Jog-note

  • Jog-note
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 今夜の安ワイン(11/20) | トップページ | 「2009」福知山マラソン(11/23) »

2009/11/22

今夜の安ワイン(11/21)

以前からワインパーティをと言う話が出ていてやっと実現。
M嬢宅を会場に、計6人が好きなワインを持ち寄ると言う形。
福知山マラソンの2日前だと言うのにこんな事していても良いんだろうか?・・・なんて事は何も考えずに、喜んで開催であります。
以下、テイスティングノートは翌日の二日酔い頭を抱えてのメモ書きで、記憶違いは勘弁して下さいませ。
当然、後になる程、書いた内容が希薄になっております(笑)
ちなみに、写真の左側から飲んだ順に並べてあります・・・の筈。
091121w

まず1本目にはスパークリングワインが定番でしょう・・・って事で、M嬢からハウメ・セラ・ブリュット・ナチュレ(DOカバ)
何となくピンクっぽいのを想像していたけど、注ぐと意外に淡い色で、泡の中には若干グリーン系の色合いも感じられる。
香りは当然柑橘系なんだけど、少しナッツなども有り、辛口の甘みがとてもスッキリしている。
滅多に飲まない泡だけど、それなりによろしゅうございます。


2本目。
取りあえず軽めで白が宜しいのでは・・・とKK氏から[2007]コート・デュ・ローヌ パラレル45 ブラン(ポール・ジャブレ・エネ)
調べると、グルナッシュ・ブランがメインに、ブールブラン等から作られているとか。
KK氏に依ると、パリで一番人気の白ワインらしい。
ローヌの白を飲んだのは余り記憶にないけど、かなり淡い麦わら色で、香りは若干弱め。
一番人気と迄は思わないけど、自然でクセもなく、非常にナチュラルなワインで有ります。
その分、少々頼りない感じもしたり・・・。


3本目は赤だった様に思ったけど、飲んだ順にボトルを置いた記憶で、左から並んでいる写真を見ると、白が続いています。これまたKK氏だったか?
[2008]ブルゴーニュ・シャブリ
シャブリで有ります。
残念ながら造り手の記憶が全く無し(--;)
シャルドネらしい、少し濃い目のレモンに若干青がかった黄金色の印象。
ミントに青リンゴを感じる果実味。
少々スッキリし過ぎの印象で、かなり軽めに飲めてしまったワイン。


次がお待ちかねの赤で、[2007]シャトー・シトラン(AOCオーメドック)
ブルジョワ級のワインで、カベルネ・ソーヴィニョン58%、メルロー42%との事。
これはK氏??
白を飲んできたせいか、一瞬深く見えたけど、よく見ればそれほど濃い赤でも無く、若干濁り気味のルビー色。
香りはごく軽くハッカの刺激を感じて、軽いながらそれなりに良い印象。
味も、ブルジョワ級らしく濃い目で、どっしりした重さが有る。
但し、果実味もそれなりにあるし、タンニンもこなれているけど、凝縮感が少々不足気味。
その分、フィニッシュは弱い。


この辺りまで来ると、若干酔いが回ってきております(^^;
5本目は[2004] パパレ・プリモティーヴォ ディ マンドリア(ヴィーニェ・エ・ヴィーニ)
このワインで思い出すのは、ポッジョ・レ・ヴォルピの造る安旨ワインだけど、こちらはヴィーニェ・エ・ヴィーニ社が作っております。
この種は強く舌にしっかり回るタンニンと言う記憶があるけど、このワインもそれなりにしっかりしたイタリアワイン。
但し、フルーティ感が結構強いお陰で、万人向けの柔らかい舌触りで飲みやすくなっている。
個人的にはもう少しどっしりした方が好きだけど、骨格も充分で力強さは有る。
弱めの香りが若干減点か。


そして、6本目。
と言う事は、それぞれ1人1本近く飲んでいる訳で、若干からもっと進化した酔い具合(^^;
飲んだのは[2005]シャトー・ロック・ド・ジャンリス(AOCボルドー)。
すでに旨安ワインとしては有名どころなのに、パーカー氏が88点付けたと言うだけ有って本格的なボルドーを思わせるのは相変わらず。
2005年というビンテージのお陰か、香りも強く、樽香に甘草・藁系の香りが充満。
飲み口も充分タンニンが効き、しかも舌触りが柔らかい。
安定感が有り、それでも値段が上がらない所は立派であります。
ボルドーらしい力強さを求めた安ワインとして、しっかり安定。


7本目は、ワンコインという安ワインで、カラモリーノ ティント。
以前飲んで、その旨さに驚いたワインだけど、これは6本目に飲んだシャトー・ロック・ド・ジャンリスとは正反対と言っても良い味付け。
品種はガルナッチャやテンプラニーリョと言う事で、ラベルによると生産者組合の自家消費用ワイン。当然ビンテージも有りませんが、その真偽はともかく、580円で飲めるワインとしてはメチャ旨で有ります。
とてもナチュラルなのに、葡萄の味がしっかり生かされ、かつノンフィルタのお陰か、しっとりとした味わいが有る。
但し、値段が値段なので、味わいの広がりや、フィニッシュ迄求めるのは無理というもの。


8本目が[2008]サン・ロレンツィ キアンティ
正直言えば、この辺りはかなり記憶も怪しくなり、記憶を必死でまさぐると言った具合で、なかなか出て来ません。
キアンティらしい軽く、果実味の通ったワインだと言う程度は覚えているけど、それ以外はサッパリ(^^;


そしてラストの9本目が[2006]ヴィルローズ(ACフロントン)
フロントンって余り聞かない名前だけど、調べてみるとフランス南西地方のワイン産地らしい。
当然、9本目になるとその時は覚えていても、次の日目が覚めるとすっかり忘れているものです(^^;
それでは申し訳ないので、色々調べた結果は、品種がネグレット・シラー・ガメイ他の混合だとか。
南仏らしい作り方であります。


と言う事で、結局誰がどれを持ってこられたのか最初の方しか分からなくなってしまったけど、何とか後半まで味の記憶が有ったので勘弁して下さいませ。
でも、どうやって帰ったのかをちゃんと覚えてないんだよねぇ(^^;
おまけに福知山マラソンの宴会で聞いた話では、確か10本だったとか・・
???まだ1本飲んでたの???(^O^;

« 今夜の安ワイン(11/20) | トップページ | 「2009」福知山マラソン(11/23) »

ワイン」カテゴリの記事

コメント

そりゃあ、こんだけ飲覇?したら、しかも前日。
福知山前の激鍛練だったんだ~(クスクスッ!)

marniさん。
さすがにレース前日ではありません。
前日は缶ビールで我慢しましたので(笑)
でも、完璧二日酔いだったので、それなりに鍛錬には役立ったかも(^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81783/46850104

この記事へのトラックバック一覧です: 今夜の安ワイン(11/21):

« 今夜の安ワイン(11/20) | トップページ | 「2009」福知山マラソン(11/23) »