Jog-note

  • Jog-note
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 今夜の安ワイン(5/21) | トップページ | M練の季節 »

2011/05/23

第3回水都大阪100kmウルトラマラニック

去年は一日中土砂降りの中で、冷たい風と川のように流れる河川敷を走るというアドベンチャーレースだったが、今年も90%の雨予報。
それでも早朝は晴れており、去年のように真っ暗では無いのが救い。
しかし業爆とは言え、この所の練習不足に直前一週間もまたまた業爆。
結局、殆ど走らないまま当日を迎えてしまった。
110522a

今年は殆どの大会を無様な結果に終わってしまい、直前の2大会は、泉州国際が33キロでリタイア。武庫川ユリカモメ70kmは40キロでリタイアと言う情けない状態。
今回も走りきれないかも・・・と、リタイアしても折返しの枚方から電車で帰れるように、500円玉一個をポケットに忍ばせ、こちらは万全の構え(^^;
スタート位置ではK氏夫妻に出会う。
110522b

さてスタート。
最初はいつもの様にキロ6分弱のペースで進むが、何となく身体が重い。
昨日、駅伝で思い切り走ったせいか、はたまた単なる飲み過ぎか?
それでも15キロ付近迄は普通に進めたが、雨はまだ降らず、結構蒸し暑い。
その為か、20キロ辺りで急に身体が辛くなり、何故か悪寒も出て来て汗が一気に噴き出した。
もうTシャツも短パンもビショビショになり、どう考えても異常状態。
そして身体も熱い。

何とか我慢して歩いたり走ったりを繰り返したが、25キロ付近のエイドでついにSTOP。
椅子に腰掛け、頭を下げてしゃがみ込むがとにかく息苦しい。
10分近く休み、どう考えても後75キロを走れるとは思えないし、このままリタイアしようか・・・
しかし如何に何でも僅か25キロではなぁ・・と、迷っている内に,後ろからS氏とK氏が追い付き、そのまま先行して行く。
何となくそれに引っ張られて行くが、とても走れる状態では無く、トボトボと歩きながら前に進む。
そんな我慢をして歩く内、ゆっくりだが足が前に出るようになった。
ところが、その内突然強い雨が降り出す。
ざぁざぁと降り続き、まさに集中豪雨状態。
走路も,あっと言う間に川のように流れ出して、まさに去年の再来。
しかし今年はこれが救いの女神となった。

身体が一気に冷え、涼しくなって先ほどまでの熱っぽさと気持ちの悪さが嘘のよう。
雨と一緒に、体内のアルコールも流れ出したのか?(^^;
とにかく風は冷たいが、真冬のレースよりマシ。
少しペースアップも出来るようになり、当初のキロ6分位に戻して走る。
そうこうする内、折返し地点の枚方へ到着。
前を行くK氏とは少しの差だが、こちらがエイドへ着く頃に向こうはスタートすると言う状況で、なかなか追いつけない。
その内徐々に疲れが出て来て、やはり練習不足を痛感させる。
やはり練習不足は裏切りません。
何時しかキロ6分半、7分に落ち、その距離は徐々に離れて行くが、どうしてもスピードを上げられない。
いつしか雨も上がり、今度は陽射しが強くなってきた。
気温も上がり、雨の後だけに蒸し暑いが、風が少し冷たいのはまだ救いか。

毛馬のエイドに戻ってきて、あと1往復。
家も目の前だし、ここで止めようかと思っていたが、体調も戻ってきたし、残すは後40キロ位の筈・・・、と奮起して再度上流を目指す。
ひたすら走っていると、最終折返しから帰ってくるK氏に出会った。
距離にして6~700m程の差か・・・と言う事は、こっちも一生懸命走ったけど差は殆ど縮まってないという事。
この時点で追い付くのはすっかり諦め、後はチンタラ走り。
相変わらず強い陽射しの中、まだ残っている大きな水溜まりを避けながら、右へ左へとコースを変えてキロ7分くらいで進む。
そして85キロ位のエイドで、K氏を発見。
あらら?向こうもスピードが落ちてきたのか?
話すと、もうキロ10分しか出ない・・・なんて言ってるが、そんな三味線弾きながら、ホントは一気に突き放す所を見せたいんじゃ無いの?(笑)

少し休憩して前を見ると、K氏はすでに大工大のグランド付近に差し掛かっていた。
こちらもここから最後の力を振り絞る。
キロ6分30秒位で足を運んでいると、徐々に近づいてきた。
城北大橋に差し掛かった辺りでやっと追い付き、檄を飛ばし、次はキロ6分強にスピードを上げ、引き離しにかかる・・・と、かなり低レベルの争い(笑)。
追走されていないのを確認してから速度を落とし、いよいよ最後の毛馬エイド。
後はいつも走っている大川遊歩道を進み、大阪城へ行くだけ。
と思ったのに、ここで問題発生。
堤防へ上がる急坂を登っていたら、脹ら脛に痙攣が・・・。
う~ん、平地を90キロ走り続けて来たけど、疲れ切った足に微妙に違う負荷を掛けるとこうなるのか。
筋肉がピクピクと動き、今にも転倒しそう。

少しストレッチをして、再度スタート。
もう完全に足は変になっているけど、とにかく同じ姿勢を・・・とソロソロ前に出し続ける。
途中で、自転車に乗ったK嬢に遭遇。
こちらも止まったら即痙攣するので、ゆっくり走りながら会話。
進む内、次は同じく自転車に乗ったS氏に出会う。
驚かなかったところを見ると、恐らくK嬢が携帯で連絡したのか?

ゴールまで後4キロ。
R先生から
「ウルトラは絶対完走すると言う気持を忘れなければゴール出来る」
と言われた言葉を何度も噛みしめ、大坂橋から大坂城天守閣を眺めながらラストへ向かう。
例によって梅林横の急坂を走ると脹ら脛のピクピク状態が酷くなる。
天守閣前まで進み、最後のポイントチェックをして貰って後は500m程、
しかし痙攣状態は続き、ゴール前僅か50m程の赤絨毯さえスパート出来ない情けなさ。
まさに足を引きずる様にしてテープを切った。
記録は11時間40分8秒と、去年より大分遅いけど、前半の体調不良や練習不足を考えたらゴール出来ただけでも儲けモン。

110522c

完走メダルを掛けて貰う為、頭を少し前に下げたら一気にやって来ました、痙攣が(笑)
思わず「痛たたたたたたたたたたぁぁぁ」と声を上げて、弓なりの体勢に(^^;
そのまましゃがみ込み、しばし休憩。
その後も足を引きずりながらストレッチの出来る場所を探して徘徊。
更衣室に入ってもとにかく疲れ切り、なかなかウエアを着替える事も出来ない。
結局、30分以上更衣室に入ったままで横になる。
そして、立ち上がると今度は目眩が。
気持ちが悪くなり、今にも戻しそうなのでトイレに向かう。
すでに着替え終わったK氏から声を掛けられたが、ぼんやりとしか反応出来ず、気持ちの悪いのを我慢してトイレへ・・・(^^;

とにかくゴールしてからこんなに疲労を感じたのは初めての経験です。
家に帰って風呂に入ってもしんどさは変わらず、空腹なのに何も食べる事が出来ずそのまま横になる。
取りあえずベッドで休憩した・・・・・積もりが、目が覚めたら真夜中でぐっすり寝込んでいましたとさ(笑)

雨や風、そして直射日光の中、エイドを始めスタッフの皆さん、どうも有り難うございました。

« 今夜の安ワイン(5/21) | トップページ | M練の季節 »

大会参加記」カテゴリの記事

コメント

お疲れさまでした。
かなり苦労されていたみたいですが
見事な完走おめでとうございます。
やはりウルトラは気力が大切なんだなあと
思いました。

お疲れ様でした。
前半は本当に辛そうで、またまた(失礼)リタイヤさせるのか?って思ってましたよ。
それが追いつかれてお姿を見かけた時は嬉しいような焦ったような気持ちでしたけどね。
ともあれ、ゴールされたのはさすがですわ。
着替えた後は私も気分が悪く、ロクに挨拶もせずに失礼して申し訳無かったです。
また御一緒させて下さい。

完走おめでとうございます。
25km地点でその状態なのによく完走されましたね。
その精神力、すばらしいです。
前日の駅伝は効きましたね。
私も駅伝頑張りすぎた・・・と後悔しながらのランでした・笑
お疲れ様でした、しばらくは体休めてあげてください

お疲れ様でした
またまた姑息なデッドヒートを繰り広げてはったんですね
最後の引き離し作戦は大笑いですよ

でも今回は完走できてよかったですね

25kで?? って思ってしまいました

読ませてもらう分は珍道中で楽しかったです(すみません)

村岡ではBIG3の威厳を見せて下さい
楽しみにしてます

風来坊さん。

有難うございます。
何より、今度もリタイアしてたら一年間何をしていたのか・・となるので、何度も気力を奮い立たせました。
ウルトラの心髄を見た感じですね。

亀オヤジさん。

お互い、お疲れ様でした。
前半はほんとしんどかったです。
あの豪雨が無ければ、どうなった事やら。
でも、G嬢から今度は絶対完走、と檄を飛ばされていたし、必死の思いでした。
大川に入ってから、これならゴール迄辿り着けると安心しました。
家に帰って体重計ったら、2キロ減ってましたよ。
こんな事初めてです。
よほどきつかったんですねぇ~。

ハル☆ さん。

有難うございます。
ホント、駅伝の疲労、結構効きましたね(^^;
大腿部が重かったです。
平地だからまだ良かったモノの、あの足で本鯖はちょっと無理だったかも。
そう思うと、10時間切りは素晴らしいです。

ryuji1962さん。

有難うございます。
最近は、姑息なレース運びがクセになってきたようです(^^;
現役時代の某S選手みたいに(笑)
25キロではほんとに辛かったです。
レース中に悪寒が走って、一気に汗をかいたのも初めてだし、このまま運動を続けても大丈夫か?と、思わず生命保険の事を考えましたよ(笑)

完踏おつかれ様
 15k手前で見かけたときは元気そうでしたが、熱がこもったのでしょうか。
 水都というネーミングにふさわしく毎年雨に見舞われる大会になりました。

まほろんさん。

有難うございます。
まぁ、あの時はまだ序盤だったので、体調は良く分からなかったです。
大抵、最初は身体が重いですから。
水都・・・このまま10回大会くらいまで雨が降り続けば、「雨の水都」と人気大会になるかも知れないですねぇ(^^;

>キロ6分強にスピードを上げ、引き離しにかかる・・・と、かなり低レベルの争い(笑)。

やっぱりこれには大爆笑ですよ(笑)。
でも、わかります(笑)。

改めて、完走、おめでとうございます!
私も、恐れ多くも村岡は100にエントリーしてしまいました。

ほんと、あと3ヶ月少々ということになるんですよね~。
ガッツリ走り込みして備えます!!
また、練習会等々でご一緒させてくださいね!

じゅんこさん。

有難うございます。
100kmは後半にかかると、どうしてもスピード感覚がなくなるんですよね。
それが平地だと尚更です。
そういう意味では、今回ガーミン君に助けられました。
合ってるかどうかは別にして、速度が読めると言うのは気分的にとても楽でしたからねぇ。

AKAさ~ん

改めまして完走おめでとうございます。
ユリカモメで調整したかいがあってよかったですね。
毛馬こうもんで15時前後にいたのですが、お会いできず。
K氏とのバトル見てみたかったですわ~。

しばらくはゆっくり赤いもんで消毒して早く回復してくださいね。

ぐっさん。

有難うございます。
ユリカモメは調整と言うか、限界だったと言うか(^^;
15時だと、一度目の通過を終わり、上流へと枚方付近に差し掛かった頃かも知れませんね。
バトル・・・
して手に汗握る様なモノでは有りません(笑)
傍目からはのんびりし過ぎて、バトルか何か分かりませんよ。
ゴールの夕食は豪華ステーキだったんですが、疲労で何も食べられず(;_;)
おまけに結果的には数年ぶりの休肝日となってしまいました。
今週はしっかり消毒します(^^)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81783/51749363

この記事へのトラックバック一覧です: 第3回水都大阪100kmウルトラマラニック:

« 今夜の安ワイン(5/21) | トップページ | M練の季節 »