Jog-note

  • Jog-note
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006/08/31

朝ラン(8/31)

北海道が終わってから、足休めや昨日は東京出張で、やっと今朝から復帰。距離は短くても暑い中を走ったせいか、まだ何となく身体が重いが秋冬のシーズンに向けて今日から再スタート。残念ながらまだまだ業爆状態なので取りあえず通勤ランからの復帰。
それにしてもリュックを背負ってるからと言ってジョグの様なスピードばかりでは、いざ大会を走った時、道マラの様な状態になる事が分かったので、今後は少し早めのペースで走る通勤ランも考えないといけない。
幸い、暑い夏もそろそろ終わりになってきて、朝晩は涼しくなるだろう。帰路は車や人も多いし信号も有るので難しいが、朝は時々軽い刺激になる様なスピードも練習しなくてはだ。

 今日の距離 8.0キロ

2006/08/28

夏が終わった。

恒例の北海道マラソン、今年も無事参加する事が出来た。
去年も何故かこの時期、超業爆状態になってしまい、今年も仕事を持ち込んでの参加。
それでも、金曜日は殆ど寝ていなかったが、土曜日は仕事を終えてから7時間程睡眠を取る事が出来、一応体力も回復したつもり。
当日は予想気温が30.8度だったらしいが、雲一つ無い青空で12時10分スタート時はジリジリと焼ける様な暑さ。
今年は去年のリベンジさえ出来ればOKを目標にして、いつもならキロ4'50"~55”で行く所を、今回は5分15秒に設定。これなら30km辺りから落ち込んでも、無事中島公園にすべり込める筈。スタートも去年の混雑に懲りて少しずつ前に整列。これでゲートをくぐる時も殆ど渋滞に巻き込まれずベストのスタート。最初は登り気味のロードだが何せペースがゆっくりなので身体は凄く楽。まるでジョギングしている様な感覚で進み、最初の5キロはスタートロスを含め26'19"。次の10キロも26'02"と多少下り坂になるのを考慮してもほぼ設定ペース。これなら完走は楽勝だし、千葉ちゃんにも追いつけるかも?(違)。等と最高にお気楽で快調に走っていた足に異変が生じた時も殆ど焦らなかった。

18キロ付近で突然右の脹ら脛に軽い痙攣。あれれ?こんなに早くから塩分不足か?と持っていた塩まぶし梅を一つ口に放り込む。
まもなく回復したが、また同じ所が痙攣しだし、スピードを落として走っていると少しずつ治って来る・・・がぁ、今度はハムストリングスも急に痙攣が起こりだす。えぇぇ~、これはちょっとヤバイかも?こんな所が痙攣するのは初めての事で、対処の方法が分からない。そうこうする内にハーフ中間点を通過したが、1時間52分12秒。う~ん、余り余裕が無くなってきたが、それよりもう身体は完全に右に傾いて走っている感じで、その為か今度は左の脹ら脛、、そして同じく左足ハムストリングスにも痙攣が広がってきた。
どうしよう、、また去年の様に自らリタイアするのか?、しかし去年あれだけ後悔したんだから、それだけは絶対にしたくない。とにかくもう一つの塩まぶし梅干しを口に入れて何とか前に進もうとするが、痛みで思わず顔が歪んでくる。
仕方なく歩道に上がって少しでも前へと歩き、そして少し痛みが収まるとまた道路に出て走る。こんな事を繰り返して来たが痙攣は少しずつひどくなって来る。
一瞬、もうここまでかと考えたが、やはり去年の思い出が頭に浮かび、そしてこうなったら行ける所まで行ってやろう・・・と決め、足を引きずりながら転びそうな走り方で前へ前へ。去年のリタイア地点の23キロを横目に見ながら必死で進んでいったが痛みが治まる気配はなく、そうこうする内に後ろから監察車が追い越して行った。
そして監察車の前方には25キロ地点の関門がまさに閉鎖されようとしている。思わずスピードを上げようとしたが、そんな事が出来る筈も無く、悔しさと痛みで涙を流しながら進む事になってしまった。そしてやっとの思いで関門に到着。去年のリタイアも初めてだが、関門閉鎖に遭うのも初めてで、まさに初物づくしの道マラである(爆)。
前半の余裕さから考えてもまさかこんな事になるとは・・・・。せめてこの関門を通過していれば少しずつでも回復したかも知れないのに、、等と思ったりもしたが、でも自分から諦めなかったんだからこの結果は受け入れよう。これで道マラは2勝2敗。

