Jog-note

  • Jog-note
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 東京マラソンTV観戦 | トップページ | 第30回篠山マラソン »

2010/03/04

天空の蜂(東野圭吾)

久々に本の話題を。
当代きっての人気作家でも有り、かつその名前の雰囲気からして何だかキザな作家みたいなイメージで、何となく今まで読むのを敬遠していたこの東野圭吾。
最初に読んだのは「探偵ガリレオ」だったか。
それが割と面白く、次に読んだのが「さまよう刃」。
これがまた全然違う分野で、最初読んだ理科系ミステリーと言うか、そんな内容と、タレントみたいな名前からは考えられない程、重いテーマでずしりと来た。
もちろん作品自体も素晴らしい出来だった。
友人に聞いてみると、良く本を読む人も意外に東野圭吾は読んでないと言う人がいたりするらしく、それは自分と同じ様な見方を持っていたのかも知れない。
さっき読んだBlogでもそんな事が書いてあり、それじゃ、読んでみようと思う人を増やそうか・・・とこれを書いた次第(^^;

さて、タイトルの「天空の蜂」
100304a
原発をテーマにした社会派サスペンスと、この作家の持つ理科系の知識を併せもつ素晴らしい作品。
「蜂」はヘリコプターで、超大まかに言えば(^^;原発をヘリで人質に取ると言う内容だが、もちろん読んでみるとそんな単純な内容ではない。
途中で、ひょっとしたら真保裕一の「ホワイトアウト」はこの作品を参考にしたのでは?と一瞬思ったが、後で調べると同時期に書かれていた様子。
もう1人、高嶋哲夫の「スピカ・原発占拠」は1999年の作品で、これこそ参考にしたのか?と思ったが、高嶋氏は元々、原子力研究所の研究員だったし、原発の技術的な内容は「スピカ」の方が詳しいのでこれも違う。
でも、限られた期間で取材した原発の内容はそれに負けない程、リアリティーに溢れている。

と、話がずれたけど、東野圭吾の書く本はとにかく分野が幅広い。
理科系ミステリーから社会派サスペンス、人情物、「浪速少年探偵団」の様な大阪の人間なら楽しく、面白くて仕方がないコミカルな内容。
人間の在り方を医学や精神分野に借りた「片想い」「変身」等々。
とにかく理科系どころか、あらゆる分野に精通している様に思うこの作家。
いつも面白い本を読み出すと、ずっとその作家ばかり読んでしまう悪い癖がまた出てしまいました。
100304b

結局、この半年程でどれだけ読んだ事やら。
そして今も東野圭吾を読み続けております(^^;
100304c

人を、見てくれや名前・印象からから判断してはいけません(^^;
最近は、本屋へ行ったら真っ先にこの作家を探してしまう事態に陥っています。
おまけにこの作家はかなりの多作と見えて、まだまだ読んでない方が多い模様。さて、他の作家に移れるのはいつになるのでしょうか(笑)

« 東京マラソンTV観戦 | トップページ | 第30回篠山マラソン »

」カテゴリの記事

コメント

これは凄いラインナップですね。
未だ読んでいない作品がいっぱい!
何だか嬉しくなってきました。
これから当分退屈しないですみそうです。
東京マラソンへの往復で「秘密」を読了しました。
あらすじを読んで、「けっ。」と敬遠していたのですが、
東野ワールドが描く「入れ替えモノ」。
お奨めの一冊です。

私も気に入ったら同じ作家の本を片っ端から読みますよ
今は楡周平の「朝倉恭介VS川瀬雅彦」シリーズにハマってます 
そんな事より明日頑張って下さいね
応援しに行きますから 黄色いプラカード持ってます

tacocoさん。
「秘密」あちこちの読後感想によると、東野作品の中でも上位に位置づけされるらしいですね。
是非探して読もうと思います。
調べると、作品が64冊程有るらしい。
当分の間は楽しめそうです(^^)
後、「浪速の少年探偵団」読んで下さい。
とっても面白いです。
大阪人なら分かってくれると思いますよ(^^;

ryuji1962さん。
お仲間ですね(^^)
楡修平、、、
デビュー作だったと思うのですが、「Cの福音」を読みましたが、当時はエンターティメント小説を余り読まなかったので、も一つピンと来ませんでした。
今だったらもっと面白く読めるかもです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81783/47725885

この記事へのトラックバック一覧です: 天空の蜂(東野圭吾):

« 東京マラソンTV観戦 | トップページ | 第30回篠山マラソン »