Jog-note

  • Jog-note
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 今夜の安ワイン(12/13) | トップページ | 今夜の安ワイン(12/18) »

2009/12/16

風が強く吹いている

久しぶりに本の話題。
091215すでに市民ランナーBlogの間では過去の話題になってしまったこの本。
急に少し長い時間電車に乗る事になり、時間つぶしにと駅中の本屋で買ってしまった。
作者は三浦しをんで、言うまでもなく、長距離部も無い無名大学の素人集団が箱根駅伝に出る為に突然練習を始め、数ヶ月で5,000mで17分を切り、半年で予選会出場。
そして本戦まで行ってしまうと言う、思いっ切り荒唐無稽な話で、当然、陸上ファンや少し詳しい市民ランナーから見れば突っ込みどころ満載。
チームの内、現役選手は1人だけで、故障から立ち直りつつある4回生と高校時代に陸上部だった1人の計3人を除き、後は長距離とは無縁の学生達が計10名。
そんな連中が僅か半年そこらでキロ3分ちょいの20キロなんて走れる筈無いやろ!!
もちろん、ストーリーでは色々走れそうな理屈は付けてあるけど、それでも99.99%無理無理。
その上、1回生の選手もいるからまだ18~19才の筈なのに、やたら酒飲む宴会の場面も出てくるし(笑)
幾ら架空の話とは言え、少々無理が多すぎてちょっとなぁ~。
その上、今では映画も公開されていると言う。
オイオイ、冗談じゃないよ。
そんなの絶対見られません。

えっ?何故かって?
そりゃそうですよ。
この本読んでいて、不覚にも何度涙がこぼれた事か(--;)
電車の中で突然涙が出てくるなんて、こんな格好悪い事は記憶に無いです。
活字でさえこんなだったのに、これで映画だったらどんだけ涙がこぼれる事やら(^^;
例え映画館は真っ暗とは言え、隣に知らない人が居てそんな所で鼻をすする訳には参りません!!
レンタルDVDが出たら借りに行き、1人でコソッと見る事しか出来ませんよ(^◇^;)

ところで、作品中全て架空の大学名になっているんだけど、本戦の場面では好きな人が見ればすぐにあぁ、これはあの大学・・・と大体分かってしまいます。
一番笑ったのはユーラシア大(^^;
一瞬、へっ?と思ってしまいましたが、亜大の事でしょうね。
もちょっとええ名前無かったんか?(^◇^;)

« 今夜の安ワイン(12/13) | トップページ | 今夜の安ワイン(12/18) »

」カテゴリの記事

コメント

映画の公開は、12/11で終わりましたよぅ。
なので、映画館で涙を見られる心配はせんでもえーかと(笑)
私は、12/10に観に行きました。うん、泣きましたわぁ。
んで、12/11の出張時に、AKAさんと同じく本買いました。
ありえない話だけど、よくできています。
映画も、とってもよかった。予選会や、箱根駅伝など、きっと実写も交えて編集してるんでしょうね。他校のランナー、沿道の観衆含め、よくあんな映像取れたよなぁ、と思いましたよ。

うずらさん。
駅伝などに思い込みが強いと、すぐ感動してしまい、ダメですね。
公開終わっていたんですか。
昔の様に、名画座とか準ロードショーの様な映画館が無いんでしょうね。
となれば、すぐにDVDが出そうです(笑)
そうそう、沿道の観衆なんかは全てエキストラらしいですよ。
延べ数万人が参加したとか。
他校のランナーも、大学の現役陸上部員なんですって。
なんて言いながら、見てないからホントかどうか分かりませんが>σ(^^;

私も映画見に行ってきました。やはり感動の一言です。ちょうど17分そこそこってのが私の高校時代と同レベルで、そっから箱根行けちゃうんだ~って思うとリアリティは無いですが、感情移入はしやすかったですね。
俳優さん達も結構走る格好が様になってて良かったですよ。是非DVDで見てください。

原作本は泣けました。
自分が走っているから感情移入してしまうのか、何回読んでも同じ箇所で涙が・・・。

きっと映画も泣いちゃうんだろうな。
「奈緒子」の時はは寝ちゃったけど

私も読んでみます
面白そうですね
本で泣けるってよっぽどなんですね
本屋さん行ってきま~す!

Kanさん。
おぉ、やはり見られましたか。
確かにタイムを基準に考えるとアホらしくなりますが、読み物としては良く出来ていました。
と言っても、自分も走っているし長距離競技が好き・・・って言う事からそう思うんでしょうね。

まほろんさん。
感情移入は非常に大きかったです。
最初に泣けたのは、予選会で葉菜子が実際に走る姿を見て涙ぐむ場面。P309(^^;
若い頃、毎日マラソンを沿道で初めて見て、そのスピードに驚愕したのをハッキリ覚えています。
それと同じ感情でしたね。

ryuji1962さん。
ぜひ読んで下さい。
でも大会前日に居酒屋で宴会される程の大物選手からすると、内容は少々頼りないかも(笑)

本は既に読みました。
笑っちゃうようなスポ根な筋書きでしたが、散りばめられたランナーをくすぐる台詞の虜になった作品でした。
映画もこれまたよかったですね。期待しいなかったのですが、それ以上に上手く仕上げてくれてました。
ランナーに対する最高の褒め言葉。それは速いランナーではなく「強いランナー」
これを励みに記録を狙えないおばはんランナーは頑張りますっ!

AKAさん、こんばんわぁ!
YAMAYAMAは小説は読んでないけど、映画は見ましたっす(^.^)
ストーリーは相当に突っ込みどころ満載やったけど、主役二人のフォームはかなり綺麗で違和感無かったし、かなりランニングに対するモチベーションは上がったような気になることができましたですヽ(^o^)丿それだけでも見て良かったので、是非DVDで一人でコソッと涙を流しつつ鑑賞してくださいませぇ!!!
ただし、モチは上がっても、YAMAYAMAの場合、イ本重増カ口の風が強く口欠いている現状なので、世の中甘くは無いっす・・・(-_-;)

tacocoさん。
そう、速くなくても「強いランナー」が勝つんですよね。
決して「酒に」と言う枕詞が入る訳では有りません。
記録を狙えないなんて事有りませんよ。
強くなれば記録は付いて来る筈。
頑張って下さい(^^)

YAMAYAMAさん。
本読んでるだけではなかなかモチベーションは上がりませんでしたが、やはり映像を見ると違ってくるんでしょうね。
来シーズンはこのDVDをバイブルに練習してみます(^^;

私もこのお正月に読もうと思って丁度買ったところです。
まだ最初のさわりだけしか読んでいません。
つっこんだり感動したり出来るそうなので
楽しみにしておきます。

~その上、1回生の選手もいるからまだ18~19才の筈なのに、やたら酒飲む宴会の場面も出てくるし~

そうおっしゃると面目ありません。
私が18~19才頃の大学のサイクリング部ではまさに
そんな状態でした。
(一度は救急車騒ぎまで起こしてしまいました・・・)

風来坊さん。
軽い読み物なので、一日でも読めちゃいます(^^;
と言っても、三が日は実業団、箱根と、駅伝三昧でなかなか読む時間は取れないかも知れませんが。
まぁ、未成年が飲むのを今更どうって事はないんですが、小説の中とは言えあそこまでどんどん書かれると、ちと心配になってきます(笑)
映画の中ではどうだったんだろう?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81783/47023152

この記事へのトラックバック一覧です: 風が強く吹いている:

« 今夜の安ワイン(12/13) | トップページ | 今夜の安ワイン(12/18) »