Jog-note

  • Jog-note
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007/01/29

大阪市民ハーフ(1/28)

 大阪国際女子マラソン付属の市民ハーフマラソン。
長居競技場をスタートして大阪城公園ゴールの、国際女子とほぼ同じコースを走るコース。
去年から大阪シティハーフに代わって開催される様になった。
当初は一回だけかと思っていたが、どうやらこの先もずっと有る様子で、都会の真ん中を走れるこの大会は市民ランナーにとっては嬉しい大会だ。
出来れば、逆コースで大阪城或いは以前の様に中之島公園スタート、そして長居競技場ゴールなら途中で国際女子ランナーにもすれ違えるし、ゴール地点で応援も出来るんだが、そうすると道路を両側ともSTOPさせる事になるので、警察の許可が下りないのだろう。
もちろん東京マラソンの様に、力のある知事或いは市長なら出来るかも知れないんだけど・・。
ま、それはともかく天候は時折晴れ間が覗き、気温10~11℃湿度54%と、良いコンディション。少し風が強いのが気になったが。
スタート前に長居周回道路をジョグしていたら、大南姉妹が走っていた。あれ?今日のフルに出るのか?でも招待選手に名前がなかったし、まさか一般参加でもあるまいし、、なんて思っていたら、市民ハーフにエントリーしていた。しかも一般参加で・・・。弘山選手がゲストランナーだし結構凄い事になったぞ(^^;;
スタート整列したが時間があるので、最前列に居るであろう二人を見に行ったら、なんとそこにはt嬢が並んでいる(゜▽゜;) 招待選手でもあるまいが、そんな場所からスタートしても良いのか?スピード違反はともかく駐車違反にならないのか?(^◇^;) m(._.)m。
なんて遊んでいる内にスタート時間。去年は千葉ちゃんを追い掛けてバカみたいに飛ばし、競技場出口で早くも失速と言う無様な事になったので、今年は慎重に抑えて行く。
道路に出ると追い風になり、気温も少し高く感じて走りやすい。この調子でずっと走れればいいんだが、当然そうは行かず、5km通過がスタートロスを入れて22分45秒と、すでに4分半をオーバーで後はどんどん落ちていくだけ(^^; 玉造を過ぎて森ノ宮へ向かう頃はすでに脹ら脛がピクピクし出し、16キロからの上り坂はガクンとペースダウン。
京橋口を出て後2キロの標識からは少し回復したものの時すでに遅し。完全に息も上がり、心身ともボロボロで何とかゴール。はぁ~、相も変わらずスピード不足、スタミナ不足、根性不足の3拍子揃った走り方で終わった。
その後は国際女子の選手を最後尾まで応援し、例によって宴会へ突入。最初は京橋でこぢんまりと飲んでいたが、次第に人数が増え、結局4時間程そこで居座る事に。そして次なる店をと連絡し、別で宴会をしていたMチームに混ぜて貰い、結局30人程の大宴会。しかしOBPのこの店、資生堂チームが弘山、加納由理両選手始め勢揃いで、奥にはシモン選手とシモン旦那他関係者。他の選手達も宴会中で、これは来年から完全予約して行かないとダメかも知れない。

     TIME     LAP   AVE     
START 0:00'00"  00'07" ロス
5km   0:22'45"  22'37" 04'31"
10km  0:45'23"  22'38" 04'31"
15km  1:08'18"  22'55" 04'35"
20km  1:32'01"  23'43" 04'44"
goal   1:37'07"  5'06" 04'38"(グロス)

2007/01/27

朝ランは大阪城へ(1/27)

