Jog-note

  • Jog-note
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 朝ラン(12/10) | トップページ | 朝ラン(12/13~14) »

2006/12/11

オルセー美術館展

今年は春からずっと業爆状態が続き、家族と全然出かける事がなかったので、せめてもの罪滅ぼし。
神戸でオルセー美術館展をやっているので出掛ける事にした。
朝早めに走ってから出掛ける。そう言えば、神戸はもうルミナリエの時期だっけ?こりゃ混んでるかも知れないなぁ。
061210a三宮から海の方へ向かうが、歩道のあちこちにルミナリエ閉鎖用の柵が置いてある。
この辺りは夜になったら大変な人出になるんだろう。そう言えばルミナリエに行ったのはもう5年程前だっけ?
美術展の会場にはいると、やはり沢山の見学者で中は凄い事になっている。
パリのオルセー美術館に行ったのはもう何年前だったか?その前にルーブルを丸1日掛け回った事も有って、意外に小さな美術館だった事が記憶にある。そして本でしか見る事の出来ない有名な絵画が、意外に目の前に有り、感激もしたっけ。
さて神戸の会場へ入ると、照明が全体に暗い。まぁ作品を守る為だから仕方がないが、オルセーの照明はこんなに暗くなかった筈。逆にこちらが心配になる程明るめの照明だったが、これはパリに限らず、マドリッドやウィーンでも変わらなかった。日本の美術展は全体的に暗いイメージしかない。
展示作品はモネとマネが多く、ルノワールは数点。残念だったのはロートレックが1点しか出てなかった事か。
会場を出てから久しぶりに南京町の中華街で食事を済ませ、さて、せっかく神戸まで来たし、帰りにルミナリエでも見ていこうか・・と言う事になり、それまでの時間つぶしにと港の方へ向かう。丁度神戸港遊覧船が出航時間だったので、これに乗る事にした。新空港の方もぐるりと回り、途中停泊している豪華客船などを見ながらのあっと言う間の40分間。
061210b061210c_1辺りも暗くなってきて、もの凄い人出の中ルミナリエ会場に向かう。ゾロゾロと人波にもまれながらやっと着いたが、何だか数年前に見たルミナリエと殆ど変わらない印象。これって毎年違うデザインだと思ったんだけど、そうでも無いのかなぁ?
綺麗なのは間違いないが、2回目だと少し印象が薄いかな??(^^;
ともあれ、すっかり疲れ切った久々の外出となった。

« 朝ラン(12/10) | トップページ | 朝ラン(12/13~14) »

旅行」カテゴリの記事

コメント

なんでAKAさんとは、こんなに奇遇が多いのでしょう。
同じ日私もルミナリエ行ってました。
新神戸オリエンタル劇場での観劇の後、せっかくやから寄っていこうかって。私も2回目で、同様の感想を持ちました。
あの人ごみですから、会うのは天文学的数字の確率でしょうが、もし出会ってたら大笑いですね。

tacocoさん。
えぇ~、ほんと奇遇ですねぇ。
相変わらずの凄い人出で、会場へ着くまでの遠回りが大変でしたが、明石の事故以来、誘導方式を考えたのか、途中のSTOPはともかく、ルミナリエの通路はそれほどひどい混雑では無かったです。
でも2回目でこれだから3回目は当分行かないだろうなぁ(^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81783/13022130

この記事へのトラックバック一覧です: オルセー美術館展:

» オルセー美術館展 [午後のアトリエ  + atelier Coju blog +]
撮影地:神戸 CANON IXY DIGITAL 900 IS 1/250 f:3.2 ISO:AUTO 神戸市立博物館で開催中の「オルセー美術館展」に行ってきました。 オルセー美術館はパリでルーヴル美術館と並ぶ最も人気の高い美術館のひとつ。 オルセー美術館のコレクションは、原則的にはフランス二月革命の1848年から第一次世界大戦の始まる1914年までで、これ以前がルーヴル美術館、これ以降がポンピドゥー・センター国立近代美術館という線引きがされているそうです。 だからオルセーは「印象... [続きを読む]

« 朝ラン(12/10) | トップページ | 朝ラン(12/13~14) »