Jog-note

  • Jog-note
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 毛馬に新公園 | トップページ | 今日は持続走 »

2007/09/29

南禅寺水路閣

今朝は曇り日で久しぶりに、と言うか、急に秋が近づいた様な涼しさ。雨も今にも降ってきそうな感じで、これはいいと、朝早めに出て、ペース走が出来た。
その後、今日は涼しい事だし、夏以来の京都へでも行くか?と言う事で出掛ける事にした。
行き先を南禅寺辺りに決定。それもメインは水路閣。
そう、テレビの2時間ドラマ、サスペンス劇場なんかに良く出てくるア・ソ・コ(^^;
南禅寺は随分昔に行った記憶はあったけど、その時は境内をざっと見ただけで終わっていたと思う。記憶があるのは、やたら広いお寺で、建造物も大きかった事くらい。
中門を入り左に行って正面を向くとまず巨大な三門がそびえる。ただの門でこの大きさだモンなぁ。(^^;
070929a

ここを抜けて右の方へ行くと水路閣がある。本来南禅寺とは何の関係もないのだが、何故か敷地の中に立てられている。
070929b

古代ローマの水道橋と同じ様な形で、明治21年に巨額の税金を使い建築された。
当然、当時はもの凄い大反対が有ったらしいが、今ではすっかり名所として親しまれ、また現在もこの水路は使用されて京都市民の上水道や工業用水などの原水となっている。
070929c

このショット↑がサスペンス劇場で一番使われているかな?(笑)
確か、狩矢警部だったっけ、山村美紗の原作(^^;
曇天の今日も観光客は多く、皆記念写真を撮るのに忙しく走り回っていた。

南禅寺の本坊へ入ると国宝の屏風や重文なども多いが、退色防止の事もあって、余り陽が入らぬ様に中はとても暗い。じっと目を凝らしてその図柄や内容が分かる程度。
そして枯山水の方丈庭園もあり、虎の児渡しと言われる石組みが有る作庭。但し同じ方丈庭園でもやはりこの前行った龍安寺の方が素人目にも品格がある様に思える。
070929d

070929e

南禅寺は広いだけ有って、周囲も落ち着いており、人の少ない時は昔にタイムスリップした様な雰囲気。
070929f

角からからひょいと町人や侍が飛び出してきても何ら不思議ではないぞ(笑)
京都の良い所は、寺社仏閣のお陰で緑が多く、建物も全体に低いので、こういった街並みで瓦屋根の向こうにビルが見えるという事も少ない。
景観より金儲け最優先のゼネコンや、不動産屋、政治屋には申し訳ないが、これから先も何とかこの景観を守って欲しい物だ。

« 毛馬に新公園 | トップページ | 今日は持続走 »

旅行」カテゴリの記事

コメント

歌舞伎で石川五右衛門が「絶景かな、絶景かな」と見栄を切る舞台がこの三門でしたね。

まほろんさん。
おぉ、そうだったんですか?
歌舞伎、素人そのものなので全然知りませんでした。
確かにあそこから周囲を見れば絶景でしょうね。
でも、三門って上がるだけで500円(--;) 維持の為とは言え、ちょっと高いよねぇ(^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81783/16612906

この記事へのトラックバック一覧です: 南禅寺水路閣:

« 毛馬に新公園 | トップページ | 今日は持続走 »