Jog-note

  • Jog-note
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2009大阪国際女子マラソン | トップページ | 強風の丸亀 »

2009/01/31

今夜の安ワイン(1/30)

Qちゃんに会える丸亀ハーフを前にして、景気づけにワインを。
飲んだのは[2005]シャトー・ド・ビロ(プルミエ・コート・ド・ボルドー) \1,875。
090130w 少し前にエノテカで買ったセットの内の1本。
殆ど聞いた事のない造り手だけど、販売店によると、殆どがフランス国内の固定客向けに消費される為、日本に余り入って来ないとか。
でも、それじゃずっと入らなくても当たり前なのに、何故にこの優秀ビンテージが入るのか・・・?(^^;
ま、宣伝文句なので話半分に聞いておくのが正解だろう。
さて抜栓。
色は紫が強く、割りと濃いルビー色。
裏のラベルはメルロー73%、カベルネ ソーヴィニョン17%、カベルネ・フラン10%となっている。
いつも思うんだけど、セパージュってどうしてみんな違うんだろう?
中にはビンテージ毎に割合を変える造り手もいるし、サンテミリオンの様に、単種1本で作るシャトーもある。
そして73%と言う微妙な数字(笑)。70:20:10ではダメなんだろうか(笑)。
と、そんな事考えても始まらないので、一口味わう事に。
香りは赤系の果実に樽香が少し、それにハーブの様な好ましい薬草の香りが若干。
全体的には、しっかりと香りが感じられるけど、強く立ち上ると言った感じではない。
味は、フルーティーの中にスパイスが感じられ、思ったよりまろやか。
もう少し骨格が強そうな印象が有ったけど、そんな事はなく、口当たりも良いしタンニンもスッキリ。
但し、余韻が弱く、飲んでしまうと印象がぼけるのが残念。
悪くはないけど、もう少し個性が有っても良いのではと思う。
冒険はせず安定感もあって、良く言えばボルドーの正統派。でも、それ以上にはなれないし、平凡と言えば平凡。
フランス国内の固定客向けと言う事だが、何となくその理由が分かった様な気がする。
これ位なら、2,000円近く出さなくても沢山有ると思う。

  72点

« 2009大阪国際女子マラソン | トップページ | 強風の丸亀 »

ワイン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81783/43905911

この記事へのトラックバック一覧です: 今夜の安ワイン(1/30):

« 2009大阪国際女子マラソン | トップページ | 強風の丸亀 »