Jog-note

  • Jog-note
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007/02/28

朝ラン(2/26~27)

泉州の疲れが取れないままに土日連チャンでそれなりの距離を走ったので、月曜日は休養にと思ったけど、何となく早めに目が覚めてしまい、勿体なくて通勤ランにした。
翌日は元々走る予定だったので、これまた通勤ラン。
そろそろ疲れが溜まってきたけど今日は早朝出勤だったので丁度良い休養になった。
さて明日はどうしようか。出張先へシューズ持って行くか、でもホテルではずっと仕事だから結局走る時間は作れないのかも?

 2/26 12.0キロ
 2/27 12.0キロ

2007/02/26

今夜の安ワイン(2/25)

30キロ走った後は、疲れをいやす為に当然ワイン?
本日の夕食はタコとガーリックの炒め物に豚ヘレの味噌焼きその他で、まさに赤にはピッタリ。
開けたワインは、そろそろなくなりつつある買い置き安ワインのラスト2本。
[2004]デュック・ド・ベリー ソミュール・ルージュ(ヴィニュロン・ド・ソミュール) \1,080
070225余り飲む機会のないロワールのワインだけど、元々それほど日本に多く輸入されている訳でもないんだろう。
さて抜栓。割と甘めの果実豊かな香り。グラスに注いでも少し青みがかって、紫がかなり勝っているまるで絵の具で作った様なワイン色。 エッジもその部分だけが透き通って、何だかカクテルの様な気もしないでもない。
でも、果実豊かなその香りはチェリーや僅かに木の根を感じさせ、1,080円とは思えないほど。
最初のグラスは美味しい。タンニンは余り感じず、割と浅っぽいけどそれなりにコクもある。しかし飲み進めると少しずつコクが薄くなり苦みやざらつきが出てくる。
つまり、最初の閉じた段階ではざっとした表面しか分からないけど、開いてくるにつれ、底の浅さが見えてくる様で少し残念。1,000円のワインにそこまで求めるのは無理だけど、もう少し軽めに仕上げた方が無理がない様にも思える。

 69点

2007/02/25

30km走他(2/24~25)

と言う程でもないが、湘南国際3週間前だから30キロを走っておこう・・と言う程度。
一週間前が泉州国際だったし、昨日はハーフを走ったので結構足が重い。この分では練習にならないかも知れないが、重い状態で出来るだけスピードを上げるのもこれまた練習・・と、勝手に決めて走り出す。
鳥飼大橋迄行き、そのまま大川を下り南天満公園へ。そしてここから大阪城公園へ戻って今度は5キロコースを一周。しかし20キロを超えた辺りから段々スピードが鈍り、思う様に走れない。
大阪城公園は、丁度梅林が見頃という事で人も多く、梅林横の急坂はとても走れる状態ではない。
070225a070225b
少々苦しくなってきたので、ちょいと休憩のため、梅林に入る。
まだ満開まではもう一息と言った所か。綺麗に花を付けている梅もあるが、まだつぼみ状態のものもチラホラと有り、中には着物姿の女性も居たりして、そっちの方が目の保養になったり・・・(^^;
さて、足休めが終われば長居は無用。もう一度気合いを入れ直してスタート。再度南天満公園に戻りって距離稼ぎ。後は毛馬まで一直線だが、空腹も手伝って足は思う様に進まないが、それでも何とか到着。
結局30キロ走と言うより単なる持続走になってしまった様子。

 2/24  21.0キロ
 2-25  30.0キロ

2007/02/24

今夜の安ワイン(2/23)

正月から比較的のんびり過ごしてきたが、いよいよ来週から業爆になりそうなので、今日は早めに帰り土日ともじっくり休養に充てるつもり。
その第一弾?として開けたワインは[2003]ヒルビレ メルロー \1,480。
070223以前にこれのシラーの方を飲んでいて、かなりの好印象。 豪州ワインと言えばシラーと言うイメージだけど、決してそんな事もなく、一部の地区を除いてはカベルネ・ソーヴィニョンもメルローもしっかり作られている。
さてそんな好印象だったワインを抜栓。
色は僅かに青みがかった様に見える赤紫で何となく薄く見えるのは気のせいか?やたら黒いボトルを見ているので目がそう感じるのかも。
でも香りは好印象で果実味に溢れ久々に濃密と言って良い程の香り。
口に含むと少しタンニンがこなれていない様子。甘みより渋みが少し勝っており、力強いだけにその渋みが少し邪魔かも。ただ1,480円と言われればそれがかなり違うレベルなのは事実。もう少し熟成が進んだ方が素直でかつふくらみが有るワインになるかな。以前飲んだカベルネソーヴィニョンの記憶から考えても、メルローの方がもう少し熟成に時間が掛かるんだろうか?

 78点。

2007/02/23

朝ラン(2/20~23)

泉州国際マラソンの後、月曜日は朝ラン休養・・と言うか二日酔いで当然走れる状態ではないのはいつもの事。
仕方なく火曜日に通勤ランをしたが、筋肉痛はかなりマシでもまだまだ身体全体が重いまま。
水曜日は少し楽になったがやはりまだ足は重い。
翌木曜日は早朝に直行した為走れず、今日は通勤ラン。さすがに4日経つと筋肉痛は感じられず、僅かに大腿部が重く感じるが、全体としては随分楽。雨だったので水溜まりを避けながらのふらふらラン。それでも何度か突っ込んでしまい、結局シューズはびっしょり。もちろんウェアも同様で帽子から雨を垂らしながらコンビニで朝食購入。
やはり雨の日の通勤ランはどうしても走りにくい。

 2/20 12.0キロ 通勤ラン
 2/21 10.0キロ 通勤ラン
 2/23 10.0キロ 通勤ラン 

2007/02/19

泉州国際マラソン(2/18)

今日のランニング関係のBlogはどこも東京マラソン一色。
かなりの雨中ランとなった様だが、これも自分を抽選漏れにした罰だ、、という事にしておこう。(^^;
当然、泉州国際も雨中大会と覚悟していたが、無事雨もやみ、気温もまずまず。風も弱く結構なマラソン日より。個人的には青空の下で走りたいが、記録狙いの人はこの方がいいだろう。といっても、こちらはプチプチ本命の大会なんだが。
昨年はシモンや資生堂の嶋原選手など招待選手も多かったが、今年目立つのは旭化成の高尾選手くらい。
まぁ、最初の折返しでチラッと出会うくらいしか見る機会は無いんだけど。
070218去年初めて走ったこの大会、体調が悪く、2度も大休憩。おまけに最後に二つある強烈なブリッジ往復でボロボロになって歩きまくった為、今年はとにかく歩かずにゴールと思っていた。
風はずっと海からの向かい風になったが、それほど強くなく、汗もすぐ乾く程度。淡々と4分50秒/キロくらいで行き、最後のブリッジ往復を如何に頑張れるかが今回の課題。
とにかく突っ込まないようにと、慎重に行き、20キロまではほぼ設定ペース。25キロから少し遅れ出すが、それでも前半の貯金があるので、何とか我慢。そしていよいよ33キロからのブリッジ。二つ目までは全く歩かずに何とかこなし、2度目の折返し。ここでは沢山のラン仲間とエール交換しながら自分の気持ちを保つ。そして今渡ってきたばかりのブリッジを再度上り下り。4つ目のブリッジで、痙攣しそうになり思わず歩いたがそれも10メートル程度。気合いを入れ直してまた走り出し、やっと40キロを通過。後はひたすらゴールに向かうだけだが、脹ら脛とハムストリングスがピクピクし出して、いつ痙攣が起きても不思議じゃない状態。何とか我慢を続け、後はひたすらゴールに向かうだけ。ラストスパートの力も残っていず、何だか頼りないゴールになったが、それでも僅かながら自己ベストだった。それでも、ラップを見るとブリッジ部分は意外にひどい落ち込みではなく、これなら3月の湘南国際はもう少しマシに走れるかも・・・?
終わった後は例の如く宴会で、つい3次会まで。心身共にボロボロ??の楽しい一日だったが、フルを走った後なのに何故あんなにみんな元気なんだろう?(^^;
最後に、途中で応援して頂いた皆さん、いつもながら有難うございました。

      TIME    LAP     AVE 
START  0:00'00"  00'14"  スタートロス
5km    0:23'50"  23'36"  04'43"
10km    0:48'02" 24'11"  04'38”
15km   1:12'28"  24'26"   04'41"
20km   1:36'56"  24'27"  04'41"
25km   2:01'57"  25'01"   05'00"
30km   2:28'42"  26'45"   05'21"
35km   2:55'09"  26'27"   05'17"
40km   3:22'38"  27'29"   05'37"
goal     3:34'56"  12'17"   05'29" 

書き忘れたが、朝、M氏から電話が入り、スポーツ報知に写真が映っていたとの頃。
スポーツ紙は見ないので知らなかったが、コンビニで買い見ると、確かにポツンと小豆大程度に(^^;
教えてくれて有難う>M氏

2007/02/14

カーボ抜きラン(2/14)

今朝は通勤ランで、今週は最後のラン。
後は週末の泉州国際まで、休養と言うかさぼりと言うか、取りあえず毎日のんびりと飲酒モードだろう。
それにしてもランは辛かった。
足に余り力が入らず、走っていても少し道路が悪いと身体がぐらつき、思わずふらつくのを何度も繰り返す始末。
空腹なのは間違いないが、ここまでは余り経験しなかったので、取りあえず上手く行ってると言う事にして置こう。
職場到着後の朝食は近所のファミマでおでん。昼食もおでん責めの刑。今日の夕食もおでんを入れた鍋みたいなモノ(^^;
う~、、さすがに飽きてきた(^^;
誰か、簡単で満腹感があってどこでも食べられる様なカーボ食を教えてくれぃ~(;_;)

 今日の距離 10.0キロ

2007/02/13

今夜の安ワイン(2/12)

一週間後にフルを控えても関係無しで今夜もワイン。
先月買った安ワインの手持ち分も段々少なくなってきたが、それでもまだ大丈夫。
開けたのは、[2004]コスティエール・ド・ニム キュヴェ・トラディション(シャトー・ルーボー)\1,040
070212お値段は当然今夜も優等生。
この所ローヌが続いており、そろそろボルドーでもと思ったが、やはり値段ではまだまだローヌがお買い得。
コルクは値段に見合わず品質の良さそうなカッチリしたコルク。
色は例により濃い赤紫で、エッジは綺麗に透っている。柑橘系の香りと共に軽いベリーも混じるが、それほど強い方ではないかな。鼻を突っ込んでもそれほど感じず、温度はちゃんとしているだけに、まだ開いてないのか或いは熟成が足りないのだろう。
でも味の方はそんな香りの弱さをはねのけ、しっかりとドッシリと少し太目の姉ちゃん・・・いやいやお嬢さん。
完熟迄は全然行かないが、まろやかで舌に滑らかなタンニン。少しそばかす混じりの、まん丸顔ローヌジェンヌ・・ってそんな言葉有るのか?取りあえず愛嬌は充分の美味しさ。
カーボ中により、豚ヒレの味噌焼きとサラダ、それにもやしとスクランブルエッグにチーズで、極楽極楽。
これでパンが有れば最高だが、まだ炭水化物を取れないのが残念。

 80点

2007/02/12

カーボ抜きラン(2/12)

昨日でグリコーゲンの半分位は抜けただろうか?今日ももう少し出しておこうと、大川をゆっくりジョグ。
それにしても身体に力が入らない。昨日のラン効果が有ったのか、それとも単なる空腹から来ているのか(^^;
それでもこれだけ力が入らないと、何となくカーボローディングの効果が出ていると思いたくなってくる。
この調子ならあと一度走ればもっと抜けそうな気がするがどうだろう。
夜はともかく、昼食に何を食べるかが困るんだけど、取りあえず2日間程はファミマのおでん責めに遭ってみよう(^^;

 今日の距離 9.0キロ

今夜の安ワイン(2/11)

今日からカーボ食なので、今夜の献立は、鮭のムニエル。実は昨日市場へ行って大きめのを買ってきて置いた。スーパーでは切り身が多く、大きい目のを置いてないんだよねぇ。
これに合わせて開けたのは、[2004]クローズ・エルミタージュ ルージュ(ドメーヌ・デ・マルティネル)\1,780
070211バターたっぷりのムニエルにはやはりローヌでしょう・・ってほんとか?
それはともかく、香りは良くある柑橘系を全く感じさせず、果実と甘草がかなり強い。色も濃い赤黒ながら透明感があり、そしてパワーを感じさせるが、さて味の方はどうなのか。
ところが、正直最初の一杯は期待外れ。閉じているというか、全く広がらず、これって単に熟成以前の問題では?
ところが、10数分そのままにして置いた2杯目からは大きく変化。 まず滑らかになってきて、ほん僅かな酸味と共に甘みが出て来た。グラスに入れたままで時間を掛けると、ますますまろやかに葡萄の完熟な味わいが出てくる。まだ2004年なのに、結構これは凄いかも。僅かな苦みも嫌みが無く、舌にも残らず、正直ローヌらしさを余り感じない綺麗な美味しさのワイン。こんな安ワイン大歓迎。

  83点

2007/02/11

カーボ抜きラン(2/11)

と言う名前が正しいのかどうか知らないが、来週末の泉州国際の為に、今日からカーボローディング。
まぁプチプチ本命だし、40キロ走の積もりなので上手く行かなくても良いんだけど、今まではフルの一週前はいつも10キロ走。今回は初めて20キロだが、疲れを残さない様にジョグで走った。
明日は軽いペース走で残りのカーボを抜き、これで上手く行けば3月の湘南国際に生かしたい所。
大川から大阪城へ抜けて、いつもの5キロコースへ行こうと思ったが、3連休のせいか、寒いのに凄い人出で、梅林の辺りは間まともに走れない程。天気は良かったが風は案外冷たく、ジョグで進む分には長袖Tシャツが丁度良い位。今夜からのカーボ食の献立を考えながら心拍を押さえて走り、一応予定を終了。

 今日の距離 20.0キロ

2007/02/10

朝ラン(2/7~10)

3時間走で作った大きなマメだが、少し痛みが取れたので通勤ラン再開。
それでも、来週は泉州国際なのでそんなに詰めて走る訳でもないが。
7日は結構暖かかった為、いつものスキー用手袋を止め、軍手に変更したがこれが失敗。暖かいはずなのに風は冷たく、手だけは寒い。
やはり風まで暖かく感じるのは2月中旬くらいまで掛かるのかも。

 7日  12.0キロ
 9日  10.0キロ
10日  10.0キロ

今夜の安ワイン(2/9)

マカロニが有るので今夜はワインにしようと思ったのに何故か無かった為、パスタに変更。当然ワインの予定は変わらない。選んだのはやはり今日も本来の安ワイン
[2004] ドメーヌ・ラ・ガリネ ミネルヴォワ \1,340
070210品種はシラーとグルナッシュ。早速抜栓だが、コルクは最近多い合成コルクなのは仕方ないか。香りは僅かに樽香が感じられるけど大人しい。グラスに注ぐと甘酸っぱい香りが広がり、案外美味しそう。一口含むと果実味が充分だし、タンニンも柔らかくまろやか。コクは少し不足しているけど、これは仕方がないでしょう。余り赤を飲み慣れない人が飲んでも、きっと美味しいと言う感想がでるレベル。或る意味シラーらしくないんだけど、だからと言ってサンジョヴェーゼみたいに軽くもなく、いわゆる南仏らしい甘さとしっかりした果実感を持った、普段飲みとしては満足度充分なワイン。

 79点

2007/02/04

今夜の安ワイン(2/4)

昼間沢山走って飲んで、家に帰ってからはゴロッと横になり、録画しておいた別大マラソンをうつらうつらしながら見ると言う至福の時。
しかし今度だけはあっ君に勝たせてやりたかったが、これも勝負。
仕方ないよねぇ。
そして、夜はその至福を続ける為にワインを?。
飲んだのは[2001]クリアンサ ラミレス・ド・ラ・ピスシーナ(ボデガス・ラミレス)\1,340
070204b今夜もまたスペイン娘・・って野郎かも知れない。
まだ5年目だけどコルクにはしっかりカビが付き、如何にも完熟風。
グラスに注ぐと少し淡目のワイン色ながら、果実の香りがしっかり。
一口含むと、せいぜい中重口と言った程度で、タンニンは非常に良くこなれている。ただ、広がった後が少し苦みを感じてしまい、最初の美味しさがスポイルされる。
口に含んだ時と、その後でこれほど差があるのも珍しいかな。ちょうど柿の種を舐めた様な感じがする。
時間が経てばこの辺は変わるかと思ったけど、2時間近く経っても変化なし。
でも、それさえ気にしなければ、、と言うか飲んですぐに飲み込んでしまえば(^^;美味しい部類。
いつまでも舌にのせてるから、葡萄から怒られてるんでしょうな、きっと。

 75点。

服部緑地3時間走(2/4)

泉州国際を控えて、今日は長い距離のペース走をやりたいと考え、何とか時間も都合がついたのでTGC主催の服部緑地3時間走へお邪魔する事にした。
軟弱なので一人で3時間もペース走をするのはとても無理だし(^^;
朝8時半に集合して、9時からスタート。服部緑地は走った事がなかったので、それほど起伏は無いと思っていたが、スタートからいきなり下りですぐ結構な登りコース。普段アップダウンのところを余り走らないので、途端に息がゼェゼェ~。その後も全体的に小さな上り下りがあり、1周4キロのコースを回り切る頃にはすでに足がフラフラ(^^;
それでも2周ほど走ると何となく身体も慣れてきて、当初の目標設定より10秒程遅いペースだが無事8周走る事が出来た。それでも最後の1周はもうグッタリ。まぁ、上りも歩くことなく周回出来たので、良しとしよう。
終わった後は広場でBBQの大宴会。
070204ビールをはじめ、ウィスキー入りの青竹熱燗日本酒(^^;等を結構飲み、昼間っからすっかり酔っぱらってしまった。
お陰で、足が痛いのも酔いですっかり麻痺し、帰りの地下鉄ではぐっすり眠り込む始末。
危うく乗り過ごす所だった。

 今日の距離 32.0キロ

2007/02/03

朝ラン(2/3)

昨日からこの冬一番の冷え込みだとか。
でも、市内だとそれほど寒いとは感じない。
今日、長く走って明日ペース走にするか、逆パターンがよいのか?迷った末に取りあえず淀川へ。
河川敷へ出ると風も弱く、結構走りやすそうだったので、スピードを上げる事に。しかしハーフの距離をと思ったが、家出る前に余り食べてなかった事を思い出した(^^;
さて、どこ迄腹が持つか?
予想通り、鳥飼大橋の辺りまで来るとすでに空腹状態。この分ではとても仁和寺大橋まで持ちそうにないぞ。
結局、ハーフは諦め途中でUターン。
最後の3キロ程は空腹で目が回りそうになりながら何とか帰宅。
走る距離を考える前に走れる身体の事を考えろって>σ(^^;

 今日の距離 16.0キロ

2007/02/01

朝ラン&frunの話題

市民ハーフ翌日の月曜日は、例によって二日酔いで走れず、火曜日から通勤ラン再開。
今年は暖冬とか言われていたが、今週は結構寒い日が続き、今朝は風も強くて一番冷え込んだような気がする。

ところで、その昔パソコン通信と言われた時代から有ったniftyのフォーラム「frun」が3月末で終了し、新たに独自で「frun」を存続させる計画をしています。と言うか、実際にはnifty自体が全てのフォーラムサービスを止める訳ですが。そして、今週末の日曜日までその「frun」が新たな存続コミュニティとして下記のテストアクセス場所を設けて意見などを募集しているので、興味がある人はぜひアクセスして頂き、このBlogでも良いので感想などを書いて頂ければ、と思っています。
3ヶ所は何れもテストアクセスの位置づけなので、終わればDATAは全て破棄され、新しく決定したコミュニティシステムを別の場所でopenする予定になっていますので、その時はまた案内します。

(1) http://frun.sakura.ne.jp/
(2) http://frun.fan.coocan.jp/
(3) http://f-run.sakura.ne.jp/openpne/上記の内、(2)は、最初、会議室毎に登録する必要があります。
(1)と(3)は、最初に登録する必要があります。

  1/30  12.0キロ  通勤ラン
  1/31  12.0キロ  通勤ラン
  2/1   10.0キロ  通勤ラン

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »