさて、何人に抜かれる事やら・・・と恐る恐る走り出したが、この辺りになると結構ばらけていて、スタート直後の4~5人に抜かれたが、これはスピードが違いすぎる人達で仕方がない。その後は殆ど変わらない順位で推移し、2キロ辺りで同じ距離を保ちながら少し前を走っていた若いランナーをパス・・・・と思ったのも付かぬ間、Bチームのアンカーで高速ランナーのK氏に軽々とパスされる(^^;
う~んやっぱ速いのねぇ(^^;。
もう気持ちだけは必死で飛ばすが、どんどん離れていき、おまけに暑くて暑くて、え~~い・・・もぉぉぉ~!!と投げ出したい位(^^;
それでも何とか這々の体でゴール。
そして、ここでスタート時に時計を押してなかったのを思い出した(笑)
あらぁ~、さて何分で走ったんだろうか??
それにしても、僅か3キロでこんなに汗をかくとは。もう全身シャワーを浴びたような感じ。

終わった後は取りあえずビールで乾杯して失われた水分補給?
その後、梅田へ移動して例の如く飲み会・・・と言うか、この為に参加したようなモンだけど。
店では軽いアクシデントもあって、結果はとってもお得な事に(^^;
この数ヶ月はメチャな業爆が続き、仕事漬けの毎日だったが、久しぶりの飲み会ですっかり酩酊。
月曜日からは普通の業爆に戻れるし、これで少しはまともに走れるかも。

 今日の距離 6.0キロ

2006/07/02

今夜の安ワイン(7/1)

この数週間は超の付く業爆で、平日も週末も関係なしに帰宅が深夜を楽々過ぎた時間帯。
さすがにゆっくりワインを飲むなんて事も出来ず、悶々としていたが(笑)、いよいよ月曜日締め切りの3物件同時進行状態が佳境にかかり、そして今日はついに明かりが見えた(^O^)
その内1件は、余裕を持って今夜Mailを送って完了。
後2件は月曜日に直接持ち込む事になるが、明日少し手を入れれば大丈夫。
よっしゃーーーーーー!!!と言う事で早めに帰り・・・と言っても帰宅ランなので、結局午後11時前になったが、それでもいつもよりずっと早い(^^;
シャワーを浴びて早速ワインを開ける。
開けたのは[2000]シャトー・ベルヴュー(ACボルドーシューペリュール)と何だか長ったらしいけど。
0606172000年のボルドーは言うまでもなく、グレートビンテージ。もちろんこのクラスまでがどれほど違うのかは分からないけど、飲み頃としてはいい所だろう。
さて、久々に抜栓作業(^^; 残念ながら香りは弱め。色は結構しっかりしていかにもボルドーです、ってな雰囲気。
一口含むが少しやれた感じがする。まだ6年なんだけど、すでに10年経ったような感覚を受ける。
酸味は殆ど無く、タンニンもかなりこなれて、もう少し早かったほうが良かったのかな?
美味しくないと言うより、果実味が弱い為、全体にぼけた感じになっている。
しゃれたラベルで、結構期待したんだけど、久々に飲むせいか少々厳しくなったかも。
ごめんね<ベルヴュー

 73点

でもって、ワインを飲んで気が緩んだせいか、今朝は早く起きる事が出来ず、通勤ランはお休み(--;)

2006/07/01

朝ラン(7/1)

いよいよ真夏の7月に突入。
早々の週末だが、相変わらずの出勤で今朝も通勤ラン。確実に雨が降ると言う天気予報だったので、少し早めに起き、もうすっかり慣れた睡眠不足の頭を抱えてリュックの準備。持ち物全てをビニール袋に包み、リュックに突っ込みスタート。
ところが何故か雨は降ってない、、と言うか今にも降り出しそうだけど、空もグッと我慢しているのか?
まぁ朝は何とか持っても午後は確実に降るだろう・・・と走っているとパラパラと雨が(^^; しかし雨という程の降り方ではなく、お湿り程度の降り方でなんか中途半端な奴だなぁ~、、降るなら降るで、もっとハッキリせんかい!!(--;)
結局、雨は数分間続いただけでほんの少し風が冷たくなったかな。
鳥飼大橋の先を堤防に上がり、そこで折り返したら後は梅田を目指すのみ。
下流へ向かうと強い向かい風となり、暑くてびしょ濡れのTシャツが気持ちよく感じた。

 今日の距離 18.0キロ

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »