Jog-note

  • Jog-note
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 東京マラソン2008 | トップページ | 日本陸上選手権第2日 »

2007/06/29

日本陸上選手権第1日

今年は世界陸上の関係からか、日本陸上選手権が大阪で開催される事になった。
滅多にない事なので、これは何とか見に行きたい・・・と、初日の今日、仕事を終えて開催場所の長居競技場へ駆けつけた。
昼間は短距離等の予選が多いが、今日のハイライトは女子10,000mだが、18:25分スタートなので定時に出れば間に合う。
速攻で仕事を終え、長居競技場へ着いた時は丁度女子三障の決勝が行われていた。
この種目は圧倒的にベテランの早狩選手が強いのだが、スタンド着いた時も4周目だったか、すでに2位にかなりの差をつけて独走状態のまま悠々とゴール。
そして、注目の女子一万が始まった。この種目はすでに世界選手権出場のA標準記録を突破している選手も多く、かつB標準突破はもっと居る。その為、A標準を突破していて優勝は即内定。他の大会の様子もあるが、陸連は日本選手権を最優先の方針なので、3位以内に入れば有力となる。
スタート後、4,000m位までは渋井選手が前に行き淡々としたペースで進んだが、途中から大本命の福士選手がスピードアップ。
ここでばらけてきて、付いて行くのは渋井と高校生の絹川愛選手。脇田茜はリズムが合わないのか、ここで離れ出す。
070629

結局、この中盤での遅れが最後まで響く事になったが、レースは予想通り福士選手の独走状態。
2位に最近では珍しく?(^^;渋井が離されながらも粘り、3位には必死で絹川が付いて行く。
そしてラスト3周になってから疲れが出た絹川のスピードがめっきり鈍り、足は出すモノの上下動が大きくなり、思う様に前に進まない。
逆に脇田選手はリズムが出て来て遅ればせながらスピードアップ。100m以上有った絹川との差が徐々に詰まりだし、ラスト1周では20m位まで迫った。そして第3コーナーから猛烈な追走となり、最後の直線では凄いスパート。絹川は何とか持ち堪えたが、後ろから見ているとコンマ何秒差位のゴール。後5m有ったら完全に逆転してただろう。
結局、福士、渋井、絹川、脇田各選手の順位。
しかし渋井以外の3選手はすでにA標準を突破済みで、渋井選手はB標準突破。
世界陸上は3人出場だが、A標準3人の場合は、B標準を一人選ぶ事も可能だった筈。
と言う事は、福士が内定で3位の絹川はほぼ確実だが、渋井選手も有力。しかし脇田選手はA標準を持つ4位なので、ひょっとしたら4人と言う事も有るかも知れない。
初日からこれは面白い事になってきたぞ。

と、書いたけど、今日某識者を通じて某関係者(^^;に確認した所、やはり4人は無いとの事。
結局、脇田が落ちるか渋井が落ちるか・・・今のところ前者の可能性が高いようです。

« 東京マラソン2008 | トップページ | 日本陸上選手権第2日 »

ランニング」カテゴリの記事

コメント

日本陸連は、折角の地元開催なので、できるだけ多くの参加者を出したいという意向があるらしいですね。(著しく競技レベルが劣っていると判断されれば別ですが)4人が選考される可能性は大きいと思います。(^^)

ふれっぷさん。
今の所、A突破は3人。Bは星の数ほど居ます(^^;
実際の枠は3人ですが、地元枠が1人。本来は標準突破がいない場合の開催国推薦枠ですが、逆に言えば標準突破していれば出しても構わないと言う風に読めるので、4人も有りかな?と。
但し、「Aを突破し日本選手権で上位入賞して世界大会で活躍が期待される選手」と言うのが優先なので、渋井は外され、1,3,4位の3選手のみ・・と言う事も考えられます。
7月の南部記念って1万は有りましたっけ?。
後は欧州サーキットですが、余程の記録を出さない限り、評価は低いでしょうね。
それにしてもおばかよさんが最初に周回遅れにされたのはちょっと悲しかった・・・。

おばかよさんのかわり、っていうか・・。
1500で、桑城さん、いいレースしました。(^^)

ふれっぷさん。
最後に書き直しましたが、やはり4人はダメなようです。
奈苗ちゃん、よく頑張りました。
小林選手は5,000mにもエントリーした段階で、精神的に負けていたのかも。
あ、そう言えば競技場の前でD嬢と満園さんに遭遇しました。D嬢は故障もほぼ回復し、今シーズンの駅伝に向けて頑張って行くようですよ(^^)

>D嬢は故障もほぼ回復し

ほぅほぅ。よかった、よかった。(^^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81783/15598111

この記事へのトラックバック一覧です: 日本陸上選手権第1日:

« 東京マラソン2008 | トップページ | 日本陸上選手権第2日 »