Jog-note

  • Jog-note
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 今夜の安ワイン(12/18) | トップページ | 今夜の安ワイン(12/20) »

2009/12/21

第40回防府読売マラソン

一昨年までは関門3時間のエリート市民ランナーの大会で、以前から別府大分マラソンと並んで、新人ランナーの登竜門と言われて居たが、去年から一気に4時間となり、自分の様なへなちょこランナーでも参加できるようになった。
お陰で、参加者はせいぜい500人弱だったのが、去年は800人。今年は1,600人近くなり、今回は女子の部も出来た程。
エリート大会であった為、スタートが正午過ぎなので、大阪からでも日帰りで行けるのが良い所。
とは言っても、レース前は出来るだけゆっくりしたいと思い、前日に防府入り。
徳山までは新幹線でレールスターに乗車。
この列車は指定席がグリーン車と同じ座席になるのが嬉しい。
091220a

徳山で乗り換えて防府駅に付くと早速横断幕。
スタートが12時02分で、TV・ラジオ生中継と書いて有るのが如何にもエリート大会だった様で何となくいい気分(^^;
駅前の温泉付ホテルでゆっくりし、ビールも最小限にして明日への英気を養う。
091220b_2

ここまでは練習も或る程度出来たし、調整もOK。
油断して若干オーバー気味だった体重も、先週のカーボローディングで約2キロ近く減らし、ラスト3日間の炭水化物でその分を戻し、当日の体重は60.1キロと、ほぼ問題ない状態。
心配と言えば、日本列島を襲っている寒波と、強風くらいか。
しかし、結果は惨敗だった(/_;)

朝食を終えて表へ出るとかなり冷え込んでおり、風も強い。
参加者が増えたとは言え、規模的には小さな大会なので、バスを並ぶ列も大した事も無く、すぐに来たシャトルバスで防府市陸上競技場へ向かう。
更衣テントでは、日帰り参加のK氏・R氏の他、frun仲間総勢8名に出会う。
アップの為、トラックに入ると、山口テレビの女子アナがスタート前のニュース実況を放送している。
091220c_2

そしてスタート。
風の影響か、号砲が良く聞こえず、周囲の移動と共に走り出すが、スタートラインがどこか分からず、タイムロスは恐らく30秒程度か?。
スタート後の混雑をそのまま流れに乗るが、それなりのランナーが多いせいか、キロ5~5分10秒程度で進む。
3キロ付近からようやくばらけて来て、スピードを上げる。
しかし何故か身体が重い(--;)
調整は全て上手く行った筈なのに、何故??
予定では5キロを23分30~45秒で行く積もりだったし、練習でもこのタイムで充分走れていた。
それなのに、24分位しか走れないし、そのスピードでも呼吸が苦しいほど。
つよい向かい風のせいだろうか?
そのまま流れで進んでいるとR氏の後ろ姿が見えたので、ゆっくりと後ろに追い付き、引っ張って貰う事に。
これで気分的には楽になったが、呼吸の苦しさは相変わらずで、付いて行くのがやっと。
そうする内、15キロ位までは何とか我慢していたが、やがて徐々に離れ出す。
強風の向かい風は相変わらずで、おまけに吹き付ける風の低気温で脳が働かないのか?(笑)、ぼぉ~っとして走る事が多くなった。
集中力も途切れだし、時々気が付いた様に気合いを入れ直すが、それもすぐに忘れてしまう。
追い風の所では若干の汗をかくが、それ以外では全く汗も出ない冷え込み。
20キロ付近では、痛めていた膝に貼ったテーピングの影響か、脚の付け根の筋に痛みが出て来たので、迷ったけど結局外す為にコースアウト。
そのお陰で、キロ5分を維持出来なくなり、記録更新も無理な様子で一気にスピードダウン。
この辺りから35キロ迄の10キロが一番苦しく、何度もリタイアを考えた程。
とにかくどこを走っても強く冷たい向かい風だし、シューズも薄く軽い為に冷え込みがきつく、足は全てしびれた様に感覚が全く無くなっている。
身体を前に倒す様にして走るが、記憶は途切れ気味。
廻りにも殆ど人は居ず、50mほど前方に風除けに出来そうな集団も見られるが、とても追い付く元気も出ない。
とは言ってもずっと単独走なので、その分沿道の声援は全て自分1人に向けられ、歩く訳にも行かずとにかく頑張るしか無い。
この10キロは本当に沿道の熱い声援のお陰で走れた様なモノ。

遠征費も出して貰ったんだから、とにかく完走だけはしようと、ひたすら前に進むが、気温はますます下がってきて、38キロ付近からはついに小雪や霙が身体に吹き付ける様になってきた。
しかし救われたのはこの後が追い風だった事。
もう追い風でも汗が出ない程の寒さだが、身体は若干軽く感じる。
ひたすら足を運び、競技場のトラックに入る。
残念ながらオーロラビジョンは無いが(^^;、やっとの思いでゴール。
その後すぐに先日から連絡を受けていた某新聞社のインタビューを受けて、ボロボロになりながらテントに戻った。

      Time   Lap   Ave 
Start  0:00:00  00:00 スタートロス不明約30秒  
5km   0:24:12  24:12  4:30
10km  0:48:00  23:47  4:45
15km  1:12:30  24:30  4:54
20km  1:36:34  24:03  4:49
Harf   1:43:02       4:53
25km  2:02:09  25:35  5:07 テーピング外しでコースアウト
30km  2:27:45  25:36  5:07
35km  2:53:58  26:12  5:14
40km  3:21:04  27:06  5:25
Finish  3:32:19  11:16  5:09
グロス 3:32:19        5:02

終わった後は、一緒に参加した仲間達と、帰りの新幹線の中でプチ宴会。
091220d

そんなこんなで、無事帰着しました。

さて、色々と検証したが、惨敗の理由はサッパリ分から無い。
一ヶ月前に、練習で参加した福知山マラソンは30キロ迄ちゃんと走って、後は流した様なええ加減ランだったが、そのタイムより悪いのだから。
今回は殆どが順調に来て、自分でも力を出せる自信が有った。
大体、何故スタート後の身体が重かったのかさえも分からない。
ずっと吹き付ける冷たい強風と低気温と言う天候のせいが大きいとは思うけど、そんな中でもちゃんとベストを出している人もいる。
そして重要な事は、走り終わった後のダメージがとても少なかった事。
駅の階段も荷物を持って楽々上り下り出来たし、これを書いている今日も、筋肉痛はそれほど感じられない・・・って言うか、歳をとると翌々日に出るらしいけど(^^;
とにかく、力を出し切ってなかった事だけは確かな様子で、逆に言えばもっと走れた筈と言う事。
結局、天候のせいにした精神力が足りなかったんだろう・・・。
或いは自信過剰で失敗した様な気もする。
何れにしても、もう一度やり直しで有ります。

« 今夜の安ワイン(12/18) | トップページ | 今夜の安ワイン(12/20) »

大会参加記」カテゴリの記事

コメント

お疲れさまでした。 直前の装備換装は吉と出たのでしょうか?
余裕を残してベストに近い結果だけに、次のレースでは狙いがいが有るというモノ。
こちらも、もう一度やり直します。

akaさん、今晩はぁ。
残念でしたね。
私が思うにはやっぱり強風の影響じゃないでしょうか?
あの冷たい風にエネルギーを奪われてしまったのでは?
思いっきり厚着の方が良かったのかも。

私は脂肪いっぱい体重重いから風の影響も寒さの影響も少なかったと思っていますぅ(苦笑)

お正月休みに立て直してくださいね~

ではでは

うぅっ・・・。読んだ私が悲しくなっちゃいました。
AKAさんには足元にも及ばない私ですが、ベストで望んだのに結果が出なかったなんてぇ・・・。マラソンってほんと無情なんですね。

今回はとりあえず天候のせいにして、今シーズンもう一回仕切りなおしで頑張って下さい。

心より応援してます。そして次回は祝杯しましょう!


まほろんさん。
ほんと、フルは難しいですね。
向かい風に負けず押して行くのも後が怖いし、かと言ってそこそこ行くのではタイムが狙えないし。
直前の装備変更は正解でした。
最初の衣装なら、失速しだした時は寒さと疲労のダブルパンチを浴びる所でしたよ。
次頑張ります。

たけしたさん。
PB更新おめでとうございます。
今回は公認コースですから、これでベストを1分近く離されてしまいました。
寒さでエネルギーを奪われる前に、気力を奪われてしまいましたよ。
思い切り甘いですね。
もう一度やり直しです。

marniさん。
有難うございます。
ほんと、フルは難しいですね。
気象条件によっては勢いだけでは行けないし、それで考え過ぎてもダメだし。
今から思えば、帽子を被って走れば良かったとか・・・色々反省点も有りますが、一番の問題は精神力が甘かった事でしょう。
何が何でもやってやる・・と言う気力が確実に足りませんでした。
途中リタイアを考えたり、完走だけは等と考えたのが一番の証拠ですね。
気持を切り替えて、もう一度挑戦です。
ちなみに昨夜祝杯は上げられませんでしたが、残念ワインはしっかり飲んでおります(笑)

そうそう、新聞社のインタビューって何だったんですか?

私のジョグノでのリンクjunさんという人の本日の日記見て、すんごい偶然でびっくりしました。覗いてみてくださいませ。

AKAさん、今晩はぁ。
たしかに1分ほどリードしてるかもしれませんが
年齢をパラメーターに加えるとAKAさんのほうが
5分ほどリードしてますよ~~~
また一緒に走りましょう。
ではでは

お疲れ様でした~~

マラソンって難しいし繊細なんですね
AKAさん「ゾーン」に入らなかったんですか?
走のように! 
そうなったらPB更新間違いなしだったのでは?

marniさん。
主催新聞社の地元支局から事前に取材の連絡が有ったんです。
何でも、大阪から70人程参加していて、その中の最長老だからインタビューしたいって(笑)
んで、電話で色々答えておき、ゴール後に取材を受ける事になっていました。
実際に記事が出たかどうかは分かりません(^^;
不甲斐ない結果だったから、別に構わないんですけどね。
件の記事、見ました。
ほんと偶然ですね。

たけしたさん。
年齢加算無しで、勝てる事を目標に精進しますので(笑)

ryuji1962さん。
ゾーンへ入る以前に失速していたようです(笑)
最初の5キロは苦しいながらも結構良いペースだったので、セカンドウィンドが来るぞ・・・と期待していたんですが一向に現れず、その内低速トラップに填ってしまいました。

残念でしたねぇ・・・
それでも32分で帰って来るとは、さすがAKAさんと思わないでもないですが、そんな事褒め言葉にも慰めにもならないですね。
42kmも走って数分の違いなんて走らない人には誤差の範囲かもしれませんが、その数分の為に暑い夏からヒーヒー言いながら走っていたのですもの。
ホント、マラソンは難しい。だから面白いんでしょうか。

お疲れ様でした。
目に見えない要因がいっぱいあるのですね。
マラソンは奥が深いな〜。
機会があれば、また妙見トレにご一緒させてもらいます。

亀オヤジさん。
難しいですが、今になって考えると、やはり気持が弱くて向かい風の中を飛ばすのが怖かったんだと思います。
ゴール後の疲労度がそれを物語っています。
思い切り行っても、何とかラスト迄持ったかも知れません。
・・・・って「カモ」ですけどね。
強風・低温を言い訳に萎縮していたんです、きっと。

ミカンさん。
ウルトラは時間が長い分、色々出来ますが、フルはほんと難しいですね。
幸い、ミカンさんのBlogを読んだ日に、深夜RUNNETへアクセスしたら、何と受け付けて貰えました(^^;
サーバーの設定ミスだったんでしょうか?(笑)
そんな訳で、新年からは篠山ABC大作戦開始です(^^)v


AKAさんお疲れ様でした。
僕も篠山でリベンジを誓う身です。
是非また練習の秘訣伝授ください!
妙見もご一緒できれば嬉しいです

ocさん。
有難うございます。
元旦の実業団駅伝、2日3日の箱根駅伝を見て刺激を貰い、篠山へ向け新春から練習開始です・・・・って、そんなの見ずに明日から練習しろって、言われそうですが(^^;
お互い妙見で頑張りましょう(^^)

じゃあ、篠山組は初詣に妙見山へ行きますか。

亀オヤジさん。
篠山3週前まで、妙見へはバンバン行きますよ(笑)
でも箱根駅伝終わらないとダメよ(^^)

私も妙見いきま~~す。
なんだか 7秒が 妙にひっかっかって(汗;)
ちなみに 泉州でつっこみますわ

篠山は宴会幹事なもんでそれまでになんとか


ではでは

AKAさん、こんにちわぁ!
遅ればせながら、防府、お疲れさまでしたぁ!!
なかなか大会は難しいもんですよねぇ・・・
ま、気分を変えて篠山はまた頑張ってみてくださいませぇ!!!

YAMAYAMAさん。
ほんと難しいですね。
後半からの向かい風なら思い切り突っ込めますが、前半からだとどうしても臆病になってしまいます。
篠山は30キロ過ぎからの向かい風らしいので、何とかなるかも。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81783/47075963

この記事へのトラックバック一覧です: 第40回防府読売マラソン:

« 今夜の安ワイン(12/18) | トップページ | 今夜の安ワイン(12/20) »