Jog-note

  • Jog-note
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 今夜の安ワイン(4/17) | トップページ | 今夜の安ワイン(5/2) »

2010/04/25

今夜の安ワイン(4/24)

業爆がなかなか終わらないが、それでも月曜日提締め切り分を何とか土曜日中に終わらせ、ホッと一息。
今日は、東京でワインバーをやっていた友人P氏が来阪する事になり、AKA亭で飲む事に。
まず一本目は、[1998]シャトー・トロット・ヴィエイユ(サンテミリオン)\6,980
100424wa
このワインは、プリミエ・グランクリュ・クラッセBと言う第一特別級B。
今年の正月にも飲んだワインで、地味な為か、そのクラスにしては評価が低いワインだけど、その時はかなりの好印象で、これが残りの1本。
抜栓した長目のコルクもしなやかで良質。
グラスからは、インクや藁、草の香りが以前と変わらずしっかり立ち上る。
12年経過とは思えない、濃く黒目のしっかりしたルージュで、まだまだ4~5年は熟成が充分進みそうな力強さ。
メルロー50%で、カベルネフランが45%。
味わいは、タンニンもしっかり残ってボリュームも充分。ボルドーらしい力強さだけど、全体に固めに感じるのが一般的な低評価の原因だと思う。
時間が経っても余り開かないし、こう言うワインなんだろうけど、後少し柔らかさが有れば90点を超えても良いと思う。
 86点

2本目はP氏持参の[2005]ブルゴーニュ・オー・コート・ド・ニュイ・ルージュ(ドメーヌ・オリヴィエ・ジュアン)
100424wb若手ながら近年人気が出て来たと言う造り手だけど、何にしろ全体に高いブルゴーニュでかつ地区名ワインと言う事もあり、飲むのは初めて。
抜栓した香りは意外に大人しく、薬草っぽい強さが前面に出ていつもの様に華やかさが立ち上がるのを予想していたので、若干拍子抜けする程。
色も、およそピノ・ノワールとは違う濃さで、照明が暗い事も有り、ブルを飲む雰囲気とは違う。
味わいは少々固めで、広がりも少なく、何だかビオワインの様な感じがする。
しかし、少し時間が経つと味わいも変わり、軽い酸味にタンニンや果実も味わえる様になって来た。
恐らくこう言う彼の造り方なのかも知れない。
少し首を捻る程だったけど、もっと時間を掛ければますます開いて来るのだろう。
残念ながら、互い飲む方だけに、そんな余裕もなく空いてしまったのが惜しい(^^;

 79点

3本目に開けたのが、何故かローヌ。
いい加減酔いが回っているのに、そんな濃いのを・・・と思ったけど、まだ大丈夫だろうと抜栓。
空けたのは[2007]シャトーヌフ・デュ・パプ ルージュ(ドメーヌ・ガレヴァン)\3,480
100424wcこの造り手のワインは、下のクラスを以前にも飲んでいて、その時は意外に好印象。
ローヌらしく、アルコール度も高く14.5%。
当然、色も濃く先に濃いと感じたブルとは比較にならない。
アタックは力強く、味わいもしっかりでタンニンはしなやかながら強く、ボルドーとはまた違う骨太さ。
グルナッシュらしいコクが有り、ブラックベリーの甘さも感じて良い感じ。
若干単調気味なのがキズで、それを除けばとても良いワイン。
しかしながら、やはり3本目に飲むワインでは無かったかも(^^;

 84点

« 今夜の安ワイン(4/17) | トップページ | 今夜の安ワイン(5/2) »

ワイン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81783/48177994

この記事へのトラックバック一覧です: 今夜の安ワイン(4/24):

« 今夜の安ワイン(4/17) | トップページ | 今夜の安ワイン(5/2) »