Jog-note

  • Jog-note
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 東京マラソン大会編 | トップページ | 新デジカメ購入 »

2008/02/27

今夜の安ワイン(2/25)

業爆の合間に東京マラソン参加を挟んだりして、余計業爆に拍車が掛かり、散々な目に遭っていたが、無事一区切り付き、早めに帰って久しぶりのワインを。
とは言っても、食事を済ませて帰った為、チーズ程度で飲む事に。
開けたのは、[2006]イル・ラ・フォルジュ メルロー \1,080
080225wラングドック・ルーションだが、インポーター「モトックス」の説明では、(「レ・ドメーヌ・ポール・マス」が契約農家と自社畑のブドウをブレンドして造るヴァラエタルシリーズ)と言う事らしい。
なるほど、シリーズなのか・・と調べると、カベルネソービニョンやシラーなど、単種で作っているのが多い。
なんかニューワールドみたいな。
抜栓前に驚いたのが、ボトルの重さ。かなりの重量級で、1,000円ワインでは珍しい。
注ぐと、確かにメルローらしい黒褐色のワインがボトルに入る。ボトルも重量級だけど、味もそうなのか?
香りは弱く、まだ若い為か広がりもないし、酸味も殆ど感じない。
一口飲むと、そこはメルロー。見た目とは違いって結構柔らかい。但し、タンニンがこなれておらず、少し嫌な渋みも感じて、この辺りは若いワインなので仕方がないのか。
それでも、時間が経つに連れて味わいも深くなるが、やはりそこまで。1,000円なら買うけど,1,500円ではダメと言う所。検索するとやたら誉めまくっている人も多い様だが、何より果実味の少なさが致命的で、2年程経てばもっと印象も変わったのかも。

  68点。

« 東京マラソン大会編 | トップページ | 新デジカメ購入 »

ワイン」カテゴリの記事

コメント

メルローというと丸~いタンニンというイメージがありますが、それがこなれてないのは期待ハズレなんでしょうか。
例のワイン年取り器具を2秒使ってみました?

あ~、ワイン飲みたいsad

まほろんさん。
サンテミリオンのメルローとは大違いでした。
06年だから或る意味仕方ないけど、これ以上果実感が出る事も無さそうです。
単種で作るのは、なかなか難しいんでしょうね。

ワインの事は良くわかりませんが、フルマラソン完走後の
奥様のご容態とご機嫌は如何かと案じておりました。
ワインを抜栓ディナーを用意できる程ご機嫌麗しく快復された事と確信いたし安心しました~。

tacocoさん。
奥様は翌日、若干筋肉痛が有った程度で、ごく普通でした。
まぁ、走ると言うより、歩く事が多かったからそのくらいで済むのかも知れませんね。
ご機嫌の方も、僕が家にいる時間が非常に少ないので良く分かりません(^^;
ディナーって、チーズ食べた位ですってば(^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81783/40291479

この記事へのトラックバック一覧です: 今夜の安ワイン(2/25):

« 東京マラソン大会編 | トップページ | 新デジカメ購入 »