Jog-note

  • Jog-note
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 「2012」村岡ダブルフルウルトラランニング | トップページ | 通勤ラン用リュック新規購入 »

2012/10/15

10/14熊野古道・紀伊路マラニック

総勢18名で、熊野古道を走ってきた。
熊野古道は平成16年に世界遺産指定となったが、残念ながらこの紀伊路は世界遺産になっていない。
比較的開けた町だし、生活道路となっている部分も多く、仕方がないだろう。
とは言え、今回走ったルートはそれなりに雰囲気や趣があり、しかも強い坂と峠越えが2個所有るので、一気に走り抜けると、それなりの強度にはなる。
和歌山駅に集合し、コインロッカーに荷物を置いて海南で下車。
121014a

ここから湯浅まで約23キロで、途中には王子が10個所有り、それを巡りながら走って行く事になる。
今夏に下見で行った時は非常に暑く、急坂もヘロヘロになってしまったが、さすがに10月も中旬となれば涼しく、結果は心地よいマラニックとなった。

駅から1キロ程走ると、最初に出てくるのが祓戸王子。
すぐそばは住宅街なのに、山へ向かうと一気に雰囲気が変わる。
121014b

全国の鈴木姓のルーツと言われる鈴木屋敷を抜けるとすぐに藤白王子社が現れる。
ここは、熊野九十九王子社のうち五体王子の一つとして特に重視された神社で有る。
後鳥羽上皇と定家一行は、ここ藤白で宿泊しているし、万葉の時代には歌会などもここで催されたのだとか。
121014c

121014d

この社を出て藤白坂に向かうと、まさに古道の雰囲気となるのだが、坂道も非常にキツイ。
そう言えば、社には「この先の坂は心して行くように・・・云々と書いてあったような(^^;
一気に登って細い道を振り返ると、眼下には和歌浦が飛び込んでくる。
現代は工場の煙突がそびえ立っているが、その頃はとても綺麗だったんだろう。
121014e

そして、小さな丁石地蔵を数えながら登っていくと、やがて鬱蒼とした竹林に囲まれ、古色溢れた道を行く。
121014f

登ったら当然下る訳で、車道を横切るようにして古道案内が出ており、それに沿って急な山道を下って行く。
道中、塔下王子や橘本王子、所坂王子を経由するが、橘本神社の所坂王子ではお祭りをやっていた様子。
121014g

そして、本日一番の急坂である拝の峠へ向かう。
前回来た時もそうだったが、ここは本当にキツイ。
ここまでもかなりの急坂だったが、前方に見えるまさに壁のような急坂を前にして、さすがに全員覚悟の休養(笑)
121014h

拝の峠を越えると下りになり、今までとは打って変わった(笑)快適なランが続く。
121014i

途中では、眼下に有田の町が広がる景色にもお目に掛かれる。
121014j

ここからはずっと下りで、登りの苦しみから解放されて、皆笑顔のランになる(笑)
121014k_2

121014l

下り終わり、有田の町に入ると、紀伊宮原を経て国道のコンビニに寄り軽く昼食。
ここまでに寄った王子は一壺王子、蕪坂塔下王子、山口王子。
ここから糸我王子へ行って、二つ目の峠である糸我峠を目指す。
800mで約180mを登るので、距離は短いがなかなか手強い。
いよいよ最後の峠を越えると、今回のゴールとなる湯浅の町が見えてきた。
121014m

巡る王子も最後の逆川王子。
121014n

湯浅の町は一部に伝統建物保存地区があり、ここもなかなか良い所である。
121014q

121014p

121014r

そして、無事湯浅の駅に到着。
121014o

ここからまた和歌山へ向かい、風呂に入った後は、今日消費した分の何倍ものカロリーを摂取する打ち上げが延々と続くのであった・・・(^^;

« 「2012」村岡ダブルフルウルトラランニング | トップページ | 通勤ラン用リュック新規購入 »

ランニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81783/55898154

この記事へのトラックバック一覧です: 10/14熊野古道・紀伊路マラニック:

« 「2012」村岡ダブルフルウルトラランニング | トップページ | 通勤ラン用リュック新規購入 »