Jog-note

  • Jog-note
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 今夜の安ワイン(9/25) | トップページ | 2009おこしやすマラソン »

2009/09/28

第12回村岡ダブルフルウルトラマラソン

今年のウルトラは村岡ダブルフル100キロに参加。
ちなみに、ここは標高差が2,550mと言う山岳マラソンで、その厳しさでは西の横綱と言われているとか。(ちなみに東は野辺山らしい)
この為に、年が明けてから6度の妙見山参拝を行い、最後は隔週の参拝を4度。
完走には絶対の自信があったが、まさかこんな事になるとは(^^;。
結論から言うと、56キロ付近の下り坂で一瞬変な着地をしてしまい、左膝を少し捻ってそれが原因になり、結局68.2キロのエイドで痛恨のリタイアをしました。(/_;)
まさに好事魔多しで有ります。

コースの概要はこんな感じ。
090927a

前日の土曜日、新大阪~会場直行のマラソンバスで村岡へ。
大阪からは計3台のバスが出て、全車満席の様子だった。
090927b

約3時間で到着後に受付を済ませ、少し待ってから前夜祭へ出る事に。
数年前に前夜祭の食事や飲み物が廃止されたが、これは余りにも量が多く、そこで食べた人が民宿の夕食を殆ど食べなくなり、困った民宿が廃止を要望したとか。
噂なので本当のところは分からないが、他のBlogやHP等で以前の写真を見ると、確かにかなりの量の食べ物が並んでいるので、あながち嘘でも無いように思える。
そんな訳で、今年の前夜祭に出ていた人も2~300人と言った所か?
中ではfrunのY氏やI氏に出会い、一緒に観覧。
珍獣ハンターコスプレでイモトより若干お歳が上に見える女性(^^;の司会で始まり、伝統の太鼓や、ゲーム、そして何故かライブ演奏まで有り、1時間半程で終了。
その後は宿からの送迎車に乗って一晩過ごす。
090927c_2

明けて、午前4時過ぎに会場へ到着。
会場では、同じく先々週、妙見へ一緒に行ったK氏に出会いエール交換。
スタート会場が村岡高校でゴール会場が村岡小学校。
すぐ隣に有るのに何故か別れており、この為に受け付けた荷物を運んだりテント設営など大変だと思うのだが、コースの取り方で何とかならないのだろうか?
まぁランナーにとってはどちらでも良いんだけど。

090927d_2

090927e

午前5時に真っ暗な中をスタート。
中には農道のような狭い所を通るが、要所でスタッフがオートバイによるライトを照らしてくれ、サングラスをしていてもさほどの不便さは感じない。
前半はキロ6分強のペースで淡々と進み、一部短い急坂があるが、それ以外は走って行く。
88キロとの分岐点を右に行き、やがて36.6キロ猿尾滝エイドが有り、ここで噂の流しソーメンを食べる事に。
090927f

その後登っていくと、去年美空ひばり・今年はアッコにお任せ氏が、赤のロングドレスにラジカセ伴奏でマイクを持って唄いながら猛スピードで走ってくる(^^; さすがに凄い。
その少し後から先々週妙見山へ一緒に行ったR氏が飛ばしてきた。はやっ!!
作山で折り返して進み、もう一度流しソーメンを食べてから進むと、コース一番の難所、蘇武岳への登り。
標高270mから1,040m迄の770mを約9キロで一気に登る事になり、妙見山で言えば、川尻の交差点から妙見山バス停迄の高低差330mをそれより短い距離で2倍以上の高低差を登る事になるが、さすがにここは走れないので最初から歩くと決めていた。
実際、回りに走っている人はおらず、少し走ってもすぐ歩きに変わってしまう。
ヘロヘロになって何とか蘇武岳山頂に到着。
ここで先ほど出会ったR氏に遭遇。
天気も良く、展望台からの眺めていると、何やらハイキングに来た様な気分(^^)
090927g

エイドでは寿司やバナナ、プリンなどを口に入れ、数分前に出たR氏を追いかける様に出発。
下って行くと、対面の坂を走るR氏がタオルを動かしたように見えたが、その差約3分程度か?
尤も、こちらは下りもセーブして行くので、次のエイドでは5分以上の差に広がるだろう。
しかしここで痛恨のアクシデント。
最大の難所を終えた安心感からか、或いは一瞬気を抜いたのか、思わず少し身体を前傾気味に変な着地をしてしまい、左膝を少し斜めに軽く捻ってしまった。
アッ、と思った時はすでに遅く、ピクッと痛みが走り、すぐスローダウンしたが、どうも膝に力を入れられない。
かなり痛むと言う程ではないが下り坂では致命的で、歩幅を極端に狭め、とにかく負担が掛からないように下りて行く。
次の蘇武小城エイドに到着後、アイススプレーを借りて痛めた膝を集中攻撃(^^;
少し休むと痛みが治まった様に思えたので、再度スタート。
しかしここからはまさに激坂で、歩いて下りてもすぐに痛みが出てくる。慎重にゆっくりと長い下りを終えて次は5キロ程の急坂を登攀。
登りはそれほどでも無いが、とにかく下りが辛い。やっと登り終えた後は少し下って和佐父峠の68.2キロエイド。
ここで休みながら色々計算して見た。
残り時間は5時間半以上有るので、残り32キロを全て歩いてでもギリギリ間に合うだろう。
しかし、今短い距離を下っただけでも痛みが出るし、後に控える今シーズンのフルを考えると、これ以上悪化させる事は出来ない。
結局、ここでリタイアする事に決めた。

1時間程休んでいると、色々なランナーが通過して行く。
特に最後尾近くなると足を引きずり、フラフラになったランナーが立ち寄って行く。その姿を見ているとまさにボロ雑巾(^^;の様だけど、でも羨ましい。
後はそれほどきつい坂も無いし、少し位走って行けるのではと思ったりもするが、やはり決心が付かない。
そうこうしている内に救護車が到着して乗り込む事に。
ゴール会場へ運んで貰い、グランドを見ていると、丁度10時間15分位の選手がゴールして来るところ。
その後はゆっくりと温泉で汗を流す。
まだランナーも少なく、傍目から見れば自分もサブ10でゴールして温泉に来たと思われるかも(笑)
風呂の後戻ったゴール会場では続々とランナーが帰ってくるが、このアーチをくぐれなかったのは残念。
090927

辺りはすっかり暗くなり、ランナー達も途中で渡されたペンライトを手にしてグランドに入って来る。
そして19時の競技終了直後に、ナイター照明が消えて大会終了の花火が上がる・・・ちょっぴり貧弱だけど(^^;。
でも、こんなのは初めてなのでなかなか良いモンで有ります。
090927i

帰りの車中では、来年のリベンジを誓いながら、でもこのコースの余りの厳しさに、もう走りたくないなぁ~なんて事も思ったり(^^;

途中迄ながら、取りあえずコースの難所を全て通った印象は、去年走った「にちなんおろちウルトラ100キロ」も山岳コースで厳しいと言われていたけど、そんなのとはまるで比較にならない程こちらの方が難コースです。
今回は12時間前後でゴール出来るペースで前半押さえて行ったし、リタイア時点ではまだまだ余裕が有ったけど、仮にアクシデント無しに行ったとしても、後半は予想より遥かにスピードが落ちる様に思えました。
実際、途中で出会った仮装ランナー達や、長い間前後して走っていたランナーも、その時点から考えれば思いも寄らない程遅いタイムでゴールしていたし、アッコにおまかせ氏も疲労の色がかなり濃かったです。
にちなんおろちではサザンの桑田でしたが、ゴール後でも余裕だったのに。
今回の様に、前半押さえて走っても、最後は予想以上の疲労が出てくるんでしょうね。
確かに西の横綱と言われるだけの事は有ります。

って事で、膝が治ったら次はフルへ向けて練習開始。
そして来年のウルトラは、タイムを狙える比較的楽なコースでの大会も出てみようと思っています。

« 今夜の安ワイン(9/25) | トップページ | 2009おこしやすマラソン »

大会参加記」カテゴリの記事

コメント

お疲れさま。 勇気有るリアタイアでしたか。
折角だから、と最後まで走りたくなるところを良く我慢されたと思います。
高低差が有るコースは厳しいですが、それが景色の良さなんかに通じるのでしょうね。

まほろんさん。
なかなか上手く行かないモノですね。
自分なりに充分練習を積んで、完走なら間違いなし、、などと思い込んで望んだのを、神様がバチを当てられたんでしょう。
妙見山へのお布施が足りなかった様です。
そう言えば、最後に行った雨の時は、寒くてお布施どころでは無かったですから(^^;
エイドはもの凄く良かったですよ。
それに地元のスタッフの人達もとても親切で、規模の大きな手作り大会と言った趣でした。
あんな厳しいコースなのに、懲りずに参加するファンが多いのも頷けます。

お疲れ様でした。
&練習の成果が発揮できずに残念でしたねえ。
でもリタイヤして正解かもしれませんよ。
だってあの後には「えっ!コレは走られへんで~」みたいな急な下り阪や、何処まで降りるねんなんて坂もあり、また路面もコンクリーで固い箇所も多かったです。
ヘタしたら膝は厄介ですからケアしてあげてくださいよ。若いことないんですから(^^;
治ったら又妙見にいきましょうか?賽銭をあげに・・・

私?おかげさまでボロ雑巾のようになってゴールできましたよ。

亀オヤジさん。
お疲れ様でした。
完走おめでとうございます。
ついに本物の復活ですね。
救護車でランナーの脇を通りながら、射添会館へ下りて行くコースは確かに激坂でした。
蘇武小城エイドからの下りと余り変わらない斜度でしたね。
しかも長い(^^;
リタイアせずに降りていたら、今頃松葉杖のお世話になっていたかも知れません。
妙見山、また行きましょう。
次は防府対策と名前を変えて(笑)

お疲れ様でした
大変な事になってたんですね いつ後ろから追いついて来られるかとお待ちしてたんですよ
村岡の所々にあるコンクリートの下り坂はくせ者ですね
あそこは私も慎重に下ります(過去にえらい目に合いました)
リタイアされたのは正解だったんじゃないですか
まだ厳しい下りもありますからね

会場で花火まで私も見ていたんですよ
AKAさんを探しながら

私は何とか目標の13時間を切り12時間47分でゴールしました
妙見のお蔭です
ありがとうございました

ryuji1962さん。
余裕の完走おめでとうございます。
射添会館からの登りで追いつける筈・・・だったんですが(笑)
リタイアしたエイドで、亀オヤジさんから、ryujiさんは12時間切りを目指していると聞いたので、あのペースなら大丈夫と思いましたが、意外なタイムでしたねぇ。
やはり終盤、かなりペースダウンしたんでしょうか。
ゴールの様子も見ていましたが、12時間以降も一向に発見出来なかったので、これは11時間台の早いタイムでゴールされたに違いない、と思っていました。
暗くなった会場では、失意の涙を見られない様、隅っこで隠れていたんですよ(笑)

お疲れ様でした。
まさかのアクシデントに驚いています。
AKAさんがリタイヤならば私なんか
まだまだ無理な大会でしょうね。
それに、いい気になって丹後の碇高原を
かっ飛んで走った自分が今になって
肝が冷えました・・・。
また、来年リベンジして下さいね。

風来坊さん。
いえいえ、風来坊さんはしっかりした実力がお持ちですから、ちゃんと完走出来るんですよ。
やはり付け焼き刃ではダメですね。
長い時間走っていると、一瞬気が抜けてしまうと言うのが未熟な所です。
次回はしっかりと走り切る力を付ける積もりです。

リタイヤ残念でしたね~
でも 無理すると シーズン棒にふりますからね~~
特にわれわれのクラスになると(苦笑;)

私も数年前の奥熊野 なめてかかったので92キロ過ぎで
初リタイヤしたんで~~

残念でした。
まさか、そんな怪我が勃発しただなんて(涙)。
その後、痛みはどうですか?
早く治して、次の目標めざしてまた再スタートを切ってくださいね。

そうだ、阿蘇でもウルトラやっていますよ♪

たけしたさん。
そうそう、年寄りはちょっとした怪我でも2~3年掛かりますからねぇ・・・(/_;)
取りあえず1ヶ月後は淀川フルですから、早く治さないと。


京丸さん。
有難うございます。
幸い早めに止めたので、大した事はないです。
普通に歩く分には影響ない所まで来ました。
ウルトラは、阿蘇スーパーカルデラですね。
行くのが結構大変みたいなのと、当日帰ってこられない様子なので、二の足を踏んでいるんですよ。
温泉を兼ねて一度行ってみたいんですが。

AKAさん、こんばんわぁ!村岡、お疲れ様でしたぁ!!
まぁ、シーズン初めやし故障なら、リタイアが正解だったのでは!
「このコースの余りの厳しさにもう走りたくない」などと言わずに、お互いリベンジすべく、来年も村岡に行きましょうネ(^O^)/

お疲れ様でした。
AKAさんをはじめ、100kmランナーさんのゴールを但馬牛の焼き肉を頂きながら、待っておりました。
まさか、故障されたとは。
大事に至らぬことをお祈り申し上げます。

お疲れ様でした。健康な体あってのマラソンですから無理してケガが長引けばAKAさんに福知山でお目にかかれないことになりかねませんものね。
それにしても恐るべしウルトラマラソンですね。私も「来年出てみようかな?」とチャレンジ心を少しくすぐられました。

うわっ、ほんま残念でしたね。妙見山参拝6回もしたのに…(凄!)。
膝ってほんと治りが遅いので(私はですが)きっと賢明な選択ですよ。
その分、これからのフルでうっぷん晴らして下さい。お疲れ様でした。

ところでアッコにおまかせ氏、サザンの桑田ってどういう意味ですか?
来年でにちなんおろち大会終了という噂も本当でしょか?

YAMAYAMAさん。
ほんと噂通りの厳しいコースでした。
おまけに暑いしねぇ。
来年もう一度・・・。
でも、にちなんが最後と言う事なので出たいし、記録狙いのウルトラも出たいし・・・。
う~ん、ウルトラ3連チャン??(^^;

ミカンさん。
焼き肉・・・。
温泉から帰ってきて、ビール飲みながら明るい内に食べてました(^^;
故障は軽いので、すぐ治りそうです。
しかし、何度もウルトラを走っておられる方はやはり違いますね。
長時間、集中力を持たせるのがほんと難しいです。


はたさん。
そう、福知山はまだ練習時期ですが、そこそこ走るつもりです。
六甲縦走をこなしておられるですから、来年は山岳ウルトラを走りましょうよ。

marniさん。

幸い、膝の方はほぼ治ってきました。
来週からまた通勤ラン再開出来るでしょう。
アッコにお任せ氏ですか?
毎年色んな仮装で出ておられるんですが、写真が載っているWebをここに書くと何故かスパムと見なされて、投稿出来ないので、別途お知らせしますね。
驚きますよ(笑)

来年イッテミヨウカシラン

たけしたさん。
是非どうぞ。
ほんと良いコースだと思いますよ。
って、他のウルトラ余り知らないから何とも言えませんが(^^;

AKAさ〜ん!
25日ってゆりかもめでしたっけ?
妙見にお礼参りに行きますけど
箕面10時集合
石橋でお風呂
梅田で丹後/村岡の打ち上げやりま〜す
よければご参加下さい

ryujiさん。
25日ですか?
ユリカモメは走らないけど、翌週の11月1日が淀川マラソンのフルです。
と言っても、練習代わりに出るので、記録はどうでもいいんですが。
って事で、一応参加にして於いて下さいな(^^)
でも、お礼参りにはならないなぁ~>σ(^^;

了解しました
ご無理のない程度で!
(^-^)v

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81783/46335550

この記事へのトラックバック一覧です: 第12回村岡ダブルフルウルトラマラソン:

« 今夜の安ワイン(9/25) | トップページ | 2009おこしやすマラソン »