Jog-note

  • Jog-note
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006/12/31

年末の安ワイン(12/31)

別記事にも書いたが、大晦日の夕食は例年通りすき焼き。
まぁ、年に1回なんだから良いだろう、、とおよそランナーには相応しくない霜降り肉を買ってきて準備する。
ワインは、それに合う濃いめのモノをとチョイスしたのが、 [2003]コトー・デュ・ラングドック(サン・マルタン・ド・ラ・ガリーグ)\2,730Cimg2197レストラン「タイユヴァン」のセレクションと言う事だが、抜栓すると強烈な香り。品種はシラーとカリニャンとの事で、色もひたすら濃い赤黒で、これってちょっと濃すぎかも??(^^;
一口飲むと、タンニンはかなりのコクが有り、最近記憶でもかなりのフルボディ具合。少々濃すぎる嫌いはあるが、これも時間が経てば柔らかくなるだろう。TVは相変わらずのくだらないバラエティに紅白で見る気もせず、借りてきたビデオを見ながらゆっくりと味わう。
時間経過と共に僅かに開いてくるが、ワイン色のコールタールをのぞき込む様な感じで待つがかなりの頑固者らしく、甘みも僅かに感じるだけで一晩置く方が良いのかも?なんて思ったり。でも結局我慢出来ずに飲んでしまうんだけど。
結局、開ききらないままに最後の一杯。せめて最後だけは、、と香りを思いっ切り味わって終わり。
  72点。

年末ラン(12/25~31)

加古川マラソンが終わると、今年も残り1週間。
29日に最後の忘年会を終え、後は正月の為の買い物や家の掃除等々、何となくバタバタとした気忙しい日が続き、まさに師走だ。
走る方も余り落ち着かず、中途半端な距離をチョコチョコ走るのみで、こんな事だからいつまで経ってもダメなのか・・・と言い訳も考えたりして(^^;
それはともかく、ワインが残り少なくなって追加注文した12本セットも無事届き、その後大晦日に食べるすき焼き用の肉を買い行き、これで今年の任務は全て終了。
しかし、AKA亭では大晦日はすき焼きと決まっているけど、他の家はどうなんだろう?
大晦日によその家で食事する事はまず無いので知らないだけだろうが、肉屋でもやたらすき焼き用やしゃぶしゃぶ用がやたら多いし、きっとすき焼きなのかも知れない。
ま、そのお陰かどうか、すき焼きは年1回しか食べない様になったが(^^;

そんな訳で、この数日間のランは、いつもの通勤ランではなく、余り時間を利用した細切れランになってしまった。

12/25  筋肉痛癒しジョグ    8.0キロ
12/27  今年最後の通勤ラン 10.0キロ
12/30  夕方ラン         10.0キロ
12/31  朝ラン           15.0キロ

では皆さん、良いお年をお迎え下さい(^^)

2006/12/25

今夜の安ワイン(12/24)

今日はイブ。子供の頃は近所の教会に通っていたとかで、洗礼も受けクリスチャンネームも有ったらしいが、そんな事は全く覚えてないし、今や自信を持って無宗教。
と言いながら、観光等で神社仏閣の類に行くと、今年はジャンボが当たります様に・・なんて拝んだりするんだが。
そんな訳で、クリスマスにかこつけて当然ワインを飲むという行為に及び、無事プレステ3を見つからずに渡した後は、これまた世間様にありがちなスパークリングワインなどを開けたりして。
と言っても、数ヶ月前にエノテカで買ったセットに入っていただけなんだけど。
で、そのワインが[NV]カステロ・デ・モンブラン・カヴァ・ブリュット(ボデガス・コンカヴァン)\1,600
061224aスペインのワインで、シュポーンと派手な音で栓を抜くが、香りは例によって良く分からない。それでも、久々に使うシャンパングラスのお陰か、それなりに泡も綺麗に出てくれ
何となくメリークリスマス!って感じで盛り上がる・・・かぁ?二人だけで・・・(--;)
ま、それはともかく、さすがにプレステ3は受けました(^^;
近くの超満員だったケーキ屋で買ったのを食べ、泡ワインを1本飲むと、それだけでもう満腹状態。
肝心のワインは、そう、薄い小麦色というのか、久しぶり過ぎて良く分からないけど、こんなモノなんだろう。ありがちの鉛の様な感じもなく、割と美味しい方では?と言う程度。

さて、チマチマと泡を飲みながら約1時間。
そろそろ腹もこなれてきて、やっと本番ワインの時間に開けたのが[1997]シャトー・カントナック・ブラウン(マルゴー) \5,500 と書くと、安ワインじゃない・・とお叱りを受けそうだが、そこは年に一度のイブという事で。
061224bもちろん、マルゴー3級のグラン・クリュで、そろそろ飲み頃に掛かった筈。グランヴァンにしては少し短めのコルクを抜くと、すぐに強烈な香り。これは今まででも5本の指に入りそうな強さ。
でも、グラスに注ぐと僅かにレンガ色が出て来て、熟成の進み具合を感じさせる。97年ってボルドーにとっては難しい年だったと思うけど、作り手の力量でこの辺りはハッキリ差が出るんだろう。
タンニンはしっかりして、果実は少しスパイシー。まだまだ硬いと言う感じさえするし、男性的で力強くいわゆるボルドーの本流とも言える味わい。
恐らく、難しいと感じる人も多い筈。
だた、半分程飲んだ時点で、昨日フルを走った疲れが残っているのか、少しずつ眠くなり、バキュバンをして少し休憩・・・・・の積もりだったけど、そのまま本格的に眠ってしまった(^^;

 85点

2006/12/24

加古川マラソン(12/23)

今シーズンのプチ本命(^^;加古川マラソンを走ってきた。
それにしても、河川敷の大会で風が有るのは分かっているが、今年は例年以上に強い風。最後の加古川大堰を渡ってからゴールまでの7.5キロはずっと凄い向かい風で、もうボロボロ。何とかゴールしたが、最近にないダメージで、終わってからもシートに寝転がり、ずっと起きられない状態だった(^^;
と言っても、その後の宴会ですっかり回復・・いやアルコールで麻痺し、回復した様な気分にはなったが(^^;

さて、大会の方は今回プチ本命なので、3時間40分を少しでも多く切り、次のプチプチ本命(^^;「泉州国際マラソン」では30分に限りなく近づけ、本命「湘南国際マラソン」で30分を切る、と言うのが目標。
その為、30キロまでをキロ5分で行き、残りを5分15秒で走って35分を切って置く事が必須だった。
しかし、余裕が有ったのは25キロまで。
25~30キロはもう一杯一杯で、30~35キロ過ぎて時計を見、これはダメだ、、と思った時からズルズルと落ちていき、35キロからは強い向かい風の中、顎も上がり、脹ら脛はずっとピクピク状態でいつ痙攣を起こすか分からない感じ。最後まで持ったのが不思議な位で、相変わらずのスタミナ不足を露呈してしまった。

      TIME   L    AVE 
START 0:00'00" 00'05" ロス
5km 0:24'51" 24'45" 04'56"
10km   見落とし
15km  1:14'39" 49'48" 04'59"
20km   見落とし
25km 2:04'18" 49'38" 04'58"
30km 2:29'51" 25'33" 05'07"
35km 2:56'19" 26'27" 05'17"トイレ休憩
40km 3:24'25" 28'05" 05'37"
goal   3:36'17" 11'52" 05'24" 

何とか35分を切ってゴールしたかったので、何とも中途半端な気持ちである。次の泉州国際に向けて長距離練習をせねば、目標達成はおぼつかない。
おまけに今回は初めて前日のアルコール摂取を止めたというのに、、、、と言っても、二日前から続いた忘年会で、明け方まで飲み続けた為、二日酔い状態で気分が悪く、とても飲めなかったというのが真実だが・・(--;)

2006/12/20

朝ラン(12/20)

今週の通勤ランは今日で終わり、週末の加古川マラソンに備える事にした。
今日走っていると、最後の数キロは余り力が入らない状態。ひょっとしたらカーボローディングが上手く行ってるのかも知れない・・・・と言う事にしておこう(^^;
加古川は一応今シーズンのプチ本命大会なので、取りあえず40分を出来るだけ多く切っておきたいが、長い距離の走り込みが余り出来てないので、さてどうなる事やら。
おまけに今日は3次会迄確実の忘年会だし(^^;
何とか二日酔いにならない様、注意しなくては・・・・、と言いながら、飲み出すとついこれが止まらないんだなぁ(^^;

今日の距離 10.0キロ

2006/12/19

プレステ3購入

オーディオアンプの調子が悪くなり、修理の為にヨドバシへ持って行った。
ついでにクリスマスの買い物をと思って、ひょっとしたら有るかも知れない・・とゲーム売り場へ行ってみる。
実はこの数週間、梅田を通る度にヨドバシへ寄ってPS3が有るかどうか見ていたが、ずっと入荷無し状態。
いつ入るか分からない為、予約さえして受け付けてない。だからと言って、並んで買うほど物好きでもないし・・・。
当然今日も無いだろうと思って売り場へ入ったが、やはり人だかりも少なく、任天堂の「Wii」もPS3と同じく在庫無しとの紙がぶら下がっている状況。
しかし、何気なくソフトの売り場へ行くと、裏のガラスケースの中にPS3が置いてあり、そこには「商品はレジ・・・」みたいな事が書いてある。
ん????これって他の商品の事を言ってるのか?或いはひょっとしたら有るのか??同じように見つめる周囲の人達も、何となく同じ考えを持っている様子(笑)
とにかくレジへ、、と慌てているのを悟られないよう、何気ない振りで並んでみた。
しかしレジを待つ人は皆商品を持っており、手ぶらで並んでいるのは自分だけ。う~ん、もし勘違いだったらちと恥ずかしいかも(^^;
やがて順番が回ってきて、係の女性に小さな声で「プレステ3有りますか?」係員「はい、どちらにされますか?」
え?それって有るという事? 慌てて「取りあえず60GBを一つ・・」と、まるで居酒屋で注文するような言い方になってしまったが、やがて奥から運んできてカウンターの上に本物のPS3を。(笑) そして、それを見た周囲の客がザワザワしだす・・・・。
丁度その時タイミング良く?台車にPS3を沢山積んだ店員が歩いて来た(^^; もう廻りはえらい事になってきて、慌ててレジの順番に並ぶ者も居れば、レジの奥をのぞき込み、積んである台数を数える者も。オイオイ、そんな事してるより並ぶのが先だろうが(^^;
係の女性にチラッと「有ったんですねぇ」と声を掛けると、ハイ、、と意味ありげな返事。
要は、入荷日を発表したりするとまた行列が出来たりして大変なので、一切発表しないらしい。
ちなみに、購入価格は62,700円。
061219a061219b残念ながら、24日まで開けられないので、写真は包装紙に包んだまま(^^;
この値段、Yahooショッピング辺りでは70,000~90,000円と言うプレミアム価格になっているが、さすが大手のヨドバシ。そんな阿漕な商売はしない訳ですな。いやぁ結構結構。
しかし、問題はこの大きな箱を24日までどこへ隠しておくかだ。
持ち帰った瞬間に見つかりそうな気もするし(^^;

朝ラン(12/18~19)

週末が法事の為、帰省で全く走れず。
何しろ朝早く出て到着したらすぐお寺へ。お経が終わって帰って来たら速攻でビールが出てくる(^^;
そのままとっくに日が変わるまで飲み続け、当然翌日はボロボロ(/_;)
這々の体で自宅へ帰り着いたが、今週末は加古川マラソンだというのに、こんな事で良いのか?・・って良い筈無いよなぁ~。
このままではカーボローディングも出来ず、結局通勤ランで少しずつグリコーゲンを消費する事に(--;)
往路は少し短めにジョグで8キロ。帰路も短いがそれでも2.5キロは有るので、明日まで続けて、食事に気を付ければカーボもどきになるだろう。
それにしてもいつも難しいのは、カーボの前半は何を食べればよいのか?糖質は少なめにって事は分かっていても、平日の食事を自宅で摂らない自分は案外難しい。
特に今回は1週前に走る事が出来なかったので、余計に悩んでしまう。救いは土曜日から日曜日に掛けて、アルコール漬けの為、殆ど糖質を摂らなかった事かも(^^;
結局、18日の通勤ランから今日までの計6食をファミマのおでんで過ごす事になった(爆)
しかし、おでんだけで走るモンだから、とにかく腹の減る事と言ったら(^^;
災い転じて福と成す・・って、災いは自分で作ってしまったんだが、意外にこのカーボは上手く行ってるのかも知れない。(^^;

 18日 8.0キロ
 19日 8.0キロ

2006/12/14

朝ラン(12/13~14)

せっかく先週末に速めのスピードで走ったけど、またチンタラ通勤ランに逆戻り。
おまけにこの数日天気が悪く、中2日空けた上に雨も多いのでどうも気力も萎えたまま。
それでも何とか自分でムチを入れて、せめて最後の2kmだけでもビルドアップと言う感じの通勤ラン。
ところで、さっきWebを見ていたら、スーパー高校生・須磨学園の小林祐梨子選手の進学先が岡山大学に決まったとか。11月15日に決まっていたらしい。
これ読んで一瞬???・・・ほんまかいな???・・・と思った。いや、別に岡山大学が悪いって事じゃなく、正直言って、ここの陸上部が特に強いと言う話しも聞いた事がないし、それより日本中の強豪大学や実業団から引く手あまたの誘いが有ったろうし、何故なんだろう?と言う疑問を真っ先に思い浮かべたから。
確かに彼女は中長距離なので、選ぶのが難しい面は有るんだけど、やがては長距離にも行くだろうと思っていたので、進学ならR大とかJ大とかかなぁ~、、と何となく想像していた。

でも、読んでいくと、特定学部に属さなくても良い進学プログラムらしく、陸上部へ入るかどうかは未定との事。
練習拠点もまだ決まってないらしいから、コーチもほぼ専属で付くんだろう。
部活の集団練習で、今の個性をつぶされるような事にならない方が良いという判断もあったのかも知れない。
ここは一つ、10年どころか、数十年に1人という彼女の素晴らしい才能を開花させてくれるこれまた素晴らしいコーチに恵まれる事を祈る。

それにしても、岡山を選んだ理由を推理したり考えたりするBlogやHPが出てくると思って検索したけど、意外に少なかったぞ(^^;

 12/13  10.0km
 12/14  10.0km

2006/12/11

オルセー美術館展

今年は春からずっと業爆状態が続き、家族と全然出かける事がなかったので、せめてもの罪滅ぼし。
神戸でオルセー美術館展をやっているので出掛ける事にした。
朝早めに走ってから出掛ける。そう言えば、神戸はもうルミナリエの時期だっけ?こりゃ混んでるかも知れないなぁ。
061210a三宮から海の方へ向かうが、歩道のあちこちにルミナリエ閉鎖用の柵が置いてある。
この辺りは夜になったら大変な人出になるんだろう。そう言えばルミナリエに行ったのはもう5年程前だっけ?
美術展の会場にはいると、やはり沢山の見学者で中は凄い事になっている。
パリのオルセー美術館に行ったのはもう何年前だったか?その前にルーブルを丸1日掛け回った事も有って、意外に小さな美術館だった事が記憶にある。そして本でしか見る事の出来ない有名な絵画が、意外に目の前に有り、感激もしたっけ。
さて神戸の会場へ入ると、照明が全体に暗い。まぁ作品を守る為だから仕方がないが、オルセーの照明はこんなに暗くなかった筈。逆にこちらが心配になる程明るめの照明だったが、これはパリに限らず、マドリッドやウィーンでも変わらなかった。日本の美術展は全体的に暗いイメージしかない。
展示作品はモネとマネが多く、ルノワールは数点。残念だったのはロートレックが1点しか出てなかった事か。
会場を出てから久しぶりに南京町の中華街で食事を済ませ、さて、せっかく神戸まで来たし、帰りにルミナリエでも見ていこうか・・と言う事になり、それまでの時間つぶしにと港の方へ向かう。丁度神戸港遊覧船が出航時間だったので、これに乗る事にした。新空港の方もぐるりと回り、途中停泊している豪華客船などを見ながらのあっと言う間の40分間。
061210b061210c_1辺りも暗くなってきて、もの凄い人出の中ルミナリエ会場に向かう。ゾロゾロと人波にもまれながらやっと着いたが、何だか数年前に見たルミナリエと殆ど変わらない印象。これって毎年違うデザインだと思ったんだけど、そうでも無いのかなぁ?
綺麗なのは間違いないが、2回目だと少し印象が薄いかな??(^^;
ともあれ、すっかり疲れ切った久々の外出となった。

2006/12/10

朝ラン(12/10)

今朝は出掛ける予定があるので早めに目を覚まし、早々に表へ出る。
機能に引き続き、今朝もペース走を・・・と思って走り出すが、昨日の疲れが残っているのか、意外と足が重い。
ジョグを続けてもなかなか身体が慣れない感じ。
う~ん、やはりこれも歳のせいか?(^^;・・と無理は禁物。諦めて今朝はジョグに・・・。
それでも、3キロ程走っていると少し身体が楽になってくる。だがペース走をするには少し辛い感じ。
そこで今朝はビルドアップに変更。
大川から淀川へ向かい5キロ走った所で少しペースアップ。ほんとはもっと短い距離でビルドアップを繰り返すのが正しいんだろうが、そこはもういい加減に、5キロ毎にビルドアップ。名付けてロングビルドアップトレーニング・・・って、そんなのほんとに有るのか?(^^;
最後は4分半と思ったが、そんなの走れる筈も無し(^^; なんちゃってビルドアップに終わったが、まぁここは気持ちだけでも良いだろう、、、と勝手に満足。

今日の距離 20.0キロ

2006/12/09

今夜の安ワイン(12/9)

夜もすっかり冷え込む様になって、食事も食べているとどんどん冷めてしまうのが少し悲しい時期。
鍋でも・・・と思ったが、ペース走をした為か??んな訳無いけど、新聞の折り込み広告を見ていると、美味しそうな肉が有ったので、久しぶりにステーキを所望。平日は殆ど家で食べず、仕事中にホカ弁やラーメンで過ごしているので、これ位は良いだろう。
開けたワインは、[2002]デュアス・キンタス・ドウロ/ラモス・ピント(アドリアート) \1.800
コルクを抜いて香りを嗅いだ所で気が付いたんだが、この香りは何か変・・・・・そぉか!ポルトガルだから、ポルトワインなのか?
これはしまったなぁ~(^^; ステーキに甘口ワインを開けてしまったとは、失敗である(/_;)
そこで、再度選び直し、、次にチョイスしたのが[2003]コート・デュ・ローヌ ルージュ(ドメーヌ・ペソン) \980を開ける。
061209これなら間違いなくコクもあるだろう・・・・と勝手な推測。
しかし、抜栓してグラスに注ぐと、色は意外に感じた程の少し明るいワイン色。
でも、色からは感じられない程充分な樽香を感じる甘めの香りで、少なくとも980円の香りではない。
味は中重口といった所か。しかしフルーティーさは抜群で、タンニンも残る渋みがバランス良く、非常に飲みやすい。軽口ワインに良くある頼りなささは全く感じず、しっかり腰が有り、フルボディを感じさせる程の骨格。
これは久々にメッケもんのワイン。
980円でこれが飲めたら幸福感充分。

  83点

あ、抜栓してしまったポルトワインは、即しっかりバキュバンしたが、果たしてどうなるのか?(^^;

ペース走(12/9)

と言っても、それほど速い筈もないんだけど、普段の通勤ランがチンタラなので、せめて刺激らしいものでもやって置かなくては・・と泥縄式に・・・・・。
今週も何とか週末を休めたので、今朝ものんびり起床の後、バナナを2本食べてスタート。
淀川へ向かい、毛馬から仁和寺大橋の先まで往復。
最初の2キロをジョグで行き、足が慣れた所で少しスピードを上げるが、向かい風なので結構寒い。
1~2キロ毎にある単車止めの柵で一旦止まる事になるが、それでも淡々と進む。
仁和寺大橋を越し、Uターンして今度は追い風なので、寒さも感じず丁度良い位。スピード維持も随文楽で、感覚的には往路より若干上がった程度。
最後の2キロは再度ペースアップして終わり、タイムも設定通り。
バナナ2本で空腹状態のまま走れたんだからOKとして置こう。

今日の距離 21.0キロ

2006/12/08

朝ラン(11/28~12/8)

何とか仕事が一息ついた物の、それ以外にも色々と有ってBlog更新もままならなず、今日はどぉ~っとまとめてのUP。
12月最初の土日は、久しぶりに何もない連休で、リュックも無しで楽に走った。
まず、2日の土曜日は持続走。久しぶりに大阪城5kmコースをグルグルと。途中、同じく逆回りでグルグルのK氏と、京都から大阪城天守閣マラソンに参加のK嬢に何度もすれ違い。それなりの坂道だし、レースペースの8割程度で走るので、或る程度の練習になったかも。
翌3日の日曜日は、淀川でペース走。持続走の疲れを少し感じながら、その内15kmはほぼ設定ペースで終了。
それ以外はいつものチンタラ通勤ラン。それでも11月は月間300kmまであと一息と言った所だった。
いよいよ本格的な冬日の毎日だが、早朝ランではない為、まだウィンドブレーカーは不要なのが嬉しい。ロングスリーブ1枚で走っても、結構汗をかいてしまう。