明日は大阪国際女子マラソンだが、オフィシャルホテルが去年までの千里阪急ホテルからホテルニューオータニへ変更になった。ここは大阪城公園に隣接しているので、当然選手達も大阪城で練習している筈。まぁ前日だからそんなに長時間は走らないだろうが、それでもジョグ位はする筈。これなら上手く行けば遭遇出来るだろうと、今朝は大川から大阪城公園へ向かって朝ラン。
明日はこちらもハーフだし、とジョグで向かい、そして大阪城公園に入った途端、渋井選手、小崎選手はじめ、招待選手達がウロウロと・・・・・なんてイメージ通りに行く筈もなく、いつもの様に市民ランナーや部活の中学生達が大挙して走っている位で、ま、普通はそうだろう(^^;
そのまま噴水の方へ向かっていくと、前方から速いスピードで淡々と走ってくる外人選手。あっと言う間にすれ違ったが、イメージではモニカ・ドリブルスカ選手の様子。そしてまたすぐに走ってきた選手は、間違いなくロシアのインガ・アビトワ選手。何故かと言えば、コーチが来ているウォームアップスーツの背には「RUSSIA」と書いてあったから(笑)。
「明日頑張れよ」と声を掛けても良かったが、それ以前にロシア語なんて知らないし、チラッと見ただけで終わり(^^;
その後少しだけウロウロしたが、誰も現れず、当然まりちゃんにも会えなかった(/_;)
仕方ないから、明日沿道からの応援で我慢しよう・・・・・と、深い失意を抱えて帰途へ着く事に(^^;

 今日の距離 12.0km

今夜の安ワイン(1/26)

今夜は週末。ハーフだけど日曜日の大阪市民ハーフの為にパスタを食べよう、、となればワインも必要。
と、勝手に決めて連チャンで飲む事に。
開けたのは、[1999]ロマソル レゼルバ(ミゲル・カラタユド)\1,180
070126昨夜は少しはり込んだので、今夜は初心に返って本来の安ワイン。もっとも、スペインなので1999年のレゼルバと言っても、こんな値段で飲める訳で有ります。例によってテンプラニーリョ100%のこのワイン、抜栓すると樽香と甘酸っぱい香りがグラスを充満させる。8年目でも色はまだまだ濃いめで、黒っぽい赤紫。
エッジも濃く、昨夜とは大違い。
味の方は少しバランスが悪く、キメも粗め。甘みも出ているが酸味が遥かに勝っており、その美味しさが前に出て来ない。どちらかと言えば美味しい方なのに、素直に喜べないのはその粗さだろう。
後、2年程待った方が良いのか、或いはもっと早いほうが良かったのか。それでもグダグダと2時間近く掛けて飲んでいると、少しまろやかになって来た。どうやら完全に開くのには結構時間が掛かるタイプらしい。そして、最後の1杯を飲み、その後の味の変化は想像のみとなってしまった。

 75点

 

2007/01/26

今夜の安ワイン(1/25)

ラン友達に赤ちゃんが生まれたとMailが入り、今夜は1人で祝杯を上げるとの事。
あいにく平日で集合が出来ない為、それではこちらも家で祝杯を・・・と理由を付けてワインを飲む事にした(^^;
開けたのは、[1999] シャトー・コルバン(サン・テミリオン) \3,900
070125まぁ、めでたい話なんだから、少し美味しそうなのを飲もう・・・と手持ちの中から探し出したのがこれ。一応グラン・クリュだけど、8年目に入りそろそろ飲み頃の筈。でも、ボルドーの1999年って、もひとつの出来だった様な記憶が。
抜栓すると甘く、少し土の香りが広がる。僅かに薄茶がかったワイン色で熟成が良い所まで進んでいる模様で、ッジはかなり薄く見える程。
飲むと、想像した程の重さはなく、むしろ気軽に飲めるグラン・クリュと言った感じ。タンニンは柔らかく、渋みもほぼ消え、少しの甘さと軽いスパイスが効き、舌触りはシルクとまでは行かないけど、綿と真綿の中間くらいか?
って、真綿なんて舐めた事無いんだけど・・・。
果実味もそこそこ有り、余り時間のない平日の夜に飲むのは丁度良い程度であります。
サンテミリオンって、競争が激しい事もあるんだろう、それほど大外れがないってのは嬉しい。

 83点

2007/01/25

朝ラン(1/22~25)

ずっと通勤ラン、、、しか出来ない身体になってしもた。
嗚呼、早朝起きて走った元気は何処へ??
おまけに、起きるのが遅めで、先日設定した12kmコースを走れず、当初走っていたコースを少し変更してなんとか10kmにしている次第。
ところで、今週末は大阪国際女子マラソン付録の大阪市民ハーフ。
長居競技場スタートと、本番女子の露払いで走るのは良いんだけど、15キロくらいになるのか?森ノ宮辺りの歩道はすでに本番を待ちかねて、応援の人達が結構待っている。
そこをトコトコとのんびりしたスピードでおっさん達が走ってくる訳だから、知らない人は、へっ?てなモンだろうなぁ(^^; 去年も歩道からそんな声が聞こえたし。
さて、今年のゲストランナーは弘山選手。去年の千葉ちゃんは競技場を出て行く時の後ろ姿を一瞬見ただけだったが、今回も同じ事になるのは間違いないでしょう。(^^;

