Jog-note

  • Jog-note
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 第13回村岡ダブルフルウルトラ | トップページ | 2010 京都鴨川おこしやすマラソン »

2010/10/02

今夜の安ワイン(10/1)

村岡ダブルフルウルトラの100キロ完走で、今夜は個人的な祝杯。
もし今年完走出来たら、これを飲もうと決めておりました。v(^^)v
仕事を早めに終え、夕食はペンネのグラタン、モモステーキ、合わせる野菜の炒め物と、サラダで、一応ワインと合わせたつもり(笑)
さて、開けたワインはいつもの安ワインと違い、少々奮発して(^^)v、[2003]ニュイ・サン・ジョルジュ ヴィエイユ・ヴィーニュ(ドメール・トルシュテ) \6,280
101001w3年程前に購入して置いていたワインで、造り手はジャン・ピエール・トルシュテ。
日本では無名でも、ボーヌでの評価はすでにうなぎ登りらしい。
一級畑を持ってないと言う事で、P氏を始めとする評論家達から余りコメントされてないけど、色々な感想や評価では間違いなく美味しいとの評判で、とても楽しみで有ります。

さて抜栓。
大ぶりのブルゴーニュグラスに注ぐと、淡いピノ・ノワールがレンガ色に混じりつつあり、8年経過の熟成を感じさせる。
グラスに鼻を入れると、まず薬草が強めで、乾燥ベーコン、卵、ベリー、強い樽香など、およそ繊細なブルゴーニュらしくないパワー。
そして、少し舌に乗せる。
香りと同様に、強めでしっとりしたタンニンが心地よい。
味わい深いミネラルに、土壌、複雑な果実味、そして長い余韻に洗練されたフィニッシュ。

素直に言えば、余りピノノワールらしくないけど、それでも迷う事無いブルゴーニュで、美味しいワイン。
一度に飲んでしまったけれど、味わいは力強く、果実味に溢れ、かつ綺麗に熟成して、いつも飲んでいるワインとは、間違いなく一線を画している。
普通なら6本以上飲める筈の金額だけど、後悔は無いぞ(笑)

村岡ダブルフルを走りながら感じたあの苦しさ、直ぐに痙攣しそうな足の痛み、そしてなんでこんな苦しい事を・・・と思いながら走っていたけど、このワインが飲めるならば、もう一度、そして次はもっと良い記録で走ろうと思う・・・・・
って、別に走らなくても飲めばいいんだけどね(^^;

  85点

« 第13回村岡ダブルフルウルトラ | トップページ | 2010 京都鴨川おこしやすマラソン »

ワイン」カテゴリの記事

コメント

だからタイトルに「安」って付けちゃダメだって!

自分への御褒美ワインは良いアイデアですね。
早速いただきます。
セラーに残してあるワインを飲むキッカケをつくらないと。

へぇ~ そんなん置いてたんですね

私たちもご一緒させてもらわないと駄目だったのでは?

苦労も味わいも
共にしなければ(笑)

まほろんさん。
まぁ、単に飲みたい時の理由付けなんですけどね。
良いワインはこんな時でないと空けられません。

ryuji1962さん。
そうでした、やはり苦楽をともにした仲間と一緒に飲むべきでしたね。
やはり、来年は宿にワインを先着させておきましょう(^^)
前祝いという事でにして(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81783/49615308

この記事へのトラックバック一覧です: 今夜の安ワイン(10/1):

« 第13回村岡ダブルフルウルトラ | トップページ | 2010 京都鴨川おこしやすマラソン »