Jog-note

  • Jog-note
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2010「大阪城七夕駅伝」(7/5) | トップページ | 源氏物語&抹茶ソフトマラニック(7/11) »

2010/07/11

今夜の安ワイン(7/10)

今日も暑く、思わず、ホント夏だなぁ~とつぶやいてしまう。
走るのも朝起きてから少しのんびりしていると、どんどん日が高くなり、その分気温もあがって出る事さえ嫌になってしまう。
明日は宇治のマラニックが有る為、ランを早めに済ませ、外出している奥様と時間を合わせて、区役所へ期日前投票に。
その後、買い物を済ませ家に帰ったらもう夕方。
夕食の準備が始まると共にワインを選ぶ・・・と言っても、普段飲みのストックが徐々に減ってきて、選ぶという程でも無いんだけど。
開けたのは、ヴェリタスのよりどり6本セットから、[2007]ベヴィアム カベルネ・ソーヴィニヨン(カバ・デル23) \777
100710w進境著しいアルゼンチンのワイン。
畑の写真を見ると、土壌の具合や樹木の仕立ては、フランスのそれとはかなり違い、こちらは土地に草がビッシリ生えている。そして房を付ける位置もかなり高めの伸び具合。
寒暖の差が大きいらしく、その為草に露が出来るんだろうか?
樹脂コルクを抜栓。
立ち上がる香りは少々物足りないと思える程で、ごく普通に黒果実を感じる程度。
明るい様に見えて、実は深く沈んだ暗いルビー色がグラスに映え、なかなかいい味を出している。
一口飲むと、「あ、これは軽いかな?」と思ったけど、そのまま味わうと意外に中身がしっかりしている。
チリワインによく有る、単品種の単純さとはかなり違い、最初に感じなかった筈の樽香に枯れ葉や薬草、そして強めの果実味がグッと出て来た。
そして、軽いどころか結構重量級じゃないの・・・とすぐに反省。
こんなに急激に変わる印象のワインも珍しい。
複雑さはそれほど無いけど、しっかりどっしりで安ワインとしては充分のポテンシャル。
味わいにもう少し柔らかさが有れば文句なしなんだけど、さすがにそこまで求めるのは無理というモノ。
お値段からしても、普段飲みワインとしては充分。

  79点

« 2010「大阪城七夕駅伝」(7/5) | トップページ | 源氏物語&抹茶ソフトマラニック(7/11) »

ワイン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81783/48859982

この記事へのトラックバック一覧です: 今夜の安ワイン(7/10):

« 2010「大阪城七夕駅伝」(7/5) | トップページ | 源氏物語&抹茶ソフトマラニック(7/11) »