11月28日 通勤ラン 10.0km
11月29日 通勤ラン 10.0km
12月 2日 持続走  33.0km
12月 3日 ペース走 21.0km
12月 5日 通勤ラン 10.0km
12月 6日 通勤ラン 10.0km
12月 8日 通勤ラン 10.0km

2006/12/01

今夜の安ワイン(12/1)

今日は西梅田の方で「100万人のキャンドルナイト」と言う催し物が有った。
何でも去年から始まったという事だが、全然知らなかった。
12月22日から本番らしいが、プレイベントなのか練習なのか?(^^; 何故か12月1日にも開催。
ま、西梅田の綺麗なビル街の歩道にローソク・・と書いちゃダメだな(^^; キャンドルを沢山立てて楽しむと言う趣向らしい。
午後6時位から始まって、8時からはビルの照明も消すとか。
さぞかし綺麗な事だろう・・と、仕事を早めに終え、家族と一緒に出掛けた。
と言っても事務所から歩いて10分程だが、繁華街だけ有ってやたら人が多い。近くの信号を渡る頃は歩道が人で溢れている(^^;
それでも夜の闇でキャンドルが浮かび結構綺麗な物です。
061201aデザイナー学院の生徒達も作っているらしく、こんな感じで歩道を埋めている。金曜日と言う事もあって廻りは若い人達で溢れ、年寄りの二人連れはちょっと目立つかも?(^^;
061201b
そして、8時にはビルの照明も無事消えたけど、何しろ車道の照明が煌々と照っており、夜の闇と言うイメージからはからはほど遠いが、それでも電気がついている時よりマシ。
そぞろ歩きを楽しんで腹も減り、この辺りで晩飯でも。
丁度、郵便ポストにどっかのレストランのサービス券が入っていたので、これを使う事に。
20%引き券や、食事券も有ったが、ワインフルボトルサービス券まで入っており、迷うことなくこれを。
入った店は梅田の茶屋町 NUビルにある「WaZa」と言う所。
ttp://r.gnavi.co.jp/k015479/こんなビルに出す位だから、どうせチェーン店なんだろうけど、取りあえず中はまぁまぁ。
でもレストランと言うより、ダイニングバーと言うか、そんな雰囲気。
まず飲み物を・・・と件のフルボトルサービス券を。
出て来たのは、プリミ・ロッソ(マルケ)イタリア。
061201cもちろんテーブルワインのせいもあって、ビンテージも書いてない。
それにしてもグラスの立派な事。写真で見るとハーフボトルに見えるけど、ちゃんとフルボトルである(^^;
このグラスってリーデルのボルドー・グラン・クリュを思わせる巨大さ。でも、この程度の店でまさか1脚1万数千円もするワイングラスを使う筈もないし(^^;
それでも、安いサービスワインをこのグラスに注ぐと、何となく美味しそうに見えるぞ(笑)
店が暗いので色がハッキリしないが、サンジョヴェーゼらしい少し明るめのワイン色と思ったが、照明と相まって割と濃く見える。
巨大グラスのお陰か、香りの広がりは充分。
さて、一口・・・・・・・ちょっとタンニンが強い。ワインの温度も少し高めで18度位か?
この程度の軽口だと15度位で飲みたい所だが、こんなアンバランスの店は結構あるので仕方がないだろう。
室温より低いし、セラーに置いてるだけマシ。
「赤は室温ですので」とのたまい、暖房がガンガン効いた室温で出て来たイタ飯屋も有った位だし(笑)

舌に乗せるとやはり渋みが勝ち過ぎ、僅かに鉛を含む様な苦みも感じられる。
特に飲んだ後でその傾向が顕著に表れる。
もう少し開けばまろやかになるかも知れないが、そこまで待って飲む程のワインでもなし。
無料なんだから文句は言えないが、ボトルで出てくる所を見ると、これもメニューに入って居るのか?
それでも、チーズフォンデュやポトフ、肉や野菜等々適当に注文して、二人で9,900円。
これにワインが仮に3,000円とすれば、13,000円。
味は別にどうって事もないし、売り物の野菜もそれほど良いとは思えない。
う~ん、これはちょっと高いかな(^^;

 68点

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »