Jog-note

  • Jog-note
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 今夜の安ワイン(10/19) | トップページ | 今夜の安ワイン(10/25) »

2008/10/22

グラス購入

今までディリーワインを飲む時に使っていた、怪しげなソーダガラス製の無印ワイングラス。
台に傷が入ったり、僅かに縁に傷が入ったりして来て、そろそろ新しいワイングラスを購入する事にした。
ワイングラスと言えばリーデルが定番。
今も、少しまともなワインを飲む時には、「ヴィノム・ボルドー」と「ヴィノム・ブルゴーニュ」 を使っているけど、安ワイン愛好者にとって、ワイン以上に高いグラスを使うのは、本末転倒では?と思ったり。
おまけに、酔ってしまい、洗う時に割ろう物なら、とても悲しい事になる。
リーデルでも、ほんとは、マウスブローの「ソムリエシリーズ」を使ってみたいけど、一客で一級シャトーのワインが買える位なので、もちろん却下。
せめて安ワインと同じ位の値段となれば、リーデルの「オヴァチュア」になるんだけど、ガラス製は厚くて口当たりもそれほど良くない。
それでは・・・と、少しお手頃なシュピゲラウかショット・ツヴェーゼルから選ぶ事にした。
どこか安い所は無いかと、Webを探していると「ノイジーズ・ワイン・セレクツ」と言う店が安い事を発見。
もちろんシュピゲラウでもショット・ツヴェーゼルでも、マウスブローは有るし、リーデルよりずっとお手頃な値段だけど、何しろマウスブローは一般に大きいグラスが多く、当然ワインも多く入る訳で、そう言うのは我が家では却下される可能性大。
と言う事で、色々悩んだ末に、ショット・ツヴェーゼルのヴィーニャシリーズから「レッド ワイン」と「ブルゴーニュ・ラージ」をそれぞれ一箱ずつ購入。
写真は何れも左がリーデル。
081022a

081022b

リーデル・ヴィノムと並べてみると、ボルドーグラスはヴィノムが225mm、ヴィーニャが217mmと、僅かに低く、容量も610cc VS 404ccと、普段のみとしては合格。
但し、ブルゴーニュグラスは、210mm・700cc VS  221mm・732ccと、ヴィーニャの方が勝ってしまったぞ(^^;
ま、5%の増量だし、その分香りを楽しめる・・と言う事で勘弁して貰おう。

まだ使ってないけど、台は12客全部きちっとしている。ステムの継ぎが若干気になるけど、これはマシンメイドだから仕方がないし、ヴィノムより綺麗な造り。
色も綺麗な透明で、非常に軽い。
さて、今週も毎日帰りが遅いので週末飲む時が楽しみで有ります。

« 今夜の安ワイン(10/19) | トップページ | 今夜の安ワイン(10/25) »

ワイン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81783/42852672

この記事へのトラックバック一覧です: グラス購入:

« 今夜の安ワイン(10/19) | トップページ | 今夜の安ワイン(10/25) »