今にして思えば、原因はハッキリしている。月間230km前後を続けてきたが、仕事の忙しさに追われて、10~15キロの距離を繰り返すばかりで、30km以上の長い距離を全く踏んでなかった事だ。当然、脚力の耐久性は無くなっている。その上大量の汗をかく事でこうなったんだろう。
暑さは全く言い訳にならないし、現実に沢山の人がゴールしている。すでに他のBlog等でも書かれているが、今年の完走率は52%だったとか。異様に低い数字でもその中に入れなかったのは残念だが、あんな状態でも最後まで前に進んだ事で気持ちは全然落ち込んでいない。仕事が落ち着く10月になれば、そして睡眠を充分取れば(^^;必ず復活出来る。

     TIME   LAP    AVE     
START 0:00'00" 00'06"  ロス
5km  0:26'09" 26'13" 05'14"
10km 0:52'21" 26'02" 05'12"
15km 1:18'33" 26'11" 05'14"
20km 1:46'09" 27'36" 05'31"
25km 2:22'43" 36'33" 07'18"関門閉鎖2時間20分

2006/08/25

明日は札幌・・・・

の筈だが、果たしてほんとに行けるんだろうか?(^^; 直前1週間は休養でのんびり走るはずが、超業爆状態で走るどころの騒ぎではなかった。
そして25日・・・(って今日じゃないか)締め切りの仕事がとても終わらず、何とか週明け28日に延ばして貰ったんだけど、結局道マラに仕事を持ち込む事になってしまった(;_;)
去年もそうだったなぁ・・・。忙しくて大会1週間前は殆ど寝られない状態で、やはり土曜日もホテルで遅くまで仕事して、その結果は体調不良でリタイア(/_;)。
その後は初めてバスストップを唄ったけど(爆)
今年も似た様なものと言うより、或いはもっとひどい状態かも(--;)
それより、去年と同じく毎晩日が変わってから家に帰る状態で、まだ何も準備してない。
だいたい、今日は帰れるのか?早朝帰って準備して出発なんて事にはしたくないよぉ~(^◇^;)

と、もうイライラして爆発しそうなので書いてみた(--;)

2006/08/21

今夜の安ワイン(8/20)

今日でちゃんと走るのは終わり。通勤ランも明日は休み。と言う事で、遅く帰っても日が充分変わっても今夜は飲めるぞ(^^;
でもって、今夜飲んだのは[2004]コート・ド・ローム レ・シェヴルフォイユ(ドメーヌ・ド・ラ・レメジャンヌ) \1,900
060819と、如何にもフランス風の、そしてまさに舌を噛みそうな名前の若いワイン。ラベルもお洒落で良い感じ。最近多いゴムの様な合成コルクを抜Kと、ほのかに甘い香りがするだけで、少し弱いかな・・と言う感じ。
色はローヌらしく濃いめで、意外な事に澱さえも出ているが、無濾過なのかな?最初の弱い香りから余り期待もせず一口飲むと、これがどうしてなかなか良い感じ。酸味が強めだがジャム様な甘さにコクも充分有り、果実感がたっぷり。少しガシガシするところも有るが、それはパワーと言う風に取っておくか?何れにしてもこれは充分にめっけもの。先週飲んだ2,500円ワインより、ずっと上です。後1~2年すればもっと美味しく飲めるのは間違いなし、、と言うポテンシャルぶり。

  85点

2006/08/20

朝ラン(8/20)

さて、来週末は何が何でも休まないとダメなので、今日まで我慢しての日曜出勤。
だが今朝は通勤ランを止めて頑張って起き、久しぶりの早朝ラン。やはり朝早いと涼しい・・とは言っても平日の早朝ランより遅めだが。
それでも陽はまだ曇りの様子だし、最後の調整・・でも無いけど一応カーボ抜きの為に走る。
大川へ行くが今朝はリュックを担いでいない為、さすがに背中も涼しい(^^; しかし身体の重さは相変わらずで、足も重いしこれはもう疲労がかなり溜まっている筈。やはりメリハリのない走り方を続けていると、こうなるのか。
大阪城へ抜けて、一応天守閣廻りのコースへ行く。この頃には結構暑くなってきて、最初は20km走る予定だったのに、すでに気弱になってくる(^^;
結局天守閣廻りも1周だけ。早々に大川へと戻り、身体もへばってきたので20kmも行かずあっさりとリタイア。
ハァ~、一体どうなる事やら(^^;

 今日の距離 17.0キロ

2006/08/19

朝ラン(8/19)

今朝も通勤ラン。
曇り日だったので、少しは涼しいかと思い、ゆっくりと家を出る。
ところが玄関を出て大川へ向かうと早くも陽が射して来た(--;)
それでもいつもの様な強い日射しではなく、雲の切れ目からと言う感じなので、気持ち的には少し楽。
いよいよ疲れが溜まっているのか、思いっ切り身体が重く感じるが、それでも何とかスタート。
途中、ペース走か或いはインターバル練習なのか、かなりのスピードで飛ばしてくるM氏に出会う。
こちらはのんびり走と言うか、それしか走れないんだが、ぼちぼちと天神橋へ向かいUターン。
復路でも先ほどよりもっと飛ばしている様子のM氏に再度遭遇。
そのまま淀川から上流へ行ってもう少し距離を伸ばそうかと思ったが、すでにそんな元気もなく、あっさり事務所の方向へ。余りに身体が重くて、短い坂を上った後、2度ほど立ち止まる始末。
明日も出勤なので、結局北海道マラソンまでは3ヶ月間休み無しと言う事になってしまった。(--;)
あぁぁ~、、もう全然完走の自信がなくなってきたぞぉ(/_;)

 今日の距離 12キロ

2006/08/17

朝ラン(8/17)

今朝も相変わらずの通勤ラン。
昨日の朝刊ではそろそろ気温が下がり出す・・と言う有り難いお達しだったのに、夜になると結局35℃になっていたし、最低気温は1℃高い。
この所、連日36~37℃と言う猛暑で、さすがに身体も疲れているのか、或いは朝と夜に走る為、老体では疲れが回復しないのか?(^^; まぁ北海道までもう10日ほど。今週いっぱいで後は休養だしもう一息の辛抱か。

ところで、昨日北海道マラソンの招待選手がWebで発表された。
2週間程前の速報で、女子は千葉ちゃんと去年の世界陸上代表だった京セラの原裕美子選手等が報道されたが、他には今年の大阪国際女子で大健闘だった同じ京セラの坂田昌美選手や実業団に属しない早川英理選手も入っている。そして道マラではすっかり常連になった名古屋国際女子3位の堀江選手やユニクロ田上選手等総勢9人。
男子も去年の覇者イヒ(^^;の渡辺共則選手を始め、コニカを辞めたワイナイナ選手や中崎選手を始めとするトヨタ九州勢。外国選手はヌデレバの妹のアナスタシア・ヌデレバや男子ジョン・カグウェ等、なかなか面白くなりそう。
そして折返しコースの為、一般市民ランナーがTV中継車の後ろを走るこう言った一流選手達とすれ違えるのも北海道マラソンの大きな魅力でも有る。もちろん市民大会でも招待選手として一流選手が出る事は有るけど、それはゲストとしての出場なので、選手達の緊迫感が全然違う。
参加人数が少しずつ増えて今では5,000人にもなったが、トップ集団では変わらず熱戦が繰り広げられているのは嬉しい。特に今年の女子は来年の世界陸上代表選考会も兼ねているだけに、きっと熱い戦いが見られる事だろう。
レースに参加して楽しみ(苦しみ?)、夜のオフ会で楽しみ、そして帰ってからはビデオで同じコースを走ったトップ選手達のレースを楽しみ・・・と1度で3度楽しいこんな大会はなかなか無いのだ・・・ってほんとか?(^^;

 今日の距離 11.0キロ

2006/08/15

朝ラン(8/15)

世間はお盆休みも真っ只中。
明日16日迄の会社も多いけど、一般にメーカー系は今週一杯休む所もかなり有る様子で、営業も回って来ないし、こちらは当分静かに仕事が出来る予定・・(/_;)
今朝も通勤ランだったが、昨日の暑さに懲りて、大人しく大川沿いを走った。
ところで、今までの早朝ランでは心拍計の今は無きセイコーパルスグラフを付け、帰ってシャワーを浴びた後は必ず体脂肪と体重を計っていたが、通勤ランにしてからはアナログ腕時計だし、事務所に体重計を置いている訳でもないので、最近は全く計っていなかった。
それを昨夜帰宅ランの時にふと思い出し、忙しくてロングこそ減ったが、今までよりコンスタントに走って居るんだから、体重もそろそろ60kg切っているのでは?と久しぶりに計って見たら・・・・・ガ~~ン。゜(T^T)゜。
以前より0.5kg増えて61.2kgになっているしぃ(--;) (身長173cm)
まぁ、早朝ランは朝食の前に走っての測定だし、夜は日中しっかり食べてからの体重だから少しは違うだろうけど、これはちとショックだった。
但し、体脂肪は11%と言う驚く様な数字。これも早朝ランの時は大体15%前後だったので、素直に喜べない。
それにしても朝と夜でこんなに違うのものなのか?
なんか計っている意味が無くなってきた様な(^^;
やはり近いうちに久々の早朝ランをして、以前と比較できるように計らねば・・・。

  今日の距離 13.0キロ

2006/08/14

朝ラン(8/14)

世間のお盆休みも中盤と言った所か?
月曜日だが、今日も静かに仕事が出来る一日だろう。
そんな具合だから、いつもの通勤ランより少し遅めに家を出る。大川の木陰でM氏に遭遇するが、やはり炎天下は走れないとの事で、この木陰を往復している様子。
こちらは道マラ対策で炎天下を走ってみようと、淀川へ出て上流に向かう・・・がぁ、そんな心意気もアッという間に消沈(^^; 上流へ向かっている時は強い向かい風で涼しいが、遠くまで行ってUターンして追い風になった時の恐ろしさをヒシヒシと感じ、早々に折返す。
案の定、背中から照りつける太陽と風のない状態で、まるでサウナの中を走っている様な感じ。
もうひたすら我慢で前に進み、ようやくコンビニ到着。中の涼しさがまさに天国である。

 今日の距離 10.0キロ

今夜の安ワイン(8/13)

どうしても今日中に送っておきたい所の資料を作成していたらMailが来て、15日まで旅行するんだと(--;)
なんだ!!盆も仕事するって言ってたじゃないか~?と裏切られた様な気持ちになり(^^;、気が抜けて今日は早く帰る事にした。と言ってもすでに9時過ぎていたけど・・・。
それでもゆっくりワインを飲める時間だ。
と、開けたのが[2001]レ・ロゾー/クリスチャン・ムエックス(サンテミリオン)\2,500
060812久しぶりに落ち着いて飲める時間なので、抜栓してから30分程放置。まぁ、この程度ですぐ開くとは思えないが、それでも気は心。そう思って飲んでみよう。
グラスに注いだ色はメルローの柔らかくそして少し黒がかった赤紫。エッジもなめる様にしっとりと潤している。
飲んでも、フワッとした果実味が広がり、タンニンは大人しく、ブラックチェリーや僅かにカシスも感じられ、かつボリューム感もたっぷり。ひょっとしたら30分放置が効いたのか?(笑)
それにしても、サンテミリオンは美味しいワインが多い。やはり10年毎に格付けを見直すと言うシステムで生産者が緊張感を持っているのか、或いは単に購入先であるエノテカのチョイスが良いのか、何れにしても今までサンテミリオンのワインでひどいのには出会った記憶がない。
それならサンテミリオンばかり飲めばいいじゃないか・・と言われそうだが、そうは行かないのが酒飲みなんだよねぇ。

 80点

2006/08/13

朝ラン(8/13)+Newサングラス

今朝も通勤ラン。
心なしか昨日よりほんの少し気温が低い様に感じたが、暑いのには変わらない。
日曜日でおまけにお盆。こんな時はゆっくり出勤で大川から大阪城へ行く。こんな時でも、出会うランナーの顔ぶれは余り変わらない。もうすっかり覚えたが、向こうもきっとそう思っているんだろうな(^^;
太陽の広場と噴水を何度か往復した後、また大川から淀川へ向かい、すっかり炎天下となった河川敷を走り、無事出社。
ところで、先週注文していたサングラスが昨日出来上がった。
060813今までは大会の時だけ1dayコンタクトと2,980円(^^;で買った安物のサングラスを使っていたが、そんなしょっちゅう大会に出る訳でもない為、コンタクトをはめる事もないし、その分する時は面倒だった。
そして早朝ランを通勤ランに変える事で陽が高い時間に走る様になり、楽に出来るサングラスが欲しいと思って買ったが、注文した時には、度付の為大体2~3週間掛る上、盆を挟むので恐らく北海道には間に合わないと言われていたのに、何の事はない、僅か1週間で出来上がってきた(^^;
んで、今日が初めての使用。
最近はツルの部分が真っ直ぐで耳に掛けるカーブが無いタイプが多い。実は件の2,980円サングラスもその手で、店頭で掛けた時は落ちて来なかったのに、初めて道マラで使った時は1kmも行かない内に汗のせいでずり落ちてしまい、走りながらツルを曲げる(^^;と言うえらい目に遭ったモンだが、それを言うと店員が「これは絶対大丈夫」と太鼓判。それを信頼して大枚はたいたんだが、結果は見事に落ちなかった。
それどころか、度付の為レンズが重いにも関わらず、全く上下動もしないのには驚いた。
ただ頭をツルで挟んでいるだけなのに、どこがどう違うんだろう?
そして、何よりもカーブがかなり強いスポーツサングラスを度付レンズにする事で、周囲が歪んで見え、頭もグラグラすると言う意見をあちこちのWebで読んだが、このサングラスは最初の数分そんな感じがしただけで、すぐに慣れ10数分も走ると全然違和感も無く、快適に走る事が出来た。
これで外面の道マラ対策は万全。後は内面だけだ(^^; ・・・・ってこれが問題なのよねぇ(--;)

  今日の距離 15.0キロ

2006/08/12

朝ラン(8/12)

かなり疲労が溜まっていたのか、或いは単に昨夜のワインが効いたのか、目が覚めたらすでに9時過ぎ。w(@O@)w
慌てて起きたモノの身体はずっしりと重い。久しぶりに睡眠をむさぼったかなぁ。
ともあれ、急いで出勤の準備をしようとするが、まだ頭は眠っていて、もう一度そのまま布団の上に倒れたくなるほど(^^; そこを何とか鞭打って顔を洗いリュックを詰めて準備完了。表へ出るとすでに10時(/_;) 当然陽は高くまさに真夏日の様相。迷いもなく大川へ行くが暑くてアッと言う間に汗が吹き出す。それでも何人かのランナーとすれ違うが、この暑さのお陰か、皆ペースは遅い。こちらもヨタヨタ足で進みUターンの後淀川へ出たが、河川敷は静まりかえっている(^^;
いつもの土曜日なら少年野球やウォーキング、ランナーで賑わっているが、お盆と言う事も有るのが、或いは炎天下恐れを成したのか、グラウンドで数人がサッカーをしている程度で、ランナーは全く見掛けない。この暑いのにリュック担いで走っている物好きは自分一人の様子。
脇の水道で何度目かの給水。11時近くなると一段と暑くなってきて、早く冷房の効いた部屋へ入らないと、このままでは倒れるかも?(^^;・・・・と急ぎ足になり、思わぬ所でペース走。予定より少し早く事務所に到着。
いやいや、夏の朝は少し遅くなるともう悲惨なモノである。

 今日の距離 13.0キロ

2006/08/11

今夜の安ワイン(8/11)

このところ世間が盆休みに入るあおりを受け、短期とは言え「超」の付く業爆。
だからと言ってお盆に入ればこちらが休めると言う訳では無く、そのまま普通の業爆になるだけなんだが。
ともあれ、出張から帰って、溜まった連絡事項など整理しようと思ったら、今日の分は意外に少ない。
昨日は山程有って、四国から帰ってからも夜中まで片づけていたんだが・・・・・。
やはり敵はすでに休みに入ったのか?
そんな事で、どうせ週末も仕事なんだし、少し早めに帰って久しぶりにワインを飲もう・・・・と開けたのはヴェリタスで買ったセットの1本で、 [2001]シャトー・グリフ・ド・カップ・ドール(サン・ジョルジュ・サンテミリオン)\3,280
060811何だかカップヌードルみたいな名前だが、まだ若いワイン・・・と言っても、もう5年経ってるのねぇ~。2000年と言う単語で大騒ぎしたのがをついこの前の様な気がしたけど、月日の経つのは早いもので、あれから6歳喰った訳か(^^;
さて、抜栓した時の香りは非常に良く、力強い果実感に溢れている。
色は赤紫と言うより、かなり濃いめで黒が強い紫色。とても綺麗でグラスを回しても、飽きないほど。
飲むと少し固めだが、香りに負けない複雑な果実と薬草の味。但しそれ以上は広がらず、最初に少し美味しい・・と思わせるだけで、後が続かない。もう少し開いてくれれば一段と味わい深くなると思うが、まだ新しいワインだけにそれは難しいのかな。タンニンはこなれだしているモノの、口に広がる飲んだ後の僅かな苦みが折角の美味しさをスポイルするのが残念。
後2~3年経てば一段と美味しく飲める筈。

 82点

2006/08/08

朝ラン(8/8)

何やら台風が近づいているらしく、起きたらかなり強い風で家の前の大きな木が揺れている。
そして何より涼しい。
今日は快適に走れるかも・・・と喜んで表へ出る。
これ位涼しければ淀川でもOKか?と行きかけたが、空をみると雲が切れかけている。
そう言えば先日も曇り日だと油断したら、急に晴れ間が出てえらい目に遭ったっけ。
同じ間違いを二度と・・・って何度もしているけど、今朝はしっかり覚えていたので、一応大川へ。
当然風を受けて涼しいが、走り出すとやはり湿度も高い為、汗はすぐに出てくる。
結局、直接日射が少ないだけで、暑い思いはそれほど変わらない状況で、いつものコンビニに到着。
さて、明日から3日間は西・東・西への日帰り連続出張で、走る事は出来ないなぁ。

 今日の距離 11.0キロ

2006/08/07

朝ラン(8/7)

夜走って翌朝も走ると言うのはそんなに多くないけど、この所結構詰めて走っているので、割と疲れが溜まって来たような気もするがもうすぐ北海道マラソンで練習を減らす事になるので、せいぜい今のうちに走っておこう、、と今朝も通勤ラン。但し起きたのは少々遅め。
相変わらず晴天が続き、今朝も暑くなりそうなのでやはり大川へ。
これくらい詰めて走れると、月間300キロは軽いんだが、今のところ週末も普段の通勤ランと同じような距離しか走れないので、結局300には届かない事になる。
そう言えば、去年の今頃も業爆が続いてあまり走れず、精神的にも余裕が無くなったのか、道マラは玉砕と言う結果になってしまったが、今年は通勤ランに切り換えた事もあって距離だけは去年よりマシか?
但し、長距離練習は全くと言ってよいほどできなかったので、タイムを狙うのは絶対に無理だが、まぁ完走出来れば万歳と言う気持ちだ。
いつもの様に淀川へ出た時点で背中から強い日射を浴び、身体中の水分が出て行く様な感覚でコンビニに到着。

 今日の距離 8.0キロ

2006/08/06

夜ラン(8/6)

世間の盆休みを控えて、短期超業爆になってしまい、おまけに週半ばから3日連続の日帰り出張で、この1週間は早朝出勤&深夜帰りでもう死にものぐるいだった(/_;)
んで、移動中に車中で仕事をする為購入したLet'S Note君を使い、書き溜めたのを一気にアップ(^^;

日曜日だが、朝早めに出勤する事になったので、その分仕事を早く終わらせ、夜走る事にした。
丁度、東京からT氏が出張で来ているとの事もあり、遭遇できるかどうか分からないが、一応大阪城の方へ向かってみる。
夜の大阪城公園を走るのは、まだ数えるほどだが、オーサカキングの催しをやっていた事もあり、終わった後も結構人が多い。
後、昼間はほとんど見掛けないネコもかなり多い。やはり夜行性動物だけに、夜になると俄然張り切るんだろうか?
桃園から森ノ宮の噴水に向かうが、この辺りは街灯も少なく、もしT氏とすれ違っても分からないだろう。
噴水から道路に出て歩道を走り、今度は大手門から天守閣へ向かうが、この辺はお城のライトアップが有るお陰か、かなり明るく人も多い。そして梅林の横を通り、京橋口まででてみたが残念ながらT氏との遭遇はなし・・・・って、別に時間を決めてた訳じゃないから、遭遇する方が不思議なんだが。
そしてそのまま大川を走って帰宅。まだ23時にもなっておらず、久しぶりに走った後のビールとなった。いやぁ、最高ですなぁ。

 今日の距離 13.0キロ

2006/08/05

朝ラン(8/5)

今朝も通勤ラン。
土曜日なのでいつもより1時間程遅くから走り出す。
当然、太陽はその分高くなり、気温もすでに30℃超と言った感じ。大川の木陰を走っていてもずっと暑い。
途中、中学生の部活集団が追い越して行ったので、それに貼り付く(^^; と言っても向こうは軽いジョグだがこちらはかなりぜーぜー状態。リュックも担いでいるし身体も重く感じるが、北海道マラソンも近づいているし、この程度で離されては話にならない(^^;。 きっと相手も変なオヤジが付いてくる・・と思っていた事だろう。;
その内、身体が慣れてきたのか少し楽になり、川崎橋近くで集団を追い越して前に出る。ほれほれ付いて来んかい・・・・と密かにほくそ笑んでいたら敵はUターンしてしまった(--;)
さては恐れを成したか?(^◇^;)
大阪城へ行こうと思ったが、オーサカキングをやっているし、人出も多いはずだと思い、対岸へ渡って天神橋での折返し。
再び淀川へ出たら、もう完全な炎天下。一瞬走るのを止めようかと思うが、午後から京都で打合せの予定。
のんびりしていたら間に合わないので、仕方なく河川敷を走り、最後は滝の様に流れる汗まみれでコンビニへ(^^;
走った距離は短いのになぁ・・・。

 今日の距離 13.0キロ

2006/08/03

朝ラン(8/3)

今朝も通勤ラン。
厚い雲でそれほど暑くもなく、これなら広い淀川で走ろう・・と上流へ行くが、折返しに近づいた頃から何やら雲が切れて来て、その内段々と日射しが強くなってくる(--;)
結局、太陽を背中に受けながらその上追い風で走るという苦行になってしまった(^^;
いやはやまさに油断は禁物。
所で、今までは大体一日置きに走っていたが、通勤ランにしてから何故か連続して走る日が多くなった。
結局、少ないと言っても或る程度の睡眠時間が確保出来ているのが一番の原因だろう。
やはり早朝ランとなれば5時頃には目が覚めているので、4時間前後の睡眠で何日も続けて走るのは難しい。
荷物があってスピードが出しにくいとか、フォームが慣れない等、色々問題はあるが、距離を伸ばすには一番手っ取り早い様な気がしてきた。

 今日の距離 11.0キロ

2006/08/02

新ノートPC

長い間使っていたIBMのノート、ThinkPadがおかしくなって数ヶ月。そろそろ新しいのを買おうかと考えながら仕事に追われ、なかなか見る事も出来なかったが、何気なくヨドバシ.COMを見ていたら、PanaのLet'S Noteを安く売っていたのを見つけ、思わず衝動買い(^^;
060802よく見たら旧モデルだったけど、発売開始日は2006年2月だからまだ半年しか経ってない。しかし最近のノートって半年で旧タイプになるんだねぇ~。まさに生鮮食料品の感覚だ。
でもどこが違うかと比べても、CPUがPen-MからCore-Soloに変わっただけで、後は全く同じ。
何と言っても軽くてバッテリー持ちが長いのが嬉しい。今までノートPCはずっとThinkPad党だったがレノボに身売りしたし、新しいThinkPadも重量はともかくバッテリー持ちが悪い上、他のスペックも結構落ちる。Let'S Noteで気に入らないのはタッチパッドだが、これもその内慣れるだろう。
重量は軽量バッテリー(約5時間)で1,040g。標準バッテリー(約15時間)で1,260gで、今まで使っていたPCと比べ半分に近い。打合せ等で移動の時も電車の中で作業が出来るし、忙しい時はほんとに有り難い。
これで強い見方になってくれたら嬉しいんだが・・・。

朝ラン(8/2)

8月に入って1回目の通勤ラン。
晴天ですでに暑いしこりゃたまらん、、と大川へ避難。
すでに通勤の自転車やウォーキングの人達が入り乱れて結構人が多く、淀川河川敷とは大違い。
もの凄い蝉の鳴き声を聞きながら下流へ向かい、川崎橋で折り返すが、このままでは距離が少々不足なので、淀川へ戻ってから少し上流へ。
丁度良い時間を見計らってUターンしそのまま仕事に向かうが、後ろからモロに日射を受けてもう大変(^^;
走り出した時間は「暑い・・・」と言う程度だが、この時間になると急に気温が上がる様な気がする。
早く早朝ランに戻りたいものだ。

今日の距離 12.0キロ

2006/08/01

今夜の安ワイン(7/31)

今週末は、ほぼ3連チャンのワイン。と言っても別に何かあった訳でもなく、仕事は相変わらずの業爆状態だし、どちらかと言えば気分転換というか、やけくそと言うか(^^;
今日のワインは[2003]ローズマウント・カベルネソーヴィニヨン・ダイアモンド・ラベル\2,510
060731久しぶりのオーストラリアワイン。コルクの先に赤い樹脂の蓋が付いているので、抜栓の時はこの樹脂の上にスクリューを立て、開けると先にその樹脂屑が沢山付いてきた(--;) これって何の為についているんだろう。その上、コルクは驚く程短く、やたら重く感じるボトルの雰囲気とは大違い。なんか飲む前から気分が沈んだが、グラスに注ぐと決してそんな事は無く、非常に綺麗な赤紫で、見ていても飽きない程。エッジも滑らかで最初のイメージとこれほど違うのは少々驚き。
樽香が感じられ、プラムの様な香りもしっかりで、果実香に溢れている。
口に含むと、まだ少しタンニンの固さが残るが渋みは全然なく、しっかりとそしてどっしりとしている。但し、味には香り程果実感が無く、嫌みのない美味しさだけが前面に出すぎて、個性が弱くなっているのが残念。
当然、値段から考えるともう一息と言った所。

 80点

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »