Jog-note

  • Jog-note
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 第3回大阪ごちそうマラソン | トップページ | 「2012」村岡ダブルフルウルトラランニング »

2012/08/26

妙見山・のんびり隊(8/25)

今年の1月に、妙見女子会と言うのを開催したが、今回は少し幅を広げ、主に初中級で妙見が初めてと言う人で「のんびり隊」と称し、実走5時間半~6時間を目標に走る隊を結成。

120825a

今回も、20キロまでしか走った事が無いと言う初心者美ジョガーを含め、約18名の精鋭?部隊。
そして、本隊以外に奇遇隊も結成され、こちらはM練コースを50キロ程走って、何処かで奇遇にも出会うかも?と言う部隊。
本隊の先頭はt嬢に出来るだけゆっくり走ってくれるようにお願いし、先頭より速く走ると罰ゲームが有ると言う規則。
さてスタート。
今月3度目の妙見で、先々週は単独妙見だったが、思い切り暑かった。
しかし、今朝は結構マシで、滝道は意外に涼しく感じるほど。

120825b

道路に出てもそれは変わらず、汗は先日と同じ様な状態で出るものの、木陰では風が涼しく感じ、濡れたシャツが風で心地よい程。

120825c

そんな状態が幸いしたのか、若干遅れながら、一番心配していた初心者ランナーも、妙見口まで歩かずに到達。
う~ん、これは嬉しい計算違いで、ショートカットーコースへの案内も不要となった。

120825d

そして、妙見へ至るきつい登りのラスト1.5キロも走りきったのには驚き。
山頂では、奇遇にも、奇遇隊と予定通りの遭遇(^^;
階段を上がって参拝を済ませると、ここまでの走行距離が約21キロで、初心者の彼女にはこれが新記録となった(笑)
天気も良く、展望台からの見晴らしも最高。

120825f

さて、後はコンビニまで下るだけだが、実はここが一番心配。
膝を痛めないようにと、ゆっくり走るが、どうしても或る程度のスピードが出てしまう。
しかし、先頭と多少の差は開いたものの、そんなに大きな遅れもなく、無事全員到着。
ここで、暑さでやられたのか、何故かベテラン三人が脱落(^^;

残りの約15名は復路の高山をそれも歩かずに走り、その後ろからは、奇遇隊が登りをバトルで走る。
後でタイムを聞くと、なんと12分台?だったか、確かキロ5分を楽々切って走ったような記憶が・・・。
40キロ走ってきて、高山の登りをタイムで走るとは、奇遇隊恐るべし。

高山からの下りは、その殆どが木陰となり、スピードもそれほどでもない為、風が涼しく気持ちの良いラン。
そして、走り終わった後は、石橋で銭湯の後、王将と言ういつものパターン。
但し、その後も夜は延々と続いたのであったが・・・(^^;

« 第3回大阪ごちそうマラソン | トップページ | 「2012」村岡ダブルフルウルトラランニング »

ランニング」カテゴリの記事

コメント

AKA隊長様、ドMな企画をありがとうございました。
お陰さまで村岡大会への不安がより一層増殖されました~。(笑)
あきません。妙見ごときでこのありさまでは村岡は楽しむ事は出来ないかと・・・。

それにしても今回の妙見ではお役目を疎かにいたし反省しきりです。
これに懲りませずまたお誘いくださいませ。

AKAさん、とりまとめありがとうございました。ガチ走りは奇遇隊に任せて、十三という新たな境地を開拓してみたい感じです。
久々にトラバさせていただきました。

tacocoさん。

お疲れ様でした。そして、先導有難うございました。
暑かったですからねぇ。
村岡はあんなに暑くはないですよ。
それに、妙見も村岡もアップダウンはそんなに変わらないですよ。
大丈夫!

くりりんさん。

本来なら有り得ない長時間ラン&ウォーク(笑)、お疲れ様でした。
十三は、記憶のある限り、僕も初体験でした。
まぁ、入ってしまったら他と変わらない店ですが、探して歩くにはなかなか勇気が必要な様ですね(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81783/55522526

この記事へのトラックバック一覧です: 妙見山・のんびり隊(8/25):

» ゆっくり妙見山伴走 [くりりんの問わず語り]
この日は、4ヶ月ぶりぐらいで箕面・妙見山をMさんの伴走で走ることとなった。今回はA氏主催でWindRun関西のメンバーが [続きを読む]

« 第3回大阪ごちそうマラソン | トップページ | 「2012」村岡ダブルフルウルトラランニング »