Jog-note

  • Jog-note
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2013/06/02

「2013」えびす・だいこく100kmマラソン 5/26レース編

泊まった旅館からスタート地点迄は徒歩1分。
殆ど目の前のようなもので、ロケーションは最高。
スタート地点には、すでに大勢のランナーが集まっている。
Bloga_2

とは言え、ウルトラマラソンなので、ハーフやフルの大会とは違い、皆のんびりしており、スタート前には記念写真を撮ったりする。
Blogb_2

さてスタート。
まずは海岸線に沿って走る。
走り出して気が付いたが、このコースは西に向かって走って行くため、日差しが後ろから来て、後頭部が結構暑い。
Blogc_2

今迄の大会は、何となく太陽に向かうような内容が多かったので、少し勘が狂ってしまった。
2~3キロ走ると、最初の上り坂。
Blogd_2

暫くすると、30分後にスタートしたリレーの部に追い付かれ、トップはあっと言う間に消えていく。
そして、ラン仲間のリレーメンバーにも追い越されてしまった。
Bloge_2

大会のコースは、70キロ位までが半島の幾つかを縦断して行くため、殆どはアップダウンの連続。
70キロを過ぎると市街地に入り、ほぼ平坦となるらしい。
但し、アップダウンとは言え、村岡のように、一つの登りの距離が延々と続くわけでなく、せいぜい2~3キロ。
故に、頑張れば歩く事もなく走り切れる。
エイドはそんなに良くないけど、まぁ何処のウルトラマラソンでもこんなモノかな。
二個所程大きなエイドがあり、そこでは結構充実していた。
Blogf_2

Blogg_2

また、コースは日本海を見ながら走るため、とても風景がよい。
海岸線を走って一つの漁村を過ぎると、山に入って行き、半島を横断して降りてくると、また次の漁村と言った具合。
Blogh_2

Blogi_2

そんな事を何度か繰り返している内に、最後の下り坂へやってきた。
ここを過ぎると、後は平坦になるはず。
Blogj_2

しかし、平坦と言うことは山の中ではないので、日射をまともに浴びることになった。
それ迄は半島の中の木陰を走っていたので、これは辛い。
しかも、風景に変化が無く歩道を延々と走る。
はぁ~、これは大変だ。
元々、参加者はそれほど多くないし、リレーの部は速いので、とっくに先を行っている。
他のランナーは、前後にチラッと見る程度で、少々寂しい。
ここ迄のエイドで、大規模なのは一カ所だけ。
後は殆ど普通のエイドで、これぞと思うような物は無かったけど、村岡が余りにも特別なので、つい他のウルトのエイドと比べてしまうが、普通に知る分には特に問題はない。
炎天下の歩道を延々と走るこのコース、楽しみは5キロ毎のエイドだけになった。
ここで、先行していたH氏に追いついて一緒に走る。

出雲大社向かうこの道路、車の量が多く、それに対して歩道は極端に狭くなる部分もあり、ついコースに文句を付けたくなる。
ただ、先にゴールを済ませ帰途に就く車も結構多く、そんな人達からは応援の声が飛んできて嬉しい。
そう言えば、このウルトラは、沿道で自分たちのメンバーを待つリレーの人達から、沢山の応援を貰った。
リレーで細切れに走るランナーから見れば、一人で100キロを走るランナーは、何となく特別に見えるのかも知れない。

この辺りは景色に変化もなく、カメラを向ける事もない。
出雲大社までの距離は徐々に近づき、やっと90キロを過ぎた。
ここまでくればもう大丈夫。
時計は、まだ10時間半を少し過ぎたくらい。
キロ7分で行っても、12時間は余裕で切れる。
エイドでは色々と話しながらのんびり過ごし、最後のエイドを終えた。
そして後2キロ位になった所から、大社へ向かう最後の登り坂。
最後の最後でこんなのが有るとは思わなかったけど、ここでずっと一緒に走っていたH氏がスパート。
こちらはそんな元気もなく、ただ見送るだけ。
あっと言う間にH氏の姿は見えなくなる。
後は参拝に向かう旅行者の人達から声援を受けながら、ひたすら登るが、
結構きつい(笑)
やっと登り坂が終わり、信号を渡って200m程行くとゴールだと教えて貰う。
現金なもので、それを聞くと一気に疲れも吹っ飛び、ペースを上げて行く。
旅館や土産物店が並ぶ参道を走って右へ曲がると、ゴールが見えた。
Blogk_2

廻りには他のランナーも居ないので、周囲を見ながらゆっくりポーズを取ってテープを切った。
タイムは11時間53分台。
まぁ、途中のエイドはのんびりしたし、写真もあちこち撮っていたので、こんなモノだろう。

ちなみに、コースの高低はこんな感じ。
Blogl

こうして見ると、最後のアップダウンが一番きつかったんですなぁ。


2013/06/01

「2013」えびす・だいこく100kmマラソン 5/25前日編

日本一参加費が安いウルトラマラソンと評判の、この大会に初めて参加。
参加費用は7,000円と言う事で、100kmウルトラの場合、概ね14,000円前後が相場なので、確かに安い。
1キロ当たり70円と言う格安さであります(笑)
因みに、S新聞主催になってからバカ高いと言う悪評の「大阪ハーフマラソン」は7,500円。
これは1キロ換算すると、357円と言う値段で、都会の真ん中を走るのだから、高いのは仕方がないけど、それにしても・・・と言う。
まぁ、比較する方が間違っていますが(笑)

エイドも含め、全てがボランティア言うことで、少し心配だったが、参加した事のあるラン友に聞くと、大丈夫らしい。
コースは、島根県の美保関から出雲大社までの100キロを走る。

この大会はチームの部も有り、これは2~5人でチームを作って、リレーをしながら100kmを走ると言う部門。
実際にはこちらの方がずっと人数が多いようで、今回一緒に走るラン仲間も全員リレーの部で、個人の部は自分1人だけ。

さて、島根までは遠いので、前日から高速バスで松江に向かう。
バスでは、同じくリレーの部に参加するN嬢にも遭遇。
結構時間がかかるので、ここ数日睡眠不足気味には、車中でゆっくり寝られて良いかも・・・。
なんて思っていたが、後ろの席で老人団体がしゃべり続け、騒がしくて全く寝られなかった(泣)

松江に着くと、丁度地元の祭りのような出し物が開催中で、海産物の露天が出ていた。
中四国チームとの待ち合わせ時間迄はまだ少し有るので、ここは当然ビールを。
露天でサザエやイカの焼き物を買い、昼間から宴会気分。
Bloga

その後、メンバーと会って車で送って貰う。
美保関に到着して荷物を旅館に置き、軽く観光。
他のメンバーは、妖怪ロードを見に行くと言うので、自分は一人で町内観光。
Blogb

美保関は、全国に有る恵比寿神社の総元締めなのだとか。
へぇ~、、それは知らなかった。
Blogc

青畳の路地は結構有名らしい。
距離は短いけど、なかなか風情が有ります。
Blogd

その後、美保関灯台まで、歩いて見学にいく。
Bloge

ずっと登りのため、30分近く掛かってしまった。
その分景色はよいが、生憎霞がかかって、この先に見えるという隠岐の島は全然分からなかった。
そう言えば、隠岐の島でもウルトラマラソン大会が有ったなぁ。
Blogf

Blogg

灯台のレストランで昼食をとり、旅館へ帰る。
帰りは下り坂のため、15分ほどで到着。
Blogh

Blogi

旅館の料理はごく普通の和食で、とてもマラソン前夜の食事とはほど遠いが、まぁいいや。
食事が終わった後は、部屋でリレーメンバー達と宴会。

Blogj

Blogk

結局、布団に入ったのは0時頃だったか。
スタートが朝5時半の為、4時には起床する予定だったが、中途半端に飲んだ為か、全然眠れず、そのまま朝を迎えてしまった。
これで2日間は殆ど寝てない状態。
こんなので、100キロを走りきれるのか??(笑)

2013/04/22

「2013」徳島マラソン(4/21)

今シーズン7回目のフルの大会で、これが最後。
以前から徳島マラソンはいいよ、、と聞いていたので、一度は参加して見ようと思って申し込んだ大会。
ゲストはQちゃん。
Bloga_2

勿論ファンランなので、前夜はアルコールをたっぷりと補給。
夜中まで繁華街をウロウロし、カーボローディングと称して脂っこいラーメンまで補給。
さて、こんな事をやって無事完走できるのか?
昨夜の雨は無事上がり、4月中旬にしては涼しい程の好条件。
こんな天候なら、狙いレースにしても良かったのでは?と思ったけど、すでに時遅し。
スターとして河川敷に出ると風が結構強く、あぁファンランで良かったと言い訳をする。
Blogb_2

この大会、都市マラソンっぽい雰囲気だと思っていたけど、いざ走ってみると、殆どは河川敷のそれも堤防上を走る。
熱烈な応援と聞いていたが、集落や橋ごとに応援の人達が多く出る程度で、予想したほどでは無かった。
Blogd_2

でも、考えてみれば当たり前かも。
だって、走っている堤防周辺は何も見あたらない所が殆どなのだから(笑)
Bloge_2

一カ所だけ、養鶏場近くを通過するのだが、ここは辛かった。
何しろ、数分の間はもの凄い悪臭。
思わず昨夜のアルコールと脂っこいラーメンが逆流する様な思い(笑)
ここだけはとにかくハイペースで駆け抜けた。

走っていると、いきなりQちゃん登場!!
まさに、えぇ~??と言う感じです(^^;
心の準備が出来ていなかったので、慌ててカメラを構え、写真いいですかぁ?、、、とお願いする。
Blogf_2

その後も、楽しそうな応援隊を見つけると、カメラを向けながら走る。
Blogg_2

40キロ手前だったか、ANAのCAエイドを通り、後は市街地をゴールに向けのんびり走る。
結局、4時間ちょっと越えてゴール。

Blogh

これで今シーズンのフルは全て終わり。
さて、来シーズンはどうなる事やら??

2013/03/11

「2013」京都マラソン(3/10)

今シーズン6度目のフルマラソン。
このコースはかなりアップダウンが有るとの事で、いつもの様にカメラを持ち、頭にはピカチューを被ってゆっくり走る予定。
Blog1

Blog2

奈良マラソンと違い、このコースは殆どが市街地で、西京極競技場をスタートした後も、沿道の応援はずっと続く。
観光で京都と言えば次は奈良、、となるが、都市の大きさはかなり違います。
Blog3

Blog4

しかし、15キロ付近だったか、天気予報通り突然雨が、それもかなり強く降ってきた。
ヒェーー、これは寒い。
さて、どうしたものか、少しペースを上げて身体を暖めないと。
と、それ迄より若干速く走る。
これ位なら何とか大丈夫。
Blog5

Blog6

やがて、難所の狐坂に差し掛かった。
普段は自動車専用道路のこの坂をひたすら登る。
途中では、ラン仲間の応援とエイドが有る。
Blog8

一旦通り過ぎ、国際会館前で折り返して、応援エイドに到着。
ここでお喋りしたり、写真を撮ったりしながら5分程のんびり休憩。
Blog7_2

さて、身体も冷えてきたし、そろそろ行くか(笑)と、再スタート。
Blog9

小雨が降っていても、応援が多いのは嬉しいです。
Blog10

さて、この時間なら4時間少々でゴール出来るだろう。
しかしまた雨がぱらついて来て、気温も益々下がって来た。
このペースでは風邪を引くかも?
仕方なくペースを結構上げる。

悪評高い鴨川の狭い河川敷を走っていると、応援のK氏から、さっきサブフォーのペースメーカーが通り過ぎたので、追い越さないように!!とのお達し(笑)
何でやねん??と言いながら、ちゃんとペースを落とす。
前は一向に見えないけど、まぁいいだろう。
河川敷を終えても、相変わらずコース幅は狭い。
Blog11

何しろ、1万人超の大会なのに、走る幅は一車線しか無い。
従って、追い越すには結構ジグザグに走る事になる。
もう、終盤の距離だというのに。
Blog12

4時間オーバーの付近でもこの人数なら、もう少し後ろはかなりの混雑だろうと思う。
気温は相変わらず低いまま。
雨もパラパラ降り、風は冷たい。
とにかく寒さをしのぐ為にやけくそで飛ばす。
三月に入ってもこの寒さ。
やっぱ京都は冷えるなぁ。
そして何とか平安神宮の大鳥居が見えた。
Blog13

最後をダッシュし、手前で写真を撮ってからゴール。
Blog14

時計は4時間を切っていたので、結果的に、サブフォーペースメーカーがほんの少し前にいたようです(笑)

2013/02/18

「2013」泉州国際市民マラソン(2/17)

今回は、サブフォーを目指すH嬢のペースメーカー。
そして、自身もシーズン5度目のフル(^^;

今迄練習して来た走力から見れば、確実に出きる筈だし、走力から言えば50分を切るのも大丈夫な筈。
そこで、前方スタートの混乱を避け、最初は5分25秒ペースで行って、余裕が有れば20秒位まで上げる。
限界なら30秒まで落として進むと言うペース配分。

走り出すと、5分25秒は問題ないペースの様で、緩い下りや走り易い所はほんの少しペースを上げて行く。
しかし、20キロを少し超えた辺りで、何故かペースがガクンと落ちた。
どうもH嬢の調子が悪くなったみたい。
何とか我慢して走るが、ついに走行STOP。
ウォークになり、ついには道端にしゃがみ込む状態。
聞くと、夜中にも食べたとか。
カーボローディングに神経質になり過ぎ、食べておかないとと言う不安に駆られた様子。
う~ん、胃の丈夫な人なら問題ないとしても、普段余り炭水化物を摂らない生活をしている場合は、少々厳しいかな。
ウォークとジョグを繰り返しながら進むが、最早サブフォーは無理。

そして自分もこの後の打ち上げで幹事のため、4時間半以内にゴールしておかないと、皆を案内できない。
結局、32キロ辺りで別れて、自分だけ先に行くことにした。
ここからは一生懸命走る(笑)
脚ははまだまだ余裕が有ったので、キロ4分50位で走り、何とか30分ギリギリでゴール。

休む間もなく集合地点に行ってみんなを探し、打ち上げに向かう。
店の方も数分の遅れで済み、何とか間に合った。
今回は綱渡りの連続でした。

2012/12/24

「2012」加古川マラソン(12/23)

毎年出ている加古川マラソン。
コースはほぼフラットで、天候にさえ恵まれれば、まさに記録が狙える高速コース。
河川敷で有りながら、陸連公認コース、そして陸連カレンダーに載っている公認大会で有ります。
つまりここで出した記録は福岡国際だろうがびわ湖で有ろうが、国際大会参加の公認記録になる・・・・・と言っても、我が身には全然関係ないけど(^^;

今シーズンはすでに3回フルを走っているが、いずれもファンラン。
たまには真剣に走らないと、、、と思っても、何しろ練習不足なので、結果は目に見えている。
従って、今回は少しだけ真面目に走ると言うレース。

スタート後は、キロ5分ピタリで走るが、10キロ超えた辺りから微妙に息が苦しい。
どうもこれはダメかな、、と2~3秒落とすと随分楽になった。
しかし、今年はかなり気温が低く、13キロ辺りで早くも小休止。

これでプツンと糸が切れ、一気に5分10秒位に落ちてしまった。
少しの間そのペースで走り、再度建て直すが、どうしても5分に戻らない。
微妙に5分3秒とか5分2秒、そして5分5秒と全然安定せず。
2度目の折り返しで、これはもうダメかな?と弱気の虫が。
結局30キロ辺りからはズルズルと5分15秒位を維持が限界。

或る程度、真面目に走ったにも関わらず、ゴールタイムは久々に40分を越えてしまった。
はぁ~、来シーズンはもっと真面目に走らねば。

2012/12/10

「2012」奈良マラソン(12/9)

今シーズン、3回目のフルマラソン。
奈良は初めて走るコースで、全く様子は分からない。
コース図や聞く限りでは、アップダウンが結構有るとのこと。
スタートは登録の部も一般の部も同じで、持ちタイム順に並ぶ為、結構人が多いが、こちらは被り物をしてのファンランなので一向に気にならない。

スタート地点からいきなり下り坂で、一気に駆け下りて市街地に向かう。
大通りを走って折り返し。
そこから数キロ行くと、徐々に郊外へ。
奈良マラソンと言うネーミングからは、何となく都市型マラソンを思い浮かべるが、郊外はすぐなので、どちらかと言えば普通のローカルマラソンに近いかも。
郊外に出て少しの間はフラットな道路を淡々と走ると、やがて田園風景になり、そして山間部とおぼしき道路を走る。
この辺りから天理市までは、フルマラソンにしてはそれなりのアップダウンが続く。

天理市の天理教本部ではぜんざいが振る舞われる。
当日の気温は結構低く、雪も舞う天候だったため、とても嬉しい。
のんびりと座り込み、3杯もお代わりしてお腹も満足。
復路も、同じようにアップダウンを繰り返しながら走る。
100メートル近く上るような坂も有り、のんびり走るにはいいけど、とても記録は出そうにないコース。

残り僅かになった奈良市内では、若草山でまた登り。
そしてラストの競技場へまたまた登って行き、やっとゴール。
先週、妙見を走った事もあり、後半は脚が重くなって確かに難コースでした。

2012/11/26

「2012」大阪マラソン(11/25)

去年は抽選に外れて応援に回ったが、その後心を入れ替えて精進に励んだ結果、見事当選。
コースは余り面白くないけど、やはり地元としては一度くらい走らないとね。

と言う具合で、大阪城内で荷物を預けて、府庁前からスタート。
Bloga

例によって頭はピカチューの被り物。
森ノ宮から玉造筋を下り、千日前からコースのハイライトでもある、御堂筋を北へ進む。
Blogb

淀屋橋にさしかかる頃に、早くもトップ集団が折り返して来た。
Blogc

Blogd

その後は、すれ違う集団の中からラン友を見つけると、声を掛けて声援。
やがてこちらも片町へ差し掛かって折り返し。
ここでは、陣取っていた大勢の仲間から力を貰う・・・とは言え、こちらはファンランなので、立ち止まって談笑(^^;
Bloge

そして、今度は御堂筋を南へ走り、大阪ドームを見ながらまた折り返す。
少し走った辺りから、若干裏通りと言った雰囲気になり、風景は少し寂しいが応援はそれなりに多い下町を走る。
ひたすら南へ向かう長い道のため少し飽きてくるが、沿道の声援に応えながら玉出を過ぎて、次の応援ポイントに差し掛かった。
Blogf

この辺りからは南港へ向かう為、道路沿いは少し寂しくなる。
但し、応援の人出は相変わらず多い。
Blogg

去年は少なかったらしく、その辺を分かっている人たちが、大挙して応援してくれているのかも知れない。
それでも、南港の中心部に差し掛かると、やはり沿道の応援は少なくなり、南港大橋の登りもあって一番苦しいところ。
何とか歩く事なく走りきり、大勢の応援の中、ゴールのゲートが見えてきた。
Blogi

ゲート手前にはAKBではなく、NNBと言うのか?
数人のアイドルっぽい女性が居て、ピカチュー頑張れ!と声を掛けて貰ったが、後4~5メートルでゴールだし、ここで頑張ってもなぁ~、、と少し苦笑しながらゴール。
当初の予定では、3時間45分で走るつもりだったけど、ゴールしたら3時間44分だったか。
1分狂ったのがちと残念(^^;
東京マラソンとまでは行かないけど、応援も多く、それなりに華やかなところも走れるこの大会。
なかなか良い大会でありました。

2012/11/05

「2012」淀川市民マラソン(11/4)

今シーズンは、何故か7回のフルを予定or申込済み。
勿論、今迄で最多シーズンで有ります。
その第一弾が「淀川市民マラソン」
但し、内容はH嬢のサブフォーペースメーカーと言う、のんびりした立場。
とは言え、この大会は練習で、あわよくば4時間切りと言った位置づけ。
この大会は何度も走ったし、コース自体も普段の練習コースなので、ペースなどは熟知している。
そんな訳で、30キロ迄は、キロ5分35~40秒前後で推移。
このまま行けば、間違いなくサブフォー達成の予定だったが、30キロを過ぎ、安心したのか少しずつ遅れだした。
そして、31キロを少し過ぎた辺りで、H嬢が突然失速。
聞くと、足が徐々に重くなり、40秒を保つのが精一杯との事。
40秒超ペースに落として様子を見るが、ペースを落とせばますます遅くなる。
う~ん、30キロ少しでこの様子だと、サブフォーは無理かな。
毛馬閘門を渡る短い登りでは、ついに足が痙攣状態。
仕方なく、ここでストップ。
この時点でサブフォーは諦めました。
後は、のんびりウォーキング。
ゴール手前1キロは何とか力を振り絞って走り、取り敢えず完走。
サブフォーは、2月の泉州国際迄お預けとなりました。

2012/10/02

「2012」村岡ダブルフルウルトラランニング

4回目の参加となった村岡ダブルフルで、参加種目は今年も100キロの部。
当日は台風が通過するとの予報で、開催されるかどうかは、前日土曜日の夕方に決定との事。
でも、そんな時間に決定されても、すでに宿でくつろいでいる時間だしねぇ。
まぁ、台風直撃でもない限り大丈夫だろう・・・と、結局情報も全く気にすることなく、夕食は宴会状態に突入。
120930a

午前3時に朝食を済ませて会場へ。
それほど強くはないが、シトシトと雨が降り、会場も例年より暗いような。そして、
午前5時スタート。
町内をぐるっと回って約5キロ。
殆どはフラットだが、この後はアップダウンの連続となるこの難コースが村岡の特徴。
120930g

10数キロまではずっと登りが続くが、まだ序盤の為何とか走れる。
やがて夜が明けてきて、やまあいの緩い上りをどんどん進んでいく。
120930c

今年はラン仲間達が応援隊を結成してくれ、雨の中を激励してくれた。
勇者達は、名付けて「マリカル戦隊ニコレンジャー」
ホント有り難い事です。(応援隊撮影)
120930h

応援を受け、100キロコースの流しソーメンエイド、そして作山への登り下り往復が始まる。
作山でUターンとなる為、この辺りは、往復するランナー達と激励が出来、100キロの部だけが味わえるお得な区間となっている。
それを終えると、いよいよ標高1,060m蘇武岳への登り区間で、900m弱を約8.5キロで登る事になる。
降り続く雨で、途中の女郎滝付近も何となく薄暗い。
120930d

例年、この登り区間だけで90分近く掛かっているが、今年は少しでも走ろうと頑張り、77分で済ませる事が出来た。
しかし標高が上がればその分気温も下がり、Tシャツの下にスキンメッシュを着ただけのウェアは完全に失敗。
登っている時はともかく、止まった瞬間に身体がガタガタ震える程の寒さ。
雨で全身ビッショリ濡れている為、仕方がないんだろう。
そして、山頂から見ると、下界はすっかり雨雲に覆われている。
120930e

寒さの為、山頂のエイドも寿司やチョコ、バナナ、プリンなど短時間で口に放り込み、すぐ出発。
ここからは下りだが、寒さで筋肉が硬直している為か、時折ピクピクと軽い痙攣が続く。
やばいなぁ・・・と。、スピードを押さえ気味にして走るが、下りでしかタイムを稼げないので、これはかなり辛い。
途中で、例年仮装で楽しませてくれるM氏に追い付いた。
今年のM氏は「祝結婚3回記念・松田聖子」

120930f

写真を撮らせて貰い、雨の中先を急ぐ。
それにしても寒い。もう身体は冷え切って、殆ど震えながら下っていく状態。
着替えなどを置いている射添会館に着いたら、Tシャツを着替えよう、、、いや、リタイアか??
等々頭をよぎるが、このエイドに付いたら、先ほどの応援隊が、装い新たに結成してくれていた。
名付けて「村岡エンジェルズ」。(応援隊撮影)
120930i

雨の中大変だったと思うが、これでリタイアの気持なんて吹っ飛び、絶対ゴール迄行かなくては・・・と、もう一度気を引き締める。
射添会館を出て長楽寺の大仏殿では、おはぎを二つ頂き、お茶も飲んでゆっくり過ごす。
この後、崖崩れで少し変更となったコースへ向かうと、去年までの激坂から、緩い坂へ変わっていた。
ここはゆっくりだが走って行く。
O氏や東京のN嬢共ここで出会って、先行したり後ろになったり。

最終関門の小北保育所エイドを通過し、最後のきつい登りとなる一二峠へ向かう。
ここさえ越えれば後は下りのみ。
この時間なら恐らく30分程の余裕でゴール出来るだろう。

最終エイドを通過して下りを飛ばす。
薄暗かった周囲もあっと言う間に闇に包まれ、集落に入る頃は真っ暗。
雨は降り続くが、道路の両側からはいつもの様に「お帰りぃ」「頑張って、後少し」「ゴールはもうすぐ」とひっきりなしに応援して貰い、やはり胸が熱くなってつい涙が出てしまう。
そして、この真っ暗な中で、応援に来てくれたK氏が見つけてくれて併走してくれる。
う~ん、そんな事したらゆっくり走れないじゃないか・・・(笑)
何て事はなく、動かない脚を必死で前に出しながら走り、ゴールの村岡高校グラウンドに近づくと、スピーカーで名前を呼んでくれている。

もうあと一息でゴール出来る。
降り続く雨でどろどろにぬかるんだグラウンドを必死で駆け抜け、何とかテープを切った。
記録は去年より10数分悪い。
痙攣で下りをまともに走れなかったし、射添会館ではシャツもシューズも変えたので仕方がないだろう。
それにしても、走る度に10分程遅くなるって事は、来年は危ない???(^^;

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー