Jog-note

  • Jog-note
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 神戸マラソンコース | トップページ | 今夜の安ワイン(6/3) »

2011/05/29

今夜の安ワイン(5/28)

夕食はビーフシチュー。
そして、走る方は先週の水都ウルトラ100キロがシーズンの最後。
今シーズンはそれまではリタイア続きだったけど、何とか無事完走出来たので、ご褒美として少しマシなワインを開ける事に。
ご褒美ワインは[2000]シャトー・ド・フォンベル(サンテミリオン・グランクリュ)\4,980。
110528w今更ながら、2000年はボルドーでは最高傑作の一つと言われたビンテージ。
ちなみに、シャトーフォンベルは、あのプレミアグランクリュで有るシャトー・オーゾンヌの別蔵。
S・オーゾンヌの2000年がもし売っていれば、当然ん十万(^^;
畑が別とは言え、期待だけは充分で有ります。
とても柔らかいコルクを抜栓。
リーデル ヴィノムに注いだ色は、10年以上経過したとは思えない程濃いルージュ。
よく見るとそのルージュも若干落ち着き、熟成の具合か僅かに茶掛かっているけど、色だけはまだ軽く10年は行けそうに思う程。
それでもエッジは透り、液体はしっとりしてとても濃密な感じ。
薬草や干し草など、土着っぽい香りが先に立ち、その後に柔らかめの果実が上がってくる。
飲んでみると、軽やかながら意外な程元気なタンニンと、シックな果実味。
シーズン最後に相応しいワイン・・・と、これは時間を掛けて飲まなくては(^^)

と、ゆっくり飲んでいたが、時間の経過と共に若干味が変わってきた。
それも開いて来たと言うより、酸化が進んだのか、苦みを感じる様になる。
最初の旨味が弱くなり、美味しく感じたタンニンも何故か渋みだけが残るような味に変化。
それなのに、パワーはまだまだ残っていると言う不思議な感じ。
時期が遅かったと訳ではないし、早すぎたと言う事も無いだろう。
中途半端だった今シーズンの大会と同じように、最初調子がよいと思ったこのワインも、飲み進める毎に変化。
何だか、来シーズンをも暗示しているようです(^^;;

  84点

« 神戸マラソンコース | トップページ | 今夜の安ワイン(6/3) »

ワイン」カテゴリの記事

コメント

よさそうなワインなのに。

10年でへたれるクラスでも無いでしょうに、きっと昼寝の時期だったのでしょう。
来年だったら凄かったりして。

という事で、AKAさんも来シーズンは更なる飛躍を!

まほろんさん。

ハイ、良さそうだったワインで、最初は凄かったです。
さすがP氏が90点付けただけの事は・・・と思ったけど、時間が経つにつれ減点が。
熟成時期の合間なのかも知れません。
確かに一年経てば随分変わりそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81783/51798785

この記事へのトラックバック一覧です: 今夜の安ワイン(5/28):

« 神戸マラソンコース | トップページ | 今夜の安ワイン(6/3) »