Jog-note

  • Jog-note
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 今夜の安ワイン(6/12) | トップページ | 長居30キロペース走(6/26) »

2011/06/23

ついにポンポン山へ(6/18)

トレーニングコースとして名高い妙見山と、それに匹敵すると言われるポンポン山。
妙見は何度も行ってるけど、ポンポン山を走るのは初めてだったりします。
ずっと若い・・・いや、子供の頃?ハイキングに行った様な記憶がある程度で、アルツハイマー状態の今はな~んにも覚えちゃ居ない(^^;

と言う訳で、以前から行きたかったこのコースを、T嬢主催のポンポン山練習会で体験する事に。
メンバーは主催者T嬢始め、t嬢、M嬢、M氏で男女5人初夏物語となり、高槻駅から温泉バスで美人湯祥風苑に到着。
110618a

ロッカーに荷物を預けてスタートとするが、ものの300メートルほど走ったと思ったら、一気に強い上りが始まる。
げっ、まだ心の準備が出来てませんけどぉ~(;_;)
いきなりゼェゼェハァハァ状態で2キロ程走っただろうか?
110618b_2

萩谷総合公園から東海道自然歩道の登りに入り、やっと快適なラン。
この頃は身体も慣れてきたお陰か、気持ちよく走って本日のスープが終わる。
ここから犬の学校を経て、芥川沿いの喫茶喜左右衛門迄での前菜は、ずっと木陰の道で適当なアップダウンがあり、車も走らずほんとに気持ちの良いコース。
恐らく4~5キロは走ったのか?
110618c

110618d
芥川の鮎釣りも、いよいよ解禁で、小雨の中でも熱心な釣り人が。

110618e

そしていよいよ本日のメインディッシュであるポンポン山へと向かう。
110618g

最初は緩めの登りだが、徐々に勾配も強くなり、見ざる言わざる聞かざる状態でひたすら登る。
淡々と登りながら路面の色が、アスファルトからコンクリートに変わった途端にノックダウン。
「なんじゃ、こりゃぁ~」と、まるで松田優作状態(^^;
強烈な登り・・・と言うか、今から思えば妙見の法輪寺辺りとそれほど変わらないんだけど、初めてのコースの上、斜度がずっと変わらないのでメチャメチャきつく感じる。
雨&車止めの小さいゴムの板を越えるのでさえ足が上がらない程。
早々と徒歩が始まり、思い出した様に走るがすぐ歩きに、戻る・・・。
こんな状態を続けながら這々の体で本山時に到着。
はぁ~、、疲れました(;_;)
110618i

しかし、本山寺が日本最初の国宝指定だったとは知りませんでした。
少し休憩して、ここからはトレイル。
殆ど雨は降ってないけど、霧で煙ったトレイルもなかなか良いものです。
110618j

空腹を抱え、無事ポンポン山山頂へ到着。
110618k

誰かが言ってたけど、ここは私有地なんだとか。
それを聞いて「へぇ~へぇ~へぇ~×50回」状態であります。
ここでゼリー×2個とカステラを食べ、さぁ元気一杯。
後はだいたい下り基調で、足元に注意しながら走る。
110618l

登りは地獄だったコンクリート路面も、下りは楽勝・・・って当然か(笑)
途中から摂津峡へ抜け、ビキニのお嬢さんをチラ見(いや、しっかり見)しながら、淡々と走る。
110618n

そんな事をしていたら、突然スタート地点の美人湯の傍に出て来た。
まさに絶妙なコース取り。

広い露天風呂に入り、疲れをのんびり癒し、食堂で泡を一杯。
はぁ~極楽極楽。
その後、美人湯から出て来て元々の美女がますます美女に変身したメンバーと高槻駅前で泡をたっぷり補給。
それにしても、なかなかの強者だったポンポン山。
どうも有り難うございました。
また宜しくです(^^)>T嬢

« 今夜の安ワイン(6/12) | トップページ | 長居30キロペース走(6/26) »

ランニング」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様
 神峰山寺~本山寺を2、3セットという本ポンをいつかやりましょう。
 ところで前髪が後退しているオヤジは誰だろう?

まほろんさん。
本ポン??
そ、それは絶対に遠慮しときます(^^;;
写真、誰なんでしょう?(^^;
何故かこの分だけ、リサイズ出来てなかったので、先ほど合わせました。

楽しく読ませていただきました。
やはり正しき走行記はこうでなくちゃ。
お陰さまであの楽しさが反芻されました。
苦しさも喉元過ぎれば・・・。で。
今無性に行きたくなっているワタクシです。
T嬢はナビ役してくださるでしょうか。
駄目なら師匠か上のまほろんさんにお願いいたします。

tacocoさん。

いやいや、当方文才はゼロですので、忘備録として書くのが精一杯であります。
んで、苦しさ・・・もう忘れましたか(^^;
T嬢はいつでも大丈夫でしょう。
もちろん、小生でも道案内程度なら出来ますよん。

楽しそうで&しんどそーですね

私もハイキングでしか
行った事ないです

予習しておきますので
24の時に詳しくコースを教えて下さいませ

着替えを担がずに走れるのが魅力です

美人の湯か(~_~;)

ryuji1962さん。

山男のryujiさんにコース教えるなんて、畏れ多いです。
高槻側からは殆ど一本道ですし、迷う事なんて絶対無いですよ。
ちなみに、当日は途中で3組程のランパーティに出会いましたが、皆ワンウエイのリュック担ぐスタイルでした。
我々が一番軟弱だった様です(^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81783/52019538

この記事へのトラックバック一覧です: ついにポンポン山へ(6/18):

« 今夜の安ワイン(6/12) | トップページ | 長居30キロペース走(6/26) »