 1/22  10.0km
 1/24  10.0km
 1/25  10.0km

2007/01/21

朝ラン(1/21)

今日は何キロにしようか??出来れば30キロ走りたいけど、芯が疲れているみたいで、そこまで持つかどうか?
等と考えながら、何となく淀川へ。日射しもなく、気温は低いけどほぼ無風で、走る速度の分だけが向かい風。
取りあえず、上流へ向かうがどうも気が入らない。何となく鳥飼大橋を越えたけど、どうもこの先まで行く気にならず、ここでUターン。こんなところで折り返すようじゃ、今日はダメかな。。。とそれでも何とか気持ちを切り替え、ピッチ気味に変更。これで少しは気分が変わったのか淡々と走れる様になり、大川に入って大阪城方面へ向かう事にする。が、少し足首に違和感を感じ始めたので、途中からまた変更(^^; 西天満公園の方へ行って天神橋で折返して帰路へ。
あぁ、淀川を延々と上流へ向かわなくて良かった・・・。

 今日の距離 25.0キロ

今夜の安ワイン(1/20)

仕事もほぼ一段落。これだけゆっくり出来るのはほんと数ヶ月ぶりかも。
いつもの週末なら、残りは月曜日に済まそう・・・程度の仕事が多く、結果、週初めからバタバタする事になってしまったが、今週はそれも終わり、火曜日締め切りの仕事をすでに昨日終えた為、一切の心配なし(笑)に、過ごせる週末。
当然、夕食も豪勢・・・とはならないけど、久しぶりに自宅での食事で、ゆっくり飲む事に。
開けたのは、[2002]キュヴェ ロイヤル ルージュ (ドメーヌ・ド・クーセルジュ) \1,180
070120昨年末に買いだめした内の1本。それにしてもネット注文というのは楽なモンだ。あちこちで買うと、そこからやたらメルマガが届くのは少々うるさいけど、のんびりした時はそれなりに楽しく読める。
抜栓すると弱めで、僅かにチョコの甘い香りがする程度。色黒が強めの赤紫だが、灯りにかざすと茶色も少し出ており、それなりに熟成は進んでいる。
ちなみにカベルネソーヴィニョン60%にシラー30%、残りがメルローと言う構成らしい。
味の方は、最初は閉じたままなのか?それほどガシガシ感は無い物の、余り味が感じられない。
タンニンも柔らかくなってるんだが、舌の上でも全く広がらない。
これはのんびり飲むしか無いなぁ~・・と、少しビールなども混ぜて、食べる事に。
1時間程掛け、食事を終えてもワインはまだ半分ほど残っているが、さてここからチーズを出して本番(^^;
さすがにかなり印象を変え、柔らかくなってスパイシーな中にも、甘さが出て来て、最初とはえらい違い。
温度はそれほど変わらないが、それでも少し暖まった事もあるんだろう、しっとりした落ち着きも感じられ、この価格で飲めるのなら問題なし。

 78点

2007/01/20

朝ラン(1/14~20)

いつもの事だけど、妙見山を走ると取りあえず翌日は筋肉痛になる。
それもフルの大会を走った後より、ずっとキツイ痛みが待ちかまえて・・・。そして、今回の翌日14日もやはり筋肉痛様にお出迎えして頂く事になった。
でも、こんな時は乳酸追い出しジョグに限る・・と、雑誌やWebでそんな意見を目にするけど、それをやって何度も痛い目に遭ってるんだけど、久しぶりだったしひょっとしたら今回はマシかも知れない?なんて悪魔の囁きでジョグに出掛けたのが大失敗。
もう着地した途端にヘナヘナ、、ってなるほど、大腿部の痛みが耐えられない。これはキロ10分程度にしなくては、と、歩く様な、じゃなく完全に歩いているスピードでひょこひょこと言った移動で前に進む。
正直、ウォーキングの方がずっと速いけど、それでは少々悲しい。
あぁ、やっぱ乳酸追い出しジョグなんて大失敗だった。ああ言う意見は、軽い筋肉痛の時に限るのよねぇ。
って事で、明日はもっと酷くなるだろうから、お休みかな?
と、この後2日間通勤ランを休み、水曜日からそれでもまだ痛みがしっかり残る足で、通勤ラン。
そして、今日の土曜日は休みだったので、朝の曇り空を避け、青空の出て来た淀川をゆっくり午後ラン。

 1/14  5.0キロ
 1/17  8.0キロ
 1/19  8.0キロ
 1/20 15.0キロ

今夜の安ワイン(1/13)

昼間、長距離を走り、グッタリ疲れて今夜はワイン?
開けたのは [2005]クローズ・エルミタージュ ルージュ(ヤン・シャーヴ) \2,080。これは以前にも飲んで、かなり好印象。
070113抜栓するが、まだ新しいビンテージのせいなのか、香りは弱く、ちょっと悲しい気がする。
色は濃く、かつ赤く、かつ少し青みがかった、、って、変な表現だけど、ローヌらしい濃密な感じで、寒い冬には合います・・・かぁ~?、、と思わず吉本風。
味の方は見た目よりずっと素直で案外柔らかく、とても外見から想像するボディビルダー風では無い。
かと言って、お嬢様でも無く、少しぽっちゃり気味の公立女子高生風?
でも、若いだけ有って深みもなく、ぽっちゃりとは言っても、マシュマロみたいなフワフワした感じで、少し頼りないかな。
それにしても、前回とはえらい差で有ります。ローヌはこのビンテージが悪かったと言う事も無く、単に新しいだけの話し?まさかラベルが変わったから味も・・なんてのは有り得ないし。
でも、決して不味い訳では有りません。
ただ、2,000円オーバーならもう少し、しっかりしていても良いんじゃないの?何せ、前回は1,380円で感動モノの味だったのに。
ま、ビンテージが違えばそれだけ味も違う・・と言うのもワインの面白さだったりするんだけど。

 72点

2007/01/13

久々の妙見山(1/13)

プチ業爆も終わり、正月以来初めての休み。
それなのに朝早く目が覚めたので、久しく行ってなかった妙見山へ走りに行く事にした。
何も準備をしてなかったので、行く途中に吉牛の朝食(^^;
箕面駅に着き、リュックをコインロッカーに入れようとしたが、山頂付近は寒いだろうし、上着も持って行く方が良い。
でも走っている時は暑い・・と考え、この際コインロッカー代も浮かそうと(笑)、リュックを担いだまま走る事にした。
重量は約10kgだがこれが後々響く事になるとは(^^;
滝道をスタートして快調に走り、すぐ高山を過ぎて国道まで一度も止まることなく、こんなに調子よく走れるとは。
国道を渡り法輪寺からの一番キツイ登り坂も思わず2~3度立ち止まっただけで、山頂へ到着。
少し休憩の後、復路へスタートしようと思ったが、少し空腹気味か?しかし冬なので山頂の売店は一つしか開いて無く、商品も漬け物やせんべい、栗等で腹の足しには難しそう。
まぁ帰りは殆ど下り坂だし、大丈夫だろう・・と思い、走り出す。
復路も国道までは気持ちよく走れたと思ったが、高山の上りに入った途端、急に力が出なくなった。
う~ん、そろそろガス欠気味か?いつもなら高山を越えた辺りで空腹感が出てくるのに今日は早すぎる。
やはり10kg重い分、エネルギーの消費が早いんだろう。10kgで10キロ走ったら100キロカロリー。
すでに30キロ近く走っているから、いつもより300キロカロリー余計に消費して居る事になり、仕方がないかも。
しかしこのコース、すでに店など全く無いし、何とか箕面に辿り着くしかない。
一番厳しい帰りの高山を何とか走り、やっと下りに入ったが朝上ってきたのと変わらない様なスピード。
何とか滝の駐車場付近にたどり着いたが、もう殆ど動けない状態(^^;
まさに2年前のQちゃんか先日の箱根駅伝で見た中継点前のモグスみたい・・・・って比較が違いすぎるけど(^^;
それでも必死の思いで滝道に辿り着き、売店で見つけた肉まんを注文。歩きながら食べて、次にホットコーヒーでカフェインを注入(笑)
僅かだけど力が入った感じで、残りの3キロを何とか歩く様なスピードで走って駅前に到着。
もう着いた途端ベンチに座り込み、グッタリ。
とても梅原酒店に行く余裕はなかった(^^;

今日の距離 40.0キロ

2007/01/12

朝ラン(1/11~12)

新コースでの通勤ラン。
結構慣れてきたが、やはり橋を渡る為に道路に降りなければならない、それも信号待ちが必要というのがどうしても面倒だった。
が、今朝、新十三大橋ではなく十三大橋の下流側道路だったら、堤防から直接歩道に入れる事が分かった。
しかも左岸に渡った所も堤防に直接降りられる。
ただ、その分歩行者や自転車も多いが、これは仕方がないだろう。僅か12キロで2度も止まるよりずっとマシ。
早速今朝はそのコースを走って来た。手前の橋なので距離が2~300メートルは短くなるが、左岸側で調整すれば良いだろう。

 1/11  12.0キロ
 1/12  12.0キロ

2007/01/08

朝ラン&千葉ちゃん未遭遇

今日は枚方ハーフマラソンが有り、自分が出場する訳ではないが、ゲストランナーが千葉ちゃんとの事。
これは是非とも超接近遭遇しなくては、、と、昨夜遅くまでかかって仕事をこなし、今日は午後出勤が出来る様にしておいた。
今朝は早めに起きて、ビデオと双眼鏡、それに河川敷で立っているのも寒いので、防寒着も準備。
これらをリュックに詰め、淀川の上流へ向けて走り出す・・・と言っても10kg以上の荷物なので、LSD並みのスローペースだが。
それでも強い追い風で調子よく走り、大会の折返しを過ぎて仁和寺大橋の先迄到着。
まもなく先頭がやって来たが、1人ダントツの速さで後続は全く見えない。
他にも何人か知り合いが出場しているこの大会。さて最初にやってくるのは千葉ちゃんだろうか、それとも国際ランナーK氏か?いやいや最近ではW嬢の方が速かったりして(笑)
しかしなかなか姿が見えないぞ・・・と、ジリジリしながら待っていると、K氏がやって来た。その後ろに見え隠れしてW嬢。今日は強い向かい風なので風除け役の様子。
それにしても千葉ちゃん遅いぞ(/_;)
次々ランナーがやって来るが、ランナーの数も多くなり、もうこれは千葉ちゃんどころでは無い、、と言うか見つけても人が多くてビデオ撮影どころでは無さそう・・。仕方なく諦め、帰路に向かって走っていると、後ろから京都のK氏に声を掛けられた。走りながら思わず年始の挨拶(^^; その次にU嬢発見。他のランナーにも遭遇するが、何しろ人数が多すぎて見つけた頃には通り過ぎていく(^^;
結局、強い向かい風に煽られながら、右手にビデオを持ち、折返しから戻ってくる知り合いのランナー達を撮影しながら仕事へ向かう事になった。
あぁ~、千葉ちゃんだけを撮る予定だったのになぁ~・・・・・って(笑)

  今日の距離 21.0キロ

2007/01/07

朝ラン(1/6~7)

正月明けて早々からの3連休・・・の筈が、何故か取りあえず土日は出勤。
さて、明日は休めるのだろうか?確か枚方ハーフの日で、千葉ちゃんがゲストなので上流向かって走り、途中で出会おうと言う魂胆なんだが(^^;

と言う訳で、正月明けの連休に長距離練習!の思惑が見事に外れ、結局二日とも通勤ラン。
昨日は5日に走った新コースだが、今日はもう少し遠回りを・・と上流へ向かって赤川鉄橋を渡らず、豊里大橋まで行って左岸へ渡る事に。
しかし、今朝は天気予報通りの大荒れ天候。今冬一番では?と思う様な冷え込みと凄い強風。
最初は追い風で楽々走っていたが、橋を渡ろうとしたその時から凄い横風。慌てて帽子を取りリュックに入れるが身体が横に持って行かれる程の強風。もちろん、車道との境はガードがあるが、無ければ怖くて走れない程。
そして左岸へ渡って向かい風になった途端、突風で押し戻される(^^; 身体を前に預ける様にして進むが、走るというイメージでは無いぞ。
それでもノロノロと進んで居たが、前方の空がやたら暗くなってきたと思ったら、小雪が降って・・いや、飛んできてあっと言う間に吹雪状態。これが短時間で終わったと思うとやがてミゾレに変わり、顔にバシバシ当たって痛い(/_;)
それが終わると今度は横殴りの雨(--;)
夏なら気持ちいいんだけどねぇ。
もう寒いし風は強いし、気持はゲンナリで、果たして会社までたどり着けるんだろうか?(^^;
さすがこの天候。右岸ではランナーに出会う事もなく、十三大橋を渡るともう河川敷を走る勇気はゼロで、下の道路で風を避けながら走り、這々の体で到着。
おかげで朝から疲れ果ててしまった(^^;
 
 1/6  12.0キロ
 1/7  14.0キロ

2007/01/05

朝ラン(1/5)

今年最初の通勤ラン。
いつも走っていたコースが年末から護岸改修工事で、河川敷の道路がひどい泥道になってしまい、とても走れる状況では無くなった為、新たなコースを検討していたが、結局こんなコースを考えてみた。。って考えたという程でも無いんだけど(^^;
070105 左岸はいつも走っている所なので問題ないが、右岸は淀川市民マラソンで走るのみ。かなり以前に一度だけ十三辺りを走った事が有るが、殆ど河川敷を走った為、堤防沿いがどうなってるのか良くわかって無いのが少々不安。
まぁ大丈夫だろう・・・と右岸を走り天神橋筋の長柄橋を横断して行けば・・・と前方を見たら、横断出来ず一旦河川敷に降りるしか無かった。結局淀川マラソンと同じところを走り、そろそろ堤防へ、、、と思うがなかなか斜路が見つからない。
仕方なく、新御堂筋423号線を越えてから階段を上り堤防へ。十三大橋を渡って再度左岸へ戻り、JR橋まで来ればいつものコース。
それにしても、十三辺りで一旦道路に降りて車の通過を待ったり、渡り終えてもそのまま河川敷に入れなかったりで、走り慣れたところなら何とも思わないが、出勤時間を気にしながら初めてのところを走るのは結構気が急くもので、何だか普段よりずっと疲れてしまった。

 今日の距離 12.0キロ

2007/01/03

正月ラン(1/2~3)

例年、正月三が日は朝早くから実業団駅伝や箱根駅伝のTV中継があり、当然それを見ながら飲むので全く走らないが、今年は何を狂ったのか(^^; 朝早めに起きて正月ラン。そして駅伝中継はビデオをセット。
休日なんだからもっと長い距離を走る事も出来るんだが、やはり駅伝の進行状況が気になり、大川から淀川をチョコチョコと走って誤魔化す程度。
結局走ったのは10キロだけで、あまり効果が有るとも思えず、せいぜい気持ちだけといった所かも。

 1/2  10キロ
 1/3  10キロ

2007/01/01

正月の安ワイン(1/1)

新年明けましておめでとうございます。
今年も肝臓を悪くしない程度にワインを飲み続ける事でしょうが、去年飲んだ本数をざっと数えると、95本。
4日に1本飲んでる勘定ですな(^^; 実際には宴会などで飲み、ここに書かないワインもあったので、約100本と言ったところだろうか?
さて、元旦は朝から年に正月だけ飲む熱燗などを飲みながら、実業団駅伝をTV観戦。
グダグダと過ごし、夜になって今年最初のワインを開ける。
飲んだのは、[2004]クロ・デ・ヴェルドー・ルージュ\1,340
Cimg2198新年のスタートはやはり真面目な安ワインでないとね。
って事で、抜栓。年末ワインと違い、これは明るい少し青みがかったワイン色。色で判断する訳じゃないけど、軽口のごく気軽に飲めそうな感じで、正月は朝から飲み続けている肝臓には優しいかも?
エッジも明るく、スッキリ気分で一口飲むと、予想には近いが、タンニンが少し強めの意外なしっかり味。と言ってもパワーが有る訳ではなく、もう少し経てばフルーツ系も強くなるんだろうな、と思わせる程度。
このまま上手く熟成すれば美味しくなりそう。と言っても、1~2年でOKかも。

 75点

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »