Jog-note

  • Jog-note
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008/08/25

と思ったら終わってしまった(^^;

まったく、今回の北京五輪は見事業爆にはまってしまい、殆どレースを見る事もなく終わってしまった(/_;)
まぁ、素人のタレントや騒がしい芸人が出て来て、大騒ぎするだけのTV中継を見たいとも思わないし、スポーツキャスターと言ってもまったく別の競技出身者だったり、絶叫ばかりのバカアナの声を聞きたくも無い。
しまいには「欽ちゃん走り」だとぉ??。まさにふざけるなと言う感じ。
ほんといつからスポーツのTV中継はこんな低俗レベルになったんだろう。
結局、視聴率競争に明け暮れるTV局。そしてそんなくだらない発表をする視聴率調査会社が悪の元凶なんだろう。

とまぁ、それはともかく、今回の北京五輪。
陸上陣は一部を除いて本当に残念だった。
トラックはもフィールドも、そしてマラソンも。
もちろん、殆どの種目は良くても入賞レベル、メダルの可能性は1人位と言う事は分かっていたけど、入賞どころか自己ベストにさえほど遠い記録しか出せない選手ばかり。
せめて持ち記録か、それに近い記録を出せば、入賞ラインに入った事も多かった筈。
4年に一度の大会にピークを合わせるのが如何に難しい事かは良く理解出来るし、ここ一番で力を出す事の難しさも分かる。
しかし、それにしても情けないと言うのが実感かなぁ。
陸上は、競歩を除けば、相手と戦ったり他人に審査されたりする事もなく、自分だけへの戦いと言う恵まれた種目だ。
もちろん駆け引きと言う面は有るけど、他の競技に比べれば自分の力を出し易いと言える。
それが出来ないと言う事は、メンタル面の問題が大きいのでは無いだろうか。
結局、1年や2年に一度しかA標準を切る事が出来ない程度では入賞すらおぼつかず、比較的安定してA標準かそれに近い記録を出せないと、上位に食い込む事は出来ないと言うのが現実だろう。

そして最終日の男子マラソン。
当日朝が意外に涼しかったと言う報道だったので、これはスピードレースになって日本勢は無理だなぁ~と思ったのがピタリ当たってしまった(^^;
とにかくワンジルの強さ。
仙台育英時代の高校駅伝で、いつもの1区ではなく途中の3区を走った事が有ったけど、その時の弁が面白かった。
曰く「自分の前を走っている選手を見た事がなかったので、取りあえず追い抜いた」・・・って(^^;
確か1分近い差の3位で襷を受けて、3キロも行かない内にトップに立ってしまったのを覚えている。
こんな選手がマラソンを覚えて走り出したら、そりゃもうねぇ~。
色々問題もあるようだが、トヨタ九州を退社して今後はマラソン1本に絞り、新たな受け入れ先の日本企業を探しているとの事。
こんなスピードを持った選手にとって、駅伝がメインの実業団はやはり魅力が無いのかも知れないし、駅伝に出ないなら、別に実業団じゃなくてもスポンサーとしての日本企業は沢山有るだろう。

そしてこんな才能を持った選手はケニアやエチオピアに多くいる。
これからの五輪で日本の男子マラソンがメダルを取ると言うのは夢物語になるんだろうな(^^;
何れは女子もそうなるだろうし、ますます日本陸上界危うし。
やはり、陸上が経済的にもっと恵まれるような職業にしないと、今後は優秀な選手が出なくなるような気がする。

2008/08/23

ようやく盛り上がって来た

北京五輪の陸上陣。
と言っても、この所業爆で、殆どTVを見る暇もなく、通勤ラン・睡眠・仕事の3種類しか出来て無いのが悲しい。
でも、仕事しながら見たネットニュースでは、何と400リレーで銅メダルと言う快挙。
これは何としてもBlogにも・・・(^^;

室伏、丹野、池田、醍醐、澤野と、裏切られ続けた今回の北京五輪だったけど、思えば、去年の大阪世界選手権。
予選・決勝とも日本新の連続で5位だった興奮。
今回、その時の上位3国だった米国・英国がバトンミスで決勝進出来なかったとは言え、1/100秒を争うリレーは、その短いゾーンの中で如何にタイムを落とさず中継出来るかが非常に重要な競技。
まさに個人プレーメインの欧米と、チーム競技が盛んな日本との差かも知れない。
五輪で、日本短距離界がメダルなんてまさに夢だったけど、本当に凄い事が現実になった。
引退せずに頑張ってきた朝原選手にエールを送りたい。
それにしても銀メダルのトリニダード・トバゴって、2~3年前は世界10傑にも入ってなかったんだけど、いつの間に??って感じ(^^;

そして、もう1人は50キロ競歩で7位入賞になった山崎選手。
去年の長居では、見ていた目の前を通過後、痛恨の誘導ミスでリタイア扱いとなったが、あのまま行ったとしても入賞は難しかっただろう。
まだ若いし、来年の世界選手権が楽しみで有ります。
しかし50キロウォークの優勝記録が3時間37分って、計算すると4分19秒/キロ。
フルの距離なら確実にサブスリーやんか(^^;

最後の1人は、女子400mHの久保倉里美選手。
この種目初めての五輪出場で、見事準決勝進出。
残念ながら決勝進出はならなかったけど、嬉しい出来事です。

さて、明日は最終日の男子マラソン。
女子は残念な結果だったけど、最近の調子だと、ひょっとしたら日本選手もメダルが取れるのでは?と思えそうな雰囲気です。
明日が楽しみ・・・と言っても仕事で見られないけど(/_;)

2008/08/18

今夜の安ワイン(8/17)

今年の盆休みは15日の金曜日に墓参で日帰り帰省しただけ。
昨日は京都だったし、今日がのんびり出来る最終日。
飲んだワインは[2005]シャトー・ラ・フレイネル・ルージュ(ACボルドー) \1,540
090817wメルロ70%にカベルネ・ソーヴィニョンが25%と言う構成。
まだ濃いめで若々しい赤紫色。しっとりしており、弱めの果実臭に僅かなハッカの香り。
飲むと意外な程に力強いボディで、ドッシリと落ち着き、タンニンはきめ細やかで好ましい。
口当たりも良く、果実の濃い感じもあるけど、味そのものは比較的単調。
それでも、これだけちゃんとしたワインをリーズナブルに飲めるのは嬉しい。
フルボディ迄は行かないけど、良質のボルドーと言った感じで好ましい。

 78点

2008/08/17

五山の送り火

日中は、おこしやすマラソンの会場で配置の下見。
それが終わって、余りにも腹が減ったので、4時過ぎに四条河原町へ出て早めの夕食or遅めの昼食?
とにかく量が食べたかったので、こ洒落た店では満腹にならない・・・と、激安ファミレスへ行く事に。
ここでワインをデキャンタ2杯としこたま飲み、充分な満腹に。
080816a

その後、夕方6時頃に大文字の見物場所へ移動。
到着するとすでにかなりの人出で、良さげな場所はびっしりの埋まっていた。
ここから「大」は正面に見えるが、「妙」を見るには橋の上からしか見えず、2時間も立ち通しと言う訳に行かないし、それ以前に、橋の上は交通規制で立ち止まれない。
そこで、もっと上流の出雲橋へ行く事に。
ここからは「大」が少し遠くなるが、人出は少なく「舟形」も見る事が出来る。6時半頃に着いたが、まだがら空き状態。(^^)
近所の酒屋でビールを仕入れ、のんびり待つ内に徐々に暗くなり、やっと点火の8時になった。
そして正面には綺麗な大文字が。
080816c

10分程楽しみ、橋の上に上がって今度は「舟形」を鑑賞。
カメラは手持ちなので、写真のブレがひどいけど(^^;
080816b

この後、10分程歩いて高野川に行き、そこから「法」を見る予定だったが、途中の下鴨神社辺りで道を間違え、えらく時間が掛かってしまって、着いた所が高野橋だった。(/_;)
丁度送り火が消えた直後で、見物していた人が帰ってくる。
う~ん、残念。
結局二つしか鑑賞出来なかったけど、様子は分かったし、次に行く時はもう少しよく見える場所を探しておこう。

2008/08/12

やはり欠場か

さっきネットニュースで出ましたが、野口選手はやはり欠場するとの事でした。
残念ですが、仕方がありませんね。
1~2週間で完治するものでも無いだろうし、無理して走り、悪化させたら1年2年はまともに走れません。
来年は世界陸上があるし、次の五輪でもまだ34歳。
まだ充分走れるし、そちらの方を優先したんでしょう。
残りの2選手に期待したいですね。
スピード勝負になったら中村友梨香。スローペースになったら土佐にも入賞のチャンスは有ると思います。

2008/08/10

野口、連覇に黄信号

すでに報道されている通り故障のようですが、大丈夫でしょうか。
今日の記者会見では、左足付け根付近を痛めているとの事。
スタートは17日なので後1週間有りますが、果たしてそれまでに完治するのか?
MRIを撮るなんて余程の事だろうし、非常に心配です。
結論は2~3日中に出すとの事。
すでに補欠エントリーは締め切られている為、残る2選手で頑張るしか有りません。

そして、問題は故障がハッキリした時期がいつ頃かという事ですね。
現在は疲れを取る時期の為、軽めの練習で良いとしても、調整の終わりに近い時期で有れば強度の高い練習が出来なかった恐れも有るし、そうなると終盤に力が不足する事も考えられます。
それに他国の選手も、最初は野口に付いて行く作戦も有ったけど、故障が分かると、何度も揺さぶりを掛けられ、落とされる可能性が高くなります。
北京ではラドクリフも万全でないし、ヌデレバの調子も殆ど伝えられてきません。
連覇は万全かと思っていたけど、こうなると俄然中国勢が有利になってきますね。
土佐も故障気味らしいし、こうなると、春の兵庫で1万A標準のスピードを見せつけてくれた中村友梨香選手に恐れを知らぬ若さで何とか頑張って欲しい物です。

今夜の安ワイン(8/9)

毎日暑いが、この暑さの中で飲むワインもまたオツなもの。
冷えたビールも、最初の一杯は旨いけど、2杯目、3杯目になるとどうって事無く、その上腹が張ってくる。
その点ワインは、香りも味も変わって、料理も美味しくなる。
そんな訳で、今夜開けたのは、[2004]アライア(デヘサ・デ・ルビアレス) \834
080810w久しぶりにスペインワインで、ボトルのラベルには品種がプリエート・ピクード50%、テンプラニーニョ45%、メルロー5%と書いてある。
初めて聞く品種だが、サモーラ県やレオン県の南部では古くから栽培されているらしい。
ラベルのデザインもなかなかモダンで、比較的濃いめのボトルと上手くマッチしている。
グラスに注いだ色は、僅かにレンガ色が見られる程度で、まだまだこれからと言う若々しさ。
エッジも滑らかで、しっとり。
バナナとココアチョコを混ぜた様な弱い香りが少しする程度で、これはスワリングをしても余り変わらない。
しかし、口に含めば香りとかなり違う、力強く、しかし丸みを帯びたタンニンの味わいが。
甘みは若干欠けるけど、落ち着いた柔らかさと果実味が気持ちを豊かにしてくれ、コストパフォーマンスは充分。
後1~2年経てばもっと美味しく飲めそうな。

 75点

2008/08/09

帰宅ラン(8/9)

土曜日に打合せが入り、しかも兵庫県の山中で10時だと。(/_;)
仕方なく早朝出勤になってしまい、その分早く終わった為、帰宅ランをする事に。
夕方で日差しもそれほど強くなく、久しぶりに淀川周回で帰ろうと思い、堤防に出ると、何だか浴衣姿や子供が多い。
あれ?何かあったっけか・・・と、ここでふと気づいた。
そうか、今日は淀川平成花火大会だった。
でも、せっかく走り出したのに今からUターンして別のコースにするのも面倒。まだ時間も早いし、広い河川敷なら大丈夫だろう・・・と十三大橋を半ばまで来ると、凄い人混みが目に入り出した(^^;
屋台が出ており、その混雑らしい。
まぁ、十三駅の傍だし、この辺りさえ抜ければ大丈夫だろうと見込み、人混みを縫って河川敷に降りていく。
さて、空いている筈の上流へ、と向かうが、屋台は延々と続き、何故か十三駅への道がずっと上流からの方向になっており、そちらの方からどんどん人が流れてくる。
どうも混雑防止の為、駅からの通行を変えているのかも知れない。
080809

これは困った、、とても走れないぞ(^^;
仕方なく、ソーセージや焼きそばの煙が漂う中をウォーキング。そして、屋台と屋台の隙間を塗って、砂利道の方へ走る事にした。
幸いこちらはがら空きで、気持ちよく進んでいるとやがてガードマンが・・・。
「済みませんが、ここは緊急用車輌の通行路になっている為、出て下さい」 だと(--;)
こちらもさっきの所へ戻るのは大変なので「いや、花火見物じゃなく、上流へ行きますので」、、と振り切り、進んでいくとまたガードマン(^^; 同じ事を言われて仕方なく「いや、京都まで走って行きますので、ここへは戻りません」と大げさに言うと、何故か驚いた様子でそのまま道を空けてくれた(笑)
こんな暑いのに京都まで走って・・なんて事言ったので、きっと頭がおかしいと思われたんだろう(笑)
その後もガードマンが沢山いたが、何故か何も言われなかった。
恐らく、「暑さで頭のイカレたオッサンが走って行くから、相手にするな」等と無線連絡が入ったに違いない(^^;;;
もちろんそんな長距離を走る筈もなく、こちらは赤川鉄橋を渡り、無事家に到着。
シャワーを浴びながら「そう言えば今年は淀川花火を見に行こうか」なんて話をしていたなぁ~と、今頃思い出してしまったけど、当然もう遅いわな(^◇^;)

 今日の距離10キロ

2008/08/04

今夜の安ワイン(8/3)

腹が立つほどの暑い日中を過ごし、夜になってエアコンをガンガン入れ(^^;、少し気分が落ち着いたところで、夕食&最近買いだめしたワインを開ける事に。
飲んだのは、[2005]シャトー・レ・ジラール(ACボルドー) \1,580
080803w別に拘っている訳じゃないんだけど、何故かこれも賞を貰っているらしく、何ちゃらコンクールの銀賞だとか。
関係ないと思いながら、同じ様な値段だとつい受賞した方に手が出てしまうのが、まさに貧乏人の見本の様で情けない限りであります(^^;
カベルネ・ソーヴィニョンとメルロ、それにカベルネ・フランと言うボルドー王道の組合せだけど、グラスに注ぐとまだまだ若く、非常に深いルビーの中にも、少し黒に近い色。
カラメルとイチゴの香りがして、微かにたばことハッカの心地よい刺激臭。
さすがに銀賞・・・なんて思わないけど、意外に行けるのか?と口に注ぐと、いがらっぽいタンニンが舌を刺す(/_;)。
酸味は殆ど無く、滑らかさも余り感じられない。
時間が経てば開くのか?と思ってゆっくり飲んだけど、キメの粗さは変わらず、若干香りが強くなった程度。
上手く熟成する雰囲気は感じられず、恐らく年月が経てもこの感じで弱くなって行くんでしょう。

 67点

2008/08/03

ロングのつもりが・・・。

6月ににちなんおろちウルトラの100キロ走って以来、暑さもあって練習で走った最長距離が20キロと言う情けなさ。
これではいかんと、今日こそ30キロ以上をと、朝早めに起き、お握りを3つ食べて準備万端。
炎天下さえ走らなければ大丈夫だろうと、スタート。
まずは大川遊歩道。
写真の様に、午前中ならほぼ木陰になるし、日中でも直射日光を遮られる場所も多い。
080803a

南天満公園を経て、一旦天神橋まで行き、川崎橋から大阪城公園の京橋口までの約400mが炎天下。
でも、大阪城公園に入れば木陰が多く、まるでフラットトレイルコースの雰囲気(笑)
080803b

そして最近お気に入りの、市民の森コース。
すぐ脇の外周コースは大勢のランナーがいるけど、ここは誰も走っていない。
080803c

こんなコースばかり走っているんだから、30キロなんて簡単走れる筈・・・・・・なのにやっぱり暑く、段々と疲れてくる。
ついに足が止まってシロクマアイスに手が出てしまった(^^;
080803d

意外だったけど、アイスキャンデーって結構カロリーが高いんだねぇ。
このシロクマアイスも何と149キロカロリーも有って、ご飯一杯分に近い熱量。
ランの距離に換算すれば約2.5キロ位か?
080803e

この暑さ、一度休憩すると、次走るのが大変で、休憩と共に気力まで大人しくなってしまう。
結局、もう1往復すれば31キロになるのに、何故か気持ちが萎えてしまい、帰路に向かってしまった。
はぁ~、やはり周回じゃなく往復コースでないとロングは難しいなぁ~。

 今日の距離 28.0キロ

2008/08/02

2008京都鴨川おこしやすマラソン

今年も開催します。
開催日は2008年10月5日(日)。
今年はハーフマラソンと10キロ、そして3キロの3部門で、3キロは当日受付のみ。
ランニングフォーラムFrunの手作り大会なので、自治体主催や大きな市民大会の様に立派な内容では有りませんが、休日の鴨川をゆっくり走って楽しみたいと言う方には最適だと思います。
コースは、京阪電車・出町柳駅すぐの賀茂大橋右岸から上流へスタートし、西賀茂橋を渡って左岸を下り、出雲路橋から再度右岸へ戻る周回コースです。
申し込みはスポーツエントリーから出来ます。
もし分からない事が有れば、Frunの「おこしやすマラソン検討室」に書いて頂いても結構ですし、もちろんこのBlogでコメントして頂いても良いですよ。
申し込み締め切りは9月20日です。是非どうぞ。

今夜の安ワイン(8/1)

平日に仕事を終え、家に帰ると大抵遅い時間なので、晩酌にワインと言う訳にも行かず、いつもは焼酎のお湯割りを飲むんだけど、今夜はつまみにする様なモノが無く、中元で貰ったハーフボトルとチーズで済ます事にした。
ハーフなら残す事もなく短時間ですぐ飲めちゃうしね。
って事で開けたのが、[2005]クレスマン・メドック・グランド・レゼルヴ(ACボルドー) \頂き物。
080801w先日飲んだのも同じシリーズの同じ頂き物。
軽い果実臭と草の香りがする程度で、正直弱い。
しかし、香りからは想像出来ない力強いルビー色で、この辺りはボルドーらしい感じがする。
タンニンはまだしっかりしているけど、渋みが残る訳でも無し、だからと言ってあっさりしていると言う事もなく、香りから想像すると意外に感じる程で、良質の中重口と言った所か。
ただ、深みは無く余韻も少なく、無個性と言うか、作り手の顔が見えるという訳ではない。
まぁ、この辺りは大量生産だから仕方がないのかな。
それを別にすれば、新聞片手にチーズ囓りながら、夜を過ごすと言う程度には全然問題なし。
ボルドーの日常ワインとすればOK、OK。

 69点

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »